ホームへ戻る


2016年の夜に口笛を吹けば


2016年12月30日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第359試合


  1. 小檜山さんのおすすめの本
  2. 料理本
  3. 福袋

 ズリ山裏道さんご来店。
 「正月は 浅草演芸ホール の中継を見たいんじゃ〜〜〜ッ!。 もっと番組を増やしてくれッ!」 と力説していかれた。

 福袋の問い合わせあり。 先週の当欄に北大通店福袋のことを記したら、常連さんがそれを読んでいたらしい。 この日お見えになり、もう作ってないんですってねとがっかりされる。
 寝た子を起こすとはこのことか。 年が明けたら1個作ってみよう。

 小檜山博のエッセイ集が2冊売れる。
 3打数1安打。 本年の在庫お問い合わせの最終成績は、359試合出場で1240打数280安打。 打率 2割2分5厘8毛。

 年々、打数 (在庫お問い合わせ回数) が減っていく。 今年は一気に300近くも減った。 昨年より6試合も多く開催 (営業) したのにも関わらずだ。 ちょっと減り方が多すぎやしないか。
 ほんの思いつきではじめたはずの当欄なのに、骨身に堪える結果が出るようになった。

 本年もたいへんお世話になりました。 豊文堂書店の新年は、例年よりも遅く白金町の本店、北大通店ともに3日からはじまります。
 皆様どうぞよいお年を。


2016年12月29日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第358試合


  1. 新しい本
  2. 古い武道、剣道の本
  3. 絵本
  4. 岩崎知弘

 「The Art of Making a Book」

 外国の方に絵本が3冊売れる。
 4打数1安打。打率 2割2分5厘5毛。


2016年12月28日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第357試合


  1. 来年のカレンダー
  2. 鶴見和子

 先月末で閉店した駅前の新刊書店・ブック亭。 その外商部門を引き継ぐことになったご近所の佐藤紙店にて、 原田康子の 『挽歌』 (新潮文庫) は常備にすべきです!と偉そうに一席ぶってくる (店内にも少し本棚を作るらしいので)。
 当 「在庫お問い合わせ欄」 過去ウン年のなけなしのデータがそう弾き出しているのです。

 鶴見和子 『好奇心と日本人』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割2分5厘4毛。


2016年12月27日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第356試合


  1. アラン 『幸福論』

 スマホの画面を操作しながら棚から抜いた本と見比べているお客さんを見ると心中穏やかでない。 よせばいいのにたまらず一言かけてしまう。
 1打数0安打。打率 2割2分5厘0毛。


2016年12月26日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第355試合


  1. 斎藤茂太
  2. おすすめの本
  3. 山口 瞳 『居酒屋兆治』
  4. さっきのカルタ

 いつものように画伯が元気よくやってきて、カウンターそばの1通の封書に目を留めると
 「あっ、見たことない切手が貼ってある!よかったら、これ頂戴!」

 10日前にズリ山裏道さんが送ってくれた ベトナムの味の素入りのやつ だった。
 205円の切手と釧路西郵便局の風景印をセットで切り抜いて差し上げる。 釧路郵趣会の友人へのお土産にするのだとか。 ズリ山さんの風景印にこんな活用法があったとは。

 ちょうど先客で画伯の旧友が来ていて、話の流れで釧路文学界の巨人・鳥居省三さんの思い出話に花が咲いた。 おふたりとも酒豪で知られる鳥居学校 泥酔科 へべれけコースのひじょうに優秀な卒業生なのだとか。
 ここに書くのは控えるが、酒にまつわる抱腹絶倒豪放磊落摩訶不思議な話を数々聞かせてもらった。

 前日、平山本を尋ねた二人の女性が親子だった。 帰宅して互いに同じ古本屋に行ってたことがわかったと再来店した娘さんが教えてくれる。
 おすすめの本を訊かれて何冊か見繕う。 平山夢明がお好きならこれも読めるだろうと勝手な理屈をこしらえて。 1安打。

 他に、1、4が売れる。
 4打数3安打。打率 2割2分5厘2毛。


2016年12月25日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第354試合


  1. 平山夢明
  2. リー・モーガンのレコード
  3. ケッチャム
  4. 平山夢明
  5. 我孫子さん
  6. 占星術のなんとか
  7. 『アルスラーン戦記』

 平山夢明を別々の人からつづけざまに訊かれた日だった。 天変地異の前ぶれだろうか。 ちなみにどちらも女性だった。
 7打数0安打。打率 2割2分3厘4毛。


2016年12月24日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第353試合


  1. SP盤
  2. 辞典

 灯油を頼んだ燃料屋さんが来ない。 いつものように昼ごろ来てもらえるつもりでいたら計算が狂う。 やがて灯油タンクが空になる。
 じりじりしながら夕方電話をかけると、クリスマス・イブの渋滞に巻き込まれてしまったとのこと。 雪で道が悪いのも影響している。 配達が翌日に延びる。 身体が冷える

 2階の喫茶部長に頼まれて下のカセットデッキでFM番組の録音テープを流した。 ラルゴの常連さんが前日放送のやつを貸してくれたのだとか。

 「CHABOと斉藤和義の 星降る夜に…」

 「なんだよ〜、それ知ってるのかよォ、和義ィ〜」 などと年下のミュージシャンに甘く迫る CHABOさんがいちいち素晴らしくて悶絶する。 それに対してあくまで低いテンションで訥々と応じる和義ったら。 い・け・ず!

 『新明解国語辞典 第五版』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割2分4厘7毛。


2016年12月23日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第352試合


  1. 『ダフニスとクロエー』
  2. 演劇の本
  3. 鉄道の紙物、切符とか

 朝、ぼんくらの西村さんにさようならを言ってくる。 その後眼鏡の新調、本店と駐車場の雪かきなど。
 北大通店は午後1時より営業する。

 岩波文庫の1が売れる。 常連の勉強熱心な学生さんが 釧路芸術館北海道立近代美術館コレクション展 でシャガールのリトグラフ 『ダフニスとクロエ』 を見てきたその足でお求めになる。
 3打数1安打。打率 2割2分4厘3毛。


2016年12月22日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第351試合


  1. 例のもの入ったかい?
  2. 絵本
  3. 釧路関係の本
  4. 色川武大 『あちゃらかぱいッ』
  5. 福袋

 「JR特急札幌―釧路間の運行再開」

 学校に納品してから店を開ける。 道中、つるつる路面にタイヤがスリップして何度も肝を冷やす。
 昼すぎから雪になる。 積もる。

 「今年は福袋やんないンすか」
 闇に葬り去ったはずの北大通店福袋 (通称・かわしまくん袋) を召還しようと画策する者あり。 あれはすでに終わったこと。 パンドラの箱をあけてはならぬ。

 レオ・レオニなど絵本が売れる。
 5打数1安打。打率 2割2分4厘0毛。

    < ズリ山裏道の世界白ポスト紀行 >
 神出鬼没の工作員・ズリ山裏道氏があなたの町の白ポストを激写してまわる当欄である。

 ズリ山さんからメールで久々に白ポスト情報をいただく。 画像ではなく、 「白ポスト半世紀、まだまだ現役 エッチな本の回収に同行」 という朝日新聞の記事。
 これを読むと長崎県は白ポスト文化の聖地のようだ。

 < ズリ山裏道の遠くへ行きたい > の方はネタ枯れすることなく順調につづいているが、 < 世界白ポスト紀行 > は気がつけば2年以上も更新が滞っていた。 気長に続報を待ちたい。


2016年12月21日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第350試合


  1. 日めくり
  2. 茨木のり子
  3. ソローキンの
  4. ル・クレジオ
  5. 詩の本

 お客さんが自費出版された 『改訂 宗谷詰合山崎半蔵日誌』 を送ってくださる。
 19世紀初頭に物された津軽藩士による日記を翻刻したもの。 ロシア人のエトロフ島来航事件、文化露寇事件、松田伝十郎・間宮林蔵によるカラフト島接壌見聞、 間宮林蔵の単独東韃行、津軽藩士の浮腫病禍といった事柄が記録されている。

 道内の一部図書館にも寄贈されているそうなので、 興味のある方には最寄の館に問い合わせてみることをお勧めします。

 お昼どき、サイトの更新でキーボードを打っていると、頭上で喫茶部長の声がした。
 「川島くん、玄関のドア開けてもらっていい」

 両手のトレイに3人分のランチを載せた喫茶部長、 次いで2人分のランチを持った園芸大臣がしずしずと階段を下りて外へ出ていった。 ご近所さんへの出前の出発風景だった。
 さらに遅れて5人前のスープを運ぶ猫田さんまで下りてきた。 出前行列が戻るまでの間、喫茶ラルゴはスタッフが無人の状態に。

 一方、ドアを押さえてその様子を見送る1階の古書部はお客さんが無人状態……。

 毎年、日めくりを訊かれるようになると年の瀬を感じる。 訊かれるたびに2軒隣りの佐藤紙店に在庫ありと教える。

 茨木のり子の 『倚りかからず』 が売れる。
 5打数1安打。350試合を終えて、1209打数271安打。打率 2割2分4厘1毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 今回は丘珠郵便局の風景印に雷おこしの紙ラベルを封入した郵便書簡が届いた。
 画像を撮るつもりでいたが、机の脇の紙物の山の雪崩に巻きこまれて行方不明になってしまった。 よって省略! 木の葉は森に隠せ。


2016年12月20日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第349試合


  1. ネットに載っていた 『食べてびっくり』
  2. ネットに載っていた 『アナウンサーたちの70年』
  3. ネットに載っていた 『シナリオをつくる』
  4. 江戸狂歌、太田南畝
  5. 白洲正子
  6. 日めくり

 北大通店の営業を終えてから、夜の本店でひとりきりの軽作業。 下のものを上にあげ、右のものを左に移し、表のものを裏に隠すなどして、 本棚に僅かながらの隙間を作りあげる。

 1〜3は、北大通店のサイト新規入荷欄に載せたばかりの品。 いずれも常連さんのご所望だったが、2のみ別の方から先にメール注文がきていて在庫なし。 よって2安打。
 6打数2安打。打率 2割2分4厘2毛。


2016年12月19日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第348試合


  1. 釧路新書
  2. 前来たときここにあった越後、佐渡の本
  3. 慎太郎の角栄

 目がしんどい。 ここ1ヶ月くらいで急激に視力が落ちたような気がする。

 釧路新書が3冊売れる。
 3打数1安打。打率 2割2分3厘7毛。


2016年12月18日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第347試合


 目がしんどい。
 0打数0安打。打率 2割2分3厘4毛。


2016年12月17日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第346試合


 目がしんどい。
 0打数0安打。打率 2割2分3厘4毛。


2016年12月16日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第345試合


       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 釧路西郵便局の風景印と、新函館北斗駅の北海道新幹線記念スタンプを押された封書が届いた。 「帰国記念」 と記されている。 前回が成田郵便局の投函だったので海外逃亡をはかったかと思ったが、いつの間にか舞い戻ってきていたらしい。

 中から出てきたのは白い粉、じゃなかった ベトナムの味の素 だった。
 0打数0安打。打率 2割2分3厘4毛。


2016年12月15日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第344試合


  1. 俳句の本 (歳時記)
  2. Bird's Book

 2階の喫茶ラルゴの 本日のメニュー表 に、ついぞ見かけぬキャラクターが登場。
 あんた、どこの誰だよ! 「ザテレビジョン」 みたいにレモン持ってるし!

 2階の喫茶部長だった。 絵を手がけた美術部長のフラカンさんに問うと、喫茶部長自身のリクエストがあり描いたもの。 失礼しました。
 先週のラルゴ・ライブの告知看板にあった 吉原 伸くん みたいに描いてほしいという注文つきだったそうな。 出来上がった絵を見た喫茶部長、もっと目を大きくしてほしかったとさらなる注文をつけたとかつけないとか。

 喫茶ラルゴはより美しくなりたい人を応援します (キリッ)。

 1、2が売れる。
 2打数2安打。打率 2割2分3厘4毛。

 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。
 今回は、『ザ・ウォール』 の虚構の大伽藍が 「壁」 を介してアメリカ大統領選挙の結果と正対するの巻です。
 ちなみに、私も平位さんと同じく 「ザ・トライアル」 は苦手な曲。

 ピンク・フロイド 『The Trial/ザ・トライアル』 (You Tube より)


2016年12月14日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第343試合


  1. アート・ブレイキーのレコード
  2. 浮世絵の北斎とかの画集

 「おめェは、ほんッとに道に落ちてるものなら何でも口に入れようとする奴だな」

 自称 「俗情界の帝王」 ことコナリーさんに、映画館で見た 『テラフォーマーズ』 の話をしたら、思いがけず説教をくらう。 地球の嫌われ者と火星の嫌われ者が殺し合いをする話、コナリーさんなら喜んでくれると思ったのに……。

 「俗情界の帝王」 という言葉の源は、大西巨人がその昔、 野間宏の 『真空地帯』 を批判して用いた <俗情との結託> より。

 あるとき、小説や映画でよく男泣きするというコナリーさんに、 店の棚から 『大西巨人文選 1 新生』 (みすず書房) を取り出して当該エッセイをお見せしたことがあった。

 コナリーさん、開き直ったように
 「俺は俗情で結構、それどころか俗情界の帝王と呼んでくれ。 俺に横山秀夫の 『半落ち』 読ませたら、いつどこででもわんわん泣けるんだからな!」
 以降その名が定着する (なんのこっちゃ)。
 2打数0安打。打率 2割2分2厘1毛。


2016年12月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第342試合


  1. 佐伯泰英の吉原裏同心の8巻
  2. 竹久夢二の画集
  3. 釧路新書の石川啄木の
  4. ゴダイゴのCD

 お客さんから差し入れでいただいたカルビーのお菓子 「和じゃが」 がおいしかった。
 4打数0安打。打率 2割2分2厘5毛。


2016年12月12日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第341試合


  1. 世界の名画が載っている
             全集やカレンダーみたいな大きい本
  2. 後家さん
  3. 朱川湊人 『かたみ歌』
  4. 武田 花 『煙突やニワトリ 』

 2階の喫茶ラルゴの今年度のライブも先週でひとまず終了した。 以下の9組のミュージシャンが演奏しに来てくださった。 どうもありがとうございました。

 3/11 ハシケン さん、 磯部舞子 さん。〜 5/5 ウルフルケイスケ さん。〜 6/10 リクオ さん。〜 6/22 友部正人 さん、 瀬尾高志 さん。〜 7/9 鈴木亜紀 さん。〜 9/7 中山うり さん、福澤和也さん、南 勇介さん。〜 10/7 菊池健一 さん。〜 10/21 よしだよしこ さん。〜12/8 BARON さん、吉原 伸さん。

 ラルゴの美術部長ことフラカンさんによる 2016年版 ラルゴ・ライブ店頭告知看板全集 を掲げたい。 まとめてみると壮観です。
 4打数0安打。打率 2割2分3厘2毛。


2016年12月11日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第340試合


  1. 渡辺淳一 『花埋み』
  2. 山本有三 『真実一路』
  3. 村上春樹の文庫

 図書館 の3階、郷土行政資料室に寄って調べ物をする。 その後、白金町の本店へ。 外壁を覆っていた足場は取り払われていて、工事は完了したよう。 ぐっと見映えがよくなった。
 午前11時すぎより北大通店を開ける。

 EL&Pにレナード・コーエン、レオン・ラッセル。 気がつけば最近亡くなったミュージシャンのCDばかりかけている誰もお客がこない夕暮れ。

 3が売れる。
 3打数1安打。340試合を終えて、1183打数265安打。打率 2割2分4厘0毛。


2016年12月10日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第339試合


  1. 禅の本
  2. 図書券
  3. 別役 実 『猫ふんぢゃった』
  4. 小助川濱雄

 プリンターの機嫌が悪くて、振り回される。
 4打数0安打。打率 2割2分3厘7毛。


2016年12月9日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第338試合


  1. なんかいきせん?
  2. 中村雅俊 『ふれあい』 のシングルレコード
  3. いずみたく 『われら青春!』 のシングルレコード
  4. 小柳ルミ子 『冬の駅』 のシングルレコード
  5. 小柳ルミ子の他の
  6. 永井龍男 『夕ごころ』

 日中、5時間ばかり雪が降る。 あたりはすっかり冬景色に。

 「なんかいきせん」 は南海汽船?
 「友だちが探してるんだけど、昔の有名な小説でちょっとエッチなのらしいんだ」 と教えてもらい、ヘンリー・ミラーの 『南回帰線』 (みなみかいきせん) のことだとわかる。 ホキ徳田など周辺書しか在庫がない。

 歌謡曲さんの電話リクエストで、3と4がおとりおきに。
 6打数2安打。打率 2割2分4厘4毛。


2016年12月8日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第337試合


  1. 小学館の飛行機の本
  2. 後家さんの写真集
  3. 武則天
  4. 則天武后

 午前中は白糠まで車2台で出かけての出張買入。 5回通ってようやく終了する。 開店は正午から。
 たいへんなことになってきた。

 夜は、2階の喫茶ラルゴの 「BARON バロン & 吉原 伸 釧路公演」 で受付を担当する。 叙情と軽快。 まことに愉しい夜じゃった。
 BARON さん考案のオリジナル楽器 チャンチキドラム は真似したくなる出来。

 こちら は、ラルゴの美術部長ことフラカンさんによる店頭告知看板。 なんと愉快なクリスマスの飾りつけ。
 ラルゴの宣伝部長こと猫田さんには フェイスブックに記事 をあげてもらった。

 よいスタッフに恵まれて喫茶部長は果報者である (そういう私は名ばかり店長)。
 4打数0安打。打率 2割2分3厘9毛。


2016年12月7日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第336試合


  1. 讃美歌集のCD
  2. 永 六輔
  3. 啄木のいいの
  4. 『北海道ひとり旅』
  5. 『北辺のゴールドラッシュ』
  6. 『北海道探検記』
  7. 高橋源一郎

 首がまわらない、手もまわらない。
 追い打ちをかけるように 「ここの店、閉めるんだっけ」 と、先月末で一旦閉店した駅前のブック亭と間違われる。

 永 六輔が売れる。 ネット目録に載せたばかりの4〜6も常連さんがお求めに。 高橋源一郎も売れる。

 半年前に訊かれた黒澤明本。 先ごろ 『蝦蟇の油 自伝のようなもの』 が入荷していた。 お客さんがいらしたので引き渡すことができる。
 7打数6安打 (内1安打 6/13分)。打率 2割2分4厘6毛。


2016年12月6日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第335試合


  1. English Book
  2. 町田康の猫のシリーズ
  3. 占いの本

 灯油が先月末の1リットル58円から64円に値上がり。

 毎日みえる毎日さんが今日も紙コップのコーヒーを外の均一棚上に忘れていった。 今春北大通店内で起こしたコーヒーぶちまけ事件の反省から慎重になっているのはよいのだが、 10日に1ぺんは置き忘れていく。

 すぐ近所のローソンで買ったマチカフェのコーヒー。 ほとんど口をつけていないどころか、湯気すら立っている。 でもそれを味わうはずだった人の姿はない。
 その昔 「ムー」 で読みふけった船上での人間消失の挿話を思い出す。 そう、魔のバミューダ海域のそれ。 震えて眠れ。

 ジュディ・ホール 『占星術バイブル』 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割2分0厘8毛。


2016年12月5日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第334試合


  1. 書道で漢字の一文字のがたくさん載っているような本

 前日は臨時休業で遠出していた。

 本店の外装工事も大詰めらしい。 壁にペンキを塗るため玄関扉や郵便受けをビニールで覆っていて、クリストの梱包芸術のよう。 それでも営業しています。

 午前中、別保小学校2年生のグループによる店舗見学あり。 質問に答える。
 『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』 のパンフレットを見つけたちびっ子が 「これスター・ウォーズでいいのかな」 と首をひねっていた。

 毎日みえる毎日さんが頭から湯気を立てている。 定期購読している 『DVD  BOOK 桂枝雀名演集 第3シリーズ』、 に、枝雀の死因が心筋梗塞と書いてあったというのだが。

 「墨」 の別冊が売れる。
 1打数1安打。打率 2割2分0厘5毛。

      < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 ズリ山裏道さん (愉快犯) と岩村誠二さん (模倣犯) から同時に風景印ハガキが届く。 示し合わせたわけではなかろうに、今期5度目の アベックホームラン である。

 岩村さんの厚別郵便局投函に対して、ズリ山さんは成田郵便局から。 さては海外高飛びをはかったか。


2016年12月3日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第333試合


  1. 『あぶない刑事』の
  2. ABBAのシングルレコード
  3. キャンディーズのシングルレコード
  4. チーターの 『365歩のマーチ』 のシングルレコード
  5. 森田健作のシングルレコード
  6. アンドリュー・ワイエス
  7. 北海道の歴史の本
  8. 山口 瞳 『居酒屋兆治』
  9. 原田康子 『挽歌』
  10. 前に来たときにあった新東宝の本
  11. 成瀬監督の本
  12. ラグクラフトの本
  13. ホームページに載っていた
                   『美女がすすめる味の本』
  14. ホームページに載っていた以外の須賀敦子
  15. 吉田健一
  16. 清水一行

 自転車がパンクした。 釧路の積雪はまだだがそろそろ積もってもよい頃合いだ。 直すのは来春でいいだろう。 かくして今期の自転車通勤は強制終了と相成った。

 忘年会シーズンである。 今年も棟梁が末広の歓楽街への行きがけに立ち寄ってくれた。
 冬を楽しもうじゃない会 の雪だるま作りが役目を終えて、ほとんど顔を合わせることがなくなってしまったけれど、 こうして年に1、2度、この時期に限って互いの無事を確かめあう。

 8、9、12、13、16が売れる。
 ウィンドウ周辺のクリスマスの飾りつけをする。
 16打数5安打。打率 2割1分9厘9毛。


2016年12月2日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第332試合


  1. CD
  2. 新潮社の? 『江藤淳著作集』
  3. 武田泰淳 『森と湖のまつり』
  4. 児玉 清 『寝ても覚めても本の虫』
  5. 文庫の中島 敦

 旅行者の方に 『森と湖のまつり』 が売れる。 筑摩の日本文学全集版。
 5打数1安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年12月1日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第331試合


 「新図書館管理者に2団体、釧路市」

 「旅するテント芝居」 でおなじみの 劇団どくんご から全公演を終了しましたという通知ハガキが届く。 今夏も私たちの心に鮮烈な記憶を残していったどくんごさん。 長旅お疲れさまでした。 来年も釧路で会えるとうれしいです。

 フリーペーパー 「FIELD NOTE」 の最新第4号を配布しています。 「日曜日のマチの楽しみ方のご提案」 という頁に、日曜も開いている店として北大通店を紹介していただきました。

 医療関連の本は一部を除いて一掃しよう。
 0打数0安打。打率 2割1分8厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2016年11月30日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第330試合


  1. 林 哲夫 『喫茶店の時代』
  2. 三浦綾子
  3. 平岩弓枝 『御宿かわせみ』 の4、5巻
  4. 『薄田泣菫 完本 茶話』 の下巻
  5. 正木ひろし 『近きより』 の5巻
  6. 渥美 清の句集 『赤とんぼ』
  7. 講談社学術文庫 『雨月物語 全訳注』 の下巻

 「「ブック亭」 30日閉店 釧路駅前で営業30年」

 山下書店、小田原書店につづいて、最後の砦のブック亭まで。 佐藤紙店が外商部門を引き継ぐというが、 実質的に北大通から新刊書店がなくなってしまった、この10年の体たらく。 駅前通りなのに1軒の本屋すら支えられないなんて……。

 鈴木亜紀 さんと 鈴木 裕 さんの 「スズキ×スズキ」 コンビが突然のご来店でびっくり。 当地のANAホテルのディナーショーに出演なさるのだとか。 お二人とも2階の喫茶ラルゴで何度もライブをしてくださっている素晴らしいミュージシャンなのです。

 4、5、7は同じ方から。 いずれも棚にある揃いのセットを崩して売ってほしいとのこと。 揃いの本は崩すとまず見向きもされなくなる (少なくても店頭ではそうなる)。 『薄田泣菫 完本 茶話』 だけダブリがあったので、そちらをお求めいただく。
 7打数1安打。330試合を終えて、1134打数248安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年11月29日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第329試合


  1. 深田祐介 『われら海を渡る』
  2. 氷川きよしのズンドコ節のテープ

 2階の喫茶ラルゴのスタッフ猫田さんが 『歌江の幸せくるくる心霊喫茶』 に興味津々。 正司歌江さんの笑顔が素敵だものなァ。 これは抗えない。

 電話で訊かれたズンドコ節はCDがあった。 おとりおきすることに。
 2打数1安打。打率 2割1分9厘1毛。


2016年11月28日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第328試合


  1. 時刻表
  2. トーマス・マン 『ヴェニスに死す』
  3. 手話に関する本

 まわりに匠と呼べそうな人はいないかと音訓編集長に聞かれるが、 すでに地元で有名な人しか思い浮かばない。

 札幌の岩村誠二さんから ハガキ が届く。 フィッシャーマンズワーフ郵便局と釧路中央郵便局の風景印もの2通。 先週末、当地にお出でになった際、ひそかに投函したものらしい。
 や、たった今 「ひそかに」 などと記したが、実は岩村さんが儂の目の前で鞄を開けたとき、 クリアファイルにおさまったそれら投函前のハガキが目に入っておったのじゃった。

 その岩村さんが参加した土曜日の 釧路市立博物館 開催の 講演会記事 が、登壇者の名取紀之氏により早速鉄道ホビダスのサイトにあがっている。

 岩波文庫版の2が売れる。
 3打数1安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年11月27日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第327試合


  1. 『時効廃止論』

 先週行った釧路町のお宅へ再度うかがう。 買入れつづきでもうメタメタ。 逆さにふっても鼻血も出てこない。 しばらく大口の仕入れは中止にしないと駄目みたい。
 12時半より店を開ける。
 1打数0安打。打率 2割1分8厘3毛。


2016年11月26日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第326試合


  1. 魚拓の本
  2. ネットに載っていたタンチョウのDVD
  3. 北方領土の本
  4. カセットテープ
  5. 4時間くらいで読める本

 「4時間くらいで読める本」 のリクエストは橋井由高さん。 近々長距離バスで札幌へ行くといい、車中読む本を探しにみえたのだった。 どれにするか目星をつけたとのこと。 売れたら安打にしたい。

 2のDVD 『生命の鼓動と自然の躍動 湿原に詩 (うた) え タンチョウ』 が売れる。
 5打数1安打。打率 2割1分8厘5毛。


2016年11月25日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第325試合


 前日のガス人間さんにつづいて、今度は九州の猫山さんから思いがけない郵便物が届く。 お二人ともありがとうございます。
 猫山さんは10月の荒木一郎コンサートに行ったとか。 ちょうど 「文學界」 11月号 で荒木一郎のクセの強いインタビュー記事を読んだばかりだった。
 0打数0安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年11月24日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第324試合


  1. アマチュア無線の雑誌 「CQ」

 大阪のガス人間さんから郵便が届く。 最近のガス人間さん、少し前に加入したケーブルテレビにハマっていて、そこからのおすそ分け。 イエスやピンク・フロイドといったプログレ関連番組の録画ディスクだった。
 1打数0安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年11月23日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第323試合


 勤労感謝の日。 2階の喫茶ラルゴは祝日定休日。

 夕方、お客さんがいないのを見計らい2軒隣りの佐藤紙店へルーズリーフを買いに出たら、 極寒のあまり途中で遭難 しそうになった。
 0打数0安打。打率 2割1分8厘8毛。


2016年11月22日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第322試合


  1. ネットで見た山之口貘の詩集

 「フォトグラ・くしろ」 の最新第8号は、 釧網本線特集号。 編集・発行元は、いつもの 藤プリント さん。 当欄でおなじみの常連・ズリ山裏道さんの写真も載っています。 北大通店にて配布中。 お早めにどうぞ。

 11月22日は、いい夫婦の日なのだそう。  2階の喫茶ラルゴのスタッフ・フラカンさんによる メニュー表 で教えてもらった。 ケネディ暗殺の日 でもある。

 フラカンさんといえば、最愛のバンド・ フラワーカンパニーズ が来年4月に釧路で初のワンマンライブを行うとかで、今からウハウハなさっている。
 去年の武道館ライブのとき、ラルゴが 日本全国宣伝隊員 に立候補したことも、釧路ライブの開催実現に少しは役立っているのかしら。

 1が売れる。 最近ネットに載せた品。
 1打数1安打。打率 2割1分8厘8毛。


2016年11月21日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第321試合


  1. アントニー・バージェス
  2. 吉本ばなな
  3. 歴史 (世界史)
  4. Spanish Book

 朝早くの出張買入。 社長と車2台で白糠町へ向かう。 往復で1時間半近い道のりである。 これで4回目になるがまだ終わらない。 とんぼ帰りで午前11時半より店を開ける。

 松坂世代だのゆとり世代だのと、生まれた年代に応じてひとくくりにする呼び方は色々あるけれど、 常連の元会長さんがさらっと言ってのけたのは 「私、デスノート世代なんですけど」
 デ ス ノ ー ト 世 代 !?
 4打数0安打。打率 2割1分8厘1毛。


2016年11月20日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第320試合


  1. 浜中、別海の統計書のような本
  2. 『森の生活』
  3. 手芸関係
  4. マリー・ローランサン

 前日は臨時休業で遠出をしていた。

 札幌の岩村誠二さんが日本ハムファイターズの優勝パレードに居合わせていた。 大賑わいのすすきの交差点でうつした画像をメールでいただく。 岩村さんお目当ての某骨董市は閑散としていたそうな。 パレードと関係あるのかな。
 遠く離れた北大通店も一日中閑散としていた。

 岩波文庫版の 『森の生活』 上下巻が売れる。
 4打数1安打。320試合を終えて、1110打数243安打。打率 2割1分8厘9毛。


2016年11月18日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第319試合


  1. 絹谷幸二の画集
  2. 五十嵐 博 『北海道帰化植物便覧』

 本日の2階 喫茶ラルゴのメニュー表 より。 絵師はラルゴスタッフのフラカンさん。
 目にした途端、頭ン中で 「北風小僧の寒太郎」 がヘビーローテーションしはじめる。

 電話で1のお問い合わせ。 本店に図録があることがわかり、お客さんにお伝えする。 早速あちらで手に入れたよう。 1安打。
 2打数1安打。打率 2割1分8厘8毛。


2016年11月17日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第318試合


  1. 『標茶町のアイヌ地名』
  2. 柳原文徳

 鬱々。

 今年の新語・流行語大賞 は 「無人在来線爆弾」 で決まりだな。 え、候補リストに入ってないの?

 『標茶町のアイヌ地名』 は本店に在庫あり。 お客さん、向こうに足を運んでお求めになる。
 2打数1安打。打率 2割1分8厘2毛。


2016年11月16日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第317試合


  1. 杉浦日向子
  2. ウィーンの古地図 (18世紀後半から19世紀) が載っている本
  3. ボヘミア地方の地図が載っている本
  4. 杉浦日向子
  5. 地元、郷土の本 (釧路の地質図)

 午前中、釧路町のお宅へ出張買入。 予想以上に本が多くて、開店が正午にずれこむ。 1回で終わらずしばらくおいてからもう1度伺うことになる。

 大きな仕入れが相次ぎ首が回らなくなってきた。

 某フリーペーパー編集者氏から連絡あり。 次号の企画 「日曜日も開いている店」 にあわせて急遽北大通店に白羽の矢が立ち、 夜の店内でささやかな撮影と相成る。
 5打数0安打。打率 2割1分7厘7毛。


2016年11月15日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第316試合


  1. 外国の人が書いた翻訳書でE=mc二乗っていう本
  2. デューイ 『学校と社会』

 月に1度のお楽しみ、平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。 ピンク・フロイド 『ザ・ウォール』 についてまだまだ語っていただきます。

 驚異の27枚組ボックス・セット 『ピンク・フロイド The Early Years 1965-1972』 が発売されました。 71年の箱根アフロディーテのライヴ映像がそそりますね。 「レコード・コレクターズ」 の最新号もピンク・フロイド特集号です。

 ピンク・フロイド 『In The Flesh/イン・ザ・フレッシュ』 (You Tube より)
 2打数0安打。打率 2割1分8厘7毛。


2016年11月14日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第315試合


  1. 折り紙の本

 晩秋の折、今年も専門業者の方に消防用設備の点検をお願いする。

 閉店後、喫茶部長からもらった 撓んだ板きれで私物CD用の簡易棚をつくる。 カウンター周りが多少片づいた、ような気がする。
 1打数0安打。打率 2割1分9厘1毛。


2016年11月13日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第314試合


  1. 佐藤愛子さんの 『九十歳。何がめでたい』
  2. 他に佐藤愛子さん
  3. マヤ文明の本
  4. マンガの本
  5. ワークルール検定のテキスト

 この秋、 釧路市立博物館企画展 「釧路・根室の簡易軌道」 に通うため、何度も釧路入りしている札幌の岩村誠二さん。
 前日開かれた 「NHK番組で振り返る簡易軌道と酪農の記録」 にも当然のように足を運んでおり、「馬のアップが多く感動的な映像」 だった由、感想のメールをいただいた。

 杉本一文先生の美麗ポスター を飾っている北大通店である。 こいつは好き者であろうと見破った橋井由高さんが 『金田一耕助ミステリーSP』 (ぶんか社) なるコミカライズ本を貸してくれた。 『不死蝶』、『迷路荘の怪人』、『悪霊島』、『本陣殺人事件』 の4作収録。

 文春文庫の佐藤愛子が売れる。
 柴崎みゆき 『古代マヤ・アステカ不可思議大全』 が売れる。
 5打数2安打。打率 2割1分9厘3毛。


2016年11月12日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第313試合


  1. 国語辞典
  2. 『観光北海道』

 コロカル さんに 豊文堂書店を紹介 していただきました。 太っ腹なことに本店と北大通店の1、2階をまるのまま掲載です。 ご笑覧ください。

 小学館の 『新解 国語辞典』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分8厘5毛。

 マジで勘弁してくれ!!!


2016年11月11日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第312試合


  1. ネットに載ってた 『俺の三波伸介』
  2. ネットに載ってた高峰秀子の 『台所のオーケストラ』

 値つけをしていた本から キャバレー 銀の目マサ子さんの名刺 が出てきた。 往時、彼女の歓心を買おうと何人もの男たちが道を踏み外してきたにちがいない。 などと妄想をもてあそぶ。
 今もお元気なのでしょうか、マサ子さん……。

 キャバレー 「銀の目」 復活

 常連さんから1、2にご指名が入る。 どちらも今週から当店サイトで働きはじめた新人さん。
 2打数2安打。打率 2割1分8厘0毛。


2016年11月10日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第311試合


 本店の工事は壁の崩落したところだけかと思っていたら、 屋根全体も直す のか。 白木が目にまぶしいぜ。

 帰宅するとちょうど 「アメトーーク!」 の読書芸人の回 がはじまる時間だった。 どなたもたくさん読んでいることに感心する。 積ン読だらけのわが身を振り返って焦る。
 0打数0安打。打率 2割1分6厘5毛。


2016年11月9日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第310試合


 よその土地でもそうだと思うが、 ここ釧路でも毎年年末が近づくと忘新年会向けの飲食店情報誌が発売される。 釧路版のそれは、北日本広告社が編集・発行する 「Utage」 という。

 この日、市内の某大手居酒屋従業員氏がこんな辺境の店にも足を伸ばし、 自店の割引券付 「Utage」 を1冊無料で配っていってくれた。

 歓楽街・末広のとあるパブの紹介文に目が留まる。
 「原点回帰。魅せます!出します!笑わせます! 釧路最後のコミックダンサー 「珍タツ」 が今年はキモく、そして華麗に踊ります。(後略)」
 レオタード姿でポーズをキメた男性の首から下の写真が載っている。

 「釧路最後」 のくだりにまんまと釣られそう。 大阪のガス人間さんが次にお越しになるときは、こちらの愉快な店にご案内するべきか。
 0打数0安打。310試合を終えて、1085打数235安打。打率 2割1分6厘5毛。


2016年11月8日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第309試合


  1. 高村光雲

 音訓編集長が少し前に松江に行ったみたい。 そんでもって 「BOOK 在月」 という催しも覗いてきたとか。

 昨日店でその話をしてくれたのだが、編集長ってばわざわざ 「BOOK 在月」 のパンフレットと小冊子を郵送してくれた。 古本 冬營舎の 「松江日乗 古本屋差し入れ日記」 というのがよいですね。

 強風で雨。 閉店作業時、入り口横の傘立てにメタメタに壊れたコンビニ傘がさしてあるのを見つける。 わざと置いていったとしか思えず持ち主に呪いをかける。 今後くじ引きをするときはいっさい外れになりますように。 残念だったで賞ももらえませんように。
 1打数0安打。打率 2割1分6厘5毛。


2016年11月7日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第308試合


  1. ボールペン
  2. この間みた井上ひさしの書評集のような本

 「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」
 よそ様の写真でいろいろと試してしまった。

 2が売れる。 店内ではなく外の均一本だった。
 2打数1安打。打率 2割1分6厘7毛。


2016年11月6日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第307試合


  1. 森村誠一 『笹の墓標』

 開店を遅らせて 釧路市立博物館 へ。
 雄弁な写真とモノ、丁寧な解説パネルを配して 企画展 「釧路・根室の簡易軌道」 はたいへん充実していた。

 展示から浮かび上がるのは道東の酪農業の隆盛という裏テーマ。 それは博物館が近年力を入れる炭鉱と鉄道をめぐる歴史の掘り起こしとも連結して、より大きな絵図を描く。 当サイト内 「本を繋げて」 寄稿者・岩村誠二さん所蔵の資料も数点あり。
 来年1月15日までやっているのでまた訪れたい。

 本店に寄る。 社長に頼まれていた博物館グッズ―― 缶バッジ博物 “缶” を置いてくる。
 工事中の本店外観は こんな感じ です。

 『笹の墓標』 は空知管内 朱鞠内で起きた朝鮮人の強制連行を取り上げた推理小説。
 1打数0安打。打率 2割1分6厘2毛。


2016年11月5日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第306試合


  1. 長谷川光二
  2. 坂本直行
  3. 民芸・工芸の本

 雪が降る。 その後雨に変わりとけてなくなる。 園芸大臣の骨折りでこの半年ほど我々の目を楽しませてくれた店前の花たちも今期の役目を終える。

 1、2をお探しの方に本店を紹介した。 お客さん、向こうで 「原野の思索家 長谷川光二 (戦前編) ―描かれたある牧場主の生涯―」 (盛 厚三・文) 収録の 『釧路春秋 第29号  特集 ふるさとの文人たち』 をお求めに。

 夜、桜木紫乃原作のテレビドラマ 『氷の轍』 が放映。
 3打数1安打。打率 2割1分6厘4毛。


2016年11月4日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第305試合


  1. ジャズでトロンボーン奏者の向井滋春の
  2. 秘密の花園の10冊くらいあるやつ?
  3. 谷崎潤一郎 『痴人の愛』

 ただいま絶賛外壁工事中の白金町の本店。
 足場に覆われた外観を目にして吃驚したお客さんがわざわざ車を降りてくると
 「いつ壊すのさ!」
 社長が 「壊すんじゃないよ!直すんだよ!!」
 というやりとりがこの日2回あったと教えてもらった。

 あんまりつづくとうちの社長が逆上して44マグナムをぶっ放します。
 3打数0安打。打率 2割1分6厘1毛。


2016年11月3日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第304試合


  1. 大橋巨泉
  2. 永 六輔
  3. 幸田露伴 『五重塔』
  4. 三宅泰雄 『空気の発見』
  5. ファラデー 『ロウソクの科学』
  6. 吉田洋一 『零の発見』
  7. バルザック 『ゴリオ爺さん』

 東京湾羽田沖に 巨大不明生物が上陸した日 じゃなかった文化の日。 雨が降って通りは閑散としている。

 永 六輔が4冊売れる。
 7打数1安打。打率 2割1分6厘7毛。


2016年11月2日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第303試合


  1. 光文社文庫の 『岸辺のアルバム』

 朝の出張買入、自然環境と山の本を中心に。 30分で終わりパッケージプラザ我満で包装資材を仕入れる。
 その後本店へ向かうと、はじまったばかりの外壁補修工事の足場に覆われて入り口だけがぽっかりと開いていた。

 どうもどうもと店ン中に入ろうとしたら、 社長が不審者 (儂のこと) を撃退しようと民芸品の木の槍を突きつけてお出迎え。 ここはバリケード封鎖したゲリラ組織のアジトなのか。 社長はそこに篭城する古参の戦闘員なのか。
 戯れに喩えたつもりのゲリラ云々というのが思いのほか昨今の古本屋事情にしっくりと当てはまるのでいやんなっちゃう。
 100 ガバス で命乞いをして、なんとか中に入れてもらった。

 本店の外観写真は撮り忘れたので後日掲載します。

 創立80周年をむかえた 釧路市立博物館 から耳よりなお知らせ。 博物 “缶” やら 缶バッジ やら カンバーバッチ やら、感謝感激のおもしろ記念グッズが次々と生まれている。 私も手に入れなきゃだわ。
 1打数0安打。打率 2割1分7厘2毛。


2016年11月1日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第302試合


  1. 子ども向けの地質の本
  2. ジョン・ロードのレコード
  3. 印鑑

 北大通店の並びにある浦田菓子舗横の車道で下水道の工事がはじまる。
 浦田さんの真裏にある当店駐車場が使いづらくなるかもしれないが、 現場の誘導員さんがきちんと対処してくれますよ〜。 お車でお越しの方はご心配なく。

 「ボーダーレスアートアクション」 のスタンプラリーも本日より開始。

 猫田さんが読み終わった雑誌 「ヒトハコ」 を譲ってくださる。 特集は 「一箱古本市の楽しみ」。

 40年以上昔の 『旺文社カラー学習図鑑 地球・岩石』 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割1分7厘4毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 小学館の学年誌は来年から 「小学一年生」 だけになる。 一年生から六年生までずっと買ってもらっていたことを思い出す。 付録を組み立てるのも楽しみだった。


2016年10月31日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第301試合


 ハロウィンの日を狙いすましたように、水木しげるの妖怪ポストカードが届く。 郵便ハガキ状の一反木綿に鬼太郎が跨っている 鳥取 境港郵便局の風景印 なのじゃ。
 山陰地方を旅していた脇道さんの仕業。 ズリ山裏道さんが始めて岩村誠二さんが受け継いだ、 旅先から北大通店に風景印ハガキを送る試みがじわじわと広がっている。

 器ばかりか中身のほうまで風向きが怪しくなってきた。 風の便りにそんな話を聞く。 九州某市の二の舞にならなければよいが。
 0打数0安打。打率 2割1分7厘1毛。


2016年10月30日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第300試合


  1. オードリー・ヘプバーンの
                 これくらいの大きさの写真集
  2. 『富と成功への扉をあける 第11番目の鍵』

 『顔ハメ看板 ハマり道』 の著書をもつ 塩谷朋之 さんの日々の成果に接していたら、北大通店にもひとつ顔ハメ看板がほしくなった。

 夕方5時で店を閉めて、車2台で白糠へ出張買入。
 2打数0安打。300試合を終えて、1064打数231安打。打率 2割1分7厘1毛。


2016年10月29日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第299試合


  1. 炭鉱の本

 今年も 「ボーダーレスアートアクション」 の作品を展示させてもらえることになった。 担当者の方が当店向けに選んでくれたのは、おんべつ学園の 角田川 清さんの作品
 地元紙から全国紙まで新聞各社のホーロー看板を描いたもので、古本屋によく合っている。

 景品が当たる同展のスタンプラリーは、11/1 (月) から。 お買い物と引き換えにスタンプを押します。 2階の喫茶ラルゴでも別の方の作品を掲示中。 合わせてどうぞ。
 1打数0安打。打率 2割1分7厘5毛。


2016年10月28日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第298試合


  1. 本屋大賞とった羊と鋼の
  2. CD

 いつもの燃料店に今季初の灯油を頼む。

 ヒーリング音楽のCDが売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分7厘7毛。


2016年10月27日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第297試合


  1. 「ザ・テレビジョン」
  2. しりょうのマタギ?
  3. 『日本沈没』 の続編

 岩波子どもの本 『アルプスのきょうだい』 のカバー袖より見つけた 「本のおねがい」

  わたしは本です!

 1. よむまえには手をあらってね!
 2. ページをおらないでね!
 3. ふせるのはいやだよ!
 4. つばきをつけないこと!
 5. ほうりだしたら いたい、いたい!
 6. では、みなさん、おやすみなさい!


 さいきん、べんきにだいじな本をおとしてしまったばかりのわたしは、心ぐるしい思いでいっぱいです。
 3打数0安打。打率 2割1分7厘1毛。


2016年10月26日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第296試合


  1. ゆうこんぎしゅう?
  2. 杉浦日向子
  3. 倉本 聰
  4. 児童書

 杉浦日向子 『大江戸美味草紙』 が売れる。 1安打。

 一昨日の 『最新 名曲解説全集 第13巻』 のお客さん、 その後市内の古本屋を何軒かまわったけれど探求書が見つからなかった。 頼まれて代わりに 「日本の古本屋」 経由で他店に注文を入れる。 これは安打ではない。
 4打数1安打。打率 2割1分7厘8毛。


2016年10月25日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第295試合


  1. 池波さんの剣客商売
  2. これに載ってる庄内藩の本3冊
  3. 『星の王子さま』
  4. 中谷宇吉郎

 山陰地方を旅行中の脇道さんから、メールで 画像 が届く。 なになに、ただいま べとべとさん駅にいますってか。

 岩波文庫の 『中谷宇吉郎随筆集』 が売れる。
 4打数1安打。打率 2割1分7厘6毛。


2016年10月24日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第294試合


  1. 『最新 名曲解説全集 第13巻』
  2. 法律の本

 そろそろ通勤するのに手袋が必要になってきた。 ズボン下というかメンズタイツというかそんなようなものも欲しいところだ。
 朝、いつもの外出着にそれら (手袋と西洋褌) を足して家を出る。

 藤木英雄 『行政刑法』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分7厘5毛。


2016年10月23日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第293試合


  1. Art Book (Manga)

 はじめて当店を訪れたと思しい年配のお客さんが 「本がいっぱいで何見たらいいんだかわかんない」
 なんかもういろいろとどうもすみません。

 外国のお客さんに手塚治虫の秋田CD文庫版 『ブラック・ジャック』 が売れる。
 1打数1安打。打率 2割1分7厘0毛。


2016年10月22日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第292試合


 市役所で釧路市長選挙の期日前投票をしてから店を開ける。

 前の晩、2階の喫茶ラルゴでライブを行った よしだよしこ さん、この日の白糠公演が急遽キャンセルになり丸一日、市内観光と相成った。
 店を閉めてから、2階の喫茶部長とともによしこさんを囲んで蕎麦屋で食事。

 その後、ひとりで フリンジ北海道 2016 ステージ釧路大人×2 (おとなのじじょう) の演劇公演へ。
 0打数0安打。打率 2割1分6厘2毛。


2016年10月21日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第291試合


  1. 字が大きい国語辞典
  2. 辞書
  3. 星野道夫

 本の栞紐に箸袋巻きつけて 使い勝手をよくしているの、初めて見た。 有用をめざした作為の産物ではあるけれど、古書版 トマソン の匂いがぷんぷんと。

 先日開かれた 簡易軌道のバス見学会 鶴居・標茶編 は大盛況だった模様。 博物館出発の時点で、ツアー用のバスの車種をめぐって早くも熱いうんちくが飛び交っていたと、 この日参加者の方から伺った。 簡易軌道の催しなのによ!

 リアル 「ブラタモリ」 状態というべきか。 しかもこの簡易軌道版ブラタモリ、博識のタモさんがあっちこっちに何人も出現して催しの質を上げていたようだ。
 いい話だなァ。

 釧路市立博物館 の創立80周年記念企画展 「釧路・根室の簡易軌道」 は、10/29より開催 (1/15まで)。
 11/6には、簡易軌道バス見学会の浜中・別海編がある (募集は終了)。

 夜は、2階の喫茶ラルゴで 「 よしだよしこ ソロ・ライブ」 釧路公演。 かがり火を囲むようにして、よしこさんの歌声に耳を傾ける。
 3打数0安打。打率 2割1分6厘2毛。


2016年10月20日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第290試合


  1. 自動車の月刊誌
  2. 坂本直行
  3. 蓮實重彦の直木賞だか芥川賞とったの

 午後6時で営業を終えて、社長と車2台で白糠へ出張買入。 先週下見にうかがったお宅である。 1時間半ほど作業して、つづきはまた後日。 あと数回通うことになりそう。

 帰途、空腹に耐えかねて立ち寄ったラーメンの山岡屋で、 ズボンの尻ポケットにさしていた文庫本を便器に落とす。 古書業界の重鎮が著した ちくま文庫のとある古書エッセイ。 読みかけだったのに俺の小水まみれになってしまった。 大の方でなかったのがせめてもの幸い。 ××書店さん、ごめんなさい。
 3打数0安打。290試合を終えて、1042打数226安打。打率 2割1分6厘8毛。


2016年10月19日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第289試合


  1. 田辺聖子
  2. 北方謙三 『水滸伝』
  3. 円地文子 『女形一代』
  4. 落語の本
  5. 「キルケゴール著作集」

 おとなりの 北8ライブビル の新しい看板ができた。
 5打数0安打。打率 2割1分7厘5毛。


2016年10月18日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第288試合


  1. 「遠藤周作時代小説全集」?
  2. 理学療法士の本
  3. 中岡さんの霊界は存在するとか何とかいうの
  4. 「家庭の医学」
  5. 「暮しの手帖」の古いの

 最高気温が20度くらいまで上がる。

 本店経由で 『家庭の医学』 をお探しのお客さんあり。 この手の本はとうに処分していたつもりだったが、隅の方に1冊だけ残っていた。 1安打を記録。
 5打数1安打。打率 2割1分8厘5毛。


2016年10月17日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第287試合


  1. 伊藤 務・編
       『北海道の木彫り熊 浜田コレクション写真集』
  2. 『聲の形』

 2階の喫茶ラルゴで 「阿部啓明 作品展 二〇一六 ほんのりと怖い絵」 がはじまる (10/29まで)。

 私たちの日常の中には数多くの出会いたくはない 「非日常」 が身を潜めています。 遥かな古 (いにしえ) より人々から怖れられ、語られている不可思議な存在。
 人智を超え心を脅かす人外のモノ達、 「幽霊」 や 「妖怪」 など それら怪異の類を人は忌み畏れつつも敬い、時には祀ったりもしてきました。
 (中略)
 目を逸らしながらも求めて止まない、そんな彼らの姿をほんのり怖く、 妖しく、愛嬌をもって描いてみました。 (「画家のことば」 より)


 「阿部啓明 作品展 二〇一六 ほんのりと怖い絵」 は 展示内容を変えて、 ミヤケ模型 (北大通13-1) 3階特設会場でも 同時開催しています (ミヤケ模型店会場は 10/30 (日) まで。11:00〜17:00/木曜定休日)。

 展示内容が異なる ふたつの 「ほんのりと怖い絵」 を どちらもお愉しみください。
 2打数0安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年10月16日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第286試合


  1. 和装本
  2. 他に北方領土の本
  3. コリン・デクスター
  4. 印鑑
  5. 陰陽道の本
  6. こういう車の本

 午前中は 釧路市立美術館 へ。 「歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版」でふたつの版のちがいに目を凝らす。

 釧路市長選挙 がはじまり、北大通でも選挙カーが行き来する。

 夕方、客足がぴたりと止まったのは、プロ野球クライマックスシリーズの日本ハム戦が白熱したせいかしら。 違う理由だとしても日曜の夕方以降は常に静まりかえるものなので見分けがつかない。

 1ヶ月前、ハメットさんからリクエストをいただいた 『カラマーゾフの兄弟』 がその後入荷していた。 光文社古典新訳文庫の全5巻本。 この日ご来店のハメットさんに手渡す。
 「あたしゃもう死ぬんだから、他の探しているやつも早くね」 と、私の親の親の世代のハメットさんがにこにこしてせっついてくる。
 6打数1安打 (内1安打 9/8分)。打率 2割1分9厘0毛。


2016年10月15日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第285試合


  1. 鈴木英治
  2. 政治家関係の本
  3. 佐藤 優
  4. 六法
  5. 広辞苑
  6. 発音の仕方がカタカナで書いてある英語の辞書

 月1回更新の平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。 ピンク・フロイド集中連載の17回目です。

 今回、前置きでロックバンドの解散について言及していただいたところ、 それを吹き飛ばすような驚くべきニュースが入ってきました。 みんな成熟してるよなァ。

 「ピンク・フロイド、イスラエルの女性活動家の逮捕への抗議のため 「再結成」 へ」

  ピンク・フロイド 『Comfortably Numb/コンフォタブリー・ナム』 (You Tube より)

 札幌の岩村誠二さんがご来釧。 翌日開催の 簡易軌道のバス見学会 に参加なさるのである。
 6打数0安打。打率 2割1分9厘3毛。


2016年10月14日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第284試合


  1. 絵を留める金具
  2. 福澤諭吉の古い本
  3. 田中光二の戦記もの
  4. 『日本のきのこ』

 バーコード博士の近況について。
 最近も往時と変わらず月30誌近い雑誌の読者欄にイラストの投稿をつづけている。 何分相手先が多岐にわたるため、毎晩のように自主締切りを設け徹夜の日もまた多い。 当日消印有効のその当日ギリギリに (郵便ポストでは間に合わないので) 郵便局へと直接持っていく。

 局員さんにイラストが透けて見えないようにこんな厚手のやつに入れて送るんですよ。 そう言って発送直前の新作入りの封筒を見せてくれたバーコード博士だけれど、 宛て先には 「快楽天 御中」 とかなんとか明記してあって頭隠して尻隠さずの見本だった。

 角川文庫の 『新版 福翁自伝』 が売れる。

 きのこの本は何冊かあるが、お客さんの要望には応えられず。 そういえば、フラカンさん作の 2日前のラルゴのランチメニュー表 がきのこだった。
 4打数1安打。打率 2割2分0厘6毛。

      < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 ズリ山さんから13日投函の 風景印付き封筒 が届いた。 およそ2ヶ月ぶりとなる新作の差出局は、釧路管内 浜中町の茶内郵便局。 渡島管内の木古内駅の記念スタンプも押してある。

 前日、ズリ山さんの職場の後輩氏がおみえになり、この稀代の愉快犯の最新動向に関して伺っていた。 すなわち、出張で釧路を離れていたのでそろそろ何か届くかもしれませんという内部告発。 おかげで心の準備ができていた。

 封書の中身は舶来品の高級クッキー、ズリ山さんが命名するところの 「ガサガサクッキー」 だった。 輸送の途中で粉々に砕けていて食べやすそう。 後でおいしくいただきました。


2016年10月13日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第283試合


  1. 「モーリー」 31号
  2. ポシェットに入るサイズの小さな文庫本?
  3. クールベの画集
  4. 着物をつくる本

 本店のストーブ故障。 北大通店2階の喫茶ラルゴのストーブ故障。 北大通店1階のプリンターの原稿台ライト、 ノートパソコンのバックライト、石油ストーブの送風機などいずれも故障。
 すべてここ1ヶ月ほどの間の出来事。 流れがキテるな。 行き着く先に何が待ち構えているのか。

 余談だが、私のズボンの尻も先週店でしゃがもうとしてビリビリに裂けたばかりである。
 4打数0安打。打率 2割2分0厘5毛。


2016年10月12日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第282試合


  1. 前来たときにあった啄木全集の青いの3冊
  2. ヨルダンス?の画集
  3. 政治の本 (官房長官の菅さんの本)

 …………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。
 先週からしばらくぶりに業務用の石油ストーブを点けだしたのだが、ついぞなかった蜜蜂の唸るような異音がする。 『ドグラ・マグラ』 じゃないんだから。
 業者の方に点検してもらった結果、送風機他の部品交換が必要になる。
 3打数0安打。打率 2割2分1厘4毛。


2016年10月11日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第281試合


  1. 鶴の写真、林田さんの
  2. 日本画の本
  3. 合気道
  4. ジャズCD
  5. 能登半島の地図
  6. 後家さんの写真集
  7. 地球儀

 連休中、札幌へ出かけていた2階の喫茶部長。 彼の地にお住まいの常連・岩村誠二さんにそっくりの方を見かけたそうな。 人違いかもしれないので声はかけなかった。
 岩村さんにメールで尋ねると、やはりその日某所の骨董市に向かって同じ場所を歩いていた。

 日曜午前10時半の札幌PARCO前。 その時、ふたりの距離は0.1ミリ ( 『恋する惑星』 より)。

 林田恒夫 『タンチョウ 根釧原野に生きる』、「アサヒグラフ別冊 美術特集」、 『エアリアマップ 富山市』 が売れる。
 7打数3安打。打率 2割2分2厘1毛。


2016年10月10日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第280試合


  1. 絵本や童話
  2. 金子みすゞ
  3. 詩の本
  4. 「別冊フィッシング」 の北海道スペシャルの2冊

 体育の日。

 最前までリズミカルな音を立ててLPレコードを漁っていた若いお客さんが急に静かになる。 首を伸ばして様子を窺うと目の前のレコードとスマホの画面を熱心に見比べていた。 近ごろ店で頻繁にある光景。 俺、人相が悪くなっているかもしれないな。 外に出て冷たい風にあたってこよう。

 夕方5時で閉めて社長と白糠方面へ出張買入。 質量ともに豊かでこれから何度か通うことが決まる。
 4打数0安打。280試合を終えて、997打数220安打。打率 2割2分0厘6毛。


2016年10月9日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第279試合


  1. ネットに載っていた南部あき子 『北海道の味』
  2. ネットに載っていた 『北国の調理学』
  3. 他に洋書
  4. 相撲の本

 シングルレコード棚の前で2人組の若者が 「それ、豊文堂あるあるだわ」 とかなんとか言い合っていたのがどういうことなのか気になる。

 1、4が売れる。
 4打数2安打。打率 2割2分1厘5毛。


2016年10月8日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第278試合


 根室在住の福田光夫さんが当サイトに 「泉川駅史考 (先行公開版)」 をお寄せくださってから9ヶ月。 そのあとがきに予告されていた 福田さん入魂の 『花咲駅史 1921.8.5-2016.3.25』 がついに完成した。 50部限定の非売品。 いまのところ 根室市図書館 で手にとることができる。

 大阪のガス人間さんからブルーレイディスクをいただいた。 ドキュメンタリー映画 『書くことの重さ 作家 佐藤泰志』 と各種洋楽ロック番組が1枚に録画されている。 近々拝見しよう。 他にEL&Pのライブ盤CDも同封されており、こちらはガス人間さんの次のご来釧時まで貸してもらえることに。
 0打数0安打。打率 2割2分0厘4毛。


2016年10月7日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第277試合


  1. コインや切手のカタログ

 毎日みえる毎日さんとくっちゃべっているところに、 ランチタイムが終わって手がすいた2階の喫茶部長が降りてきて 「今日も本店に行ったんですよね。父は元気でしたか」
 問われた毎日さんが 「うん、元気だったよ〜。死ぬまで生きるんでないかい」
 私の親よりも年長の方のはずだが、この独特の軽みが素敵なところ。

 夜は2階の喫茶ラルゴで 「 菊池健一 四畳半コンティニュー 5」 釧路公演。 いつもだと私が受付を担当するが、ラルゴの企画ではないため主催者側にお願いする。 夜9時まで延長営業しながら階下で聴かせてもらった。 お客さんが来ないのでビールも飲んだ。
 1打数0安打。打率 2割2分0厘4毛。


2016年10月6日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第276試合


  1. 湖陵高校の同窓会名簿

 おとなりの店前で地面を掘ってガス工事。
 1打数0安打。打率 2割2分0厘6毛。


2016年10月5日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第275試合


  1. 仏像の写真がたくさん載ってる本
  2. 『HUNTER×HUNTER』
  3. 安曇野の本
  4. 昭和50年くらいの将棋の本で題名が 「エイ」?
  5. 『レ・ミゼラブル』

 お客さんが探していたものはなかったが、将棋の本が売れる。 4をクリアしたことにしたい。
 他に、1、5が売れる。

 喫茶部長は夜、青雲台体育館の 大日本プロレス へ。
 5打数3安打。打率 2割2分0厘8毛。


2016年10月4日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第274試合


  1. 「新譜ジャーナル」

 10月4日は 古書の日 。 この由来、とんちが利いている。 こちら には別の由来が書いてあるが、さすがに捻りすぎでは。

 尻が裂けた。 や、尻なるものは古来よりふたつに裂けているのだからして、この場合はズボンの尻の生地が裂けたと表すのが正しい。

 ふと尻を掻こうとして小さな綻びができているのに気づいた。 それが予兆だった。 放っておいたら、閉店作業で花の鉢を動かそうとしゃがんだ途端にびりびりびりと太もものほうまで一気に裂けた。 雪印のさけるチーズ か、十戒の紅海かという勢い。

 そういえば家を出るとき久々にこいつを履こうとして腹回りが相当きつくなっていたのだった。 チャックを無理やり上げてしのいだつもりが祟った。 汝、太るなかれ。

 私の中の目立ちたがり屋さんがこのまま捨て置くのはもったいないと囁いてくる。 あいにく毎日さんも画伯もズリ山さんも脇道さんもいない。 かといって往来の通行人に披露するわけにもいかない。

 彼にとっては甚だ迷惑なことだが、2階の喫茶部長に貧乏くじをひいてもらうことにした。 首尾よく 「変態が来た!」 と悲鳴をあげさせた。
 1打数0安打。打率 2割1分8厘9毛。


2016年10月3日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第273試合


 出勤途中、修理店にノートパソコンを持ち込みデータの救出をお願いする。 1時間後終わりましたと連絡あり。 すぐに店を閉めて取りに向かう。 天気が悪くて徒歩で往復30分。 骨の髄までパソコンの奴隷である。
 0打数0安打。打率 2割1分9厘1毛。


2016年10月2日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第272試合


 何軒もの家電販売店やリサイクルショップを見てまわる。 開店時間が昼すぎに遅れる。 ノートパソコンの修理はあきらめ、社長のパソコンを繋ぎとして貸してもらうことになる。
 0打数0安打。打率 2割1分9厘1毛。


2016年10月1日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第271試合


  1. 山本夏彦
  2. 普通の辞典 (英和)

 朗報。 北大通店のおとなり、北8ライブビル (旧・ささき画廊ビル) の3階ギャラリーが先行オープンする。 2012年秋に空きビルになってから4年が経っていた。

 先週のプリンターの原稿台ランプにつづいて、今度はノートパソコンのバックライトが点かなくなる。 ハードディスクは悪くないのに画面が真っ暗。 データのバックアップをしばらくサボっていたせいで青くなる。
 その後、この件は月曜日まで尾を引くことになる。

 中公文庫の山本夏彦が売れる。
 前日、石炭の本を探しにみえた方に本店を紹介したら、この日向こうで軍艦島の本をお買い上げに。 2安打目とする。
 2打数2安打 (内1安打 9/30分)。打率 2割1分9厘1毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2016年9月30日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第270試合


  1. 現代教養文庫の犬養孝 『万葉の旅』 の中巻
  2. 文庫 (宮城谷昌光)
  3. 石炭、夕張
  4. 武家の系譜集みたいな本

 大阪のガス人間さんが長年つづけた阪神ファンを止めて日本ハムを応援するようになった。 何しろ40年来の虎党だったのだ。 よっぽど腹に据えかねたのだろう。
 4打数0安打。270試合を終えて、979打数213安打。打率 2割1分7厘5毛。


2016年9月29日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第269試合


  1. 最近ホームページに載ったリルケの詩集

 朝、社長と車2台で出張買入に向かう。 買い取りした本の中に前日本店で問い合わせを受けた『標茶町のアイヌ地名』 があった。 古本屋あるあるの一例か。

 小沢書店の神品芳夫訳のリルケ詩集が売れる。
 1打数1安打。打率 2割1分8厘4毛。


2016年9月28日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第268試合


  1. この間あったDVD
  2. 『標茶町のアイヌ地名』

 夜、ラジオでリーグ優勝がかかった日本ハム戦を聴く。 途中で帰宅。 試合のつづきはテレビで視聴する。

 翌日の2階喫茶ラルゴのランチメニュー看板には、栗山監督ならぬ 豚山監督 が宙を舞っていた (フラカンさん画)。 胴上げが終わったら調理されてしまうというのにね。 不憫なことである。
 2打数0安打。打率 2割1分7厘6毛。


2016年9月27日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第267試合


  1. 山崎豊子 『運命の人』
  2. 妹尾みえ
  3. 古いお金の本

 クルーズ船の寄港 あり。 今年はあと2回。
 3打数0安打。打率 2割1分8厘1毛。


2016年9月26日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第266試合


  1. 釧路新書の 『戦後史ノート』 下巻
  2. 国語辞典のサイズの小さいの
  3. 講談社文芸文庫の川崎長太郎
  4. 詩の本

 「NHK ラジオアーカイブス」 で川崎長太郎やってたんだよ、ここにはあるかいと毎日さん。 残念ながら在庫なし。

 本日の社長は、カセットテープ目当ての常連さんのリクエストでバーブ佐竹の 『女心の唄』 を歌った模様。 「あなただけはと信じつつ 恋におぼれてしまったの  こころ変わりがせつなくて つのる想いのしのび泣き」 などとやったのだろうか。

 社長の歌いっぷりの良し悪しでテープが売れたり売れなかったりするらしいが、あんまり苛めないでくださいよ (や、案外よろこんで歌っていたりして)。

 常連青年が 『君の名は。』 を見終えた直後の熱い感想を伝えに来てくれる。

 先週の 「彷書月刊」 のお客さん、無事本店でお目当ての号を手に入れたよう。 1安打追加する。
 4打数1安打 (内1安打 9/22分)。打率 2割1分8厘7毛。


2016年9月25日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第265試合


  1. 本店でこっちにあるって聞いたピーナッツのレコード
  2. スポーツ、武道の本
  3. 『コーラン』

 本日の岩村誠二さん、釧路市民活動センター わっと が休みで頼みの自転車が借りられず市内観光の予定がめちゃくちゃに。

 1、3が売れる。
 3打数2安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年9月24日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第264試合


  1. 北 杜夫
  2. 「マリッジコート」 っていう題名の本?
  3. 昔の 「暮しの手帖」
  4. 1万年堂出版のコーナー
  5. ネットに載ってた 『大西民子の世界』
  6. 車の本
  7. マンガ本

 午前11時、郵便配達員さんが4通のハガキを届けてくれる。 すべて岩村誠二さんからの 風景印ハガキ である。 昨日の日付で釧路市内の郵便局から投函されている。
 裏面には北大通店の内外を写した写真が。 映画 『起終点駅 ターミナル』 のポスターが写りこんでいるので、去年のご来釧時のものらしい。
 昨日やけにいそいそとお出かけになったかと思ったら、こういうことだったのか。 恐れ入りました。

 プリンターの原稿台ランプが切れる。 スキャンとコピーができなくなる。

 3、5が売れる。
 7打数2安打。打率 2割1分7厘2毛。


2016年9月23日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第263試合


  1. 河野 薫の木版画画集
  2. 昔の雑誌 「それいゆ」 とか 「少女の友」
  3. 「暮しの手帖」
  4. 最近出たフリーペーパーでなんとかフィールド
  5. 神吉拓郎
  6. 織田広喜の画集

 札幌の岩村誠二さんがご来釧に。 市内観光などで日曜日まで滞在なさる。

 ギャラリーカフェ ラ・メール釧路市民文化会館 3階) 主催の次の読書会のテキストは神吉拓郎。 店には文春文庫が1冊あるだけ。
 この辺のいわゆる中間小説はもはや全滅に近いんですかねェ、 などと分かったようなことを話していたら、翌日 国書刊行会で傑作選が出る ことを知る。

 「暮しの手帖」 が2冊売れる。
 6打数1安打。打率 2割1分6厘7毛。


2016年9月22日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第262試合


  1. ネットに載ってた 『CD & DVD 51で語る 西洋音楽史』
  2. ネットに載ってた 『クラシックCDガイド』
  3. 他にハヤカワのSF文庫
  4. 吉村萬壱 『ボラード病』 
  5. 「彷書月刊」

 秋分の日。
 昼にみえた常連さんがネット掲載品の1と2をお求めに。 これから 林 真理子の講演会 へ向かうそうな。

 外の100円均一棚から中公 「世界の名著」 の1冊をお求めになった毎日さんに 「その本、函が壊れたんで300円均一から値下げしたんですよ」 と教えたら、 「じゃあ、外に残ってる300円の世界の名著、全部函取って100円にしてもらおうかな。 風に飛ばされて函はどっかいっちゃったよ〜って」 と返ってくる。
 悪知恵をつけてしまった。

 若いお客さんがこの本ありますかとスマホで当店のサイト目録を出してみせる。 「彷書月刊」 の初期の号をご所望だった。 北大通店ではなく本店の商品なので、その旨伝える。 後日あちらで売れたら安打に加えたい。
 5打数2安打。打率 2割1分7厘0毛。


2016年9月21日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第261試合


  1. 児童文学でなすびの話?

 標茶行きのバスがもうすぐ出るんです、ちょっとゆっくりしすぎましたといって 会計を済ませ慌てて出て行った青年、数分後に鍵を忘れましたと引き返してくる。 鍵はすぐに見つかったが、バスには間に合ったのだろうか。

 少し先の話ですが、11月1日 (火) から浦田菓子舗さん横の道路で下水道築造工事があり、北大通店の駐車場が使いづらくなりそうです。
 1打数0安打。打率 2割1分6厘1毛。


2016年9月20日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第260試合


  1. 柳田邦男
  2. 最近はやったドストエフスキーの新しいの
  3. 朗読のカセットテープ
  4. 怒らなくてよくなる本?
  5. 児童書で 『盲目の目撃者』

 郊外に納品を済ませてから開店。

 「日本ハムが1位になれなかったら、オレ、忍者になりますから!!」
 パ・リーグの優勝争いの話をしていると、突然コナリー氏が 登別伊達時代村 への転職宣言をなさる。 山田風太郎の忍法帖の読みすぎでおかしくなってしまったみたい。 いかにも罰ゲームを受けるような口ぶりだけれど、元々忍者に興味津々の人である。 日ハムが負けても何ら困らないのでは。

 『こち亀』 最終回掲載の 「週刊少年ジャンプ」 の持込みあり。 売れる自信がないのでお断りする。

 一般向けの科学の本をどんどこ減らす。
 5打数0安打。260試合を終えて、943打数204安打。打率 2割1分6厘3毛。


2016年9月19日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第259試合


 敬老の日。 2階の喫茶ラルゴは休み。

 常連の漁師さんが釧路沖のイカ釣り漁が不振だと嘆いている。
 0打数0安打。打率 2割1分7厘4毛。


2016年9月18日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第258試合


  1. もろは、ものはの本?舞台美術協会
  2. 昆虫の本 「ビークワ」

 午前中は 釧路市立博物館 へ。 創立80周年記念企画展 「知られざる釧路湿原」 を開催している。

 企画展の説明カード、記念スタンプ、 ミュージアムグッズ などなど。 いたるところにマスコットキャラクターのはっくんが目につくようになった。 すっかりスターの風格が出てきたんでないの。 よ〜し、記念におじさん、はっくんグッズを買っちゃおう。

 とハッスルしたものの目移りしてしまい、結局購入したのはエゾフクロウのピンバッジ。 だって最後のひとつって書いてあるんですもの。 はっくんのやつは、またこの次に。
 2打数0安打。打率 2割1分7厘4毛。


2016年9月17日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第257試合


  1. パール・バック 『母よ嘆くなかれ』
  2. 子どもの本

 続編公開間近の 『メカニック』 的にいうと、 店のこの鏡 はマジックミラーになっていて裏ではステイサムの兄貴がおれの命を狙おうと息を潜めてスタンばっているはず……。 そんな妄想がむくむくと広がる夕暮れどき。
 どうやら疲れているみたいだ。 溜まった本を粛々と片付ける。
 2打数0安打。打率 2割1分7厘9毛。


2016年9月16日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第256試合


  1. 北海道の民族史 (アイヌ民族とか)
  2. 木村盛武 『慟哭の谷』
  3. 書道関係の
  4. CD
  5. 何日か前のホームページに載ってた
                         英語の語源辞典
  6. 何日か前のホームページに載ってた
                         つげ義春の雑誌
  7. 神棚の本

 今年の2月で休刊した釧路発・ひと休みフリーペーパー 「Gili」 がウェブで復活していた。 過去の記事の再録など。 編集長の高橋由衣さんから直接教えてもらう。

 二玄社の 「書跡名品叢刊」 が2冊売れる。

 木村盛武の 『慟哭の谷』、在庫なしだと思いこんでいたら、数日後に棚でみつける。
 7打数1安打。打率 2割1分8厘4毛。


2016年9月15日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第255試合


  1. トム・ロブ・スミス 『偽りの楽園』
  2. 三浦綾子 『夕あり朝あり』
  3. 釧路叢書

 釧路叢書の 『釧路捕鯨史』 が売れる。

 夜6時半で営業を終え、2日つづけての出張買入。 前日とは別のお宅へ。 暗くて表札がよく見えない。 住宅街で道に迷いそうになる。
 3打数1安打。打率 2割1分8厘9毛。


2016年9月14日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第254試合


  1. この辺のこと書いた 「ホテル・ロワイアル」?
  2. 辻 邦生

 1は桜木紫乃の 『ホテルローヤル』 のことだった。 『バトル・ロワイアル』 じゃないよ。
 辻邦生の文庫本が3冊売れる。

 夜6時半で営業終了。 単身、出張買入に出かける。
 2打数1安打。打率 2割1分8厘6毛。


2016年9月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第253試合


  1. 東野圭吾
  2. 池井戸 潤
  3. 『釧路湿原の聖人 長谷川光二』
  4. 札響釧路公演のチケット
  5. 山崎豊子

 東野圭吾の文庫が3冊売れて、東野本が一掃される。
 5打数1安打。打率 2割1分8厘0毛。


2016年9月12日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第252試合


  1. 新渡戸稲造の読みやすいの
  2. 初級の公務員の問題集

 画伯が法廷画家に。
 2打数0安打。打率 2割1分8厘1毛。


2016年9月11日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第251試合


  1. 山田勝久
  2. 美内すずえ

 午前中は社長と遠方出張。 思ったよりも早く終わり、正午すぎより店を開ける。

 こちらを利用することしか考えていない人物。 なんでそうなるの。

 わ、こんなところにカビが!?
 2打数0安打。打率 2割1分8厘5毛。


2016年9月10日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第250試合


  1. 古いウイスキーの本
  2. 『言海』
  3. 別冊太陽の中原淳一

 都筑道夫の 『ほりだし砂絵 なめくじ長屋捕物おさめ』 を落手。 これを機に未読分を含めてシリーズを頭から読み直すか。
 3打数0安打。250試合を終えて、913打数200安打。打率 2割1分9厘0毛。


2016年9月9日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第249試合


  1. 深沢七郎

 大雨。
 雨が降ろうが槍が降ろうがそれでもお越しくださる毎日さんに 「あんた、 逢坂誠二 に顔が似てるな」 と言われて軽くのけぞる。 ま、近ごろ白髪は増えたけれど。

 深沢七郎をお探しのお客さん、日曜に電話で深沢本を尋ねた方だった。 2冊お買い上げ。 日曜日の分とこの日の分とで都合2安打ということにしたい。 俺が法律だ!
 1打数2安打 (内1安打 9/4分)。打率 2割1分9厘7毛。


2016年9月8日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第248試合


  1. 知里幸恵 『アイヌ神謡集』
  2. 夏目漱石 『夢十夜』
  3. 夏目漱石 『草枕』
  4. モーム 『人間の絆』
  5. ドストエフスキー 『カラマーゾフの兄弟』
  6. 埴谷雄高
  7. コーヒーの本 (井上 誠)
  8. デカルト 『方法序説』
  9. 鉄道の本

 ハメットさんに探求書を渡すことができた。 ハメットの 『ガラスの鍵』 と 『影なき男』 の文庫本。 最初に訊かれたのは去年だったか、それより前だったか。 先ごろようやっと店に入荷してきた (旧年度分なので安打には含めず)。

 新たに2〜5のリクエストをいただく。 「もう死んじゃうから早く見つけてね」 と自分の親よりもずっと年長のハメットさんに念押しされる。 これ、探求書があるときは毎回交わされるやりとりだったりして。

 探しているのが現役本のときは 「新刊屋さんで代わりに買ってきますよ」、 絶版のときは「インターネットでよそから取り寄せましょうか」 とその都度答えているのだが、 「いらない、いらない、あんたンとこに入ってくるまで待つから」 というのがハメット流なのである (それでもジョセフィン・テイの 『時の娘』 のときは了承を得て新刊を買ってきた)。

 父親から電話がくる。 知人が 『アイヌ神謡集』 を探しているという。 本店に在庫があることを伝えると、すぐに話がいったらしく本店に買い求める人がみえる。 1安打。

 本店の社長から電話がくる。 向こうのお客さんが 『方法序説』 を探しているという。 こちらに在庫があることを伝えると、しばらくして北大通店にそのお客さんがみえる。 2安打目。
 9打数2安打。打率 2割1分7厘8毛。


2016年9月7日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第247試合


  1. 原田康子 『挽歌』
  2. 文庫本
  3. 金子兜太

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「 中山うり 9thアルバム 『マホロバ』 リリース ツアー」 釧路公演。 大盛況。 福澤和也さん (g)、南 勇介さん (b) のおふたりを加えた歌と演奏が静かな熱狂を呼ぶ。

 終演後のサイン会の行列が階下の古書部のレジ前まで伸びた。 ラルゴのライブ史上はじめてのことではなかろうか。

 打上げが終わってホテルに戻る皆さんを見送りに外に出たら、秋風だった。
 うりさん、ライブで高田 渡の 「生活の柄」 を歌っていたっけ。 「秋は 秋からは 浮浪者のままでは眠れない」 と。
 3打数0安打。打率 2割1分7厘7毛。


2016年9月6日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第246試合


  1. 編み物のかぎ針の本

 最近の北大通店は こんな風。 壁紙の破れや左下のクラシアンの長嶋一茂氏もお見逃しなく。

 郵便局で代金引換を申し込むのがあんなに七面倒なものとは思わなかった。 や、単にこちらが不慣れなだけなのだが。
 1打数0安打。打率 2割1分8厘5毛。


2016年9月5日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第245試合


  1. メモ帳
  2. 新潮文庫の城山三郎
  3. 針灸の本
  4. 稲盛和夫
  5. 花崎皋平 『静かな大地』
  6. 池澤夏樹 『静かな大地』
  7. 「サイロ」
  8. 開高 健 『ロビンソンの末裔』
  9. 今 和次郎
  10. 絵本

 2階の喫茶ラルゴで 「水彩画 ひまわり会 グループ展」 がはじまる (17日まで)。

 夕方、 「コロカル」 のご一行様がご来釧。 本店、北大通店の1階と2階を順繰りに取材していかれる。

 東京に進学したかつての常連さんが帰省していて、 あちらでの学生生活を尋ねると、ただひたすら慣れない暑さにばてているということだった。
 10打数0安打。打率 2割1分8厘7毛。


2016年9月4日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第244試合


  1. 日記もの
  2. 深沢七郎 『風流夢譚』

 朝、店に出てきたら目につくところにアース製薬のアースノーマットが置いてあった。 書き置きによると2階の喫茶部長からの差し入れ。 そうそう、ここ数日店ン中でやたらと蚊にさされるのよ (前の日は外でも盛大にさされたし)。

 『風流夢譚』 はしばらく前から電子書籍で読めるのですね。 知りませんでした。 電話で尋ねたお客さんには、他の深沢作品ならいくつかありますよと伝える。 後日来ていただけることに。
 2打数0安打。打率 2割2分1厘2毛。


2016年9月3日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第243試合


 開店前、社長と手分けして台風で傷んだ倉庫まわりに応急処置を施す。 釘を打ちつけたり、雑草を刈ったり、紐で縛ったり、蚊にさされたり、蚊にさされたり、蚊にさされたり……。

 釧路大漁どんぱく の夜。
 花火大会の終盤、ドでかい三尺玉があがり店のウィンドウがびりびりと震える。 毎年わかりきったことなのに、今年もやっぱりその瞬間ビクッとなって椅子から転げ落ちそうになる。
 0打数0安打。打率 2割2分1厘7毛。


2016年9月2日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第242試合


  1. Japanese Traditional Song (スキヤキ)
  2. マティス
  3. 最近ネットに載ってた雑誌のカレーの本
  4. スティーブ・ジョブズ
  5. 田中角栄まわり
  6. 浪曲のレコード
  7. 新左翼や日本赤軍の本
  8. 都々逸の本

 台風で農業や漁業、流通、観光など多方面に大打撃。 道内の鉄道網もズタズタに。 まわりまわって古本屋にも。 鉄路の発達とともに伸張してきた北海道の歴史を思う。

 帰省中の豊文堂初代アルバイト氏が来てくださる。 現在は東京の出版社で働いている方。
 今年出た新刊 『カセットテープ時代』 をいただき、しばしカセットテープ談義となる。 1987年が舞台の映画 『横道世之介』 では、冒頭に斉藤由貴のアクシアの看板がでっかく映っていましたっけ。
 しばらく前からはまっているという浪曲の話も聞かせてもらった。

 元館長さんもご来店に。 多少ふくよか&色黒になられたようですぐにその人とわからず。 す、すみません。

 あたりが暗くなりそろそろ閉店時間が近づいたころ、本店の社長から電話あり。 目の前の交差点で交通事故が起きたという。 直進車と右折車の衝突らしい。 受話器の向こうからひっきりなしにクラクションの音が。

 『彷書月刊』 の特集カレーの本にご指名いただき、1安打。
 8打数1安打。打率 2割2分1厘7毛。


2016年9月1日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第241試合


  1. 釧路の郷土誌関係 (中村水産に関する本)
  2. 樺太の本
  3. 高倉健
  4. 波動の本
  5. 吉田仁麿 『叙情荒野 釧路の夜明け 第一部』

 「街中に隠された本探す、「ブックGO」 がベルギーで人気」

 金子俊男 『樺太一九四五年夏 樺太終戦記録』 が売れる。
 5打数1安打。打率 2割2分2厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 アマゾンの電子書籍定額読み放題サービス 「キンドル アンリミテッド」 の話題あり。 「アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?」 の記事で補足したい。


2016年8月31日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第240試合


  1. 『ビストロ スマップ』
  2. 石川啄木
  3. 古文を勉強する本
  4. DVDとか
  5. 楽譜

 先週の昼下がりのことである。
 近所の郵便局で用事を済ませて戻ってくると、入り口のあたりにパンパンに膨らんだビニール袋がふたつ置いてあった。 佐伯泰英の文庫本が20冊以上詰まっている。 店を閉めていた5分ほどの間にどなたかお客さんが来ていたらしい。

 その数時間前、常連さんがダンボール数箱分の買取希望の本を持ちこんでいた。 他にもあるから少しずつ持ってくるねとおっしゃっていたので、佐伯本もその方のものだろう。 後でまとめて計算するつもりでいたら、この日その常連さんが新たなダンボール箱を抱えておみえになった。

 「この前は留守にしていてすみません。佐伯泰英持ってきてくださっていたんですね」 そう言って床のビニール袋の塊を指さすと、 常連さんが不審そうな目で 「それ、俺のじゃないよ……」

 真夏の怪談風になるかと期待して書き出してみたが、どうもそのようにはなりませんね。 特にふしぎでもなんでもない。 失礼しました。

 うちの前の街灯 (北大通6〜8丁目の東側)、半年にいっぺんの頻度で切れて真っ暗になる。 管轄の釧路総合振興局 建設管理部に電話をかける。

 啄木のお客さんに本店の在庫を教える。 向こうで1冊お求めいただく。
 5打数1安打。240試合を終えて、871打数194安打。打率 2割2分2厘7毛。


2016年8月30日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第239試合


  1. 雑誌のバックナンバー (「East Side」)
  2. 窪田 精 『海霧のある原野』
  3. 『道東の地質を旅する』?
  4. 児童書

 本店に歌謡曲のカセットテープがたくさん入荷した。
 他のお店はどうかわからないが、うちの本店に限っていえば今もテープ派の常連さんが数人おり、時々仕入れると競い合うようにしてお求めになるという。

 しかもその常連さんたち、お目当てのテープの収録曲をご存知のはずなのに、 試聴機代わりのつもりなのか本店の社長にリクエストして歌わせるのだとか。 社長の歌いっぷりの良し悪しが買うか買わないかを大きく左右するというから人が悪い。

 「今日も内山田洋とか何曲も歌わされたなァ。いやァ、まいったまいった」 と社長は言うが、口ぶりとは反対に満更でもないような顔だ。 豊川歌謡教室が本店に併設されても私は驚かない。
 4打数0安打。打率 2割2分2厘8毛。


2016年8月29日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第238試合


  1. 奥田哲也 『霧の町の殺人』
  2. 盛 厚三 『「挽歌」 物語』
  3. 雑誌 「旅人類」 (あるた出版)
  4. 『ちりめんの端裂で楽しむお細工物』
  5. 『着物リメイク』
  6. 『着物リメイク 2』
  7. 『着物リメイクの愉しみ』
  8. 『着物リメイク 3』

 また雨。
 4〜8は同じ方の探求書。 北大通店にも本店にも在庫がない。 「日本の古本屋」 で4がみつかり他店に注文する。
 8打数0安打。打率 2割2分3厘8毛。


2016年8月28日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第237試合


  1. SP盤のレコード
  2. 社会科学系の本

 雨。 市立釧路図書館 の3階 郷土行政資料室へ。 道央にお住まいの常連さんに頼まれた調べ物をしてから店を開ける。

 カール・レヴィット 『ウェーバーとマルクス』 などで、2をクリア。
 2打数1安打。打率 2割2分5厘9毛。


2016年8月27日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第236試合


  1. 戦記もの
  2. 藤田宜永
  3. 釧路関連の本
  4. 美術の本
  5. 南雲堂の 『アメリカ社会文化史』

 礫川全次 『雑学の冒険 国会図書館にない100冊の本』 (批評社) の 著者紹介文 がおもしろい。
 アカデミックな知的空間と在野の知的空間は互いを疎外しない、対照的な関係にあるという話。

 前日の啄木本を尋ねてきたお客さん、本店に在庫が多少あることを伝えたら、この日向こうで関連書を1冊お求めに。
 5打数1安打 (内1安打 8/26分)。打率 2割2分5厘3毛。


2016年8月26日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第235試合


  1. 8年前に北海道新聞社から出た啄木の本
  2. 三浦綾子の文庫本
  3. 他の啄木の本

 北海道釧路湖陵高等学校 文芸部の部誌 「霧笛 ―Verzerrung― 第38号 高文連特別号」 をいただく。 6月下旬の豊文堂書店両店への取材を特集記事に仕立ててもらった。
 北大通店へのインタビューでは、店の成り立ち、大切にしていること、辛さややりがい、釧路の人へのおすすめの本などについて答えている。

 「たとえば紙パイプの資料のような本は、チェーン展開しているブックオフでは置いていません」 などと誌上で断言している私。 なにを偉そうに。 「紙パルプ」 が 「紙パイプ」 になっちゃってるのにさ (釧路は製紙業がさかん)。

 2が売れる。
 3打数1安打。打率 2割2分5厘5毛。


2016年8月25日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第234試合


 帰途、 北のアルプ美術館 に立ち寄る。 いつ来ても落ち着く場所。 館長さんともお会いできる。
 へたばりながら夕方、釧路に戻り Shop & cafe Rhythm (リズム) の甘味で一息つく。 1階の send (センド) で開催中の 「THE WHITES」 展もみせてもらった。

 午後5時半より店を開ける。
 0打数0安打。打率 2割2分5厘1毛。


2016年8月24日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第233試合


 釧路古書籍商組合のちょっと早めの秋季親睦会に出席するため、午前11時半で店を閉めて車で出発。
 寄り道しながら道東の某観光地に夕方到着する。

 宿のテレビで、ポケモンGOによる死者が出たニュースをやっていて、皆でやいのやいの言っているうちに、 これは取りようによっては釧路組合員の名誉にかかわることかもしれないので一部伏字にして記すと、 その場に居合わせた全員が××××の愛用者であることが判明した。
 ポケモンGOを誰ひとりやっていない。 それどころか×××を使っている人がひとりもいない!

 こんなアウト・オブ・デートなことでよいのか。 とか言ってる私もしっかり××××派。 後日、脇道さんに話すと古本屋らしいじゃないと慰められる。

 これだけ書いたら伏字の意味がないかしら。
 0打数0安打。打率 2割2分5厘1毛。


2016年8月23日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第232試合


  1. ラッツ&スター 『め組のひと』 のシングルレコード
  2. プロコルハルム 『青い影』 のシングルレコード
  3. 布施明の青春の歌?
  4. 原田康子 『挽歌』
  5. 前に外にあった平凡社の世界美術全集

 晴れる。 振りかえれば1週間くらい天気が悪かった。 晴れても店は静かなままだ。

 クスろ港 のフリーペーパー 「くしろでクスっと ひとめぐり帖」 の1号が発刊された。 地元の 福司酒造の蔵人 氏を取り上げている。
 北大通店で配布しています。
 5打数0安打。打率 2割2分5厘1毛。


2016年8月22日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第231試合


  1. 「群像」 の最新号

 今日も土砂降りになったり小降りになったり、また土砂降りになったり。 北海道に連続して台風が上陸 するのは極めて稀なことらしい。
 1打数0安打。打率 2割2分6厘4毛。


2016年8月21日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第230試合


 大雨警報。 夕方で店を閉める。
 0打数0安打。230試合を終えて、838打数190安打。打率 2割2分6厘7毛。


2016年8月20日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第229試合


  1. アンネ・ホルト 『女神の沈黙』
  2. アンネ・ホルト 『土曜日の殺人者』
  3. アンネ・ホルト 『悪魔の死』
  4. 清少納言 『枕草子』

 2階の喫茶ラルゴで  「久保綾乃 展 ―夜 草 園 (YA SO-EN)―」 がはじまる。 9/3 (土) まで。

 小樽文学館 より注文していた 泡坂妻夫展図録 が届く。 企画展には行けそうにないけれど、これを導きにして未読の泡坂本に進もう。

 ズリ山裏道さんから本店の商品に注文が入る。 北大通店で受け取りたいとのこと。
 さァ、豊川孫急便の出動だ!
 夏休みでたまたま本店に遊びに来ていた社長の小学生の孫が飛脚よろしく本を届けてくれた (両店の間は駅をはさんで歩いて10分ほど)。 使えるものは孫でも使え。

 ナゾメーテルさんがご来店。
 年に数回そろりそろりと足音をたてずに入ってきてレジカウンターにいる私の顔をのぞき見ると 「うふふふふ」 と口に手を当てて笑ってすぐに帰っていかれる年齢不詳の方。 本当にそんな笑い方をなさる。
 儂、特におもしろいこと (ポンプおじさんの物真似など) はしてないんですけど。

 嵐山光三郎の 『漂流怪人 きだみのる』 を売りにみえた常連さんときだみのるの話をするつもりで 「いやァ、100歳越えてるんですから長生きしてますよねェ」 なんつって むのたけじの話をしていた俺。 平仮名5文字の陥穽にはまる……って全然名前似てないじゃん。

 道理で常連さんが戸惑っていたわけだ。 間違いに気づいたときには、訂正を訴えたい相手はもういない。
 こうして馬鹿の上書きをくりかえしたあげく面の皮が厚くなっていく。

 ちなみに むのたけじ は翌日亡くなった。
 4打数0安打。打率 2割2分6厘7毛。


2016年8月19日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第228試合


  1. 齊藤慶輔 『野生の猛禽を診る』
  2. 釧路のバス停が載っている詳しい地図
  3. 詩集 (ハウプトマン 『沈鐘』)
  4. 世界人名辞典
  5. 手話の本
  6. 十勝の大正町の写真が載っている本
  7. 残雪

 ウォーボーイズ の帯広支部メンバーがやってきたので、すかさず 「V8!!!」 でお出迎え。

 このウォーボーイズ氏、現世での仮の名前を久保綾乃さんといって、帯広在住の美術家の女性である。 翌日より、2階の喫茶ラルゴで開かれる 「久保綾乃 展 ―夜 草 園 (YA SO-EN)―」 の準備のためいらした。

 展示会場のラルゴでは、久保さん製作のフリーペーパー 「昭和基地通信」 の最新号も配布している。 もちろん誌面には 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 の話題が。
 V8!!!

 岩波文庫のハウプトマン 『沈鐘』、山川出版社の 『世界史のための人名辞典』 が売れる。 『新・手話辞典』 など手話の本も5冊売れる。

 夜は北大通で くしろ市民北海盆踊り。 天気が悪いため例年よりも終了時間が早い。
 7打数3安打。打率 2割2分7厘8毛。


2016年8月18日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第227試合


  1. 中村文則 『教団X』
  2. 古城の本

 前の晩の大風 は、この辺では過去最大の43.2メートルだった。
 店のウィンドウが塩風でやられて曇りガラスに。 ちょっと拭いたくらいでは汚れが落ちない。 天候が落ち着いたらホースの水で勢いよく洗い落としてやるんだ。
 2打数0安打。打率 2割2分6厘1毛。


2016年8月17日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第226試合


  1. 音楽関係の本
  2. 丸山圭三郎 『フランス語会話文章の入門』
  3. シルヴィ・バルタンのCD

      < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 この日も風景印が押された郵便物が 2通届いた。 どちらもズリ山裏道さんから。 風景印は根室管内の別海郵便局と中標津郵便局だった。

 台風。 雨が降ったり止んだり。 やがて身の危険を感じるほどの暴風雨になり、夜6時で店を閉める。
 3打数0安打。打率 2割2分6厘6毛。


2016年8月16日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第225試合


  1. パウロ・コエーリョ
  2. 芸術の本

      < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 風景印ハガキが 2通同時に届く
 ひとつはズリ山裏道さんが幌呂郵便局から出したもの。 もうひとつは岩村誠二さんによる札幌北郵便局からのもの。
 今期4度目のアベックホームランとなる。 愉快犯 (ズリ山さん) と愉快犯にあこがれる摸倣犯 (岩村さん) とのシンクロ率が上がってきた。

 少し前まで長崎方面を旅していたズリ山さん。 今回のハガキには 「九州は風景印にとぼしい地域でした」 という総括の一文があった。

 ちなみに幌呂は釧路管内の鶴居村にある。 好事家には こんな歌 で知られているかもしれない。
 2打数0安打。打率 2割2分7厘4毛。


2016年8月15日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第224試合


  1. 坂本直行

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 ピンク・フロイド集中連載の第15回目。 ようやく80年代が見えてきました。 79年発表の 『ザ・ウォール』 の巻です。
 11月には、ピンク・フロイドの27枚組の豪華ボックス・セット 『The Early Years 1965-1972』 が発売されます。

  ピンク・フロイド 『Another Brick In The Wall, Part Two/アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール パート2』 (You Tube より)

 臨時休業を決め込んでいたけれど用事が早く終わり午後2時半より営業する。 予報とちがってそうひどい天気でもなかったし。
 1打数0安打。打率 2割2分8厘0毛。


2016年8月14日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第223試合


  1. パソコンの入門書
  2. 『弟子屈町史』
  3. 佐伯の新・古着屋総兵衛
  4. 佐江衆一 『北海道人 松浦武四郎』
  5. カーペンターズのCD
  6. 鉄道関係
  7. 数秘術の本
  8. 虫と魚の本

 明日は悪天候らしい。 社長のところは孫が遊びに来ているし、月曜定休日の本店にあわせて北大通店も臨時休業することになった。

 気温38度の大阪からガス人間さんの電話あり。 暑さにやられてバテバテにバテておられる。

 橋井由高さんと 『シン・ゴジラ』 話で盛り上がる。 ようやく身近に鑑賞者が現れる。

 昭和56年版の 『弟子屈町史』、「鉄道ジャーナル」 2冊、保育社の標準原色図鑑全集 「熱帯魚・金魚」 が売れる。
 8打数3安打。打率 2割2分8厘3毛。


2016年8月13日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第222試合


  1. 「串田孫一集」
  2. 樹木の本
  3. 丹頂鶴の本
  4. 寺山修司
  5. 北方謙三 『楊令伝』
  6. 原田康子 『挽歌』
  7. 原田先生の他の作品

 文庫本が大量に入荷した。 ただしその多くがマーカー線を引いて勉強した跡あり。 おかげで外の均一棚が充実している。

 その中の1冊、角川文庫の 『ポケット・ジョーク5 ブラックユーモア』 をめくってみた。 マーカー線ばかりか、所々に赤いボールペンでクエッションマークが書きこんである。 前の持ち主がピンとこないものをチェックしていたのかしら。 疑問符はたとえばこんな小咄に。

  ―教育効果
 子供を上級学校に入れている父親に隣人がたずねた。
 「お宅は息子さんに教育を授けてなにかいいことがありましたか?」
 「ありましたとも」 と父親が答えた。
 「おかげで家内の息子自慢が止みましてね」


 数年ぶりに中ポンが店に顔を出してくれた。 ただいま奥さんと赤ん坊を連れて帰省中。 確か私よりひとつ年下のはずだが、20数年前にはじめて会ったときと風貌がまるで変わらない。 悪魔に魂を売り渡したよう。

 林田恒夫の丹頂鶴の写真集が売れる。 原田康子の 『輪唱』 も売れる。
 7打数2安打。打率 2割2分6厘8毛。


2016年8月12日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第221試合


  1. クリスティ
  2. 「四季」 にいた人の鶴の詩集
  3. 文芸誌
  4. 札幌の地図
  5. この前のヘッセの
  6. 雑誌
  7. いがらしゆみこ 『キャンディ・キャンディ』

 気がつけばレジ前に置いてあった 「ご自由にどうぞ」 の数十枚分の栞がひとつもない。 ひとりで根こそぎ持っていった人がいるな。 ぎゃん!

 5のヘッセが売れる。 角川文庫の 『若い日』。 10日前にヘッセの在庫を尋ねたのと同じ方である。 よって2安打獲得ということにしたい。 お、俺が法律だ!

 クリスティの 『愛の重さ』、中原淳一特集の雑誌 「MOE」、『キャンディ・キャンディ』 が売れる。 いがらしゆみこのマンガは海を渡り外国へと旅立つことになった。
 7打数5安打 (内1安打 8/2分)。打率 2割2分6厘3毛。


2016年8月11日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第220試合


  1. エゾシカやシロクマが載っている本
  2. 大山 (だいさん)、こんな厚い本?
  3. 歴史の本

 山の日。 2階の喫茶ラルゴは、翌週火曜日まで夏季休業に入る。

 森田正治 『北の原野の動物医 野生のさけびを聞く』 で1をクリア。 エゾシカやシロクマの写真が載っている。
 3のリクエストには、『北の生活文庫 第5巻 北海道の衣食と住まい』、 『北の大地を拓く 石川家臣団北海道開拓史』 でお応えできる。

 2は何の本のことなのか、まったく分からなかった。
 3打数2安打。220試合を終えて、797打数177安打。打率 2割2分2厘0毛。


2016年8月10日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第219試合


  1. 半藤一利
  2. 『中国近世の宗教倫理と商人精神』
  3. 音楽関係の本
  4. 水草か苔の図鑑

 北大通店のネット目録に掲載したばかりの2に指名が入る。
 4打数1安打。打率 2割2分0厘4毛。


2016年8月9日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第218試合


  1. 旅の本
  2. 哲学の本
  3. 森村誠一 『悪魔の飽食』

 フラカンさんに 『バートン・クレーン作品集・改訂版』 のCDを貸してもらう。 「今甦る、コミック・ソングの元祖!おかしな日本語で歌う外人歌手第一号復刻盤」 とは帯のコピー文より。
 酒や酒場の歌が地味に多くておもしろい。 呑ンべえの画伯にも聴かせてあげたい。

 1、2を尋ねてきたのは、会社を辞めて旅をしている若者。 進路を迷っておられる。 ありきたりだが、橋本治、寺山修司、沢木耕太郎などを薦めて、寺山と沢木の文庫をお求めいただく。

 『悪魔の飽食』 は在庫を訊かれたわけではないのだが、なんとなく話の流れでその本ありますよとなって買ってもらえたので、 安打日照りの折り、これも付け加えておこう。 俺が法律だ!!
 3打数3安打。打率 2割2分0厘2毛。


2016年8月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第217試合


 鹿の角 (つの) カー―― それは電飾で光る鹿の角を側面に植えつけた軽自動車のこと。

 3週間前の当欄に、スティングさんによる第2の鹿の角カーの目撃情報について記した。 本家 鹿の角カーにつづいて、その摸倣犯が現れたというのである。
 どちらも釧路市周辺で走っているらしいのだが、私はまだ見かけたことがない。

 いい加減作り話ではないかと疑っていたら、この日、信頼できる常連さんから (って常連さんはもちろん皆さん信頼できる方々ばかりデス) 第2の鹿の角カーをうつした携帯画像を見せてもらった。
 鹿の角カーは実在する。 ついでに 空飛ぶ円盤も実在する

 3時のおやつはお客さんからもらった わかさいも
 0打数0安打。打率 2割1分7厘2毛。


2016年8月7日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第216試合


  1. J・G・バラード

 港まつり の最終日。

 市立釧路図書館 では古本市がはじまる。 複数の常連さんから市での収穫話をうかがった。 なんにも欲しい本がなかったよ〜〜とか言ってる毎日さん、よく聞くとダンボール2箱分も買っている。

 高価なカメラを首から提げたお客さんがちらほら。 そういえば、釧路出身の 長倉洋海 さんの 長倉商店塾 もはじまっている。

 バラードの 『沈んだ世界』 と 『結晶世界』 が売れる。 釧路にはこないけれど、 『ハイ・ライズ』 は昨日が初日。
 1打数1安打。打率 2割1分7厘2毛。


2016年8月6日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第215試合


  1. 筆ぺん
  2. 釧路新書の 『釧路川紀行』
  3. 戸塚刺繍
  4. 中公クラシックスの折口信夫
  5. PHP文庫の 『芭蕉と旅する 「奥の細道」』
  6. 清河八郎に関する本
  7. 『白糠町史』 の下巻

 港まつりの2日目 。 よく知らない人物に本店と北大通店どっちが儲かってんのと訊かれて、それにふさわしい対応をとる。

 2が売れる。
 7打数1安打。打率 2割1分6厘2毛。


2016年8月5日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第214試合


  1. この前買ってったムーミンの人の本
  2. 『ドイツ・イデオロギー』
  3. 嵐のなにか

 夕方、 第69回 くしろ港まつり 開幕。

 今年は歩行者天国が縮小され 、店前の道路封鎖は パレード のときだけになった。 これまで商店街で行ってきたホコ天用の朝の準備も、夜の片づけもないはじめての年。 いよいよ傍観者の体に。

 すぐそばの郵便ポストが 使用休止 になっていた。 今まで10数年間、祭りを見てきてはじめて気づいたぞな、もし。

 岩波文庫の2が売れる。
 3打数1安打。打率 2割1分6厘9毛。


2016年8月4日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第213試合


  1. 北海道のスキー場の情報が載っている本
  2. アイヌの本
  3. 釧路の地図
  4. 本田 健
  5. イベント集客に役立つような本
  6. ナンシー関

 「本屋さんにいるとトイレに行きたくなるって話がありますよね。 豊文堂さんはご存知ですか」
 「はい、「本の雑誌」 で30年くらい前に特集されていましたね。 提唱した人の名前をとって、確か 「青木まりこ現象」 っていったかな。 結構有名な話ですよね」
 「どうしてそうなるか分かりますか」
 「いやァ、これまでいろんな人が理由を挙げてた気がするけど、はっきりとは分からなかったんじゃないですかねェ」

 「私はね、本屋さんは情報が集まる場所だからだと考えています。 本屋さんには本がたくさんあって、その1冊1冊にたくさんの情報が詰まっているでしょう。 そういう情報の塊を浴びていると、普通の人は身体に不調をきたしてトイレに行きたくなるのも無理ないと思うんです」
 「ハァ……」
 「でも本屋で働く人は、毎日たくさんの情報を浴びているのに休まず仕事をつづけていられますよね。 それは生まれる前の過去生で世界のシステム作りというたいへんな作業に従事していたからなんです。 そのときに情報をたくさん浴びていて身体に耐性がついたんです。 今本屋さんで働いている人っていうのは、そういうすごい人たちの集まりなんですよ!」
 「……そ、そうなんですか (知らなかった)」

 3冊1,000円の美女写真集コーナーをなくす。 豊文堂用語でいうところの 「厳選された売れ残り」 となってきたため。

 知里真志保 『アイヌ語入門』 と 『地名アイヌ語小辞典』 が売れる。
 6打数1安打。打率 2割1分6厘4毛。


2016年8月3日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第212試合


  1. ジャズ雑誌
  2. 佐藤さとる
  3. 法律書

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 長崎北郵便局の風景印と、JR新千歳空港駅の記念スタンプに彩られた 郵便書簡 が届く。 牛乳に入れてかき混ぜると美味しいにちがいない ミルメークいちご入り。

 佐藤さとるの 『ファンタジーの世界』 (講談社現代新書) が売れる。
 3打数1安打。打率 2割1分6厘8毛。


2016年8月2日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第211試合


  1. 釧路新書
  2. ヘッセ

 1ヶ月ぶりの夏日。

 札幌の岩村誠二さんによると、この夏から秋にかけて レトロスペース坂会館 は  催し物ラッシュ である。

 ギャラリーカフェ ラ・メール釧路市民文化会館 3階) 主催の次の読書会のテキストはヘッセ。 棚を探したけれど文庫が数冊しかない。
 2打数0安打。打率 2割1分6厘4毛。


2016年8月1日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第210試合


  1. 古い貨幣やコインの本
  2. 昨日のネットに載ってた坂本龍一
  3. 朝井まかて
  4. 津本 陽
  5. 池波正太郎

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 7月下旬のズリ山さんは長崎県方面に行っていたみたい。 風景印でそれとわかる封書とハガキが計3通届く。
 岩村誠二さんからも、札幌白石郵便局投函の風景印ハガキが送られてきた。  愉快犯と模倣犯による今年3度目の アベックホームラン

 釧路公演を前夜で終えた 劇団どくんご の皆さんが次々と。

 2、4が売れる。 坂本龍一の本はホームページに載せたばかりの 『音楽は自由にする』。
 5打数2安打。210試合を終えて、765打数166安打。打率 2割1分6厘9毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 朝日新聞の短歌欄より、長野県の方の一首を紹介している。 孫引きする。

 「いますこし本屋を続けゐたきかな 本が紙にて刷られるうちは」


2016年7月31日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第209試合


  1. 神岡 学
  2. 逢坂 剛 「百舌シリーズ」
  3. CD
  4. 新潮選書の 『消えたヤルタ密約緊急電』
  5. 斎藤モタさんの本
  6. モタさんのお父さんの本

 前夜の どくんご 釧路公演で手に入れた 『写真集 劇団どくんご The Naked Dog Tour 2009-2014』 がとてもよい本だった。 日本全国を旅してまわる劇団どくんごの日常と非日常をともにおさめた高平雅由さん撮影の自費出版本である。 見せびらかすためにレジ前に飾ることにした。

 斎藤茂太のエッセイ集2冊と 『新潮日本文学アルバム 斎藤茂吉』 が売れる。
 6打数2安打。打率 2割1分5厘7毛。

 日曜日の夕暮れはさびしい。 早めに閉めて釧教大へ。 映像文化研究会演劇集団ウポポ の合同による無声映画上映会に駆けつける。 学生弁士の解説付きでキートン、チャップリン、ハロルド・ライトの短編計5本。


2016年7月30日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第208試合


  1. 博物館の研究員さんが書いた石炭の本
  2. ムーミンの絵本
  3. 美空ひばりのころの歌の本
  4. 北海道の時刻表
  5. 雨宮雅子
  6. 開高 健 『ロビンソンの末裔』 のハードカバー

 朝8時半に集合して、社長と車2台で出張買入。 約2時間、本を運びだす。 屋内も屋外も蒸していて滝のような汗。
 その後、図書館で本日返却日の本を返して、また新たに借りてなどして午前11時すぎより店を開ける。

 釧路市立博物館 学芸員の石川孝織さんの著書 『釧路炭田 炭鉱 (ヤマ) と鉄路と』、 ムーミン展の図録、野ばら社の 『美しき日本のうた』 が売れて、猛打賞。
 5は、お客さんに頼まれて 「日本の古本屋」 経由で他店に注文する。

 営業終了後、 劇団どくんご の釧路公演でしばし浮世を忘れる。 「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」 という乱歩の言葉を思い浮かべながら。
 図々しく打上げの場にも居座り、深夜0時をすぎるまでたのしい時間をすごした。
 6打数3安打。打率 2割1分4厘8毛。


2016年7月29日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第207試合


  1. 『猶太難民と八紘一宇』
  2. 過去の成功した人の伝記もの
  3. 営業マン関係の本
  4. 株式会社の本
  5. 住宅リフォームの基礎的な本
  6. 織田信長関係の本
  7. 『織田信長 四三三年目の真実』
  8. 徳富蘆花 『みみずのたはこと』
  9. 遠藤周作 『沈黙』
  10. 「HO (ほ)」 の2013年の釧路根室特集号
  11. 文章の書き方の本
  12. 『村上海賊の娘』
  13. 夕張の炭鉱の本
  14. 旧帝大のデータが書いてある本
  15. 『大夕張炭鉱労働組合 二十年史』?
  16. 坂口安吾のエッセイの方

 港のすぐそばに住んで60ウン年という常連さんから、港町・釧路の移り変わりの有り様をたっぷりと伺い、おもしろかった。

 白崎秀雄 『当世畸人伝』、大野 力 『価値ある執念』 で2を、 秋山 駿や桑田忠親の信長本で6を、角川文庫の 『安吾巷談』 で16を、それぞれクリアする。
 16打数3安打。打率 2割1分2厘5毛。


2016年7月28日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第206試合


  1. アイヌの刺繍の本
  2. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』 の
                  自分好みの装丁の文庫本

 今ごろになってポケモンGOの話題。
 バーコード博士にポケストップ検索サイトを教えてもらう。 「北海道 釧路市 北大通」 と入れたら 、思いのほかたくさん見つかるではないの。 うちの裏手にも何かいる。
 ちなみに博士も私も、使っているのはガラケーです。

 釧路でこういう商売をされるのはたいへんでしょう、よくやっていますね、 私は時々こっちに来るのですが年々店がしまって寂しくなります、と旅行者の方がしきりに同情して帰っていかれるが、 そこまで言ってくださるのなら、せめて均一棚の1冊でも……。 いやこの先は口にするまい。

 岩波文庫版の 『銀河鉄道の夜』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分3厘1毛。


2016年7月27日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第205試合


  1. 啄木
  2. 仏教、宗教関係
  3. 町の歴史、地域の歴史が書いてある本
  4. 荒木経惟 『センチメンタルな旅・冬の旅』

 おとなりのビルの工事が本格的にはじまる。 昼ごろ、こもった作業音が小さく聞こえてきた。

 クルーズ客船が入港。 山陽地方からみえた乗客の方に啄木本をお求めいただく。

 同じく客船乗客と思しきアジア系の方は4をお探し。 『センチメンタルな旅・冬の旅』 以外のアラーキー本ならば、多少ないこともないので棚へとご案内する。 荒木写真集を1冊お求めいただける。
 これも安打だ。 俺が法律だ!
 4打数2安打。打率 2割1分2厘3毛。


2016年7月26日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第204試合


  1. 文春文庫の山崎豊子 『運命の人』
  2. 絵本
  3. DIY?
  4. Dollhouse
  5. みみずく アート シリーズの静物画の巻
  6. 『源氏物語絵巻』
  7. 写真集

 2階の喫茶ラルゴ、本日の日替りランチメニューの 片隅から。 ラルゴのスタッフ、フラカンさんの作。
 今晩、ゴールデンボンバー全国ツアーの釧路公演なんですの。

 中国からの客人にドールハウスの本を訊かれるが、確か在庫はなかったはず。 「 I'm sorry」 と謝っていたら、お客さん、棚から雑誌の 「私のドールハウス」 を自力で2冊見つけ出して面目ないことです。

 札幌から出張でみえた方に細江英公の写真集が売れる。
 7打数2安打。打率 2割1分0厘7毛。


2016年7月25日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第203試合


  1. 「小六法」
  2. coba のCD
  3. 犬の写真集みたいなの
  4. 能の舞台を詳しく書いた本
  5. 北海道の蕎麦屋さんが載っている本
  6. 江戸時代の東北海道のことが書いている本
  7. ランクルのサービスマニュアル
  8. 「太陽」 の蕎麦特集号
  9. 『データベースアイヌ語』 の日高の巻

 納品したり、パッケージプラザ我満で包装資材を仕入れたり、諸々用事を済ませてから店を開ける。

 6のお客さんに釧路新書の 『東北海道物語』 を薦めて、1安打。

 8のお客さんがお探しの 「太陽」 バックナンバーは、本店に在庫あり。 98年の 「そばを極める」 の号。 お客さんは旅行中の方。 自身が営む蕎麦店が載っているのだとか。 明日本店で手に入れますとのことなので、2安打目。
 9打数2安打。打率 2割1分0厘0毛。


2016年7月24日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第202試合


  1. 柄谷行人 『世界共和国へ』

 午後2時で店を閉めて、社長と西へ。
 1打数0安打。打率 2割0分9厘8毛。


2016年7月23日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第201試合


  1. 『毛沢東の私生活』 の下巻
  2. 『村上海賊の娘』 の文庫本
  3. アシモフ 『銀河帝国の興亡』 の1、2巻
  4. 与謝蕪村

 外の均一棚から、創元推理文庫版 『銀河帝国の興亡』 の3巻をみつけた常連さんが 「これの1、2巻はありますか」
 ちょうど昨日の仕入れで、ハヤカワ文庫版の同シリーズ1、2巻が狙い済ましたように入荷していた。 読めるならそれでもいいですとお求めいただける。
 4打数1安打。打率 2割1分0厘1毛。


2016年7月22日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第200試合


  1. 手芸の本
  2. 高橋揆一郎の炭鉱もの
  3. 葛西善蔵
  4. 釧路新書 『戦後史ノート』
  5. 道新選書 『戦後70年 北海道と戦争』
  6. 『あの頃、俺たちは事件記者だった』
  7. 消防組合?星さんの本?
  8. 森 絵都 『カラフル』
  9. 『アルジャーノンに花束を』
  10. 夏目漱石
  11. シュワッとする本

 朝の買入れの量が思いのほか多くて長引き、午前11時半から店を開ける。

 今晩から 霧フェス だったのか! すっかり失念していた。

 6の 『あの頃、俺たちは事件記者だった』 がおもしろそう。 コピー文は 「たぎる若さぶっつける!昭和三十年代、霧の町・釧路事件簿」。
 あいにく店に在庫はない。 地元本なのでもう少し経てば入ってくるかな。

 漱石の 『猫』 が売れる。 新潮文庫版。
 11打数1安打。200試合を終えて、705打数148安打。打率 2割0分9厘9毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 ズリ山さんがご来店に。 自身が投函した郵便物が滞りなく届いているか、チェックをしていかれる。
 12日到着分 の赤平郵便局の風景印、よく見ると 「ズリ山階段 777段」 のデザインだった。 ズリ山さんに指摘されてはじめて気づく。 慢心して見落としていた。 反省。


2016年7月21日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第199試合


  1. 「子供の科学」
  2. きみまろの本
  3. おもしろい本
  4. ジャズのCD
  5. おじいさんが読むような落語の本
  6. 開高 健 「パニック」
  7. エンデ 『はてしない物語』

 5、6が売れる。
 前者は、長井好弘 『寄席おもしろ帖』、小佐田定雄 『よむらくご 新こてん落語集』。 旦那さんの読み物を探しにみえた奥さんからのリクエスト。

 6は本店経由でみえたお客さん。 新潮文庫版の 『パニック・裸の王様』 でお応えする。
 7打数2安打。打率 2割1分1厘8毛。


2016年7月20日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第198試合


  1. ミシェル・フーコー
  2. 雑誌 (ファッション誌)
  3. スティーヴン・キング

 キングの文庫が2冊売れる。 『ゴールデン・ボーイ』 など。
 3打数1安打。打率 2割1分1厘0毛。


2016年7月19日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第197試合


  1. 吉田十四雄 『人間の土地』
  2. 桜木さんの本

 津原泰水が予言する 右傾化について。 さもありなんという気がする。

 「吉田十四雄の 『人間の土地』、そっちにないか。お客さんが探してるんだよ」 と本店の社長から電話あり。
 北大通店にはないけれど、試みに当店ホームページを探ると第二部のII巻が載っていた。 つまり本店に在庫があるということ。 灯台下暗しであることを社長に伝え、お客さんにお求めいただく。
 ネット環境にないお客さんの代わりに、他店に 『人間の土地』 全8冊の注文を入れる。

 紫乃さんの文庫本が2冊売れる。
 2打数2安打。打率 2割1分0厘5毛。


2016年7月18日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第196試合


  1. 英語の本 (Novel)
  2. 外国語の辞書

 海の日。
 みんなして泳ぎに行って鮫に食われたのか。 頭がおかしくなって連休を呪いかけてる。

 サリンジャーの洋書が売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分2厘6毛。


2016年7月17日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第195試合


  1. ヒルティ 『幸福論』
  2. 九条武子
  3. 柳原白蓮
  4. 文庫の鳥の本
  5. カメラや写真の本
  6. 横山了一 『北のダンナと西のヨメ』

 創文社が2020年に解散する ことを知る。 たいへんな時代が近づいていることをひしひしと感じる。

 喫茶リリー のコンサート帰りのスティングさんが勢いこんでやってくると 「今、第2の鹿の角 (つの) カーが走ってたんですよ!知ってましたか!」
 鹿の角 (つの) カーとは、電飾で光る鹿の角を側面に植えつけた軽自動車のこと。 本家ですらまだ1度も見たことがないのに、模倣犯が現れるなんて。

 スティングさんや喫茶部長らから、これまで多くの目撃情報をもらってきたが、ホントにそんな悪目立ちする車が市内を走っているのか。 儂、みんなに担がれてるような気がする。

 純喫茶ヒッピー ニッポンキッサツアー

 夜遅くおみえになったほろ酔い風のゴキゲンなお客さん。 レジまわりに積んだ本の山から頭を出して挨拶すると、「わ、人がいた」 とたいそう驚かれる。
 6打数0安打。打率 2割0分7厘3毛。


2016年7月16日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第194試合


  1. 『論語』
  2. 食の本

 「今年の御正月は、知り合いの犬と、猫2匹のおうちの鍵を預りました。 なんだか自分の仕事を間違えたのかしら? 良い一年でありますように」

 先日、図書館で借りた 「本の雑誌」 2016年3月号巻末の近況報告欄に、マンガ家の吉野朔実がそう書いていた。 彼女は同誌に長年読書エッセイマンガを連載していて、 いっしょに借りた5月号の方はデヴィッド・ボウイを追悼する内容だった。

 吉野朔実 2016年4月20日、病気のため死去。 57歳。 運命は過酷だ。
 本の雑誌社が新たに 吉野本を3冊刊行 した。

 中公の 「世界の名著」 の孔子・孟子の巻、石毛直道 『人間・たべもの・文化』 が売れる。
 2打数2安打。打率 2割0分9厘1毛。


2016年7月15日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第193試合


  1. 渡部昇一
  2. シドニー・シェルダン 『空が落ちる』 の下巻
  3. 羽生 輝 『美の旅 創造の旅』

 釧教大の 演劇集団ウポポ の部員氏が同じ大学の 映像文化研究会 のメンバーおふたりを連れてきてくださる。
 近々、研究会とウポポの合同で無声映画の上映会が開かれる。 おもしろいのは自ら活動弁士となって解説つきで上映するところ。 すばらしい!!

 研究会の方とは初対面のつもりでいたが、おひとりはよく行く某所でアルバイトをしている顔なじみの若者だった。

       ×         ×         ×

 無声映画上映会 第3弾 「モノクロームの喜劇」 開催

 上映作品=バスター・キートン 「ゴルフ狂」 「浜遊び」/チャールズ・チャップリン 「タンゴがもつれる」/ハロルド・ライト 「俺がやる」 「父に聞いて」

 日時=2016年7月31日 (日) 18時上映
 場所北海道教育大学釧路校 講義棟502号室
 主催=映像文化研究会  入場無料

 「演劇集団ウポポとのコラボ企画。 五名の弁士が三大喜劇王を彩ります」

       ×         ×         ×

 シドニー・シェルダンは確か1冊もなかったはずだけど……。 あ、洋書なら何冊かあった。 で、棚からお客さんの探求書の原書 『The Sky is Falling』 が見つかる。
 お客さん、しばらく悩んだ後、たまには英語の本読むのもいいかもね、チャレンジしてみるわと買っていかれた。

 他にPHP文庫の渡部昇一が売れる。
 3打数2安打。打率 2割0分6厘8毛。

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 ピンク・フロイド集中連載の第13回目です。
 折しも 「音楽に政治を持ちこむな」 とかいう すっとこどっこいの声が巻き起こる中、「音楽に政治を持ちこんだ」 77年発表の 『アニマルズ』 の分析を行っていただきました。

  ピンク・フロイド 『Sheep/シープ』 (You Tube より)


2016年7月14日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第192試合


  1. 「ステレオサウンド」 の100号と108号
  2. 地元の古い本
  3. 後家さんの裸体写真集
  4. 渡辺淳一 『阿寒に果つ』
  5. 渡辺淳一

 1945年7月14、15日 釧路空襲の日。

 高島秀雄 『わが母校 わが校歌』 が売れて、2をクリア。 釧路市内の小中学校の校歌の歌詞や由来をまとめた一書。
 『阿寒に果つ』 など、渡辺淳一も3冊売れる。

 釧路市立博物館 は、この日が創立80周年記念の日。
 5打数2安打。打率 2割0分4厘7毛。


2016年7月13日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第191試合


  1. 織田作之助
  2. 青山光二
  3. 将棋の本
  4. 『新しい名前のつけ方』

 数日前から右耳の調子が悪いと訴えていたうちの社長。 重病の兆しを疑いつつ、耳鼻科へ向かった。
 昼ごろ、これから店を開けると社長が電話をよこす。 検査の結果は、小豆大の耳あかの塊が掻きだされて一件落着というものだった。 ずっこける。

 ちょうど社長の奥さまがいらしたのでいち早く伝えると、 「そんなもの後生大事に溜めてたの。もっと違うもの (北大通店翻訳では金目のもの) を溜めてくれればいいのにね」
 それをまた電話で社長に耳打ちする密告者の私。 社長がとっさに返して言ったのは 「耳が痛い」
 おあとがよろしいようで。

 1、2、3と順調に売れる。
 4打数3安打。打率 2割0分3厘3毛。


2016年7月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第190試合


  1. 宇江佐真理
  2. 『中馬聰写真集 映画館』

 映画チラシコレクター氏相手に 『中馬聰写真集 映画館』 がいかに素敵な書物かをアピールする。 結果として、その本ここにあるのかいと訊かれるわけだが、私物なので在庫はない。 自ら打率をさげるような振る舞い。

 コレクター氏が70年代初頭に通った池袋や新宿の名画座の話をしてくれた。 『中馬聰写真集 映画館』 に影響されてあたしゃ、北海道内の映画館をくまなく回りたいよ。
 2打数0安打。190試合を終えて、660打数132安打。打率 2割。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 ズリ山さんが精力的に動きまわっておられる。 2日つづけて郵便書簡が届いた。 今度 は赤平郵便局の風景印。 中身は、くまもんの味のり。 いただきま〜す。


2016年7月11日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第189試合


  1. 『東川スタイル 人口8000人のまちが
                   共創する未来の価値基準』
  2. 未亡人

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 この日のズリ山じるしの郵便書簡は、夕張にある沼ノ沢郵便局の風景印だった。 小沢名物 トンネル餅 の包み紙入り。
 同時に、札幌の岩村誠二さんからも野幌郵便局投函の風景印ハガキが届く。

 愉快犯 (ズリ山さん) と模倣犯 (岩村さん) による アベックホームラン と相成った。
 2打数0安打。打率 2割0分0厘6毛。


2016年7月10日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第188試合


 午前中は、開店を遅らせて 北海道立釧路芸術館 の 「写真文化首都 「写真の町」 東川町コレクション展  写真のフロンティア ヒューマニズムの視座から」 最終日へ。

 出品リストの気に入った作品名に印をつけていく。 好きなものが増えるのはいいが、自分の好みの脈絡のなさを思い知る。
 0打数0安打。打率 2割0分1厘2毛。


2016年7月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第187試合


  1. 文庫本の 『塩狩峠』
  2. 自然、湿原関係
  3. アイヌ関係

 開店前に市役所へ。 参議院選挙の期日前投票を済ませる。

 啄木の研究をしている歌人がおみえになる。 はじめてお会いするが、以前より著書で存じ上げている方だった。

 厳島神社 の例大祭があった。 午後、神輿や山車や笛や太鼓のパレードが北大通を通り過ぎる。 晩に2階のラルゴでライブを行う 鈴木亜紀 さんも降りてきてそれを眺める。
 いっとき膨れ上がった見物の人々はパレードに攫われるようにしていなくなり、すぐに元の静かな通りに戻った。

 午後6時半より喫茶ラルゴにて、「鈴木亜紀 ピアノ弾き語り ソロライブ ピヤノひとり旅、これがアタシの基本にて」 が開かれる。 2年ぶり4回目の亜紀さん。 大層よい歌を聴かせてもらった。

 ちなみに、ピアノの配置をいつもと変えていたため、階段から見ていた儂には弾き語りをする亜紀さんの姿は9割9分ピアノに隠れておった……。
 3打数0安打。打率 2割0分1厘2毛。

 大阪のガス人間さんの短歌。 おしまいは釧路の後に向かった霧多布にて。

  (霧多布にて)
  キリタップたった三部屋の宿に居て
  見知らぬ同士が盛り上がる夜

  宿の子とかるた遊びをしていたら
  勉強してたと客に言われる

  ウグイスが澄んだ空気に鳴いている
  やっと霧雨あがった朝に

  道東の気温9度の湿原に
  クロユリを見て寒さ忘れる

  何度でも同じところに向かうのは
  安心なのか?確認なのか?


2016年7月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第186試合


  1. 百田さんの本

 夜、喫茶部長と翌日開かれる 鈴木亜紀 さんのラルゴ・ライブの会場設営をする。
 1打数0安打。打率 2割0分2厘1毛。

 大阪のガス人間さんの短歌のつづき。
 5首目は営業終了後、ガス人間さんを誘って行った盛り場での実話。 お目当ての店がことごとく閉まっていた。

  (標茶町郷土館にて)
  夏ゼミが弱々しくも鳴いている
  やっと晴れ間の北の大地に

  集治監 (刑務所) きしむ床板すりへって
  思想犯たちのうめき声聞く

  外観は白いきれいな集治監
  しかしその裏黒い歴史が

  今はもう郷土館なり集治監
  夏ゼミここぞと声そろえ鳴く

  釧路にて古書店店主と出掛けたら
  3軒休みでさまよう夜更け

  オレンジの街灯霧にぼやけ浮く
  釧路の夜の幻想世界


2016年7月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第185試合


  1. 横溝正史のここにある以外の
  2. どくんごの券
  3. 中村天風

 劇団どくんご の釧路公演の前売券が2枚売れる。
 3打数1安打。打率 2割0分2厘4毛。

 北海道旅行を終えた大阪のガス人間さんから短歌の詰めあわせをいただいた。 今回の旅の途上で生まれたもの。
 北大通店2階の喫茶ラルゴでみた 「 友部正人 & 瀬尾高志 (コントラバス) DUO」 釧路公演のことも詠んでおられる。

  (新千歳から釧路便欠航)
  飛行機がいかに便利といわれても
  天候不良にゃ勝てやせぬ

  (JRに乗り換える)
  釧路にはやっと着いたよ夜10時
  駅うす暗く街に人無し

  特急で4時間かかる釧路まで
  その間ずっと喋る人たち

  (友部正人のライヴ)
  ボクトツで誠実そうな友部さん
  初めて書いたファンレタ―を渡す

  北の果てギターとべ―スで歌い継ぐ
  年季の入った声が沁み入る


2016年7月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第184試合


  1. 佐々木 譲

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 この日届いたズリ山さんの郵便書簡は、羽田空港郵便局の風景印が押されたもの。 封を開けると、 ことでん のせんべいが入っていた。 ちょうど 食べやすい大きさに割れていた
 1打数0安打。打率 2割0分1厘8毛。


2016年7月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第183試合


  1. 録音のカセットテープ
  2. 吉川幸次郎 『漱石詩注』
  3. 島尾敏雄 『死の棘』

 ちびちびと読み進めていた竹西寛子の 『日本の恋歌』。 おしまいの方にさしかかったら、岩波文庫の 『和泉式部歌集』 の清水文雄による校注にふれて、次のようにあった。

 「国文専門の研究者の論文で、上等の作品に出会ったような充足感と喚起力を意識するのはそうたびたびではない。 詩心を抑制し、その抑制が客観的記述の力に転化されている文章と、 詩心乏しく客観的記述をはかっている文章の違いは、読者に及ぼす喚起力の違いにもあらわれよう。
 清水氏の解説は、詩心豊かな研究者ならではの文章だと思う。 むろん随筆でもなければ評論的随想でもなく、歴とした論文である。 そうであって大そう読み易く、私には充足感も喚起力も抜群である」

 郷土誌の本についても同じことがいえそうだ。 たとえば釧路市で出している釧路叢書や釧路新書のシリーズ。 文学者である鳥居省三氏は無論のこと、佐藤尚氏が書くものも名調子といってよく、 『釧路川紀行』 や 『釧路歴史散歩』 など読んでいて口元がほころぶ。

 そうかと思えば、新聞に長く連載されているものでも詩心のない人物の誰に向けて書いているのかさっぱりわからぬ、 資料の丸写し以下があって目も当てられない。
 3打数0安打。打率 2割0分2厘1毛。


2016年7月4日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第182試合


  1. ハヤカワ文庫NVの戦記もの
  2. 北大通の古い写真
  3. 伊坂幸太郎
  4. 建築

 メールをもらった。
 旅行中に訪れた小樽では110年以上つづく 工藤書店 が閉店していて、地元に戻ればかつて通った老舗の新刊書店が工藤書店と同じ日に店を畳んでいましたと書いてある。 北海道旅行を終えて帰阪したガス人間さんから。

 3、4が売れる。
 4打数2安打。打率 2割0分3厘1毛。


2016年7月3日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第181試合


 社長と遠方出張買入へ。 とんぼ返りで、午後3時45分より店を開ける。
 0打数0安打。打率 2割0分1厘2毛。


2016年7月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第180試合


  1. 影印本
  2. 小池喜孝 『鎖塚』

 釧路工業高等専門学校の生徒グループの飛び込み取材を受ける。 火曜日に湖陵高校文芸部のインタビューを受けたばかり。 あちらは部誌に載せるそうだが、今回の高専の取材はどんな風にまとまるのだろう。 尋ね忘れた。
 2打数0安打。180試合を終えて、641打数129安打。打率 2割0分1厘2毛。


2016年7月1日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第179試合


  1. 佐々木丸美
  2. 『持妙法華問答抄』?
  3. マンガの本

 最高気温がようやく20度に達する。

 tademu 蓼虫 さんが ハンドメイド通販 iichi で通信販売をはじめたとのこと。 涼しげな絵柄のポストカード類が並んでいるが、 商品の画像を撮って加工したり、掲載するが気に入らなくてやり直したり、説明文を加えたり、その他諸々があったり、 ここまで作るのにやることがいっぱいでかなり消耗したそうな。

 ジャンプコミックスのこち亀が2冊売れる。 特設サイト をのぞくと、200巻が目前。
 3打数1安打。打率 2割0分1厘8毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。 マイナスが止まらない。


2016年6月30日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第178試合


  1. 『源氏物語』
  2. ピアノの楽譜
  3. 書道の本

 隣りの画廊ビルの工事がはじまる。 新オーナー氏がご挨拶にみえる。

 このへんに登山靴売ってるところないかいと訊かれるが、 北大通のスポーツ用品店は数年前に10丁目のスポーツハウスが移転してから1軒もないんだな、これが。

 外の均一棚でお目当ての本を1冊見つけたお客さんが 「店の中の本も全部100円なの」 と尋ねてきて慌てる。

 角川文庫のビギナーズ・クラシックス源氏の巻が売れる。 ピアノの楽譜も売れる。
 3打数2安打。打率 2割0分1厘2毛。


2016年6月29日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第177試合


  1. 澤田瞳子

 リニューアルした 新潮社のサイト の使い勝手がよくない。 改悪と呼びたいところだけれど、単にこちらが慣れていないだけの言いがかりなのか。 他の人にとってはどうなのかしら。
 1打数0安打。打率 1割9分9厘0毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 東京飛鳥山前郵便局の風景印付きの 郵便書簡 が届く。 道の駅ステラ本別の記念スタンプも押されている。
 中身は、カップ焼きそばのスープの素。


2016年6月28日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第176試合


  1. 桜木紫乃 『凍原』 の単行本
  2. English Books

 夕方、湖陵高校文芸部の皆さんが取材にみえる (同時刻、本店にも文芸部の別の取材班が行った)。
 古本屋としてやりがいのあること、地元の人に薦めたい本などの質問に対して、 とりとめのないことをうだうだと話したような。 そんなことよりも店の棚をじっくりと見てもらうべきだったと反省。

 桜木紫乃 『凍原』 の単行本は本店に在庫あり。 北大通店に移して翌日引き渡すことになる。 間違って同書を手放してしまったとお客さん。 これで桜木さんの全著作が (最新作 『裸の華』 を含めて) 単行本で揃うそうな。

 前日の写真集のお客さんが再来店して、エルスケンを1冊お求めに。
 2打数2安打 (内1安打 6/27分)。打率 1割9分9厘3毛。


2016年6月27日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第175試合


  1. 新しい本
  2. 佐伯さんの 「酔いどれ小藤次」
  3. 写真集

 開店前に大学に納品。 少し遅れて店を開ける。

 社長に勧めるべく注文していた新刊書が届く。 ブツは 早稲田大学演劇博物館 の特別展 「あゝ新宿―スペクタクルとしての都市」 の図録。
 その昔――同展が取り上げている60年代後半、騒乱の新宿界隈を根城にしてブイブイいわせていたはずの当店社長なのである。

 フリーペーパー 「shu-hen」 の第5号が発刊されました。 今号は 「生活のシミ」 の副題の下、10編の詩を収めています。 北大通店にて配布中。 お早めにどうぞ。 発行人のヒツジさんのブログは こちら です。
 3打数0安打。打率 1割9分6厘8毛。


2016年6月26日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第174試合


  1. パスカルの 『パンセ』 のペーパーバック
  2. 絵本

 釧路港の耐震・旅客船ターミナルと西港の第4埠頭にそれぞれ クルーズ客船が入港。 日曜日の北大通とは思えない幻のような人出が現出する。

 『パンセ』 を訊かれて中公の 「世界の名著」 収録巻を差し出すが、ハードカバーは No Thank You だった。
 2打数0安打。打率 1割9分7厘7毛。


2016年6月25日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第173試合


  1. ソノラマ文庫 (『インベーダー・サマー』)
  2. サンリオSF文庫
  3. 啄木関係
  4. 中島みゆき

 また天気が悪い日に逆戻り。
 4打数0安打。打率 1割9分8厘4毛。


2016年6月24日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第172試合


  1. なんか入りましたか
  2. 後家さんのヌード写真集
  3. クラシックの楽譜

 およそ1週間ぶりに晴れ間がのぞく。

 大阪のガス人間さんが来釧中である。 氏が2階の喫茶ラルゴでくつろいでいるところに、画伯がご来店。
 「後家さんのヌード写真集、ありますか〜ッ!」 「こちらにございま〜す!」 などといったいつもながらのやりとりを経て、ラルゴに上がっていかれる。

 ガス人間さんと画伯、おふたりとも当店にウン十年と通っておられる常連オールスターズの一員であるけれど、たぶん初対面のはず。 はたしてご両人のあいだに交流は生まれるのか。
 程なくして上から、スタッフ相手にお得意の動物の生態話をはじめる画伯の快活な声と、 それをおもしろがるガス人間さんとの歓談している様子が聞こえてきた。
 こんな風 にならなくてよかった。

 4ヶ月前に訊かれたヤクザ本がその後入荷していた。 お客さんがみえて、お求めいただく。 山中一郎の 『日本ヤクザの存在構造』。
 3打数1安打 (内1安打 2/28分)。打率 1割9分9厘6毛。


2016年6月23日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第171試合


  1. 林 真理子
  2. 田辺聖子
  3. 007の小説

 また海霧 (ジリ) だ。 先週金曜日の大雨からずっと天気がぐずついている。 この日は1と2の文庫本が売れたものの、総じて人出が少なく本が売れない。
 3打数2安打。打率 1割9分9厘0毛。


2016年6月22日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第170試合


  1. たいこ楽団?のCD
  2. アイヌ文様が載っている本
  3. 北海道の詩人で林 美脉子さん

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 新たな刺客は、神奈川の座間郵便局の風景印が押された 郵便書簡 だった。 観光列車 みまさかノスタルジー の記念スタンプ付き。
 不二家のポップキャンディ (オレンジ味) が入っていて、おいしくいただく。

 数日前、道央の常連さんに宛てて出したホームページ注文品の雑誌が私のミスで別の号だった。
 や、発送した号に間違いはないのだが、その前段として、 雑誌の特集の中身を別の号のそれと取り違えてネット目録に記していたため、結果的に必要ない号を送ったことになった。 ひどい誤り。 サイトの記載を直し、本来の号をお送りする。

 『ピリカノカ アイヌの文様から見た民族の心』 が売れる。
 3打数0安打。170試合を終えて、615打数121安打。打率 1割9分6厘7毛。

 2階の喫茶ラルゴで音楽ライブが開かれる。
 「 友部正人 & 瀬尾高志 (コントラバス) DUO」 の釧路公演。 ランチの時間が終わって急いで会場設営をし、18時半の開場時に受付を務める。

 昨秋のソロ・ライブでのゴリッゴリな剛腕ぶりとは打って変わって、 今回は瀬尾さんのコントラバスが入り、まろやかな味わいが勝る。 去年と今年とで、友部さんの硬軟両面を見せてもらうことができた。 どちらも素晴らしい。

 友部さん瀬尾さん がそれぞれ釧路のことを書いてくださっている。


2016年6月21日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第169試合


  1. 切り絵の本
  2. ナタリー・コールのCD
  3. 村上春樹 『1Q84』
  4. 書道の筆
  5. 講談社現代新書の 『地図の歴史』

 大阪のガス人間さんがご来釧。 約8ヶ月ぶりにお会いして、堅い話からやわらかい話まで興じあう。
 ガス人間さんは、当店サイトで自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を連載してくださっている方。 音楽に政治を持ちこむな とかいう へっぽこなお笑い種についても話し合った。
 5打数0安打。打率 1割9分7厘7毛。


2016年6月20日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第168試合


  1. 道東の古民家の写真が載った本
  2. ブックカバー

 買取りした本に新刊書店のブックカバーがかかっていることがままある。 廃業した大昔の書店のものも混じっている。 剥がしたカバーが捨てられない。 野村再生工場 の語を思い浮かべつつ、ピカピカのやつを選んでせっせと再利用している。 一連のこれ、ごく自然の成り行き。 水の低きに就くが如し。

 旅行中だというお客さんが書皮蒐集家だった。 お求めになった文庫本数冊にカバーをかけてほしいとおっしゃる。 お安い御用である。 そんな方をお待ちしておりました。

 地元大型書店コーチャンフォーの色ちがいのものを中心に、10数点を選んでいただく。 蒐集仲間にも分けてあげたいそうな。 懐かしの丸三鶴屋 (かつて釧路の北大通にあった百貨店) ブックセンターのカバーもおまけする。 お客さん、恐縮して追加の文庫を買ってくださった。

 大阪のガス人間さんが来釧する日。 新千歳空港で乗り換える予定の飛行機がとばなくてJRに変更。 大幅に遅れて夜10時すぎに釧路駅に着くとのこと。 この日は会えず。
 2打数1安打。打率 1割9分9厘3毛。


2016年6月19日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第167試合


  1. 手塚治虫 『ブラック・ジャック』
  2. 東野圭吾の 『手紙』 のDVD

 雨とか海霧 (ジリ) とか。
 2打数0安打。打率 1割9分8厘3毛。


2016年6月18日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第166試合


  1. 岩波文庫の 『千一夜物語』
  2. 桜木紫乃 『風葬』

 園芸大臣が昨日配った花を店前の花壇に植えはじめた夕刻、おもてに出て大臣の助手を務める。 その間、ちらちらと店の方を窺っていたが、中へ入っていく人は皆無だった。 おかげで花植えに専念できたぜ (負け惜しみ)。

 先週ギボンの 『ローマ帝国衰亡史』 を探しにみえたお客さんが家で所持巻を調べた上で再来店。 未所持の8巻をお求めになる。
 2打数1安打 (内1安打 6/10分)。打率 1割9分9厘0毛。


2016年6月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第165試合


  1. 中央公論社 「世界の文学」 の 『罪と罰』
  2. 旅行の本

 ざんざん降りの中、商店街の事業で朝8時半に集合。 駅から十字街に向かって各花壇に花を配り歩き、しとどに濡れる (雨天決行だった)。

 劇団どくんご の釧路公演は、7/30 (土)・31 (日) の2日間。 北大通店でも前売券を扱うことになった。
 たまたま前日に、山陽地方でどくんごの公演受入れに関わっていた方とお話ししたばかりである。
 2打数0安打。打率 1割9分8厘0毛。


2016年6月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第164試合


  1. 電話帳
  2. 山菜の図鑑
  3. 新潮社の 『島倉千代子という人生』
  4. 春江一也 『ベルリンの秋』
  5. ダニエル・キイス 『24人のビリー・ミリガン』
  6. 『井伏鱒二全集』

 西崎 憲さんの話 はおもしろいなァ。

 山菜や きのこの図鑑が3冊売れる。

 『井伏鱒二全集』 は新潮社版全30巻の在庫あり。 1冊だけ欲しいとのこと。 お断りするしかない。
 6打数1安打。打率 1割9分8厘96毛。


2016年6月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第163試合


  1. 相田みつをさんの本 (カレンダー)
  2. 病気の本 (癌の本)
  3. サルトル 『嘔吐』
  4. 友部さんのフライヤー

 釧路市立博物館 が大胆な柄の オリジナル・ブックカバー を作成した。 リンク先でダウンロードができる。
 昆虫カード もあるでよ。

 売上げじゃないけど、4をクリア。 2階の喫茶ラルゴでの 友部正人 さんのライブが近づいてきた。
 4打数1安打。打率 1割9分8厘9毛。

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。
 前回につづいて、ピンク・フロイドの1977年発表作 『アニマルズ』 を語っていただきました。 より正確には同アルバムの語りにくさ、そして 『サタデー・ナイト・フィーバー』 再発見の記というべきかもしれません。

 ビージーズ 『Stayin’ Alive/ステイン・アライヴ』 (You Tube より)

 次回は2016年7月15日の更新予定です。


2016年6月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第162試合


  1. なんか小説
  2. カセットテープ
  3. English Book
  4. アドラー
  5. 書道の古典の図録

 歌もののカセットテープを訊かれるが、今年の2月に売れた杉良太郎とシナトラで在庫は一掃されてしまった。
 カセットテープといえば、音楽出版社から ムック本 が出ていて、これは手に入れたい。

 洋書が1冊売れる。
 5打数1安打。打率 1割9分8厘6毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 前日は札幌苗穂郵便局、この日は道央の壮瞥郵便局から 郵便書簡 が届く。 どちらの消印も風景印である。
 苗穂の方には割り箸の袋が入っていた。 野口雨情作詞の新津小唄の歌詞が印刷されている (壮瞥の方にはJALのシール入り)。

  迷うちゃいやです ハァズイトセ
  新津の駅は トコサイノハラリコショ
  西に東に北南 ハァ心こまかに
  エイコノ 汽車が出る


2016年6月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第161試合


  1. 黒澤明の小学校のころのエピソードが載った本
  2. 田中澄江 『花の百名山』
  3. 島田荘司
  4. 絵本

 いつも来るクロネコヤマトの配達員さんが荷物を手渡しながら 「あなた、年々隠れていくのねェ」 と。 本のバリケードをこしらえがちなレジまわりを指して。

 下田昌克の絵本 『そらのいろ みずいろ』 が売れる。
 4打数1安打。打率 1割9分8厘6毛。


2016年6月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第160試合


  1. 「週刊現代」

 地元のシンガーソングライター・平井一彦さんが店に来てくださる。 前日のライブの話など。
 1打数0安打。160試合を終えて、580打数115安打。打率 1割9分8厘2毛。


2016年6月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第159試合


  1. 万年筆のインクの
  2. 志ん朝のCD
  3. 銃の本
  4. ワイヤー〜?の本
  5. フリオ・イグレシアスのナタリーのCD
  6. 後家さん
  7. お誕生日の本 (365日の)
  8. フジコ・ヘミングの文庫本

 2階の喫茶ラルゴは臨時休業。 お客さんがいないときを見計らい、2階にあがって前夜のライブの後片付けを手伝う。 通常営業仕様の配置にテーブル、椅子などを戻す。

 この世の悲痛を一身に背負うかのごとく 「じゅんこォおおおおお!!!」 と繰り返し絶叫して通りすぎていく人あり。

 夜、「 密漁 CD発売記念 平井一彦 えいが館 ライブ」 へ。 平井さんは北の地に生きる自身の体験を歌に織り込みながら自己憐憫の湿り気とはいっさい無縁の人。 たとえば密漁の罪で裁かれた過去を歌ってもべたべたしない。 この日の演奏はキーボードとギターのサポートが入り、それもまたよかった。
 8打数0安打。打率 1割9分8厘6毛。


2016年6月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第158試合


  1. エラ・フィッツジェラルドのレコード
  2. ちあきなおみのレコード
  3. 岩波文庫のギボン 『ローマ帝国衰亡史』
  4. 岩波文庫の 『千一夜物語』
  5. 猫の本
  6. 『釧路萬葉集』
  7. なにか新しいの
  8. ルース・レンデル、バーバラ・ヴァイン
  9. 「ガロ」 のころの杉浦日向子
  10. 水木しげるの小学館の妖精なんとか
  11. 久保田利伸のレコード

 岩波文庫の 『ローマ帝国衰亡史』 は全10巻の書。 本店と北大通店の在庫を合わせると、そのうち9巻が手に入る。 お客さん、所持巻を調べて後日何冊か買いに来ますとのこと。 売れたら安打に含めたい。

 電話で訊かれた6がおとりおきになる。
 7は画伯のリクエスト。 1冊お買い上げいただいたので安打にする。

 レンデルの文庫本が角川や光文社などいろいろ売れる。
 11打数3安打。打率 2割0分1厘4毛。

 2階の喫茶ラルゴはライブ準備のため、午後3時で営業終了。 その後、喫茶部長を手伝って会場設営をする。 平行して調律師の方によるピアノの調律も行われる。

 夜、ラルゴで 「 リクオ・ソロアルバム 「Hello!」 発売記念ツアー」 開催。 10年連続10回目の特別な年であることを噛み締めながら耳を傾ける。 新アルバムからもたっぷりと。 名曲ぞろいのリクオさんの持ち歌にまた新たな名曲が加わった (とりわけ 「2人のハロー・ライフ」)。

 新アルバム 「Hello!」 特設サイト

 リクオ 「僕らのパレード」 ミュージックビデオ
 (新アルバム 「Hello!」 の収録曲)

 今回の北海道ツアーを終えて書かれた 日記 もまた心を打つ内容だった。


2016年6月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第157試合


  1. 釧路に関する本

 市内の小学校3年生のグループ数組がお立ち寄りくださる。 いわゆる社会科見学というやつ。
 1組目が帰った後、美女写真集を多数おさめた床置きの箱をそっと隠した。 いわゆる泥縄というやつ。
 1打数0安打。打率 2割。


2016年6月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第156試合


  1. 『藤沢周平全集』
  2. 村上春樹
  3. 詩の本 (金子みすゞ)
  4. 他にこういうの (昔の婦人雑誌の付録)
  5. この間ここにあった新聞記事みたいな1,500円の本?
  6. サイマル出版会の 『ドラゴン・レディ』

 クスろ港「ひと」 めぐり コーナーに豊文堂書店本店の取材記事を載せてもらった。 これまで社長が受けた同種のインタビューでもっとも分量が多いかもしれない。 本店とその周辺をうつした横長の画像が新鮮。

 モー娘。など昨今のアイドル事情について、元会長さんのアツい講義を受ける。
 6打数0安打。打率 2割0分0厘3毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 今回の 封書 は、青葉郵便局の風景印。 脇道さんが喜びそうな米子駅のねずみ男スタンプも付いている。
 中身は 「地図中心」地図記号手ぬぐい でした。 この前届いた 洗濯物ハンガーとセットで使え ということかな。

 たまたまこの日、ズリ山さんと何度か団体旅行をともにした青年が東京からやって来た。 届いたばかりの手ぬぐいを彼にみせると、重要な証言が飛び出す。

 「ズリ山さんといえば、あの方、旅の合間に郵便局をみつけるといつもこそこそと何かしていましたね。 豊文堂さんとかにこういう妙ちきりんな物を送ったりしてたのかな。 あと記念スタンプが押せるような場所には必ず立ち寄っていました」

 愉快犯・ズリ山裏道、おそるべし。
 この青年は今後身に危険が及ばぬように、 証人保護プログラム の監視下におかれることが決まった。


2016年6月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第155試合


  1. 昭和の絵本 (絵がきっちりしているやつ)
  2. 冠婚葬祭の文章が載っている本
  3. 伊藤若冲
  4. 中高生の古い問題集
  5. うる星やつら
  6. 友部正人のライブの券

 本日の2階喫茶ラルゴのランチ・メニューは、茄子とミートソースのスパゲティである。 ボーナスのイラスト付。 お描きになったスタッフのフラカンさんが 「ついにダジャレに走ってしまいました」 と面目なさそうに。

 人生ここにあり商店 の勧めで置くことになった 熊本・大分地震の募金箱。 募金は 被災地障害者センターくまもと へ届けられることになるそう。

 2階に某誌の取材あり。 たなぼたで下の古書部も簡単な取材を受ける。

 2が3冊売れる。
 ラルゴでのライブが近づいてきた友部さんの前売券もこっそり売上げに加えたい。
 6打数2安打。打率 2割0分2厘5毛。


2016年6月6日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第154試合


  1. 「シンポジウム 日本の考古学」 の縄文時代の巻
  2. 花を育てる本
  3. 冲方 丁
  4. 北原武夫 『告白的女性論』
  5. 井上 靖 『星と祭』

 石のおじさまが今年はじめてのご来店。
 会計時に 「なんか石あげようか」 と申し出を受けて、断われる人などいやしない。
 「黒いのと白いの、どっちがいい」 と訊かれて 「白いのください」 と私。 「ちょっと待ってて。車から取ってくるから」 と石のおじさま。

 いただいた白い石には、黒の絵の具で 「勇猛」 と書かれていた。 なんとありがたい教え。 今月はこの言葉を胸に抱いて乗り切りたい。

 夕方、向かいの道銀ビルの方から差す西日がとても強烈。 本がやける。 数年後、新しい道銀ビルができて、こっちのビルを壊したらどうなっちゃうんだろう。

 美術家のIさんが札幌で見てきた映画 『LISTEN リッスン』 を大絶賛。
 5打数0安打。打率 2割0分1厘0毛。


2016年6月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第153試合


  1. クマゲラの本
  2. English Books

 秋元亮太写真展 「春採湖歳時記」 を開催中の 釧路市立博物館 へ。 見慣れた湖畔の風景も切り取り方次第でちがった表情をみせる。
 80周年スタンプラリー のスタンプも1個目を押してきた。

 これから小樽に向かうのですがあちらで会う予定の知人の詩集が棚にありました、と旅行中のお客さんがうれしそうに。

 スタインベックの洋書が売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分2厘9毛。


2016年6月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第152試合


  1. 経済の本
  2. 朝鮮人参とか
  3. 高橋源一郎
  4. 『桑原翠邦の臨書』
  5. 『桑原翠邦 書宗巻頭言集』

 「新潮社 写真部のネガ庫から」

 岩波新書の高橋源一郎 『一億三千万人のための  小説教室 』 が売れる。

 『桑原翠邦の臨書』 をお尋ねの常連さん、事前に北大通店のネット目録で在庫を確認してくださったのだが、 あいにくその本は数日前に販売済みであった。
 もう1点訊かれた 『桑原翠邦 書宗巻頭言集』 は本店目録に掲載の品。 こちらは向こうに在庫あり。 常連さんは、本店まで足を伸ばしてお求めくださった。
 5打数2安打。打率 2割0分1厘8毛。


2016年6月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第151試合


  1. フランス語の辞書
  2. もう1冊同じの
  3. 夏目影二郎の1巻
  4. 日本の書家の2番手の人の
  5. ベートーヴェンのCD
  6. 女性のエッセイ

 6月なのにストーブをつけている。 とうとう灯油が足りなくなって灯油屋さんに配達に来てもらう。

 朝から西港にクルーズ客船が入港し、北大通にも大勢の外国人が流れてきていた。 乗客らしき外国の方にフランス語の辞書をお求めいただく。

 前もって某所より、客船の乗客向けに簡易のぼりを支給されていた (いわゆる 「おもてなし」 というやつ)。 「Welcome to Kushiro」 と印刷されたそれだが、どうやら当たりくじを引いてしまったようだ。 布地に不備があって組み立てられない。

 佐伯泰英の夏目影二郎シリーズ1巻目、在庫あり。
 お客さんは数日前、駅裏の本店で同じシリーズを何冊も入手しており、はじまりの巻が読みたくなったという。 本店では3冊100円だったよとおっしゃる。 こちらの夏目影二郎は1冊で250円。
 お客さん、にこにこしながらゆっくりとフェイドアウトしていかれた、手ぶらで。 ぎゃん。

 益田ミリの文庫本で6をクリア。
 6打数2安打。打率 2割。


2016年6月2日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第150試合


  1. 釧路の歴史を書いた本

 6月なのにストーブをつけている。

 1階古書部と2階の喫茶ラルゴはファクスの番号を共有している。 機械は1階にある。 東京の業務用かき氷機販売会社から、ラルゴ宛てにファクスが届いた。
 表題は 「今話題の 「氷を使わないかき氷機」 の利益率につきまして」。

 「フルーツをふんだんに使ったメニューで粗利益が80%の場合、1杯800円で販売したとして、640円が粗利益です。(中略) 1日10杯売れたとして、1ヶ月で240,000円の売り上げで、粗利益では192,000円です」

 喫茶部長に読ませようとするが、はなから取り合おうとしない。 そりゃそうだ、ここは6月なのにストーブが必要な釧路だった。

 釧路新書が3冊売れる。
 1打数1安打。150試合を終えて、529打数105安打。打率 1割9分8厘4毛。


2016年6月1日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第149試合


  1. 後家さん
  2. 『なぜ 「牛乳」 は体に悪いのか』
  3. 『脳をきたえる食事!』
  4. 『乳がんと牛乳』
  5. 猛禽類の本

 6月なのにストーブをつけている。

 しばらく鳴りをひそめていた画伯だが、また 「後家さん、くださ〜い」 とやりはじめた。 そんなものはない!

 横積み者の末路。 しかと脳裏に刻みこもう。
 5打数0安打。打率 1割9分6厘9毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 「アジ研ワールド・トレンド」 という雑誌を紹介している。 5月号の特集 「アジアの古本屋」 が同誌のサイトで全文読めるようになっている。 韓国、中国、香港、モンゴル、インドネシア、タイ、ミャンマー、エトセトラ。 こりゃおもしろい。


2016年5月31日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第148試合


  1. 増田 誠

 石原慎太郎の 『天才』 が60万部を超える大ベストセラーなんですってね。 当店も便乗して絶賛売れ残り中の角栄本数冊 (早坂茂三や藤原弘達) を目立つところに面出しで飾ってみた。 反応はまだない。
 1打数0安打。打率 1割9分8厘8毛。


2016年5月30日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第147試合


  1. 太宰 治 『人間失格』
  2. 夏目漱石 『吾輩は猫である』
  3. 夏目漱石 『坊っちゃん』
  4. 友部正人のライブの券
  5. 李白とかの漢詩の本
  6. 「葦牙北方季題選集」 の第1集?
  7. かの香織のCD
  8. 洋裁の図案が載ってる本
  9. 外国の旅行の本
  10. 海堂 尊
  11. 前言ってた本 (堀田善衛 『定家明月記私抄』)
  12. 前あったヒトラーの 『わが闘争』 の上巻
  13. 新日本古典文學大系の 『今昔物語集索引』

 2、4、10、12が売れる。 3週間後に2階の喫茶ラルゴでやる友部さんのライブの券もこっそり売上げに含める。

 夕方4時半で店を閉めて社長と遠方出張。
 13打数4安打。打率 1割9分9厘2毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 愉快犯のズリ山さんから封書が1通届く。 それと一緒に、ズリ山さんの犯行を真似る模倣犯・岩村誠二さんからも風景印ハガキがまとめて5枚……。
 師匠と弟子とで まるで アベックホームランのよう。 アベックって。

 思わずむせそうになる大量の犯行だが、ズリ山さんの封書の中身は喉にやさしい せきたん飴 (福岡県大牟田市) だった。
 ちなみに岩村さんの風景印ハガキは大宮、茅ヶ崎、旭川の各所から投函。


2016年5月29日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第146試合


  1. 他の米澤穂信

 午前中、出張買入へ。 1時間強、本の山とくんずほぐれつして店は12時より開ける。
 1打数0安打。打率 1割9分6厘4毛。


2016年5月28日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第145試合


  1. 本店に阿刀田高
  2. 俳句の何か
  3. 『角川現代短歌集成』
  4. 雑誌で 「relax」
  5. マンガ

 「商店街 シャッター、シャッター 店、シャッター」
                   (山口県下関市・イマジン)

 上の句は、イナカが題材の投稿川柳をまとめた好著 『イナカ川柳 農作業 しなくてよいは ウソだった』 より。
 まとめて読むと黒い哄笑がこみ上げてくる中に釧路市在住の投稿者もいた。 キム・キャリーさんという方。 うちのお客さんだったりしないかしら。

 「見渡せば 牛とヤン車と 変質者」
               (北海道釧路市・キム・キャリー)

 本店につづいて北大通店にも100円シングルレコードコーナーができる。
 5打数0安打。打率 1割9分6厘8毛。


2016年5月27日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第144試合


  1. 落書き帳
  2. キョンキョンの小説
  3. 阿刀田高の単行本
  4. こっちにあるって本店で聞いてきた青江三奈のCD
  5. 『サイコ』 を書いた人の本
  6. ハヤカワのポケミス
  7. 釧路関係の作家の本

 飛行機に Kindle を置き忘れてしまったという出張中のお客さん。 読むものがなくて当店で買い物してくださった。
 なくした Kindle には電子書籍を100冊ぐらいダウンロードしていて、 それはアマゾンに使用停止の処理をしてもらうからいいけれど、端末本体は買ったばかりだったとか。
 最近電子書籍にばかりかまけていて罰があたりましたとおっしゃる。

 原田康子の 『挽歌』 と桜木紫乃の 『ワン・モア』 の文庫が売れる。

 青江三奈のCDは数日前に販売済み。 『サイコ』 を書いたロバート・ブロックの 『楽しい悪夢』 の文庫本は、字が小さすぎて読めないと不可に。
 7打数1安打。打率 1割9分8厘8毛。


2016年5月26日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第143試合


  1. 寅さんのDVD全部揃いの
  2. painting book
  3. 釧路検定のテキスト
  4. 古いカラオケのCD

 劇団どくんご から、2016年上演作品 『愛より速く』 の情報メールが届く。 北九州公演を終えて本州に上陸。 どんどん北上してきている。
 7月末の釧路公演が待ち遠しい。 何せ去年は公演自体がお休みで、一昨年は2階のラルゴの催しと重なって見られなかったのだから。

 当店を新刊書店と間違えたファクスやダイレクトメールがちょくちょく送られてくる。 本日届いたDMの宛て名は 「北大通店 ビジネス・人文書担当者 様」。
 ふふふ、そんな担当者などいない。 「みんなわたし」 だ。
 4打数0安打。打率 1割9分9厘5毛。


2016年5月25日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第142試合


  1. 荻原 浩
  2. 瀬戸内寂聴 『花芯』

 こどものとも創刊60周年 記念サイト が充実している。 こどものとも図書館 でとりあえず自分が生れた年月を入力してみる。

 荻原 浩の文庫本が売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分1厘2毛。


2016年5月24日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第141試合


  1. 日経ビジネス文庫

 見慣れない柄のてんとう虫 が迷いこむ。 模様がカフェラテみたい。 つやつやしてるし、つまんで味見したくなる。 とか書いてることからもお分かりのようにいたってホニャララな日だった。
 1打数0安打。打率 2割。


2016年5月23日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第140試合


  1. キリスト教関係の本
  2. ボルヘス 『伝奇集』
  3. 雑誌 「スロウ」
  4. 鈴木秀子

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 国立郵便局の風景印に上野駅の記念スタンプがトッピング、「聖蹟桜ヶ丘散策マップ」 が封入された 郵便書簡 が届く。 前回の奇抜な洗濯物ハンガーとちがって、きわめて正統的なズリ山さんのお仕事。
 4打数0安打。140試合を終えて、489打数98安打。打率 2割0分0厘4毛。


2016年5月22日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第139試合


  1. 『神八三郎伝』
  2. 軍馬補充部について書いてある本
  3. 競馬の本

 午前中、本店へ。
 コンビニのコピー機で拡大した 「中」 「古」 「レ」 「コ」 「ー」 「ド」 の紙を窓にぺたぺたと貼りつける。 これでシングルレコードの大量入荷をアピールしたぜ。

 4月末で閉館の話もあった札幌の レトロスペース坂会館 だが、岩村誠二さんに教えてもらったところによると、 応援隊が結成 されてまだまだ営業中。 いずれまた行けるかな。

 本日のお問い合わせは、3点とも市外からお越しのひとりの方から。
 『標茶町郷土館報告 第19号』 でお応えできる。 論文 「軍馬補充部川上支部と標茶 その2 〜標茶町郷土館講座にて行われた座談会と若干の考察〜」 の掲載号である。

 神八三郎は釧路の馬産界の大立者。 その評伝は翌日偶然にも本店に入荷したのだが、チト遅かった。 豊文堂版 『君の名は』 のすれ違いドラマだな、こりゃ
 3打数1安打。打率 2割0分2厘0毛。


2016年5月21日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第138試合


  1. 瀬川拓郎
  2. 加山雄三のレコード
  3. 松田優作の載ってる本
  4. 双葉幼稚園の本
  5. 花嫁は夜汽車に乗ってのレコード
  6. 須賀敦子
  7. 津島佑子

 館長さんに 「開運!なんでも鑑定団」 の出演依頼あり。 続報を待とう。

 数ヶ月ぶりに歌謡曲さんがご来店。
 そそのかされて、はしだのりひことクライマックスの 「花嫁」 を歌いだしたら、 「あんたが歌うからレコード欲しくなっちゃった」 とさらに乗せられる。 それはいいが、肝心の 「花嫁」 のレコードはない。

 こんな偶然 も。

 前日訊かれた戦前の図工の教科書。 本店在庫を勧めたら、お客さんがあちらでお求めくださった。
 7打数1安打 (内1安打 5/20分)。打率 2割0分1厘2毛。


2016年5月20日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第137試合


  1. 戦前の図工の教科書

 若冲展の噂 を伝え聞く。 コルタサルの 「南部高速道路」 に喩えている人がいたので、店の棚から収録短編集 『すべての火は火』 を取り出して読みはじめる。
 1打数0安打。打率 2割0分2厘1毛。


2016年5月19日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第136試合


  1. フリーペーパー
  2. 村雲さんのチケット

 儂もスズキ車に乗っているぞな、もし。 ま、荷物がたくさん積めればよくて燃費は度外視で選んだのだけれど。
 2打数0安打。打率 2割0分2厘5毛。


2016年5月18日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第135試合


 2階の園芸大臣が今年度の花の鉢を店前に配備。

 「フォトグラ・くしろ」 の最新第7号が発刊される。 北大通店にて配布しています。
 0打数0安打。打率 2割0分3厘3毛。


2016年5月17日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第134試合


  1. 村上春樹の文庫
  2. ロバート・B・パーカー
  3. 釧路新書
  4. 岡本太郎 『壁を破る言葉』
  5. 前頼んでた絵本

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 洗濯物ハンガーが!郵送で!届くなんて!!

 放火魔は自ら火を放った現場に立ち戻るという。
 後日、北大通店を訪れたズリ山さん、「う〜ん、洗濯ばさみをジャラジャラいわせて届いてほしかったのに。まことに残念だ」 と、 むき出しで送ったハンガーが郵便局の判断で袋詰めにされていたことをしきりに口惜しがる。
 もう発送が、じゃなかった発想がたちの悪い常習犯のそれである。

 ちなみに今回の風景印は多摩郵便局。
 5打数0安打。打率 2割0分3厘3毛。


2016年5月16日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第133試合


 釧路市立博物館80周年スタンプラリー が激アツだ。 来年までまたがる長丁場だけれど、これは制覇しなければならぬ。
 なんてったって、賞品のオリジナルグッズは我らが はっくん (毛綱毅曠設計の同館建物を擬人化した 親しみやすい男の子の (非公式) キャラクター) にちなんだものだろうから。
 0打数0安打。打率 2割0分5厘5毛。


2016年5月15日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第132試合


  1. 釧路叢書
  2. キアヌ・リーヴスのパンフレット

 ドン! ドン! ドーン!
 サイト更新のため、しこしことパソコンのキーボードを打っていたら、突如として太鼓の音が鳴り響く。 すわ討ち入りか! ぎょっとして顔をあげると、開けっ放しの玄関から抜き足差し足で画伯が近づいてくるところだった。

 持っているのは締太鼓。 本店の通路に去年から置きっぱなしにしてあったやつだ。
 ドン! ドン! ドーン!
 小気味よくバチで叩いて画伯が言う。
 「お主、油断しておったな」

 毎年 本店向かいの小公園の桜が満開になるころ 、茶道サークルの野点がそこで開かれるのだけれど、今年はこの日だった。 野点がはじまったら電話ちょうだいと社長に頼んでいた画伯、連絡をもらってあわてて自転車で駆けつけたという。

 楽しい花見を終えた後、本店で新しいおもちゃを手に入れ、「よし、これでひとつ北大通店を脅かしてやるべェ」 と足を運んでくださった次第。
 せっかくなので 太鼓と戯れる画伯の姿 をデジカメで撮りまくった。 誰が得するんだ、この撮影会。
 ドン! ドン! ドーン!
 ひとしきり騒いでお互い満足して、画伯は 「じゃ、また来ます。ごきげんよう」 とお帰りになった。

 その数分後に 「太鼓忘れたァ〜」 と泡食った画伯が取りに戻ってくる。 散々遊んだくせに、私も私で置き忘れに気づかなかった。 他にもお客さんがいて相当こっ恥ずかしいことじゃった。

 釧路叢書の 『釧路の製紙 (下)』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分5厘5毛。


2016年5月14日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第131試合


  1. ジイド 『一粒の麦もし死なずば』
  2. 星野道夫 『旅をする木』

 前日につづいて 『旅をする木』 を訊かれる。 一昨日の NHK-BSのドキュメンタリー番組 の放映効果。 あいにく在庫はない。

 夕方、別のお客さんが当店で唯一の星野道夫の本をお求めになる。 聞けば、番組を手がけたNHKのディレクター氏と面識がある方だった。
 2打数0安打。打率 2割0分4厘3毛。


2016年5月13日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第130試合


  1. 殊能将之 『ハサミ男』
  2. 村山由佳 『ヘヴンリー・ブルー』
  3. 吉村達也の氷室想介シリーズ
  4. 宮尾登美子 『伽羅の香』
  5. 『翻訳百景』 の越前敏弥の本
  6. 真山 仁
  7. 藤田嗣治
  8. 幣舞橋とか釧路の風景が載ってる写真の本
  9. 小学校3、4年で習う釧路の歴史を書いた本
  10. ラサール 『間接税と労働者階級』
  11. 星野道夫 『旅をする木』
  12. アラビア語の本

 「アイスコーヒーはじめました」
 (2階の喫茶ラルゴより)。

 3、5、6、8が売れる。
 9のお客さんには本店の在庫を紹介。 無事あちらでお求めいただき、もう1安打追加する。

 星野道夫の 『旅をする木』 を尋ねる人あり。 昨晩NHK-BSで同書を取り上げた ドキュメンタリー番組 (再放送) を放映していた。 私も見ていたが、お客さんもご覧になっていた。
 12打数5安打。130試合を終えて、463打数95安打。打率 2割0分5厘1毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 ここ2日間で封書が4通も届いている。
 風景印は、京都本派本願寺、津山、新見、米子の各郵便局より。 愉快犯のズリ山裏道氏、西日本を活発に動き回っておられる (サービス精神旺盛な氏のことだから、おそらく 多治見要蔵のいでたち で)。
 たたりじゃ〜〜〜。

 目くらましのように、消印とは無関係の土地の記念スタンプ (今回は根室や軽井沢など) が封書を彩っているのは、いつもどおり。
 中身はというと、弁当の包み紙や大川興業のシールがもれなく入っていて、ずっこける。

 ズリ山さんからは、メールで 火の見櫓の発見報告 もいただいた。 はじめて見る型の櫓。 京都の西本願寺近くで見つけたそうな。


2016年5月12日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第129試合


  1. 富岡多恵子
  2. 昆虫図鑑

 黒川博行の 『後妻業』 が映画になる。 以前同書をほめていた常連さんがお出でになったので、映画館でもらってきた 『後妻業の女』 のチラシを軽い気持ちでお見せしたら、 「これね、最後に主役の女がさ」 と止める間もなく結末をバラされる。

 「あわわ、この映画見るつもりなんですけど……」 と弱々しく抗議したものの後の祭り。 常連さんってば 「や、映画はラストを変えてるかもしれないヨ」 と慰めてくれました (そんな小さいこと気にすんなのニュアンスで)。 ですよねェ〜。 あー、ホッとした。

 富岡多恵子 『ひとは魔術師』 が売れる。
 2打数1安打。打率 1割9分9厘5毛。


2016年5月11日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第128試合


 今月末に市内の鶴ヶ岱公園でチューリップフェアが開かれるのだけれど、 最近500本ものチューリップがエゾシカに食い荒らされたことから 公園ではシカ除けに1日中ラジオを鳴らすことにしたそうで、 数日前の深夜の帰り道それを知らずに通り抜けようとして、 「人の声がする!何か悪魔崇拝的な集会やってそう!こわい!」 と大いにおののいた。 震えて眠れ。
 0打数0安打。打率 1割9分8厘2毛。


2016年5月10日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第127試合


  1. 北海道の地図
  2. 『集成・日本の短歌』
  3. 陶芸の本
  4. 池井戸 潤 『下町ロケット』
  5. English or French Book

 2のお客さんに取り寄せを頼まれて 「日本の古本屋」 を利用する。
 陶芸の本が売れる。
 5打数1安打。打率 1割9分8厘2毛。


2016年5月9日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第126試合


  1. 『Ann's Big Eye Girl』?

 釧路古書籍商組合総会 及び 交換会に出席する。 1年ぶりに道東の古書店7軒が顔をそろえる。 札幌からも1軒お越しくださった。
 もとより小規模な組合なので、出品量も少なく例年どおり数時間でおわる。
 1打数0安打。打率 1割9分8厘1毛。


2016年5月8日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第125試合


  1. 西原理恵子 『ダーリンは70歳』

 所用が長引き、12時半より店を開ける。
 急遽、出張買取依頼が入り、18時すぎに閉める。 社長と車2台で緑ヶ岡方面へ向かう。
 1打数0安打。打率 1割9分8厘6毛。


2016年5月7日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第124試合


  1. English Book
  2. 風の名前が載っている本

 人生ここにあり商店 の勧めで熊本・大分地震の募金箱を置くことにする。 同店フェイスブック にて店舗紹介をしてもらった。

 雨上がりの午後、2階の園芸大臣が店前の花壇へ今期はじめての肥料やり。

 4月から週に1度月曜のみに減らされた釧路新聞の時事川柳コーナーが、いつのまにか月・金の掲載に微増している。 この日の紙面で気づいた (土曜日だが前日が新聞休刊日のため振替掲載)。
 やっぱりあれか、常連投稿者から要望があったのかな。 少し前まで毎日載せていたのだから、読者としても週1回くらいでは物足りないものなァ。

 このたびの川柳コーナーの 「改革」 は掲載日の減少だけではない。 選者を社外におき、時に投稿作品の添削にも踏みこむなど大鉈をふるうものだった。
 おかげで素人くさいハチャメチャな作品がかき消え、小さくまとまったものばかりが幅をきかすようで寂しかった。 それが本日掲載分はちがった。

 「なんということだ日本がひびだらけ」

 こういうのが欲しかったのよ、時事川柳にゃ。

 打率が2割を切ってしまった。
 2打数0安打。打率 1割9分9厘0毛。


2016年5月6日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第123試合


  1. 鳥取からの明治17、8年の
                  入植者の名前が載ってる本
  2. 山口 瞳 「男性自身」 シリーズ
  3. 中野孝次
  4. 落語の本
  5. レーザーディスク
  6. 村上春樹

 1のお問い合わせに対し釧路叢書の 『鳥取移住百年誌』 をお勧めするが、値段の面で折り合わず。

 ここ1ヶ月ほど恐ろしい勢いで腹まわりに肉がつきだしている。 何かの引き金を引いてしまったようだ。
 6打数0安打。打率 2割2分。


2016年5月5日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第122試合


  1. 赤本
  2. 中学校の英語の教科書

 こどもの日。
 2階の喫茶ラルゴは 「ウルフルケイスケ
MAGICAL CHAIN ひとり SPECIAL 〜2016春〜」 の日。 受付をこなして途中から観覧する。 毎度のことながら、ケイスケさんの明るさに救われる。
 2打数0安打。打率 2割0分2厘7毛。


2016年5月4日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第121試合


  1. 阿寒の山が載ってる本
  2. 雄別鉄道の本

 お客さんがいない午後、喫茶部長を手伝って翌日のラルゴ・ライブの会場設営を進める。
 2打数0安打。打率 2割0分3厘7毛。


2016年5月3日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第120試合


 世の中には 「ローレン」 っていう女優がふたりいるんだ。 ひとりはソフィア・ローレン。 もうひとりはトリニティ・ローレン。 どちらも俺がお世話になった女 (ひと) なんだけど。 わかるかなァ、わっかんねェだろうなァ、と毎日みえる毎日さん。
 0打数0安打。129試合を終えて、430打数88安打。打率 2割0分4厘6毛。


2016年5月2日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第119試合


  1. 和紙の折紙の本
  2. 岩波現代文庫の 『鎖国と開国』
  3. 『律令国家と古代の社会』
  4. 鏡リュウジ
  5. DVDの 『悪の法則』
  6. 家事をこうやったら手抜きできるとか
                      書いてある本

 当店の駐車場で鍵の束を拾ったお客さんが、 車の鍵もついているのに車は停まってなかったの不思議だわァと告げて交番へ向かわれた。

 釧路の若い人がやってたパンクバンドで 「のうふぁん」 っていうのを知っていますか、30年ぐらい前の話なんだけど、 と十勝からきた私よりも年長のお客さんに訊かれる。
 このバンド のことですね。 はじめて知りました。 今度詳しそうな人に聞いてみよう。
 6打数0安打。打率 2割0分4厘6毛。


2016年5月1日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第118試合


 豊文堂書店の常連さんが書き手にまわる連載コラム 本を繋げて を更新しました。

 岩村誠二さんの連載 「北海道 本の旅」 をお届けします。 北大通店では価格票といいますか、値段ラベルといいますか、同業他店のそれらを切手用のストックブックに集めるともなく集めています。

 「本を繋げて」 欄は、今回をもってひとまずお休みします。 3年以上の長きにわたってお読みいただき、ありがとうございました。

 正午、メーデーのデモが北大通を行進する。
 0打数0安打。打率 2割0分7厘5毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2016年4月30日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第117試合


  1. シェイクスピア 『マクベス』

 猫田さんに、刊行間もないリトルプレス 「北海道と京都と その界隈」 をいただく。 タブロイド判。 火の見櫓 も載っている。

 静かなゴールデン・ウィークである。 毎年この時期はそうかもしれない。 という気がしてきた。
 やけくそで山上たつひこ画業50周年の 特設サイトにリンク。 あふりか象が好きっ!!
 1打数0安打。打率 2割0分7厘5毛。


2016年4月29日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第116試合


 暴風雪の予報がはずれて小雪混じりの小雨が降り、それもやがて止む。 通りに人が歩いていない。 うちのお客さんだと、「釧路地方の地名を考える会」 主催の瀬川拓郎さんの講演会に向かった方もおられるだろう。

 JRの くしろ湿原 ノロッコ号 の運行がはじまる。
 0打数0安打。打率 2割0分8厘0毛。


2016年4月28日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第115試合


  1. 万年筆のインク
  2. 堀田善衛 『定家明月記私抄』
  3. 講談社文庫の村上春樹 『ダンス・ダンス・ダンス』
  4. 『米欧回覧実記』 の1巻
  5. 吉村昭がこの辺のことを書いた本
  6. 西郷隆盛の本
  7. サラ・ヴォーンの10枚組のCD
  8. 佐藤賢一のフランス革命の

 本日より、2階の喫茶ラルゴはゴールデン・ウィークの連休に入る。 喫茶部長もどこか遠くへ旅立った。

 『米欧回覧実記』 は全5巻のセット本ならばある。 バラ本の在庫は2巻目のみ。 お客さん、5巻セットをお求めに。

 他に 『図説 西郷隆盛と大久保利通』 が売れる。
 8打数2安打。打率 2割0分8厘0毛。


2016年4月27日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第114試合


  1. 井上ひさし 『四千万歩の男』 の他の巻
  2. 柔道の本
  3. スーダンかその近くの国の本
  4. 英和辞典
  5. 電子辞書

 これは仮面ライダー、これは円谷プロ、これは鬼太郎のバッタモン、えーと、これはよくわからない奇天烈なヒーローもの……。
 以前セリで仕入れたきり、ずっとほったらかしてきた大量の丸メンコをせっせと仕分ける (ヒヨコ鑑定の要領で)。 こどもの日向けの商品ってことでいいのかな。

 閉店後、2階の喫茶ラルゴでだらだらしていると、ラルゴの電話が鳴る。 応対する喫茶部長が 「はい、1階はもう本日の営業を終えています。 在庫の問い合わせですか。 電子辞書は……扱っていないですね……」
 5打数0安打。打率 2割0分7厘2毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 小石川郵便局の風景印と、北海道 渡島管内 木古内町の記念スタンプが仲よく同居した 封書 が届く。
 木古内には新幹線の停車駅がある。 それに合わせて、貼られた切手も北海道新幹線開業の図案。 ズリ山プロデュースの心憎い趣向である。

 裏を返すと、封じ目には 0系 東海道・山陽新幹線 のスタンプ。 中には、松本清張ゆかりの史跡を紹介する北九州市小倉のパンフレットが収まっていた。


2016年4月26日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第113試合


  1. ブコウスキー
  2. 子どもでもわかる宇宙の本
  3. 「銀花」 の1〜8号
  4. 五木寛之 『風の王国』
  5. 五木寛之 『百寺巡礼』

 夜、しとしとと雨が降る。
 ブコウスキーの 『町でいちばんの美女』 がもらわれていく。
 5打数1安打。打率 2割0分9厘7毛。


2016年4月25日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第112試合


  1. 『赤毛のアン』

 郵便が届いたと思ったら、植物部のタニさんからの東京みやげ。 紙ものの店 ハチマクラ でお求めになったマッチ箱だった。
 札幌の岩村誠二さんからは恒例の風景印ハガキが届く。 皆さま、いつもありがとうございます。
 1打数0安打。打率 2割0分9厘8毛。


2016年4月24日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第111試合


  1. 知床のマップ
  2. この人の他の (おおば比呂司)
  3. 絵の参考になるような写真集

 整備工場で車の点検をしてもらう。 午前11時すぎより店を開ける。

 おおば比呂司の 『割りばしの旅』、『ホーム・アローン2』 の映画パンフが売れる。 後者は、水彩画をたしなむお客さんが探す 「絵の参考になるような写真集」 の代用として。
 3打数2安打。打率 2割1分0厘3毛。


  2016年4月23日 (土)
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第110試合

  1. 『七つの習慣』
  2. 旅行本

 本型の枕畳のブックカバー
 2打数0安打。110試合を終えて、401打数83安打。打率 2割0分6厘9毛。


2016年4月22日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第109試合


  1. Children's Book
  2. Sewing Book
  3. Patchwork Tsushin
  4. Painting Book
  5. この間見せてもらった百人一首の雑誌
  6. コナン・ドイル 『白衣の騎士団』

 釧路港にクルーズ船が寄港。 外国人の乗船客が大勢北大通を歩いている。 北大通店でも洋書の問い合わせを受けたが、全滅だった。

 苦節ウン年、ピンク・レディーのオルゴールがついに売れた。

 営業終了後、外の均一棚を仕舞おうとして、紙コップが乗っかっているのに気づく。 中のコーヒーは減っているようにみえない。 表面には薄く膜が張っている。
 昼すぎにおみえになった毎日さんがほとんど口をつけずに置き忘れたものだった。

 毎日さんったら、先週店内でローソンのブレンドコーヒーぶちまけ事件を引き起こした反省から慎重になっている。 慎重になりすぎている。

 「サライ」 の百人一首特集号が売れる。
 原書房のドイル本も売れる。
 6打数2安打。打率 2割0分8厘0毛。


2016年4月21日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第108試合


  1. 中島みゆきの 『時代』 のシングルCD
  2. 西村京太郎 『十津川警部の殺意の旅』?
  3. 石原慎太郎 『弟』

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 この日は2通届く。
 一方の封書 は、19日付の木古内郵便局の風景印だった。 根室の記念スタンプが押され、中からは使いかけの日立蛍光灯の鉛筆がこんにちは。

 もう1通 は、20日付の野幌郵便局の風景印。 光文社のカッパ・ノベルスのチラシ入り。
 3打数0安打。打率 2割0分6厘1毛。


2016年4月20日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第107試合


  1. 釧路の地図
  2. 古い車のポスター
  3. シャンナ・スウェンドソン 『赤い絵の誘惑』
  4. アドラー

 根室市在住の福田光夫さんから 火の見櫓発見 の報告メールをいただいた。

 福田さんは、当サイトの 「本を繋げて」 欄に 「泉川駅史考」 を寄稿してくださった方。 そのつづきを執筆するために泉川駅の跡地をおよそ28年ぶりに訪ねたそうだ。
 辺りは泉川の名前どおりの湿地帯へと変じ、駅の場所すら定かでないくらい。 そんな中、市街地のあった唯一の証のように火の見櫓が立っていた。

 火の見櫓研究会 のブログを久々にひらいて確かめる。 研究会としては新規発見の櫓だった。

 本店を取材した クスろ港 のおふたりが、そのおまけで北大通店にも足を運んでくださる。 2階の喫茶部長といっしょに写真におさまったりして、なにやら駄弁を弄してしまった。
 4打数0安打。打率 2割0分7厘6毛。


2016年4月19日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第106試合


  1. 波動の本
  2. 料理関係の本

 粉雪が舞いはじめた夕方、オープン間もないご近所の なつかし館 蔵 北大通り店をのぞいてくる。

 映画 『挽歌』 のドデカポスター、銭湯のガラス看板、観光ポスター、ご当地シングルレコードジャケット集、一枚板のカウンターテーブルなどなど。 目をひくものが多数あった。
 2階でライブができる作りなのも魅力的。
 2打数0安打。打率 2割0分9厘8毛。


2016年4月18日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第105試合


  1. 浅田次郎の漂流民の小説?

 前回ご来店時に、日本ハムファイターズの中田翔選手の登場曲にはオリエンタルラジオの 「パーフェクト・ヒューマン」 こそふさわしいと力説していたコナリー氏から、その願望が現実になったと教えてもらう。
 一昨日の試合の第2打席からオリラジの曲に変わったそうな (ちなみにその日は中田選手に次女が生まれた日)。
 嘘から出たまこと。 コナリー氏に後光がさしてみえた。
 1打数0安打。打率 2割1分0厘9毛。


2016年4月17日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第104試合


 去りにし日々の光。 いろいろなものが消えてなくなる北大通店のレジカウンター界隈である。 今日も今日とてCDデッキのリモコンが行方をくらました。

 その昔鉛筆が掻き消えたことがあった。 ほんの少し前まで握りしめていたはずの鉛筆が。 探しているところにお客さんが来てレジを打ったら開いた引出しの中からその鉛筆がしれっと出てきたものです。

 あれはびっくりしたよなァ。 何が起きたか一瞬わからなかった。 つまるところ自分が被害者で探偵で犯人の一人三役なんだもの。 そんなミステリ小説読んだことあるよ。 まいったまいった。
 や、私の場合は口に入れたら即肛門みたいな、まったく綾がない激安な謎解きなんですケド。

 今回のリモコンが昨日納品した段ボール箱にまぎれて某所に旅立ってしまっていたとしても、私は驚かない (キリッ)。
 0打数0安打。打率 2割1分1厘4毛。


2016年4月16日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第103試合


  1. 私向きの
  2. マップルの日本全図の1枚になったやつ

 父を空港に送ってから、お客さんのところへ納品。
 ついでに なつかし館 蔵 の北大通り店にも寄ってみたが、開店時間の午前11時半まで大分間があり入れなかった。
 2打数0安打。打率 2割1分1厘4毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 2ヶ月ぶりにズリ山さんから封書が届いた。
 本家の愉快犯 (ズリ山さん) が沈黙している間に、その手口を踏襲した模倣犯 (岩村誠二さん) が跳梁していたのだけれど、 このたびの新作はそんな事情を毛ほども伺わせない常と変わらぬものだった。
 風景印は東京の芝郵便局。 東根室駅 (JR花咲線) の記念スタンプも押してあり、模範演技のよう。

 ただし、 「この郵便物は、取扱中に誤って き損しました」 と帯広郵便局の通知文が貼られているのが、いつもの愉快犯の犯行には見られぬところ。 なるほど、封筒に開いた穴をセロテープで補修してある。

 封を切ると 〆切コック と書かれたゴツい板切れが出てきた。 ズリ山にも筆の誤り。 もしくはズリ山も木から落ちる。 ズリ山の川流れ。
 帯広郵便局は悪くない。


2016年4月15日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第102試合


  1. 塗り絵みたいな本
  2. 『酔っぱらい読本』 の4、5巻
  3. 芭蕉の紀行文
  4. 蕪村の紀行文

 前夜、熊本と大分で大きな地震。

 なつかし館 蔵 の北大通り店がオープンする。

 本店で社長に悩み事を相談していった人が旅行中の占い師だった。

 岩波文庫の 『許六 去来  俳諧問答』、 山本健吉の 『芭蕉 その鑑賞と批評 (全)』 という2冊の芭蕉関連本が売れたので、3をクリアしたと思いたい。
 4打数1安打。打率 2割1分2厘5毛。

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 ピンク・フロイド集中連載は、75年のアルバム 『炎〜あなたがここにいてほしい』 まで到達。 平位さんの本欄を執筆するごとに膨らむピンク・フロイドへの思いにふれてください。

 ピンク・フロイド 『Wish You were Here /あなたがここにいてほしい』 (You Tube より)


2016年4月14日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第101試合


  1. 料理の本
  2. 碁の本
  3. 歌の歌詞の本
  4. 和辻哲郎 『人間の学としての倫理学』
  5. 北海道の気象の本
  6. 専門書 (易学)
  7. 佐藤富雄

 高木祥一と藤沢秀行の本が売れて、2をクリア。

 4は半世紀以上前の岩波全書版があるものの、旧字旧かなを敬遠される。
 7打数1安打。打率 2割1分2厘2毛。


2016年4月13日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第100試合


  1. 増田悦佐 『戦争とインフレが終わり
                   激変する世界経済と日本 』
  2. 経済本

 いつもより少し早めに店を閉めて、常連さんのお宅へ単身買入れに向かう。 2時間ほどお邪魔して、大半をのんびりした世間話ですごす。 本の収穫は、美術の図録を中心に段ボール2箱分。

 一方そのころ、同じく早めに店をあがった喫茶部長は 大日本プロレス の会場でヒャッハーしていた。
 2打数0安打。100試合を終えて、370打数79安打。打率 2割1分3厘5毛。


2016年4月12日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第99試合


  1. ジェフリー・ディーヴァーの単行本

 午前中はお客さんのところに納品。 帰り道、愛国のパッケージプラザ 我満で包装資材を仕入れて、30分遅れで店を開ける。

 いま読んでいる本が学術的にいかにすぐれているか、身ぶり手ぶりで熱弁をふるっていた毎日さんが、 興奮しすぎて持っていた ローソンのブレンドコーヒー (Sサイズ) をレジカウンター附近に盛大にぶちまける……。
 しおしおのぱーになった毎日さんを慰める私。 多少煽った自覚があるので強く言えない……。

 毎日さんを興奮の坩堝に叩きこんだくだんの本は、安田理央の 『痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか』。

 追記:ふだんは店内の飲食をもちろん禁止しているのですが、この日は油断して注意するのを忘れました。
 1打数0安打。打率 2割1分4厘6毛。


2016年4月11日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第98試合


  1. 昨日の日曜美術館でやってた画家の人の絵

 社長と遠方出張買入。
 無事に済んで、午後5時40分より店を開ける。 帰途、温泉にも寄ったので身体が若干硫化水素くさい。

 「昨日の 日曜美術館 でやってた画家の人の絵を見たいんだ。 長年週刊誌の表紙を描いてた人でさ、名前ははっきり覚えてないんだけど誰だかわかるかい」 と常連さん。

 番組ホームページには特集の伊藤若冲のことしか載っていない。 しばしパソコン様に働いてもらった結果、 村上 豊 のことだとわかる (ちなみに週刊誌ではなく、「小説現代」 の表紙)。 何冊か画集を出しているようだが、あいにく在庫はない。
 常連さんには、池波正太郎や津本 陽の文庫本の表紙画を見せて我慢してもらう。 売上げではないのでゼロ安打。
 1打数0安打。打率 2割1分5厘2毛。


2016年4月10日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第97試合


  1. 司馬遼太郎
  2. 他に洋物のシングル

 『翔ぶが如く』 の単行本全7巻が売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分3厘5毛。


2016年4月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第96試合


  1. 植物を育てる人の小説
  2. 字てがみの本

 字てがみという分野があることをはじめて知った。
 2打数0安打。打率 2割1分1厘9毛。


2016年4月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第95試合


  1. 鳥瞰図
  2. 池内 紀 『ひとり旅はたのし』
  3. 安西水丸 『エンピツ絵描きの一人旅』
  4. 安西水丸 『スケッチブックの一人旅』
  5. 柏井 壽 『「極み」 のひとり旅』
  6. 布施克彦 『男なら、ひとり旅。』
  7. 森 哲志 『団塊諸君一人旅はいいぞ!』
  8. エーコ 『美の歴史』
  9. 大沢在昌の鮫シリーズ
  10. 『誰も書かなかった台湾』
  11. ピアノの券

 九州の猫山さんから、近況を伝えるお手紙が届く。 商品名がねこまんまという旨そうな味噌茶漬けが添えてあった。 どうもありがとうございます。

 コバユカさんがご来店。 こちらも近況をうかがう。 旅立ちの日が間近みたい。

 2から7まで常連さんの探求書。
 いずれも 「男の隠れ家」 最新号のブックガイド掲載書目なのだが、いざ新刊書店で注文しようとすると品切、絶版ばかりであったとか。

 北大通店には2の在庫あり。
 『「極み」 のひとり旅』 はないけれど、同じ作者の 『極みの京都』 というのはあって、お求めいただく。 審判協議の結果、これも安打となる。

 翌日開催の 「川上敦子 ピアノ リサイタル」 の前売券は、前日に引き上げてしまっていて在庫なし。
 11打数2安打。打率 2割1分5厘4毛。


2016年4月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第94試合


  1. 熨斗の大きな紙?
  2. 森昌子さんみたいなCD
  3. NHKのラジオ講座の古いの
  4. 津本 陽 『天翔ける倭寇』 の下巻

 「学年誌付録小説リスト」

 海外作家が50音順とABC順の両方で引けたり、雑誌別や挿絵画家別でも調べることができたり、痒いところに手が届く労作である。 うちの店にある学年誌の付録も、もちろん載っていた。

 午後から雨。
 4打数0安打。打率 2割1分6厘5毛。


2016年4月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第93試合


  1. 『奴らを高く吊るせ』 のパンフレット
  2. 『荒野のストレンジャー』 のパンフレット
  3. 『荒野の用心棒』 のパンフレット
  4. 『荒鷲の要塞』 のパンフレット
  5. 『マンハッタン無宿』 のパンフレット
  6. 『シノーラ』 のパンフレット
  7. 『真昼の死闘』 のパンフレット
  8. 尾角鳳帥 『北海道の漢詩』

 札幌の レトロスペース坂会館 が今月いっぱいで閉館するかもしれないと、岩村誠二さんにメールで教えてもらう。
 参照記事は 北海道新聞の札幌圏 より。 昨秋の閉館の危機を脱したと思ったら、現社長側は老朽化による幕引きという問答無用の手を繰り出してきた。

 私は昨夏に訪ねたから知っているのだが、 どうしてこの記事は 「ポルノ雑誌やリカちゃん人形、学生運動で使われたヘルメット」 のことは書いて、 拓銀のマスコット人形たくちゃんや北海道の民芸品について触れないのだろう。
 私が行ったときは若いお客の方が多かった。 年配者が懐かしむだけの場所ではない。

 同館を知らない人が読んでも存続を応援したくなるような書き方をなぜしないのか。 移転してつづけることができるかもしれないのに。 一見社長と館長の両論併記のようにみえるが、全然フェアじゃない。 そうです、私は坂会館のシンパです。

 プロ野球通のコナリー氏曰く、日本ハムファイターズの中田翔選手の登場曲がよくない。 オリエンタルラジオの 「パーフェクト・ヒューマン」 にするべきだ、これが似合うのは中田しかいないと力説なさる。
 今の曲もオリラジの曲も知らないため、その説に賛同することができない。

 当店社長がものした作文 「近未来の釧路市北大通繁盛記」 のマンガ化を企んでいるのは、バーコード博士。 ただし着手するとなると、北大通の街並みなど背景を相当描きこまなければいけない。 そうもおっしゃる。
 数十誌に及ぶマンガ雑誌へのイラスト投稿に日夜追われているバーコード博士である。 実現できるだろうか。 申し訳ないけれど、夢物語で終わる方に100ガバス賭けよう。
 8打数0安打。打率 2割1分9厘0毛。


2016年4月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第92試合


  1. ドナルド・キーン 『石川啄木』
  2. 渡辺淳一
  3. 堂場瞬一
  4. 石川啄木のコーナー

 彫刻家の 米坂ヒデノリさんが亡くなる

 2階の喫茶ラルゴで、2006年の10月に 「米坂ヒデノリ なつかしのスケッチ展」 を開催したことを思い出す。 私の母親は高校時代、授業中にふざけていて米坂先生に叱られた話をしてくれた。
 4打数0安打。打率 2割2分4厘1毛。


2016年4月4日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第91試合


  1. ケイスケさんの前売券2枚
  2. 馬の本
  3. アール・ヌーヴォーの本
  4. 知里幸恵
  5. 植草甚一のジャズの本

 岩波書店の 「文学」 が11月末で 休刊

 学燈社の 「國文學 解釈と教材の研究」、至文堂の 「国文学 解釈と鑑賞」 の2誌もすでにない。 文学研究の場が先細りになる。 この状況は古本屋の将来にもじわじわと効いてくるだろう。

 開店してすぐに、 ウルフルケイスケ さんのライブの前売券が売れる。 喫茶部長の出勤前だったので私が精算。

 5のお客さんには本店を紹介する。 後で売れたら安打にしたい。
 5打数1安打。打率 2割2分6厘8毛。


2016年4月3日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第90試合


  1. 『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』
  2. 『久摺』 の創刊号
  3. 島崎藤村
  4. ケイスケさんのライブの券

 起きぬけにひらいた北海道新聞の朝刊 「本の森」 の頁に、 釧路市立博物館 学芸員の石川孝織さんの書評が載っていた。
 対象本は、宮脇俊三・文/黒岩保美・絵の 『青函連絡船ものがたり』 (福音館書店)。 連絡船の廃止直前に 「月刊 たくさんのふしぎ」 の1冊として刊行、その後書籍化されたものが最近復刊されたのだとか。

 出勤後、店でとっている毎日新聞の書評欄に目をとおす。 示し合わせたように、宮脇俊三の 『最長片道切符の旅』 が取り上げられている (稲泉 連・文 「昨日読んだ文庫」)。
 ふとレジカウンターそばの鉄道書の棚を見やると、その 『最長片道切符の旅』 がささっているではないか。 これはあんたも読みなはれという知らせだな。

 日曜定休日の2階喫茶ラルゴに代わって、 ウルフルケイスケ さんの前売券を販売する。 ライブは1ヵ月後に開催。 券はまだ少しございます。
 4打数1安打。90試合を終えて、330打数75安打。打率 2割2分7厘2毛。


2016年4月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第89試合


  1. 古いDVD
  2. 領収書

 図書館で返して借りて店開ける。

 映画の先生の 『江川と西本』、『ゴールデンカムイ』 讃辞。
 2打数0安打。打率 2割2分6厘9毛。


2016年4月1日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第88試合


  1. 村上春樹
  2. 多田富雄
  3. 『原色日本植物図鑑 木本編』 の2巻
  4. 『マトリックス』 のDVD

 「釧路市の商業施設 「アベニュー・クシロ」 8月にも閉店」

 気が利いた嘘を披露しようにもお客さんがまるで来ない。

 本店では、わらわらと這い出してきたワラジムシとの闘いに明け暮れている。 「あいつら、死んだふりするし、意外と逃げ足が早いんだぞ」 と社長がもっともらしいことを言う。
 俺の知ってるワラジムシよりも 本店のは進化しているのか 、単にこちらの観察不足なのか。

 1、3が売れる。
 4打数2安打。打率 2割3分8厘8毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 読書という悪徳。 暗い場所の追放。


2016年3月31日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第87試合


  1. 昔の教科書
  2. 「それいゆ」、「ひまわり」

 「小鷹信光PBスクラップブック」 が開設される。

 数日前、猫田さんに差し入れでいただいたパンが美味しかった。 末広11丁目に新しくできた店だと教わり、出勤時に買いに行く。
 2打数0安打。打率 2割2分5厘。


2016年3月30日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第86試合


  1. 杉田久女
  2. 星野道夫 『旅をする木』
  3. 東北海道国道全集的な本

 夕方より雨。

 釧路新聞に毎日載っている時事川柳コーナーが4月から週1回に減らされてしまう。 しかも新たな選者が、時に投稿作品の添削をも行うことが予告されている。
 添削前と後が併置されることはあるまい。 直されたのがわかる読者は投稿者のみというわけ。 愛すべき素人くささがなくなってしまうわ。
 3打数0安打。打率 2割2分6厘4毛。


2016年3月29日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第85試合


  1. ピアノの券
  2. 山宣の本
  3. 文庫本の外国文学
  4. 三浦綾子
  5. ジャズのCD
  6. ピケティ 『21世紀の資本』
  7. ハフナー 『裏切られたドイツ革命』
  8. ハフナー 『ドイツ帝国の興亡』
  9. ハフナー 『ヒトラーとは何か』
  10. 林 健太郎 『ワイマル共和国』
  11. プルタルコス 『モラリア II〜XIV』
  12. ウェーバー 『職業としての政治』
  13. マックス・ウェーバーの単行本

 北海道新聞朝刊の釧路版に 「市中心街 通行量5年で3割減」 の記事が出る。

 「全43地点の1日の平均通行者数は、5年前の2010年度に行った前回調査と比べ、 平日で28%少ない678人、休日は16%少ない512人だった。 買い物客離れによる地域の空洞化に歯止めがかかっていないことを裏付けている」

 その空洞化に歯止めがかからない中心街=北大通を、 虎の威 を借る街宣車が跋扈する。

  「川上敦子 ピアノ リサイタル」 の前売券が売れる。 4/9 (土)、 コンサートホール Urari (ふくしま医院内/市内 浦見 4-2-2) にて開催の催し。
 1階古書部にて、前売券を販売中です。

 佐々木敏二 『山本宣治』、西口克己 『山宣』、三浦綾子 『母』 が売れて、2安打。
 お求めになったのは、3週間前にみえたお客さん。 そのときも山宣と三浦綾子を訊かれているので、安打日照りの折、これも計上してしまおう。 2×2で4安打! 俺が法律だ!

 他に、長部日出雄の 『二十世紀を見抜いた男 マックス・ヴェーバー物語』 が売れる。
 13打数6安打 (内2安打 3/9分)。打率 2割2分8厘5毛。


2016年3月28日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第84試合


  1. マリア・カラスのCD
  2. 短歌の本

 冬のあいだ自宅に持ち帰った多肉植物の鉢が元気いっぱいだ。 昨年5月 に植物部のタニさんからお借りしたのと同じ鉢とは思えないくらい。 端的にいって 茂りすぎ

 2が売れる。
 2打数1安打。打率 2割1分8厘5毛。


2016年3月27日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第83試合


  1. 『ウエストサイド物語』 のDVD
  2. 将棋の本
  3. この前来たときかかっていた
                 ジャズのピアノのCDがあれば

 1、2が売れる。
 3打数2安打。打率 2割1分6厘6毛。


2016年3月26日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第82試合


  1. コーヒー関連の本
  2. ミステリーの女王の本 (クリスティ)
  3. 革細工の本

 北海道新幹線開業
 道東では釧網線や花咲線が減便し、花咲駅が廃止になった。

 終業後、栄町8丁目のカフェバー いてらく へ。 ここはかつてジャズ喫茶ジスイズだったところ。 経営者が変わり、昨年末より別の店として営業がはじまった。
 たそがれ龍生さんの 「ポエトリーパフォーマンス 2016 咆哮 〜ほうこう〜」 が目当てだった。 絶叫系説法僧侶詩人を名乗るたそがれさんは、実際に市内桂恋にある潮音寺の副住職を務めておられる。

 彼の朗読ライブを見るのはおよそ10年ぶりになる。 自作の詩もそうでない詩も分け隔てなくどんどん読み間違えたり突っかかったりするのだけれど、 間違えても突っかかっても恥ずかしがることなく前へ前へと進んでいくので、 客席のこちらも恥ずかしくならない。
 失敗してナンボとでもいいたげな堂々たる態度にほとんど感服してしまった。 たそがれさんは清々しいほど、たそがれさんのままだった (でも次はもう少し上手に読んでちょ)。

 観客からその場でお題をもらって即興の詩をつくるコーナーあり。 私も指名されて出したお題が 「文庫本」 。 やりづらいのを選んでごめんなさい。
 3打数0安打。打率 2割1分2厘1毛。


2016年3月25日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第81試合


  1. この間ここで買った洋書の
                 ガーデニングの本みたいなの
  2. アイヌ民族について書いてある本

 某氏の吉報を知る。 末永くお幸せに。

 道内にお住まいの方宛てに宅配便を送ることになった。 来てもらった福山通運の配達員氏が荷物を見るなり 「これ、日本郵便さんのですね」
 送り状を思いきり間違えて貼りつけていた。 平謝りする。

 昨晩は 『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』 の1作目 を借りにいったTUTAYAの受付で迷いなくGEOのカードを出して顰蹙を買ったばかり。 儂、疲れてるな。
 2打数0安打。打率 2割1分4厘2毛。


2016年3月24日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第80試合


  1. 有島武郎 『カインの末裔』

 札幌の岩村誠二さんがハイペースで郵送してくる風景印ハガキが、1ヵ月半で早くも10枚に届こうとしている。
 この日几帳面な岩村さんからハガキを収める専用のフォルダが送られてきた。 店頭展示用にはさめてほしいとのこと。 北大通店に任せていたら散逸してしまうと懸念してのことだろう。 北大通分局と化してきた。

 プロ野球に造詣が深いコナリー氏による今期の日本ハムファイターズの戦力分析を拝聴。 開幕は明日より。

 予報どおり、午後から雪が降りだす。
 1打数0安打。80試合を終えて、292打数63安打。打率 2割1分5厘7毛。


2016年3月23日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第79試合


  1. フロイト全集
  2. 高村光太郎
  3. 後家さん
  4. かわい子ちゃん
  5. 山本周五郎さん
  6. 三鬼 陽之助
  7. 昔の釧路の人の勢力図が載っているような本
  8. 前に外の棚にあった芝木好子

 おとなりのささき画廊が閉店して新たな入居者が決まらないまま3年半がたった。
 今のビルのオーナーは誰なんですかとか、次に入る人いるんですかとか、 私には知りようがないことを見知らぬ2人の男性につづけざまに訊かれる。

 周五郎さんの文庫本が売れる。
 8打数1安打。打率 2割1分6厘4毛。


2016年3月22日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第78試合


  1. 雑誌 「ムー」
  2. 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』
  3. 環境の本
  4. 農業系の本

 作家の貴重な肉声を公開!「作家自作を語る」

 中学生のころ、上記のテレホンサービスに電話したことがあるのをうっすらと思い出した。 たぶん星新一あたりの声を聴きたかったんじゃないか。

 「NHKラジオアーカイブス」 もよい番組をやっているよなァ。

 『地球にやさしい生活術』 が売れて、3をクリアする。
 昨秋訊かれた 『タバコ・ロード』 の角川文庫版も先ごろ入荷。 この日お客さんに渡すことができたが、年度が変わっているのでカウントしない。
 4打数1安打。打率 2割1分9厘0毛。


2016年3月21日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第77試合


  1. ムーミンの本
  2. 囲碁将棋の本
  3. ラヴクラフト

 春分の日の振替休日だと知らず平日のつもりで出てきたド阿呆は私です。

 「ムーミン関連の本はありませんね」 と断言したのに、 お客さんが児童書の棚で「MOE」 のムーミン特集号を見つけてきたから、いやになっちゃう。 こういうときは自分の鳥頭を疑って、きちんと棚を目視してかからないと駄目ですね。
 ズルして、これも安打に含める。

 ムーミンは ギャラリーカフェ ラ・メール釧路市民文化会館 3階) 主催の来月の読書会のテキストなのだとか。 小沢昭一の次がトーベ・ヤンソンとは、取り上げる幅の広さに感動してしまった。

 囲碁の本が売れる。
 前日訊かれた梅原龍三郎も、本店在庫を教えたお客さんが向こうで図録をお求めに。

 最近、ふと気がつくと若いお客さんが店内でスマホの類いを操作している。 手にした店の本と見比べながら……。
 この日、本店経由でラヴクラフトを探しにきた方もそのおひとり。 国書刊行会の 『真ク・リトル・リトル神話大系』 数冊を見てもらったら、いつの間にかスマホを取り出し何やら熱心に打ちこんでいた。 そのまま買わずにお帰りになる。

 その数時間前にも、あっちの棚やこっちの棚からとっかえひっかえ本を出してはスマホと首っ引きの人がいて、 尋ねると 「アマゾンで値段調べてました」
 1、2冊ならば気にしないが、目に余る場合は控えてもらうように伝える。
 3打数3安打 (内1安打 3/20分)。打率 2割1分8厘6毛。


2016年3月20日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第76試合


  1. 『里見八犬伝』
  2. 梅原龍三郎

 3月は転出の季節。 ここ数日で買取り本が一挙に増えた。

 2のお客さんには、本店に図録が1冊あることを教える。 売れたら安打に加えたい。
 2打数0安打。打率 2割1分0厘1毛。


2016年3月19日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第75試合


  1. 『釧路行幸誌』
  2. 『サラダ記念日』
  3. 『悪女』
  4. 「週刊少年ジャンプ」

 『釧路行幸誌』 は昭和13年刊行の大部の書。 本店経由でお客さんが買い求めに来てくださるが、レジを打とうとする寸前になって探し物が戦後の行幸を取り上げた本だとわかる。 ご友人に頼まれてきたので曖昧だったよう。

 『サラダ記念日』 のようなベストセラーは、入荷しても例外なく外の均一本にまわすのでお応えできないことの方が多い。 ブックオフの108円コーナーを勧めたら、後でお客さんがありましたと知らせにきてくれる。
 4打数0安打。打率 2割1分1厘6毛。


2016年3月18日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第74試合


  1. レース編みの本
  2. 「FIELD NOTE」
  3. 宇多田ヒカルのLP

 開店前の出張買入。 去年も伺ったお宅へダンボール4箱ほど。

 1月に発刊されたフリーペーパー 「FIELD NOTE」 の在庫を訊かれて、1部差し上げる。 売上げにはならないが、これも安打だ。 俺が法律だ!
 3打数1安打。打率 2割1分4厘8毛。


2016年3月17日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第73試合


  1. 森 茉莉
  2. 雑誌 「壮快」
  3. 鉄道関係の本

 寒いと人出が少ないけれど、今日みたいに暖かすぎてもいけないらしい。 立ちくらみがするくらいの大不振で営業を終える。
 3打数0安打。打率 2割1分3厘4毛。


2016年3月16日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第72試合


  1. ジャズのCD
  2. 中野孝次
  3. 立花 隆

 札幌の模倣犯氏こと岩村誠二さんから連日、愛知方面の風景印を押されたハガキが届く。

 3が売れる。
 3打数1安打。打率 2割1分5厘9毛。


2016年3月15日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第71試合


  1. 将棋関係
  2. これ (居眠り磐音) の他の巻
  3. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 ピンク・フロイド集中連載の第10回目です。 前回につづいて、アルバム 『狂気』 を取り上げます。 各収録曲についての考察です。

 ピンク・フロイド 『Us and Them/アス・アンド・ゼム』 (You Tube より)

 内藤国雄 『将棋 相振飛車』、新潮文庫の 『銀河鉄道の夜』 が売れる。
 3打数2安打。打率 2割1分4厘5毛。


2016年3月14日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第70試合


  1. CDでハンガリーのムジョカスのテレムテス?
  2. 占い関係

 社長と遠方出張買入へ。 某温泉に浸かってから、とんぼ帰りで午後5時45分より営業する。

 スティングさんから鹿の角 (つの) カーの目撃メールが届く。 側面に電飾で光る鹿の角を植えつけた軽自動車のこと。 色んな方から噂話を伺うのだけれど、私はまだ1度も見たことがない。

 そんな変てこりんな改造車がおまわりさんの目をかいくぐって我が物顔に走っているなんて信じられない。 皆で示し合わせて私を担ごうとしているのではないかと疑っている。 あるいは皆が皆、キツネに化かされているのか (口の周りは泥まんじゅうでべったり)。

 占い関係の本をお探しなのは橋井由高さん。 当店のふしぎ研究コーナーにご案内して、『秘法カバラ数秘術』 を選んでいただく。 占い本ではないけれど、広義のふしぎ研究本として1安打。
 2打数1安打。70試合を終えて、258打数54安打。打率 2割0分9厘3毛。


2016年3月13日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第69試合


  1. 植田正治の写真集
  2. エマニュエル・スウェーデンボルグ
  3. シェイクスピア 『夏の夜の夢』
  4. 『10日間で男を上手にフル方法』 のパンフレット
  5. 『欲望』 のパンフレット
  6. 『ゼラチンシルバーLOVE』 のパンフレット

 脇道さん宛ての本の発送準備をする。 『別冊太陽 谷崎潤一郎』 など。
 6打数0安打。打率 2割0分7厘0毛。


2016年3月12日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第68試合


  1. 外国の小説 (『時計じかけのオレンジ』)
  2. 昆虫はすごいの下巻?
  3. 大原富枝
  4. 江藤 淳 『成熟と喪失』
  5. 定光寺の大道晃仙和尚の画集
  6. 山村美紗 『京都鴨川殺人事件』?
  7. 西村京太郎 『死の十字路殺人事件』?

 道東自動車道の白糠から阿寒までのインターチェンジが開通

 3週間前の大原富枝のお客さんが、他にも大原さんのないかしらとふたたび訪ねてくださる。 中公文庫の 『波濤は歌わない』、『於雪 土佐一條家の崩壊』 がもらわれていく。

 6と7はよく似た違う題名かもしれない。 どちらにせよそれらしき在庫はない。

 徘徊事件が発生。 深刻。
 7打数1安打。打率 2割1分2厘。


2016年3月11日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第67試合


  1. 歴史小説で徳川家康とか

 吉川英治歴史時代文庫の 『源頼朝』 全2巻が売れる。
 1打数1安打。打率 2割1分3厘9毛。

 2階の喫茶ラルゴで、4ヶ月ぶりにライブが開かれる。 「ハシケンツアー 2016 『WELCOME TO MY HOME』 in 釧路」。 夕方からの会場設営を手伝い、受付をこなしてから観覧する。

 ハシケン さんと ヴァイオリンの 磯部舞子 (ベチコ) さん の息がぴったり。 客席にも波及するその愉しさよ。
 喫茶部長が 報告 するように <お客さんと演者。相互作用しながらグルグルグルグルとエナジーが循環していた>。

 打上げの席にて、 姫路のあずきミュージアム がどんなに素晴らしいところか、ミュージシャン2人がかりで説得される我々釧路勢。 ハシケンさんは 和菓子屋の息子 なのであった。


2016年3月10日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第66試合


  1. 今月号の 「わかさ」 っていう雑誌
  2. 和食の本
  3. お釈迦様の本

 1990年から2015年までの ベストセラーランキング を分野ごとに紹介したページ。 本の表紙にカーソルを当てると、著者や出版社などが表示される。
 古本屋でもおなじみのものでいっぱい。 90年代のリストに郷愁を覚える。

 和食の本を尋ねた方が、食全般の本をお求めになる。 安打日照りの折り、これも打率向上のために供したい。
 3打数1安打。打率 2割1分0厘7毛。


2016年3月9日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第65試合


  1. 文房具
  2. 三浦綾子
  3. 山宣
  4. 『星の王子さま』
  5. オカルト
  6. 夢占い
  7. 鏡リュウジ
  8. ピアノの券3枚

 「本日の日替ランチは売り切れました」。 2階の喫茶ラルゴのスタッフ・フラカンさんの作。
 本日の日替古本は売り切れましたという日は逆立ちしたって来やしない。

 岩波少年文庫の 『星の王子さま』、斎藤 栄 『夢見指南』 が売れる。
 4/9開催の 「川上敦子 ピアノ リサイタル」 の前売券も売れる。
 8打数3安打。打率 2割0分9厘2毛。


2016年3月8日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. 文庫本でマンガの道元入門
  2. 藤沢周平
  3. 釧路新書の 『「挽歌」物語』
  4. 『北海道の露天風呂』
  5. アール・クシリアンの券を2枚

 温泉好きの常連さんが道東でいちばんよいと推す 薫別温泉。 急斜面を降りていかないと辿りつけない秘湯中の秘湯じゃないの。 アウトドア派の喫茶部長を含めて、豊文堂界隈で行った人は誰もいない。 いつか熊除けの鈴を局部にぶら下げて訪ねてみたい。

 「アールクシリアン 道東音楽祭 XV」 の前売券が2枚売れる。
 5打数1安打。打率 2割0分3厘4毛。


2016年3月7日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 万年筆の修理

 暖かい日。 店前の雪山をスコップで崩す。
 1打数0安打。打率 2割0分3厘5毛。


2016年3月6日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


  1. 「釧路の昔」?
  2. 鉄道の
  3. 石川孝織 『釧路炭田 炭鉱と鉄路と』
  4. アール・クシリアンの券

 なつかし館 蔵 の中野さんといろいろお話。 ただいま北大通の新店の4月開設めざして追込み中とのこと。 すぐ近所に心強い味方ができる。

 道東の音楽家たちによる作品発表のコンサート 「アールクシリアン 道東音楽祭 XV」 の前売券が売れる。
 4打数1安打。打率 2割0分4厘4毛。

 仕事帰りに 『東京の日』 を見る。 当地のイオンシネマでインディーズ映画がかかるのは珍しいこと。 それも道理。 釧路出身の主演男優 を応援しようという上映らしかった。

 主人公の青年の素性が明らかになるにつれ、静かな戦慄がはしった。 この男、ホンマモンのからっぽ人間だ。
 池田千尋監督は黒沢清の新作 『クリーピー 偽りの隣人』 の共同脚本者だというが、ぴったりの人選ではなかろうか。


2016年3月5日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 中学生の地図帳
  2. 『ドラベース』

 「お宅で買った 『ウエストサイド物語』 のDVD、はじまってすぐに停まって動かなくなるんだけど」 と電話をしてきた方に返金。 ソフトを引き取る。
 お客さんが事前に伝えてきたように盤面に傷はない。 後で店のパソコンで再生すると最後まで滞りなく動いたぞな、もし。

 ちなみに、再生デッキに問題ありませんかと尋ねたら、そんなはずはない他のDVDはちゃんと映るんだからと叱られました。 ソフトとハードの相性が悪かったのだろう。
 映画本編に入る前に5分以上つづく 「overture (序曲)」 のくだり (静止画に音のみ) を指していたのではないと思いたい。
 2打数0安打。打率 2割0分3厘6毛。


2016年3月4日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 尾崎 翠
  2. 「家庭画報」
  3. マンガの初版本

 尾崎 翠といえば 『瑠璃王の指輪』 でしたっけねェなどと知ったかぶりをして後で調べると 『瑠璃玉の耳輪』 だった。 この題名、何べんやっても正しく覚えられない。

 「うらめしや〜」 と言いながら、元気よく画伯がお出ましになる。 週に1度は来てくださる人なのに1ヶ月くらい音沙汰がなくて心配していたところだった。
 こっちに来る前に寄った本店で社長から嘘八百を吹きこまれたらしく、 「お主、おれが来なかったのはお化けになったからだと思っていただろう」 と糾弾してくる。

 や、そんなことありませんって。 濡れ衣です。 宝くじが当たって世界一周旅行にでも出かけていたのかなと (画伯がご無沙汰していた真相は、ご本人の名誉のために差し控えさせていただきます)。

 先週キアヌ・リーヴスの写真集を尋ねた方が再来店。 前回お見せしたキアヌのパンフレット9冊セットがおとりおきになる。
 3打数1安打 (内1安打 2/26分)。60試合を終えて、219打数45安打。打率 2割0分5厘4毛。


2016年3月3日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 浅野和三郎 『小桜姫物語』

 前日更新の 「本を繋げて」 で誤って入力していた部分を手直し。
 1打数0安打。打率 2割0分3厘7毛。


2016年3月2日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. 刺繍の本
  2. 山川方夫全集の第3巻
  3. English Book
  4. 宅建試験の本
  5. 宗教の本

 豊文堂書店の常連さんが書き手にまわる連載コラム 本を繋げて を更新しました。

 岩村誠二さんの 「北海道 本の旅」 の第22回です。 ご自慢の紙ものコレクションの中から 「豊文堂書店の品位を損なわない」 麗しのすすきのバー チラシを選んでご紹介いただきました。

 過去の 「本を繋げて」 は こちら を どうぞ。

 すみれ ファンクラブ会長がお子さんとともに久々のご来店。 最近読んでおもしろかったのは 『カルト村で生まれました。』。

 洋書が売れる。
 5打数1安打。打率 2割0分4厘6毛。


2016年3月1日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. 「グイン・サーガ」 の続刊

 朝は雪かき。

 少し前に市内で撮影していたテレビドラマに、元会長さんがエキストラで出演していた。 某所の大型歩道橋を青函連絡船の連絡通路に見立てて撮ったそうな。
 1打数0安打。打率 2割0分4厘7毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 太洋社の自主廃業による取引先書店の相次ぐ閉店、がらくたの山にこそ生の歓びはある、など。


2016年2月29日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


 吹雪。
 0打数0安打。打率 2割0分5厘7毛。


2016年2月28日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. やくざに関する本
  2. ローラン・ビネ 『HHhH 』
  3. 30代の女性作家で下の名前が 「よね」 の人の本

 先月の先行予約に出遅れて、このまま入手できないのではないかと焦っていた 『幻影城 終刊号』 だが無事注文できた。

 「昨日の朝さァ、テレビ (たぶん 「王様のブランチ」 ) で本の紹介してたんだけど、何の本だったっけなァ。 書いた人もわかんないんだけど、誰だかわかるかい」
 ミチオさんからご下問あり。 例によって難題である。

 風雲急を告げ、北大通店が 「連想ゲーム」 の3ヒントコーナー色に染まる。
 30代、女性、下の名前が 「よね」 の小説家。
 ヒントを出されたものの、番組を見ていない私には雲をつかむような話だ。 「テ、テ、テレフォンで」 とライフラインを使いたくなるところだが、それだと 違う番組 になってしまう。

 すったもんだのあげく、正解はどうやら住野よるという人らしいことに落ち着く。
 3打数0安打。打率 2割0分5厘7毛。


2016年2月27日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


  1. 庄屋に関する本
  2. 藤田宜永
  3. 講談社学術文庫の 『修験道』
  4. 三浦綾子 『銃口』

 朝の出張買入。 先々週呼ばれたマンションを再訪問する。

 1月に開かれた send さんの 「古い本 古いもの」 展で、北大通店の本をお求めになったというお客さんがみえる。 半世紀前に千趣会が出した 『駅弁パノラマ旅行』 という本。 全国の駅弁が紹介されていて年配者にみせたら好評だったとか。

 3、40年前の道東の郷土誌の束と個人情報保護の形式的なお題目とが天秤にかけられ、前者が廃棄される時代。
 4打数0安打。打率 2割0分8厘7毛。


2016年2月26日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 『鱈 世界を変えた魚の歴史』
  2. 山田秀三
  3. キアヌ・リーブスの写真集

 帯広の常連さんから久々に電話のお問い合わせあり。 鱈の本。 店には在庫がないので、いつものように 「日本の古本屋」 経由で他店に注文する。

 キアヌ・リーブスの写真集はないけれど、出演作のパンフレットをセットにしたものならば昔作ったのがある。 『スピード』、『マトリックス』 など9作品で2,000円。 勧めてはみたけれど……。
 3打数0安打。打率 2割1分2厘8毛。


2016年2月25日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. ポストカード
  2. ガーデニングの本 (洋書)
  3. 新日本古典文学大系の 『今昔物語集索引』
  4. 堀田善衛 『定家明月記私抄』

 店のウィンドウに霜がびっしり。

 ガーデニングのお客さんにぴったりの本が1冊みつかった。 別の言い方をすると、それ1冊しかない。 その本、『CLASSIC GARDEN STYLE』 が売れる。
 4打数1安打。打率 2割1分6厘0毛。


2016年2月24日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


  1. アールクシリアンの券
  2. エスペランサのCD?
  3. 『バド・パウエルの芸術』 のCD
  4. CD
  5. 書道の本 (小文字の書き方?)
  6. 他に津島佑子
  7. 斎藤美奈子 『妊娠小説』
  8. Book of Bicycle

 フリーペーパー 「詩と本 shu-hen」 の第4号が発刊されました。 1冊1冊、糸で綴じた手づくりの小冊子。 北大通店にて配布しています。 お早めにどうぞ。 発行人のヒツジさんのブログは こちら です。

 斎藤美奈子の 『妊娠小説』 はなかったけれど『紅一点論』 はあって、お客さんがこっちもおもしろそうとお求めに。 これも安打だ。 俺が法律だ!
 8打数1安打。打率 2割1分5厘3毛。


2016年2月23日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 新書のコーナー
            (岩波新書の 『科学と宗教との闘争』)
  2. 二玄社の 『元永本古今集』
  3. 他に斎藤真一
  4. 日めくりカレンダー
  5. 中尾ミエのCD

 毎週のように文庫本を買いにみえる常連さんが札幌に転勤が決まりましたと。 例年春が近づくと起きる現象。 こういうのが地味にこたえるな。 新たな読書家の方の転入、お待ちしております。
 5打数0安打。50試合を終えて、187打数41安打。打率 2割1分9厘2毛。


2016年2月22日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 加古 隆
  2. 下田逸郎のレコード
  3. 茂田井 武
  4. Rory Stuart のCD

 常連さんに教えてもらった 『珪藻美術館 Diatoms Art Museum』 (旬報社) という本がおもしろそう。
 4打数0安打。打率 2割2分5厘2毛。


2016年2月21日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 釧路の地図

 雪つもる。 本店駐車場の除雪に手間どり、北大通店は午後12時半からあける。
 1打数0安打。打率 2割3分0厘3毛。


2016年2月20日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. 池波正太郎 『真田太平記』 の文庫
  2. 大原富枝 『建礼門院右京大夫』
  3. ジュネ
  4. 辞典

 前の晩にみた 「宮崎美子のすずらん本屋堂」 が沖縄の古本屋の回だった。 全沖縄古書籍商組合のセリの様子も取り上げている。 組合員の店先を借りて陽の光の下でやっているのが開放的でおもしろい。 いつも埃っぽいところに閉じ篭っている身としては、そういうのもありかと感心した。

 橋井由高さんにもらった日清カップヌードル容器の紙工作。 古谷一行のCM と連動しているのだろうか。 犬神家の映画仕様の細工 が底面に仕掛けてあった。 お見事。

 2が売れる。 ジュネの 『葬儀』 も売れる。

 先週訊かれた斎藤六郎は、お客さんご所望の 『シベリアの挽歌』 の代わりに 『シベリア捕虜志』 が見つかった。 そちらでもよいとのことで安打に加える。
 4打数3安打 (内1安打 2/11分)。打率 2割3分1厘6毛。


2016年2月19日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


  1. クリムトの画集
  2. 吉原の隠語が載っている本
  3. 五木寛之 『風の王国』
  4. 名刺

 5/5 (木・祝)、2階の喫茶ラルゴで開かれる 「 ウルフルケイスケ MAGICAL CHAIN ひとり SPECIAL 〜2016春〜」 の予約受付がはじまる。

 クリムトの画集を探すお客さん、もしやと思い尋ねると、やはりイオンシネマ釧路で遅れて公開中の 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 をご覧になっていた。 同作はクリムトの絵をめぐる歴史秘話。 ナチスものと裁判劇とがあわさり、一粒で二度おいしい娯楽映画である。 残念ながら画集の在庫はなし。
 4打数0安打。打率 2割1分9厘6毛。


2016年2月18日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


  1. 古いエッチ本みたいなの
  2. 五月みどりの
  3. 刑務所の本
  4. トランプ

 少し前に店で買取りした本が、喩えていうなら 「燻製臭」 を漂わせていた。 かなり濃厚に沁みついている。
 2階の喫茶ラルゴでは時折燻製ベーコンをつくっていて、芳しい香りが階下におりてくる。 一部で燻製マエストロと噂される喫茶部長ならば、なにかよい対処法を授けてくれるにちがいない。 おせーておせーて。 ファブリーズすればいいんじゃないとそっけない答えが返ってきた。

 その上、こちらがオブラートに包んで燻製臭とエレガントに表現しているのに、 やれ火災臭がするだの、火事場臭いだのと身も蓋もない新語をつくって責めたてる喫茶部長だった。

 五月みどりのはなかったけれど美女写真集が1冊売れる。 美女写真集は1冊500円、3冊1,000円で販売中。
 4打数1安打。打率 2割2分4厘8毛。


2016年2月17日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


  1. レース編みの本
  2. ジブリアニメのDVD
  3. 『シェルブールの雨傘』 のDVD
  4. 『聖闘士星矢』

 先週買取りした本のなかに1950年代の雑誌が10数冊あって、そのことごとくに他店の値段シールが貼ってある。 それも思いきり目立つ表紙に。

 久々に伝家の宝刀を抜くしかないようだな。
 店に誰もいないのを見計らい、自家薬籠中のシール剥がしの秘技 「人間ドライヤー」 を駆使して火傷しそうなくらいの息を浴びせてやった。
 ハァ〜ハァ〜ハアァ〜〜。
 まるで歯がたたない。 ふやかして剥がす目論見がはずれ、無惨なシール跡が残るばかり。 ハァハァのしすぎで目眩がした。

 坂本信子 『手芸入門叢書 フィレー・レース 基礎と応用』 が売れる。
 4打数1安打。打率 2割2分4厘2毛。


2016年2月16日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


  1. 柳田國男 『遠野物語』
  2. たまに出るフリーペーパーの
  3. 『資治通鑑』
  4. 焼き物の本
  5. 何十年前に図書館で読んでたルパン
  6. 藤本義一 『百円オペラ』
  7. 岩波文庫の 『沙石集』

 開店前の出張買入。 入館時に手の消毒を求められるような場所だった。 ダンボール1箱半ほど。

 2階の喫茶ラルゴのメニュー表に、フラカンさん作の マカロニ刑事 が登場する。 初お目見えのキャラクターではないか。 レギュラー化の予感。

 このたび最終号を刊行したフリーペーパーの 「Gili」。 地元銘菓ガイドと銘打った特集が好評である。

 早速その特集を頼りに、春採の 「カフェとケーキのお店 うふ」 でシフォンケーキを買ってきたのは、毎日みえる毎日さん。 Gili のおかげでおいしいものに出会えたと満足そう。 次は愛国の店に出撃すると宣言している。

 発行人の高橋さんと面識がない毎日さんには、ファンレターがあるなら代わりに渡しておきますよと言っておく。

 2で訊かれたフリーペーパーは、その 「Gili」 のこと。 1部差し上げて安打にする。
 4、6が売れて猛打賞。
 7打数3安打。打率 2割2分3厘6毛。


2016年2月15日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 山の小説
  2. 小西政継 『グランドジョラス北壁』
  3. 札幌農学校の新聞

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 ピンク・フロイド集中連載もいよいよロック史に残る名盤 『The Dark Side of the Moon/狂気』 に辿りつきました。
 今なお世界中で売れているモンスター・アルバムです。 先日も北大通店の常連高校生が 「ついに聴いてしまいました、『狂気』 を」 と感に堪えない面持ちで告げていきましたっけ。 私がはじめて手にしたのも君と同じころだったよ。

 ピンク・フロイド 『Speak To Me〜Breathe/スピーク・トゥ・ミー〜生命の息吹き』 (You Tube より)

 2階の喫茶ラルゴの閲覧用に置いていた 「本の雑誌」 を階下におろす。 2009年8月号から2013年11月号までのおよそ50冊。 各号300円で販売します。
 3打数0安打。打率 2割1分4厘2毛。


2016年2月14日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 秦 秀雄

 暴風雪の予報がはずれて、小雨。 やがてそれも止む。
 1打数0安打。打率 2割1分8厘5毛。


2016年2月13日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


  1. 『アインシュタイン選集』 の第2巻
  2. 「日本思想大系」 の 『道元 上下巻』 の単品

 釧路発・ひと休みフリーペーパー 「Gili」 の最新16号が入荷しましたが、 名残惜しいことに今回で最終号となります。
 毎号愉しみにしていた方は驚かれるでしょうが、よんどころない事情があるそうなので仕方がありません。 編集・発行の高橋さん、これまで約2年間どうもありがとうございました。

 最後の特集は 「地元銘菓ガイド」 です。 残り部数が少なくなっています。 気になる方はお早めにお持ちください。

 札幌の岩村誠二さんからハガキが届いた。 北海道立文学館 の特別展 「さとぽろ発見」 の記念スタンプが裏面に押してある。
 そればかりではない。 消印は札幌丸井今井内郵便局の風景印だ。 当欄でおなじみ、風景印の魔術師ことズリ山裏道さんの影響を受けたものらしい。
 恐れていたことが起きてしまった。 愉快犯の度重なる劇場型犯罪にあてられて、とうとう模倣犯が現れたのである。

 ただしこの模倣犯、まだまだ恥ずかしがりやさんのよう。 前後して届いた岩村さんの電子メール、もとい犯行声明には 「ズリ山さんのようにモノを送るのははずかしいので」 という一文が。

 <補足資料> 愉快犯・ズリ山裏道氏の近年の犯行より。 郵便制度を悪用して、以下のものを北大通店に送りつけてきた。 いずれも未解決事件。 恐るべきことにこれらは氷山の一角である。

 台湾の酒の小瓶 (風景印は陸別町郵便局)
 ベトナム製のピコピコハンマー (新宿馬場下郵便局)
 びっくりのしいか (夕張登川郵便局)
 秋田犬のフィギュア (福島常磐郵便局)
 むき出しのたわし (新潟中央郵便局)

 模倣犯・岩村誠二さんの犯行がエスカレートしないことを祈ろう。
 2打数0安打。40試合を終えて、150打数33安打。打率 2割2分。


2016年2月12日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. 新しい陶器の本
  2. こんなの
  3. 短歌の本
  4. 西村寿行 『蘭菊の狐』
  5. 辞書
  6. ジョン・ル・カレ 『ナイロビの蜂』
  7. アニメのDVD
  8. 森山大道

 お客さんが書皮をかけた読みかけの文庫本を取りだして 「こんなのあるかい」。 官能小説だった。 前日の 「エッチくさい小説」 とは別の方。 グリーンドア文庫などが売れて2をクリアする。
 8打数1安打。打率 2割2分2厘9毛。


2016年2月11日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. 『チトーは語る』
  2. 手芸の本
  3. 『実録 野坂参三』
  4. 『昨日の同志 宮本顕治へ』
  5. 『スパイ 野坂参三追跡』
  6. 大森 実 『戦後秘史』
  7. 「世界週報」 のヤルタ秘録?
  8. 江藤 淳・監修 『終戦工作の記録』
  9. 斎藤六郎 『シベリアの挽歌』
  10. スタインベック 『怒りの葡萄』
  11. 大岡昇平 『野火』
  12. 昨日のカセットテープ、杉良太郎ともう1つなんだっけ
  13. エッチくさい小説
  14. 道内時刻表

 建国記念の日。
 2階の喫茶ラルゴは祝日定休日だが、3月3日の桃の節句に向けて早くも昨晩より 雛人形 を飾りはじめた。

 蓼虫 (たでむ) さんが今年になって初来店。 作品づくり以外の本業がお忙しいよう。 最近は 新たな分野 に挑んでおられる。

 1、3〜11は、管内にお住まいの常連さんの探求書。 そのうち10と11が当店にも在庫あり。 2安打。
 他は、お客さんの代わりに 「日本の古本屋」 を通じて他店に注文を入れる。

 電話で訊かれた12のカセットテープはフランク・シナトラ。 お客さんは前日、タクシーを呼んでほしいと通りがかりに店の電話を借りていった年配の方だった。
 しばらくして代理の方が姿を現す。 杉様とシナトラがどちらも無事もらわれていく。
 10年くらいかかって、とうとう歌もののカセットテープの在庫が一掃された。

 「こないだ買ってったの、なんか難しかったからよ、今度はエッチくさい小説にするわ。 あんた選んでよ、文句言わないから」 とお客さん。 官能文庫の棚から粛々と選ばせていただく。
 14打数4安打。打率 2割2分8厘5毛。


2016年2月10日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. 映画 『アナと雪の女王』 のパンフレット
  2. 『挽歌』 のビデオ
  3. 王女メディアの入ってる本

 午前中、久々の出張買入へ。 ダンボール1箱半とごく少量。 いっぺんに持とうとすると、腰には気をつけなさいとお客さんに心配される。

 前日訊かれたハンセン病の本。 フラカンさんが本店に足を運んで 『生きて、ふたたび 隔離55年――ハンセン病者半生の軌跡』 をお求めくださり、1安打。

 くしろ演劇みたい会 の鑑賞会 『王女メディア』 が10日後にせまる。 公演前に予習しておきたいという常連さんに、ジョリッフの 『ギリシア悲劇物語』 が見初められる。
 3打数2安打 (内1安打 2/9分)。打率 2割2分2厘2毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 上士幌郵便局の風景印と、高松の ことでん 琴平駅の記念スタンプに彩られた 封書 が届く。 上士幌は北海道の十勝管内にある町。

 封をきると、崎陽軒の ひょうちゃん のしょうゆ入れが転がり出た。 磁器製なのに欠けたり割れたりせずに、よくぞご無事で。


2016年2月9日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


  1. ハンセン病に関する本
  2. 『書譜』
  3. カセットテープ
  4. 北方さんの 『楊令伝』

 当地でも再公開中の映画 『あん』。 ご覧になったフラカンさんがハンセン病に関する本を探しにみえた。 北大通店に関連書はないけれど、本店ならば数冊あることをお教えする。

 お友だちから借りてるこの本と同じものはありますかとお客さん。 二玄社の 『中国法書選 書譜』 の巻。 在庫あり。 姉妹編の 『中国法書ガイド 書譜』 とあわせてお求めいただく。
 4打数1安打。打率 2割1分1厘3毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 大すきなのはァ〜 ヒマワリのたねェ〜
 ズリ山さんから 向日葵の種 が届く。 津別郵便局の風景印を押した封書に入っていた。 JR姫路駅の記念スタンプも付いている。

 同時にもう1通届いていて、そちらは 士幌郵便局の風景印 の封書。 いわき市石炭・化石館 の記念スタンプが押され、封の中身はベトナムのクアンニン博物館の記念スタンプだった。


2016年2月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 竹内憲治 『花と革命』
  2. 釧路新書の 『増補 石川啄木』
  3. 水石の本
  4. ぬりえ

 あたしね、知り合いの家で 「本の滝」 を見たことあるよ、と常連さんがおっしゃる。 本の滝とはなんぞや。

 はじめて見たときゃ、たまげたよ。 階段にズラ〜ッと積んである本が崩れちゃって、そのまんまなんだからさ。 ありゃ、本の滝としかいいようがないね。
 4打数0安打。打率 2割1分0厘0毛。


2016年2月7日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. 昨日2階でみた釧路の家の本
  2. 動物の写真集 『いっしょがいいね。』

 1は、『釧路発 北の家図鑑』 のこと。 前の日に、2階の喫茶ラルゴの閲覧用本棚でご覧になったようだ。 1990年の刊行時には豊文堂書店も関わった本なので、新品同様の在庫がまだ手元にある。 お客さんにはその新しい方の1冊をお渡しする。

 大阪のガス人間さんは、ただいま道内旅行中。 今回は釧路までお越しにならないが、またいずれお会いできそうだ。
 2打数1安打。打率 2割1分7厘3毛。


2016年2月6日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


  1. 伊福部 昭の券
  2. 伊福部 昭の券

 くしろ冬まつり が開幕する。

 来週あたり、マイクル・コナリーの新作が本屋に並ぶ。 彼の大ファンであることから当欄ではその名をとってコナリー氏とお呼びしている常連さんがいて、 さぞや心待ちにしているだろうと思いきや、いまひとつ気が乗らないそぶりだ。
 曰く、俺ン中では 『真鍮の評決』 でピークを極めてしまったンすよねェ。 あとは余禄というか。

 そのコナリー氏が帰り際にぼやく。
 俺、イオンとか行って通路に立ってると、後ろに人が並ぶンすよ。 気がつくと、おじいちゃん、おばあちゃんが後ろに立ってる。 俺のこと、何かの行列の先頭かと思っちゃうみたいなンすよね。

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 に出てきそうな 長身のコナリー氏である。 その特殊能力、どうにかして新手のビジネスチャンスに結びつけられないものか。
 ランドセルみたいに背中にお賽銭箱背負って小銭でも入れてもらいますかね。 ダンボールで作った夜間金庫でもいいや。 そうつづけるコナリー氏だった。

 翌日の 「伊福部 昭 没後十年追悼コンサート」 の前売券、前の日に引き上げてしまって手元にない。 バブルがはじける。
 2打数0安打。打率 2割1分2厘3毛。


2016年2月5日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. 旅行の本
  2. 念書
  3. 楽譜
  4. 日曜日のコンサートの券2枚
  5. 教科書 (「釧路市郷土読本 くしろ」?)
  6. CD付きの英語の本

 「伊福部 昭 没後十年追悼コンサート」 の前売券がまた売れる。

 相手がどこまで本気でその本を探しているのか図りかねるときがある。 この日のお客さんにそういう人はいないけれど、いい大人が知識をひけらかそう (中略) セリーヌの 『夜の果ての旅』 なら本店に文庫がありますよと教えたら、聞こえないふりをされた。
 6打数1安打。打率 2割1分6厘2毛。


2016年2月4日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 和田さんがピアノの前売券
  2. 伊福部 昭のコンサートの券
  3. アールクシリアンの券

 日曜日開催の 「伊福部 昭 没後十年追悼コンサート」、 3/19 (土) 開催のコンサート 「アールクシリアン 道東音楽祭 XV」。
 北大通店にて絶賛お取り扱い中の2種類の前売券が売れて、猛打賞。

 前日の北海道新聞夕刊文化欄に、主催者側の方の大きな記事が写真入りで出たおかげだろう。
 3打数3安打。打率 2割1分9厘0毛。


2016年2月3日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. 英語の本
  2. マックス・ローチのレコード
  3. 間接照明
  4. 伊福部 昭の券

 アイスキャンドル、作ンないのかいと2階の喫茶部長がけしかけるので、その気になって前の晩、店の外に水を張ったバケツを置いていた。
 今朝来てみると、ダメだこりゃ。 寒すぎてバケツの氷は芯まで凍っていた。 蝋燭を仕込む空洞がありまへん。

 日曜日の 「伊福部 昭 没後十年追悼コンサート」 の前売券が売れる。
 4打数1安打。30試合を終えて、102打数20安打。打率 1割9分6厘0毛。


2016年2月2日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. 紅茶の本
  2. 聖書
  3. レコードは他に……

 いつもよりストーブの設定温度を高くしていたせいで、灯油の減りが予想を上回る早さ。 備蓄分が底をつきかけて焦る。
 3打数0安打。打率 1割9分3厘8毛。


2016年2月1日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. イコンに関する本
  2. 増田俊也 『シャトゥーン』
  3. 絵本でもりたろうさんの
  4. 書道の紙
  5. 福島菊次郎
  6. indigo jam unit の前売券
  7. 『京の工房』
  8. 白洲正子の 『私の骨董』
  9. 『匠のつどい』 (芸艸堂)
  10. ハガキ

 豊文堂書店の常連さんが書き手にまわる連載コラム 「本を繋げて」 を更新しました。

 今回は特別編として、 根室市在住の福田光夫さんによる 「泉川駅史考」 (先行公開版) を掲載いたします (こちら からお読みください)。

 北海道東部のとある駅と町のかかわりを見つめた貴重な論考であるのは勿論のこと、 福田さんの少年期の幸福な思い出と結びついた、これだけは書き残しておきたいという使命のようなものがお分かりいただけるかと思います。

 また、本編がこの時期に発表される背景には、 JR北海道が北海道新幹線開通の裏で進める赤字路線の廃止検討策への懸念も見てとれるでしょう (福田さんは3月下旬に廃止される花咲駅の駅史を現在編纂中とのこと)。

 過去の 「本を繋げて」 は こちら を どうぞ。

 レコード+CDマップ の16-17年版が出るという。 この日がアンケートの締切日だった。 特設サイトの記入欄に、本店と北大通店の2店分をあわてて書きこみ送信する。

 send さんからいただいた正体不明の土くれ。 何だか分かりますかと問われ首をひねっていたら、答えを教えてもらう。 奈良公園で拾ってきた古瓦、それもどうやら鎌倉以前の作らしい。
 おいおいおいおい。 古めかしいものだらけの北大通店で、いきなり最古の座をもぎとりやがったぜ。

 indigo jam unit のライブの前売券は前日も訊かれたが扱っていない。 ポスターとチラシを掲示しているのみ。
 同グループは今夏解散するという。 釧路公演は 2/21 (日) 夜、釧路パステルビル (市内北大通4-1) にて。

 福島菊次郎の写真が載っている雑誌 「フォトアート 1970年8月号」 が売れる。
 10打数1安打。打率 2割。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 古書店への言及もいくつか。


2016年1月31日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. 太宰治の桃太郎?
  2. 手島圭三郎
  3. ランドクルーザーに関する本
  4. post card
  5. 鶴居の 「FIELD NOTE」
  6. indigo jam unit の券

 北大通店駐車場の 看板が新調 される。 豊文堂カラーの緑を基調に仕上げたのは、2階ラルゴの園芸大臣のお仕事。
 駐車場は、店の並びの浦田菓子舗の真裏に3台分ございます。

 ポストカードは外国の方がご所望。 2軒となりの佐藤紙店に揃っていることを教える。

 発刊間もないフリーペーパー 「FIELD NOTE」 の在庫を訊かれて、1部差し上げる。
 鶴居村在住の青年が立ち上げたもの。 「地域の企業やお店を応援すること」 を主眼に、釧路市と近隣の町の店を取り上げている。
 2階の喫茶ラルゴ白金町の本店 も紹介していただいた。
 6打数1安打。打率 2割1分1厘7毛。


2016年1月30日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. 「鉄道ピクトリアル」
  2. 戦国時代の資料
  3. 長倉洋海
  4. 三里塚の本

 期間を延長していた send さんの 「古い本 古いもの」 展がこの日で終わる。 豊文堂書店の古書を多数置かせてもらっていた。
 sendさん、来てくださったお客さま、どうもありがとうございました。

 SL冬の湿原号 が今期の運行を開始する。 11時すぎに外に出ると、駅の方から出発の汽笛が聞こえてきた。
 北海道内を走る冬のSL臨時列車は、今や釧網線の冬の湿原号しか残っていない。

 雑誌 「歴史人」 の戦国武将を特集した号が売れる。
 4のお客さんには、本店を教える。 向こうで三留理男 『三里塚 成田闘争の記憶』 をお求めいただき、1安打追加。
 4打数2安打。打率 2割1分5厘1毛。


2016年1月29日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. デザインの本
  2. 何かおもしろいもの

 レジカウンター後ろの壁に貼ってある映画チラシの中から 『ガス人間第一号』 を見つけておもしろがってくれたお客さんが、 プロの映画関係者だった。 日本映画界の現状というか惨状というか、そうした残酷物語の一端を教えてもらう。
 お話しているうちに数年前にも来てくださった方だと思い出す。

 橋井由高さんが 「何かおもしろいものありますか」 と尋ねてきたので、「もちろんありますとも!」 と (若干食い気味に) 元気よく答える。 ありませんともと返すわけがないので、いってみれば定番のやりとりである。
 私が薦めたわけではないけれど、映画チラシの本をお求めいただけたので、安打にしたい。 俺が法律だ!
 2打数1安打。打率 2割。


2016年1月28日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 東野圭吾
  2. 羽生 輝さんの画集
  3. ノートとかボールペン

 「あんたもアレ読むといいよ」 と、毎日みえる毎日さんに 「CREA クレア」 の最新号を勧められる。 特集は 「大人の少年少女文学」。 堅いものからやわらかいものまで、何でもお読みになるのですね。
 文春で児童文学というと、文春文庫ビジュアル版の 『大アンケートによる 少年少女小説ベスト100』 を思い浮かべる。

 釧路在住の画家・羽生 輝さんの画文集 『美の旅 創造の旅』 がおとりおきになる。
 3打数1安打。打率 1割9分1厘7毛。


2016年1月27日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. 裁縫の本
  2. 蠣崎波響の論文集
  3. ミュージアム新書の五十嵐聡美さんの

 「主婦の友」 の昭和26年11月号附録・冬物和服裁縫独習書が売れる。
 3打数1安打。打率 1割8分5厘7毛。


2016年1月26日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. ナスターシャ・キンスキーの映画パンフレットなど
  2. 釧路のフリーペーパーの 「Gili」
  3. 友部正人のレコード
  4. 上橋菜穂子 『鹿の王』 の初版本

 かなりしばれた。 店のウィンドウ には霜がびっしりと付着している。 北大通店名物の ふるほんシャーベット にはうってつけの日。

 大阪のガス人間さんから愉快なお電話。
 事前にメールで伺っていたのだけれど、ガス人間さん、 81年版の 『キャット・ピープル』 鑑賞をきっかけにナスターシャ・キンスキー熱が高まっているそうな。 私も中学生のころ、彼女の分厚い唇にやられたくちです。

 出演作のパンフレットを探してみたところ、あると思いこんでいた 『テス』 や 『ワン・フロム・ザ・ハート』 は影も形もなかった。 いわんや芳賀書店の 「シネアルバム」 をや。 典型的な安請け合い。 面目ないこってす。 電話で謝る。

 当店で配布している釧路のフリーペーパー 「Gili」 のバックナンバーがおとりおきになる。
 4打数1安打。打率 1割7分9厘1毛。


2016年1月25日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 万年筆の修理
  2. 文庫の大藪春彦

 レジまわりに積み上がった紙ものの山を片づける。 雪崩を起こしそうだったのがかなりすっきりして、まんぞくまんぞく。 後日、スティングさんがやってきて 「どこがすっきりしてるンすか」
 2打数0安打。打率 1割7分4厘6毛。


2016年1月24日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


  1. 秋山亮二の写真集
  2. 屠場の本
  3. 原田康子 『挽歌』
  4. 犬を亡くした友だち向けの本
  5. 坂田和実 『ひとりよがりのものさし』

 開店時間を遅らせて、 「「私の1枚」 ― 日本写真史を飾る101人 〜フジフイルム・フォトコレクションによる〜」 を開催中の 北海道立釧路芸術館 へ。

 黎明期から現代まで、手法やねらいが異なるさまざまなタイプの作品が、梁山泊につどう豪傑のごとくに結集。 ともすると見たいものばかりにかまけてしまう趣味的なこちらの視野狭窄を溶かしにかかる。 ほぐしにかかる。

 正午から店を開ける。
 外国の方が本をお探し。 スマホで探求書の書影を見せてもらった。
 秋山亮二の写真集だが、あいにく在庫がない。 芸術館には、彼のユーモラスな 「津軽 聊爾先生行状記」 の1枚が飾ってあったのだけれど。

 豊文堂書店の古書を委託販売させてもらっている 「古い本 古いもの」 展の期間延長が決まり、 send さんが補充の本を探しにみえる。

 原田康子といえば 『挽歌』 なので、それがどんなにたくさん売れて出回った本であろうと入荷したそばから売れてしまう (そしてその他の著作は棚に残る)。 今回もやっぱり 『挽歌』 は在庫切れ。
 お客さんには、駅前の新刊書店・ブック亭を勧める。
 5打数0安打。20試合を終えて、61打数11安打。打率 1割8分0厘3毛。


2016年1月23日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. 詰め将棋の本
  2. 本谷有希子
  3. 少し前のホームページに載っていた青森郷土館の本
  4. 小学館の 「てれびくん」 の2月号
  5. BSでドラマをやっている 『鴨川食堂』の
                          原作者の人の本

 札幌の岩村誠二さん、「風景印の魔術師」 ことズリ山裏道さん、お久しぶりの木曜日の男さん (今日は土曜日だったけど)、 元じゅう箱ライターさんなど、なじみの方が続々といらっしゃる一日であった。

 夜は、南大通方面にて恒例の 「啄木・雪あかりの町・くしろ」 が開催される。 まだ行けたためしがない。
 5打数0安打。打率 1割9分6厘4毛。


2016年1月22日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. 堂場瞬一
  2. スペインものの出来ればミステリー
  3. 遠藤周作 『ぐうたら交遊録』
  4. 谷沢永一 『紙つぶて』
  5. 片岡義男 『本読み術 私生活の充実』
  6. 石川啄木
  7. 高村光太郎

 午前中、 send (市内鳥取大通8-7-27) さんの展示会 「古い本 古いもの」 にお邪魔する。
 お茶とお菓子 をいただきながら、店内を見せてもらった。 ちなみにお菓子は、市内住吉1丁目の さん特製の 「小豆といちごのおからケーキ」。

 北大通店から選ばれていった本がすっきりと並べられ (ごちゃごちゃしすぎのうちの店だとこうはいかない)、 send さん特選の古いものたちとよく馴染んでいる。 よかった、よかった。

 30日 (土) まで展示期間の延長が決まって、これまたよかった、よかった。 皆さま、send さんにぜひお越しください。 新たに本が補充されますので、1度ご覧になった方もお愉しみいただけます。

 send ブログ 「古い本 古いもの」 延長のお知らせ

 今年も、常連さんに 釧路市動物園カレンダー をいただいた。 2016年の図案はレッサーパンダのカップルである。
 店の奥の定位置に貼りつけた。 店内が明るくなった。

 狐狸庵先生のぐうたらシリーズのエッセイ集が2冊売れて、1安打。 ご所望の 「交遊録」 ではないけれど、審判協議の結果ヒットにしたっていいじゃないか。 俺が法律だ!

 他に、堂場瞬一の文庫本と、北畠立朴 『啄木に魅せられて』 が売れる。
 7打数3安打。打率 2割1分5厘6毛。


2016年1月21日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. 六法全書
  2. 山の本
  3. イギリスの本
  4. 釧路新書の馬の
  5. 写真集 (奈良原一高)
  6. 「HO」 とか北海道の雑誌

 夕方、行灯型看板を灯そうと外に出たら、向かいのビルの窓からスティングさんが手を振っているのがみえた。 こちらも手を振り返し、ついでにコマネチを付け足す。 V8 もやっておけばよかった。

 釧路新書の 『馬産王国・釧路』 が売れる。
 北海道の雑誌 「KAI」 の第4号が売れる。 特集は 「古本と。ジャズと。」。
 6打数2安打。打率 1割8分1厘8毛。


2016年1月20日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. 樋口一葉の小説じゃない本
  2. 米原万里

 本日の釧路新聞 より。
 「歩道の雪に目を落とした」 とあるのが、しみじみと味わい深いことである。

 大雪の翌日は閑古鳥がなく法則。 今回も当てはまる。 もちろん大雪の当日も閑古鳥がないている。 つまり2日つづけて。
 2打数0安打。打率 1割5分7厘8毛。


2016年1月19日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


 予報どおりの暴風雪 にしこたまやられる。 それでも本を買ってくださるお客さんがいらした。
 0打数0安打。打率 1割6分6厘6毛。


2016年1月18日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


 send (市内鳥取大通8-7-27) さんの展示会 「古い本 古いもの」 の初日を迎えました。

 文机、丸椅子、器、小道具、その他もろもろの古物たちといっしょに、豊文堂書店の古書が並んでいます。
 営業時間は、10:30ー18:00。 1月30日 (土) まで開催しています (日にちが延長されました・日曜定休日です)。
 詳細は こちら をどうぞ。

 明日は相当の暴風雪に見舞われるそうな。 2階の喫茶ラルゴと白金町の本店は早々に臨時休業を決めた。
 0打数0安打。打率 1割6分6厘6毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 このページをご覧の方で、 むき出しの泡立て器 が郵送されてきたことがある方はおられるだろうか。 いや、いないだろうな。
 今回は目黒郵便局からの発送だった。 くっきりと押された風景印がそのことを告げる。
 お前さん、長い旅をしてきたんだね。 少し休んでから2階のラルゴさんで使ってもらうといいよ。

 もう1通、 銀座郵便局の風景印が押された 封書 も同時に届いた。 厚みがあって振るとカラカラ音がする。 ズリ山さん一押しの映画 『パレードへようこそ』 のDVDが入っていた。

 先日ズリ山さんが店にお見えになったとき、DVD貸しますよ今度持っていきますとおっしゃっていたけれど、まさか銀座から飛んでくるとは。 おじさん、たまげたよ。
 無償の愉快犯ズリ山裏道氏の哄笑がこだまする……。


2016年1月17日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


 注文していた稲垣書店・中山信行氏の 『一頁のなかの劇場』 が届き、読みはじめたところ。 副題は 「「日本古書通信」 誌上映画文献資料目録全107回集成」。 頭が下がります。
 0打数0安打。打率 1割6分6厘6毛。


2016年1月16日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. 幸福の科学の本
  2. 江戸時代の鎖国のことが書いてある本
  3. 藤田宜永

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 「エコーズ」 の音と 『2001年宇宙の旅』 の映像が同調すること、皆さんはご存知でしたか。 私ははじめて知りました。 今回の You Tube のリンクは、これで決まりです。
 ピンク・フロイド 『Echoes/エコーズ』 (You Tube より)
 次回は2016年2月15日の更新予定です。

      ×       ×       ×

 くしろリデザインプロジェクト の第1回 「釧路の街の宝探し街歩き」 の日。 北大通店に立ち寄ってくれた参加者の中に じゅう箱のスミ でともに活動した方がいて、しばし旧交を温める。

 同プロジェクトのチラシイラストに 青空古本市 の一角あり。

 send さんがおみえになり、翌々日に迫った展示会 「古い本 古いもの」 の最後の本選び。 どんどん出品本が増えていき、よい感じ。

 岩波新書の 『黒船異変』、『シリーズ日本近現代史 幕末・維新』 が売れて、2をクリアする。
 3打数1安打。打率 1割6分6厘6毛。


2016年1月15日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. ジョージ・ウィンストンのCD (「オータム」 以外)
  2. 片岡義男のエッセイ集
  3. 日めくりの暦
  4. 日めくり

 日めくりの根強い人気におののく。

 角川文庫の2が売れる。
 4打数1安打。打率 1割5分1厘5毛。


2016年1月14日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


 少しだけ雪が積もる。
 0打数0安打。10試合を終えて、29打数4安打。打率 1割3分7厘9毛。


2016年1月13日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


  1. 写真集 (沢田研二)
  2. 前来たときあったショパンのCD
  3. 恩田 陸 『メガロマニア』
  4. 乃南アサ 『鎖』
  5. 下重暁子 『家族という病』

 いよいよ来週、 send さんではじまる 「古い本 古いもの」 展。 ブログfacebook で当店のことを紹介していただいている。
 北大通店の店内画像は、杉本一文氏の横溝正史ポスターが思いきり目立っております。
 5打数0安打。打率 1割3分7厘9毛。


2016年1月12日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


  1. 立花 隆 『死はこわくない』
  2. 古い週刊誌
  3. 原田康子の文庫

 前日は臨時休業。

 2階の喫茶ラルゴが 開店10周年 を迎えた。
 ラルゴスタッフのフラカンさんによるメニュー表も 記念仕様 である。

 そのラルゴからLEDの蛍光灯を数本わけてもらう。 1階古書部でははじめての導入。

 原田康子の文庫本が数冊売れる。 現在新刊書店で買える原田作品は、新潮文庫の 『挽歌』 のみ (晩年の大作 『海霧』 も品切)。
 3打数1安打。打率 1割6分6厘6毛。


2016年1月10日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


 send さんの展示会 「古い本 古いもの」 の準備をちょこまかと進める。

 先月提案された某案件を断わらせてもらった。 私がふがいないせい。
 0打数0安打。打率 1割4分2厘8毛。


2016年1月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 六法全書
  2. 昭和30年代のマンガ雑誌
  3. 司馬遼太郎 『播磨灘物語』

 先月お客さんから買取りした本はどこに仕舞ったっけ。 ダンボール1箱分あったものが見つからない。

 考えこむうちに思い当たった。
 買取りの数日後、古紙回収の人が来てくれて、溜まりに溜まった大量の廃棄本をどんどこ持っていってもらったことを。 あのとき、いらない本が入った箱と間違われたんだ……。
 いい本があったのに。 泣くに泣けないよ。

 悪いことがあれば、その逆もある。
 入り口の手動の開き戸が自動的に閉まるようになった。 扉の上部に巻き取りワイヤーを這わせたのは、北大通店のメカ博士こと2階の喫茶部長のお仕事。

 年中座り仕事をしている私の運動不足を気遣ってのことだろう。 真冬でも寄ってたかって扉を半開きにすることで、 もやしっ子の私を椅子から引き剥がし小まめに通路を往復させようとする、 回りくどいトレーニング法というか温情あふるる思し召しが後を絶たなかったのだけれど、 とうとうそれも過去のことになりそうだ。

 閉店後、喫茶部長とフラカンさんに誘われて、近所にできたお店へ。 ロック関連のおもしろいものを多々見せていただく。
 3打数0安打。打率 1割4分2厘8毛。


2016年1月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. 新潮文庫のプルースト
               『失われた時を求めて』 の1巻目
  2. 美空ひばり 『美幌峠』 のレコード
  3. 『野郎どもと女たち』 のDVD
  4. 寿行
  5. 平林美紀

 常連のスター・ウォーズファンの方に、 「スター・ウォーズ新聞」 のバックナンバーを見せてもらった。 3号掲載の歴代各国ポスター勢ぞろいのページにとりわけ目を凝らす。 古本屋なので異版の類いが気になるのだ。
 5打数0安打。打率 1割6分6厘6毛。


2016年1月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. クロスワード・パズル
  2. 堀田善衞 『定家明月記私抄』
  3. 小学生が使うような辞典
  4. 石持浅海

 前日の北海道新聞夕刊釧路版に、「伊福部音楽の軌跡たどる 没後10年 地元から発信相次ぐ」 と題して、大きな記事が出ていた。

 第1回配本 『生の岸辺 伊福部昭の風景』 を刊行したばかりの釧路の 藤田印刷 エクセレントブックスも取り上げられている。
 毎日みえる毎日さんに尋ねると、すでに市内の書店で購入済みであった。 さすが!

 2月7日 午後2時より、 市内浦見4の コンサートホール Urari (ふくしま医院内) にて 「伊福部昭 没後十年追悼コンサート」 も開かれる。
 前売2,000円、当日2,500円。 前売券は北大通店にてお取り扱いしています。
 詳細は こちら をどうぞ。

 小中高と通った新刊書店の建物が取り壊されていた。 80年代後半の一時期、「S-F マガジン」 を定期購読していたお店。 ご店主には中津川フォークジャンボリーの録画テープを貸してもらったこともあった。
 4打数0安打。打率 2割3分0厘7毛。


2016年1月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 竹内理三 『寺領荘園の研究』
  2. 宮城谷昌光 『三国志』
  3. 加藤周一
  4. 伊福部昭
  5. 福岡伸一 『生物と無生物のあいだ』
  6. 紙粘土の本
  7. 数独

 買い物帰りのコナリー氏がお立ち寄りに。 お菓子をいただく。 ズリ山さんと示し合わせたわけではないのに、またしても スーパーBIGチョコ
 送料がかかっている分、そっちのチョコの方が高級じゃんと悔しがるコナリー氏だが、食べてしまえば同じである (賞味期限は微妙にちがっていたけれど)。 おいしくご馳走になりました。

 本店のホームページをご覧になったお客さんから1の在庫を訊かれるが、ここは北大通店。 お客さんに説明して、あちらでお求めいただく。

 猫田さんがご所望の5も、本店に在庫があるとわかる。 後日でかまわないというので、社長に頼んでこちらに移してもらうことに。
 7打数2安打。打率 3割3分3厘3毛。


2016年1月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 夏目漱石 『坊っちゃん』
  2. 宮城道雄

 出先から深夜バスで一睡も出来ずに帰釧。 店での仮眠もままならず、そのまま定刻に店を開ける。

 新潮文庫の 『坊っちゃん』 が売れる。
 2打数1安打。打率 5割。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 1月3、4日と連休をもらい釧路を離れていた間に、ズリ山さんが放った新年最初の刺客が届いていた。 その数2通。

 まずは、 リスカ のお菓子 スーパーBIGチョコ。 120円分の切手を貼ったポストカードと綴り紐で結わえてある。 元旦に投函されて、風景印は品川郵便局。 ポストカードには、秋田の 由利高原鉄道 の記念スタンプも付いている。

 梱包せずにむき出しで送ってくるところがズリ山流といえよう。 幸いなことにチョコは砕けていない。

 もう1通は2日投函、郡山郵便局の風景印が押された 郵便書簡 だった。 裏側にはJR常磐線水戸駅の記念スタンプ。 封を開けると、ベトナムのキューピーマヨネーズの商品カタログが。
 風景印の魔術師ことズリ山裏道氏、今年も快調な滑りだしである。

 他にも、福島の007さんから 「2015年 映画音楽ベストアルバム」 なるオリジナルCDが届いたり、 ご近所のアサノユウスケさんに猿のイラストをいただいたり。 ありがたや〜。


2016年1月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


 あけましておめでとうございます。 豊文堂書店です。 新しい年の営業がはじまりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 豊文堂書店の常連さんが書き手にまわる月に1度の連載コラム 本を繋げて を更新しました。

 岩村誠二さんの 「北海道 本の旅」 の最新回です。 幻となった半世紀近く前の札幌冬季オリンピックの会場計画案を取り上げていただきました。
 現在、札幌市は 2026年 冬季オリンピック・パラリンピックの招致 を進めているところ。

 これまで1ヶ月に1度の更新をつづけてきた当欄 「本を繋げて」 ですが、本年より2ヶ月ごとの更新に変わります。
 過去の 「本を繋げて」 は こちら を どうぞ。

 0打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。 『竹中労著作集』 の刊行予定があったことを知る。




2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る