ホームへ戻る


2009年の夜に口笛を吹けば


2009年12月30日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第121試合


  1. 王 羲之
  2. 五味康祐 『オーディオ遍歴』
  3. カレンダー
  4. 『柳多留』
  5. 『史記列伝』
  6. 中学2年生が読むような本
  7. 江戸川乱歩
  8. 陳 舜臣 『阿片戦争』文庫版
  9. 新田次郎
  10. 森進一のレコード

 二玄社の「書道技法講座」から、王羲之の巻が売れる。
 先週本店で『柳多留』をお尋ねになった方がこちらまで足を運んでくださり、 岩波の日本古典文学大系 『川柳 狂歌集』をお求めになる。

 6はお孫さんを連れた方より。
「中学2年生が読むような本」に「女の子」と「ここ数年海外留学をしている」という条件が加わる。  どんな本が好きか本人に尋ねると、メグ・キャボットという名前が返ってきた。未知の作家。 外の均一本から『プリンセス・ダイアリー ときめき初デート篇』が発掘されるが、 原書で読んでいるそうで脱落(作者は同シリーズで一躍ラブコメディの女王となった人気作家という)。
 夏休みで帰省していて分厚いものは読めないという理由によりエンデの『はてしない物語』が、 カバー裏の梗概が抽象的だという理由で村上春樹が、さらに脱落する。
 いくつか見てもらった中で生き残った(=お買い上げいただけた)のは、 恩田陸の『夜のピクニック』と星新一のショートショート集。

 2ヶ月前に『史記』をお探しに見えた方が再来店、そのときあった岩波文庫 『史記列伝』全5巻は売れてしまっていた。
 9の常連さんも、以前当店で目にした新田次郎の『火の島』をお探しというが、販売済み。 代わりに『赤毛の司天台』をお求めいただく。
 10打数4安打。121試合を終えての最終成績は623打数167安打。打率 2割6分8厘0毛。

 8月22日から「目指せ!3割バッターへの道」と題してはじめた北大通店の日録も、今回で最後である。 3割への道のりは案の定遠かったが、数字はあくまで継続のための口実にすぎない。
 以下、お問い合わせの多かったものを順にあげてみる。

  1. 9回 原田康子
  2. 8回 マンガ
  3. 7回 釧路の地図
  4. 6回 アイヌ民族の本
  4. 6回 タンゴやシャンソンのCD
  6. 5回 マシオン恵美香
             『いまどきの患者』
  6. 5回 村崎恭子
          『樺太アイヌ語入門会話』
  8. 4回 石川啄木
  8. 4回 絵本
  8. 4回 カレンダー
  8. 4回 平岩弓枝
  8. 4回 松本清張 『ゼロの焦点』

 特筆すべきは、最後の5日間で4回と猛追したカレンダー。年末ならではのダークホースの健闘を讃えたい。


2009年12月29日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第120試合


  1. 週刊誌
  2. 原田康子 (特に 『風の砦』 上巻)
  3. お勧めの本

 『風の砦』の上巻をお探しの方は、下巻から先に読み終えた剛の者であった。 お勧めの本の問い合わせは常連の方。探求書は把握しているのだが、未だ入荷せず。
 「地球大進化」や「プラネットアース」といったサイエンス番組がお好きだというので、 1月公開の映画 『オーシャンズ』 の話をしてしまう、自店の在庫を勧めないで。
 3打数0安打。120試合終わって、613打数163安打。打率 2割6分5厘9毛。


2009年12月28日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第119試合


  1. 山内惠介のカセットテープ
  2. 暦
  3. 宮城谷昌光
  4. 日記帳
  5. エミール・ゾラ 『ナナ』

 山内惠介 という人が若手の演歌歌手であることを知る。 「ほれ、摩周湖だったっけ?ん、中標津?そんなタイトルの曲」
 正解は風連湖だった。
 山内さんのはないけれど、小林旭や渡哲也、岸洋子、ポール・モーリアなどのカセットテープが少し入荷しています。
 カレンダーは3日連続で訊かれる。その上、日記帳まで加わる。
 5打数0安打。打率 2割6分7厘2毛。


2009年12月27日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第118試合


  1. カレンダー
  2. 日めくりカレンダー
  3. 北海道やアイヌ民族の本
  4. 私に向くような本(悟りの本)

 船乗りの方が『クマ祭りの起源』をお買い上げに。 4は94歳の常連さんから。
 4打数1安打。打率 2割6分9厘4毛。


2009年12月26日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第117試合


  1. カレンダー
  2. 「バイバイ・ブラックバード」収録CD
  3. ?
  4. 原田康子
  5. 「おしゃれ工房」

 ジャズのスタンダード・ナンバー 「バイバイ・ブラックバード」は、 大恐慌下アメリカを舞台にした公開中の映画 『パブリック・エネミーズ』 でも、主演の男女が出会う場面でクラブ歌手に扮したダイアナ・クラールにより歌われていた。 3はミュージシャンの名前なのだが、鳥頭のせいで失念。
 原田康子の文庫が売れる。
 5打数1安打。打率 2割6分9厘5毛。


2009年12月25日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第116試合


  1. 有吉佐和子
  2. 活字の大きな『広辞苑』
  3. 仏像の図版が載っている本
  4. 辞典
  5. チャールズ・ディケンズ
  6. 全国の観光ガイドのような本
  7. 車の本
  8. イラストやレタリングの本
  9. 小泉信三 『読書論』(岩波新書)

 『広辞苑』の在庫は第1版と第4版の2冊あり。 ただし活字が大きいとは言いがたい。代わりに講談社の『カラー版 日本語大辞典』をお求めいただく。
 有吉佐和子の文庫と仏教美術の本が売れる。後者は仏像の彫刻にチャレンジしたいという方。 国語辞典と『大いなる遺産』も売れる。3週間ぶりの猛打賞。
 7と8は同じ方から。浮谷東次郎とレタリング本が売れる。
 9打数6安打。打率 2割7分0厘1毛。

 「これ欲しかったんだよ」と社長の一声。
 前日、北大通店に届いたクリスマスプレゼント(通称・灯油しゅぽしゅぽ)は、 うまい具合に本店へもらわれていった。


2009年12月24日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第115試合


  1. 白洲次郎
  2. 柳多留や武道に関する本
  3. 賃貸借契約書
  4. 研究社の『和英大辞典』
  5. 藤沢周平
  6. 黒岩重吾の古代史もの

 2と4は本店からの電話で。
 岩波の日本古典文学大系 『川柳 狂歌集』に「柳多留」が抄録されており在庫もある。 お尋ねになった方は北大通まで足を伸ばしてくれるだろうか。
 常連さんから訊かれた6。 そういえば最近、テレビで黒岩重吾のインタビューを見たようなと思っていたら、お客さんも 同じ番組 をご覧になっていた。『天の川の太陽』をお買い上げいただく。
 6打数1安打。打率 2割6分4厘0毛。

12/15撮影 北大通店のウィンドウより。ツリーを製作したのは喫茶ラルゴの花大臣。

 夕方、サンタさんが来てケーキをふるまってくれる。
 別のサンタさんからは定形外郵便でプレゼントが届いた(下の画像を参照)。 寒い冬には何かと便利な実用品。赤い頭がクリスマスを意識しているともいえる。 世田谷に実家があるサンタさんであった。

世田谷のサンタさんから届いたクリスマスプレゼント。


2009年12月23日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第114試合


  1. マルタン・デュ・ガール 『チボー家の人々』
  2. 原田康子 『挽歌』
  3. 小林麻美のレコード

 店の外に100円均一の棚があり、単行本版 『チボー家の人々』の端本を並べている。 揃いはないかと尋ねられるが、全5巻中、1と5しかないのだった。
 『チボー家』といえば、 高野文子の新刊 が出るそうな。
 3打数0安打。打率 2割6分5厘0毛。


2009年12月22日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第113試合


  1. 横山秀夫 『陰の季節』
  2. DVD
  3. 絵本
  4. 新書の小説
  5. ブリティッシュ系のレコード
    (ダギー・マクレーンなど)
  6. お魚がたくさん載っている本
  7. ドイツの通史

 お魚がたくさん載っている本の問い合わせあり。 ウチの店、そういうの得意です!何冊もあります!食べるのも好きです! 張り切って魚類の棚にお連れする。
 まずは海水魚の図鑑を見ていただく。 「海でなくてもよいの」とお客さま。失礼しました。 あわてて淡水魚の図鑑や『北のさかなたち』といった本を取り出すが、あまり捗々しい反応がない。
 「魚へんのついた漢字を覚えたいんだけど。これには載ってないのね」。
 なんと、魚は魚でも漢字の方であったか!金田一さ〜ん!
 漢和辞典をめくろうとしているうちにタイムアウト。 「ごめんなさいね、バスの時間が来ちゃったから帰らなきゃ。時間があるときにまた来ますよ」とのこと。 こちらこそお役に立てずすみません。魚へんの漢字、私も勉強しなくては。
 絵本で1安打。
 7打数1安打。打率 2割6分6厘4毛。


2009年12月21日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第112試合


  1. 雑誌 「銀花」
  2. ジョージ・オーウェルの評論

 午後4時半から店を開ける。
 2は平凡社ライブラリーで刊行中の評論集全4巻(新装版)とは異なるもの。岩波文庫版でもないという。課題。
 2打数0安打。打率 2割6分7厘9毛。


2009年12月20日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第111試合


  1. 『釧路市史』
  2. 釧路の地図

 『釧路市史』をお探しなのは旅行中のご夫婦。 昭和20年代まで旦那さんの母方の人物が釧路で旅館を営んでいたという。 ならば市町村史のような総説にあたるより、もっと個別の資料を調べた方が得策だ。
 「釧路地方の地名を考える会」の方がいらしたので、いっしょになってさらに聞いてみる。 場所はよくわからない。その人物の姓をとって○○旅館だと思うが、実は旅館名もはっきりしない。 どんどん曖昧模糊になっていく。 前々から家系を調べたいと思っていたところ、当店を見つけて飛びこんだということらしい。 もう少し材料がそろってから連絡していただくことになる。
 2打数0安打。打率 2割6分8厘8毛。


2009年12月19日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第110試合


  1. ゴルフ関係の本
  2. 『北海道における
           鳥類の地域別生息状況』
  3. 柳田國男 『故郷七十年』

 『名器の系譜 クラシッククラブ大観』、『昭和33年版 日本ゴルフ年鑑』、 『アメリカ打法によるスウィング改造法』、『世界の名門ゴルフコース』、『青木功ゴルフ五輪書』。
 以上、5冊きりしかない北大通店のゴルフ本。いずれも大判。 隅っこの方に追いやられていたので、少し目立つところに置いてみる。
 柳田國男の自伝は昭和34年刊行、のじぎく文庫の元版はあったが、気軽に読むには手を出しづらい。 幻のホームランとなる。
 3打数0安打。110試合終わって567打数153安打。打率 2割6分9厘8毛。

 音別から来てくださる常連の女性が土偶好きとわかる。 東京国立博物館で始まった 「国宝 土偶展」 にも近々行ってくるという。
 門外漢だが、テレビ雑誌で「古代少女 ドグちゃん」のことを仕入れたばかりだった。 お客さんは知らないという。釧路では放映していないようで、私も見たことはない。 うまく説明できないので、サイトを調べて ご覧になってもらった
 「ろ、露出度が…」。絶句される。教えない方がよかったかもしれない。


2009年12月18日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第109試合


  1. マンガを小説にした本
  2. 熊谷守一
  3. 道東の道路地図

 1はお子さんからリクエストされたという親御さんから。 具体的な題名を聞いたが、メモした紙をなくしてしまった(元々その本も店になかった)。 3は本店からの電話による。
 3打数0安打。打率 2割7分1厘2毛。


2009年12月17日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第108試合


  1. 市内地図
  2. 金 達寿 『日本の中の朝鮮文化』
  3. 野村真樹のレコード
  4. 村下孝蔵のレコード

 講談社文庫版 『日本の中の朝鮮文化』全12巻のうち、 リアルタイムで7巻まで購入したきりになっていたという常連さんが10巻をお買い上げに。
 3と4は歌謡曲ファンの常連さんから。野村真樹の名前にピンとこないでいると、 お客さんの方が先に見つけてしまった。初めてのケースだが、ぐっと堪えて安打に加えず。 ちなみに野村真樹は現在、野村将希に改名して活動中とのこと(『水戸黄門』の柘植の飛猿役など)。 そういわれてようやく見当がつく。
 4打数1安打。打率 2割7分2厘7毛。


2009年12月16日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第107試合


  1. 開高 健
  2. オーディオ雑誌
  3. モディリアーニの画集
  4. 映画 『ボルサリーノ』のサントラ
  5. 藤田民子さんが
    道新で紹介していた原田康子の短編
  6. 半藤一利と澤地久枝
  7. 孔版画に関する本

 詩人の藤田民子さんが北海道新聞の夕刊コラムで取り上げていた原田康子の短編「雪の巣」。 収録してある『サビタの記憶』は先月まで当サイトに掲載していたのだが、ただいま絶賛売り切れ中。
 半藤、澤地両氏の著作が売れる。
 7打数1安打。打率 2割7分2厘8毛。

 「猫が破いてしまったの」。
 持参の本からはずしたカバーを指してお客さまがいう。 裏表紙側に2センチ強の破れ目ができていた。
 はじめてお話しする方である。修理してくれるところを教えてほしいとのことだった。 あいにく心当たりの業者はいない。かといって専門技術がいるほどの疵でもない。 成り行き上、私が直すことになった。 紙と鋏と糊がしばし活躍した。仕上げにストーブも加勢した。 素人仕事だがお客さまには喜んでいただけたようだ。 随筆集をお求めになり帰っていかれた。
 猫の遊び相手にされた本は、あつらえたように書名に猫と付いていた。


2009年12月15日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第106試合


  1. 小林多喜二 『蟹工船』
  2. 乃木大将に関する本
  3. 平岩弓枝
  4. ジョン・ダニング 『死の蔵書』
  5. スティーヴン・キング
  6. 山崎豊子 『沈まぬ太陽』 2巻

 キングの『シャイニング』で1安打記録す。
 6打数1安打。打率 2割7分4厘5毛。


2009年12月14日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第105試合


  1. 村崎恭子 『樺太アイヌ語入門会話』
  2. 表千家の本

 『樺太アイヌ語入門会話』が2冊売れる。在庫はまだ少しあります。
 2打数1安打。打率 2割7分5厘7毛。


2009年12月13日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第104試合


  1. タイガとココアの本
  2. 日高敏隆のチョウの本
  3. プーラン・デヴィ
        『女盗賊プーラン』下巻
  4. 法律書

 タイガとココアは釧路市動物園 で生まれた障がいをもつ2頭のアムールトラのこと。 こちらの本 のことだと思うのだが、店には入ってきていない。2は『チョウはなぜ飛ぶか』のことだろう。こちらもなし。
 4打数0安打。打率 2割7分4厘9毛。


2009年12月12日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第103試合


  1. 川北紘一に関する本
  2. 樋口一葉 『大つごもり』

 『ゴジラ映画40年史 ゴジラ・デイズ』で1をクリアする。
 常連のズリ山裏道さんと平成ゴジラ映画の特撮監督、川北紘一氏の話になり、 それでしたらウチにゴジラ本がありますよと棚から取り出したのが実情。けっして積極的な問い合わせがあったわけではないのだが、 裏道さんが「いいじゃないですか」と安打認定をしてくださったので、乗っかってみる。八百長と呼ぶなかれ。
 岩波文庫の『大つごもり』で連打。
 2打数2安打。打率 2割7分6厘4毛。


2009年12月11日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第102試合


  1. 和田 竜
  2. 講談社のカラー版の国語辞典
  3. 佐伯啓思

 本店からの電話の2は『カラー版 日本語大辞典』のことなのだろうか。それでよければ在庫があるのだが。
 3打数0安打。打率 2割7分4厘2毛。


2009年12月10日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第101試合


  1. 司馬遼太郎 『蒼天の夢』
  2. 司馬遼太郎 『竜馬がゆく』
  3. 新書
  4. 縦書きの和英辞典
  5. 農業、土づくりの本
  6. 歌謡曲の歌詞集
  7. デイヴィッド・ハルバースタム
           『ベスト & ブライテスト』
  8. 女優名鑑、俳優名鑑、監督名鑑
  9. ケン・ローチの映画のパンフレット

 1は聞き覚えのない題名。 『世に棲む日日』が2000年にNHKでドラマ化されたときのものだと、検索してわかる。 文春文庫版全4巻があり、お買い上げいただく。
 2は1巻目がよかったのでつづきを読みたくてとのこと。文春文庫版の1、2巻しかなくて見送りに。 別々の方から受けた司馬作品2作、明暗をわける。 このところの映像化ラッシュで、司馬遼太郎、松本清張、山崎豊子の御三家(勝手に決めた)の本をよく訊かれる。
 第2打席以降、沈黙がつづく。8連続で。 ちなみにスティーヴン・セガールの「沈黙シリーズ」の8作目は『沈黙の聖戦』だそうである。
 9打数1安打。打率 2割7分6厘3毛。


2009年12月9日 目指せ!3割バッターへの道〜
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第100試合


  1. 日本語の文学
  2. 松本清張 『けものみち』
  3. 家内向きのスリラー小説
  4. ハガキとか入れるやつ
  5. 前田正名に関する本
  6. 村下孝蔵のレコード
  7. 『マンモス VS.古代獣』?
  8. シャンソンのCD

 1をお尋ねは中国系の方のようにお見受けする。翻訳ものも取り混ぜ「日本語の文学」をあれこれ買っていただく。
 常連さんからの2と3。前者はないが、後者は宮部みゆきでクリア。 4の方には2軒となりの佐藤紙店を教えてあげる。
 前田一歩園の記念誌はあるが、設立者の伝記がない。 歌謡曲ファンの常連さんから6が放られる。 少し前まであった『踊り子』のシングルが見当たらない。売ってしまったような気がする。

 『マンモス VS.古代獣』を訊いてきたのは2階の喫茶部長。 私好みのいかがわしい匂いがプンプンしてくる題名だが、どんな本なのかよくわからない。 喫茶部長も知人から頼まれた本なので雲をつかむよう。 検索すると「マンモスと古代獣」という本が出てきたが、教えてもらった版元とちがう。 クリスマスプレゼント用だという。ここだけの話だが、幻の本のままになりそうだ。
 8打数2安打。100試合終わって、524打数146安打。打率 2割7分8厘6毛。


2009年12月8日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第99試合


 0打数0安打。打率 2割7分9厘0毛。

      ×      ×      ×

 日曜日、『炭鉱映画祭 in くしろ』を見に 釧路市立博物館 へ行く。
 滝川の高校生が作った本年度作品を予告編のようにして、戦前戦後の短編記録映画が5本上映された。
 はじまりは昭和60年の釧路の太平洋炭礦。ほぼ順ぐりに製作年代が古くなっていく。 阿寒の雄別、夕張、歌志内の各坑内を見てまわった観客は、 最後に昭和12年の三井田川炭鉱伊田坑の現場に立ち会うことになる。

 カラーもあればモノクロもある。地域も時代も異なる映画群だが、 いずれも示し合わせたように、仕事を終えて浴槽やプールでくつろぐ鉱夫たちのショットを用意していた (田川炭鉱のみ入浴そのものを描かず、浴場の外観と浴衣姿で出てくる子連れの男をダイレクトにつないで暗示)。 1日の労働から解放されたばかりの男たちに、どの作り手もキャメラを向けずにはおられなかったのだろう。 湯あみという個々の日常的な身ぶりが、偶然の相似を得ることで太古からつづく儀式のように厳かなものとへと変容する。
 坑内に入る面々がヘルメットにライトを取りつける場面も3本に描かれていた。 こちらは地の底へもぐるきっかけをあらわす。入浴と対応するものだと思った。
 光と水。闇を払い穢れを祓うものとして、ともに見るものの民俗学的想像力に訴える普遍の力をもつ。 祭りへの言及も4本に見られた。炭鉱の仕事が地域の共同体とともにあることを感受する。

 個別に鑑賞するのでは気づかない、ひとまとまりにして見て初めてわかることがある。 そこに「映画祭」として上映された意義があったのだと思う。
 太平洋炭礦の現場で誇らしげに動いていた最新鋭の採炭機械が、時代をさかのぼるごとに姿を消し、 代わって人力、手作業の度合いが増していく。技術史の道のりが巻き戻されるような不思議な感覚が生まれる。 最後の田川炭鉱は戦前の無声映画なので、とりわけその感が強い。
 ツルハシやスコップの活躍に慰撫される自分がいた。それもまた見どころである。


2009年12月7日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第98試合


  1. 釧路の商工会議所に関する本

 創立60周年記念誌となる『釧路商工会議所史』が在庫の中で唯一当てはまる書籍か。
 1打数0安打。打率 2割7分9厘0毛。


2009年12月5日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第97試合


  1. マンガ
  2. 韓国の歴史に関する本
  3. デジタル一眼レフカメラに関する本
  4. 折り紙の本

 ドラえもんの関連書と韓国の通史の本で連打。初の2割8分台へ。 と思ったら3、4で空振り。
 4打数2安打。打率 2割7分9厘6毛。


2009年12月4日 釧路市立博物館
『炭鉱映画祭 in くしろ』 開催のお知らせ


 特別展 「炭鉱(ヤマ)のくらし・マチの記憶」 を開催中の釧路市立博物館から注目の行事をご紹介します。
 じいちゃん、ばあちゃんからおチビさんまで3世代の交流の場にもなっているという同展に関連して、 炭鉱を題材にした映画上映会、その名も『炭鉱映画祭 in くしろ』が催されます。

 釧路炭田(太平洋・雄別)、空知炭田(夕張・歌志内)、筑豊炭田(田川)で製作された戦前戦後の記録映像から、 滝川西高校放送局制作の2009年作品まで、新旧5作品を一挙に公開する豪華版。
 劇場やテレビではまず見ることができない貴重作ばかりです。部数限定で特別展の図録や太平洋炭鉱関連書籍の配布もあります。 ぜひご来場ください。

日時=12月6日(日) 13:30〜16:00
会場釧路市立博物館 講堂 (春湖台1-7)


      ×      ×      ×

目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第96試合


  1. 車の本
  2. 小檜山 博
  3. 大正5、6年ごろの
        釧路の人名が載っている本

 車の本が手薄である。未整理の山からミニ・クーパーの本数冊を発掘し、階段横の棚に飾ってみる。
 小檜山 博をお探しの方は文庫がよかったみたい。北大通店にあるのは単行本ばかり。 そもそもキャリアと作品数の割りに文庫化されたものが少ない小説家である。
 3の方には『釧路郷土史考 全』の元版(昭11刊)をお見せする。 調べ物があるそうで熟読していかれる。図書館の利用をお勧めする。
 3打数0安打。打率 2割7分7厘8毛。


2009年12月3日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第95試合


  1. 島崎藤村の詩 「小諸なる古城のほとり」
                    を収録している本
  2. なんかおもしろいの
  3. 雑誌 「銀花」
  4. 昔の時刻表
  5. 着物の帯に関する本
  6. なんぞおもしろい本

 藤村の詩を読み直したくてという方が「小諸なる古城のほとり」の冒頭を暗唱してくださる。 角川書店の『カラー版 日本の詩集 島崎藤村詩集』(ソノシート付)を差し出す。喜んでいただけた。
 「おもしろい本」二題あり。それぞれ常連さんからのお尋ねなので、探している本の傾向は把握済み。 2の方には北原亞以子と澤田ふじ子の文庫本、6の方には(本ではないが)RCサクセションのレコードとCDをお求めいただける。
 5打数3安打。打率 2割7分9厘5毛。


2009年12月2日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第94試合


  1. 加藤周一
  2. 須賀敦子 『コルシア書店の仲間たち』
  3. 森田 健
  4. 増村保造に関する本

 1はブックレットが2冊、2は文春文庫版と、同じ方のリクエストに連続してお応えできる。 初めて名前を知った3。千葉県知事でも一こま漫画家でもなく、 こんな人 だった。在庫なし。

 増村本もなし。前日、釧路でホール上映された映画 『ふみ子の海』 の近藤明男監督が増村の助監督をしていたのだそう。
 1950、60年代のキネ旬が大量にあるので探っていたら、 増村保造 脚本・監督と記された『海と毒薬』のシナリオ掲載号が見つかった(1963年7月下旬号)。 熊井啓が映画化する20年以上前のことだ。実現しなかった幻の企画。知らなかった。
 増村の力のこもった文章が寄せてある。おしまいのくだりを引用する。

 「この作品は、日本の映画企業の中では、おそらく歓迎されない素材の一つである。 しかし、このような素材は、日本の映画人としては、いつ、誰がやろうと、 とにかく映画化しなければならない、極めて稀な素材ではないだろうか」

 4打数2安打。打率 2割7分6厘3毛。


2009年12月1日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第93試合


  1. 最近の時刻表
  2. 足の痛みに効く本
  3. 西田幾多郎 『善の研究』

 夕方、北大通ちびっこアートアベニュー'09の開会式が行われる。 幼稚園児らにお絵かきしてもらった旗で彩られた街路灯間のケーブルに、イルミネーションの灯りがともった。
 3打数0安打。打率 2割7分4厘5毛。

12月3日(木) 夜7時半ごろ。


2009年11月30日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第92試合


  1. 宗教の本
  2. パトリック・ジュースキント 『香水』
  3. 鈴木真砂女

 1はお遍路の概説書のこと。主婦の友社のガイド本しかなかった。2、3も在庫なし。
 試合数と打数が途中から間違っていることに気づく。打率も含め過去の分を訂正しなくては。情けない。
 3打数0安打。打率 2割7分6厘2毛。


2009年11月29日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第91試合


  1. 釧路の学校史
  2. 甲骨文字に関する本

 電話で学校史のお問い合わせ。北大通店にもないわけではないが量が少なく迫力に乏しい。 店のウェブサイトがあること、掲載品が本店に並んでいることをお伝えする。 後ほどその方がお買い上げくださったと本店から連絡あり。安打認定す。
 甲骨文字の本も売れる。
 2打数2安打。打率 2割7分7厘8毛。


2009年11月28日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第90試合


  1. 書道の本
  2. 水墨画・禅画の本
  3. 陶芸の本
  4. 潜水艦の図鑑
  5. 村上春樹の小説の文庫本
  6. たむらしげる
  7. わたせせいぞう

 同じ方からの3連投。書道の本がお婿入り。 模型作りに目覚めたお孫さんへのプレゼントだというのが4。 『世界の潜水艦』というムックがお嫁入り。
 7打数2安打。90試合終わって、491打数135安打。打率 2割7分4厘9毛。


2009年11月27日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第89試合


  1. 吉川英治
  2. ライフル銃の図鑑
  3. 司馬遼太郎 『坂の上の雲』
  4. 釧路ゆかりの作家の本
  5. 水上 勉 『金閣炎上』
  6. モーターサイクルの本
  7. パステルナーク 『ドクトル・ジバゴ』

 講談社の吉川英治文庫が2冊売れる。 吉川英治は有名な大長編だけでなく、短編もいいんだと教えてくれたお客さまがつづけて2のお問い合わせ。 銃器の本は『ザ・ショットガン』(狩猟界社)という解説書と雑誌「ガン」が十数冊あるだけの北大通店である。
 4をお尋ねのお客さまは小檜山博の文庫本をお買い上げ。 「釧路ゆかりの」を「北海道ゆかりの」まで拡大解釈することはできない。自重する。
 江川 卓が訳した時事通信社版 『ドクトル・ジバゴ』全2巻あり。 しかし旅行中だというお客さまは携帯しやすい文庫版をご所望であった。
 7打数1安打。打率 2割7分4厘7 毛。


2009年11月26日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第88試合


  1. 『広辞苑』
  2. 和英辞典
  3. 『NHK 海のシルクロード』
  4. ピーターラビットに関する本
  5. 三才ブックス、裏モノの本
  6. 鯖田豊之 『火葬の文化』(新潮選書)
  7. 墨場必携
  8. 原田康子 『挽歌』
  9. 星や宇宙の本
  10. アイヌ民族の歴史に関する本
  11. 自叙伝(韓国のベストセラー)
  12. 文庫サイズの聖書

 第69試合で『万葉集』をお買い上げになった方がみえて、 1の第三版をお求めに。和英辞典も3冊あったが字が小さくて、こちらは見送り。
 厚岸の常連さんからのお問い合わせが3、4、6。 先日入荷したばかりの全6巻からなる3が売れる。
 新潮選書を目立つところに移動したところ、早速反応していただける(だが、6はない)。 今は分けておいてある各社の教養選書だが、ゆくゆくは1ヶ所にまとめたい。 ちなみに昨今の新書ブームに一石を投じ、河出書房新社が 新たな選書シリーズ を創刊している。

 『墨場必携』は94歳になる常連さんが2冊まとめてお買い上げ。すっかり元気になって一安心である。
 北大通店にはない『挽歌』だが、ネット通販用の単行本が本店にあった。 後日こちらの店でお渡しすることになり安打認定。 9と10はご夫婦と思しい旅行者の方から。小笠原信之 『アイヌ近現代史読本』が売れて5安打目。
 「自叙伝」「韓国」で検索をかけたところ、11は文鮮明の本と判明する(『平和を愛する世界人として 文鮮明自叙伝』)。 在庫はない。
 12打数5安打。打率 2割7分6厘7毛。


2009年11月25日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第87試合


  1. 小林秀雄
  2. 雪の結晶の図鑑
  3. アフリカの面や彫刻について
              書かれた本
  4. ゼンリンの住宅地図
  5. 『ゴルゴ13』

 最初の3点は札幌から来たお客さまより。まず小林秀雄をクリア。 2の図鑑タイプの本はなく、代わりに江戸期の雪国百科全書ともいうべき『北越雪譜』をお見せする。 高田 宏の『日本を知る 雪を読む―『北越雪譜』に沿いながら』もあった。後者をお買い上げいただく。
 5打数2安打。打率 2割7分3厘1毛。


2009年11月24日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第86試合


  1. 河合隼雄
  2. 篠原佳年
  3. 鎌田 實
  4. 葉室頼昭
  5. 雑誌 「カイ」 vol.4夏号
        特集「古本と。ジャズと。」
  6. コリン・デクスター
    『ジェリコ街の女』 『謎まで3マイル』
         『ウッドストック行最終バス』
  7. 『菜根譚』

 1から4まで同じ方からの問い合わせ。どなたも分野はちがうがお医者さん。 篠原佳年はリウマチやアトピー性皮膚炎の治療、鎌田 實は『がんばらない』の人、 神道の本を何冊も出しているのは葉室頼昭ということを教えてもらう。 河合隼雄のみ在庫あり、文庫4冊お買い上げ。
 デクスターのモース警部もの3連投は時々お見えになる方より。 『ジェリコ街の女』のポケミス版あり。3作まとめて1打席とし安打にカウント。俺が法律だ!
 デクスターはもう書いていないのだろうか。
 7打数2安打。打率 2割7分1厘7毛。


2009年11月23日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第85試合


  1. 戦国大名列伝のような本
  2. 司馬遼太郎 『坂の上の雲』

 「週刊朝日百科 日本の歴史」の該当号が売れ、1をクリア。 2をお尋ねになったのは、父の昔の職場の同僚の方だった。
 2打数1安打。打率 2割7分1厘5毛。


2009年11月22日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第84試合


  1. セルバンテス 『ドン・キホーテ』
  2. 3、4年前のパソコンの本
  3. ジャック・フィニイ
        『ゲイルズバーグの春を愛す』
  4. グレン・グールド
  5. 松本清張 『ゼロの焦点』
  6. 川上澄生

 『ゼロの焦点』は、ここ1ヶ月ばかりで4回訊かれたことになる。 映画もヒットしているのではないか。
 北大通店のこの日唯一のヒット(安打)は、4のグレン・グールド。 本店からの電話問い合わせを経由して、常連の方が『平均律クラヴィーア曲集』のCDをお求めに。 「ゼロの商店」を免れる。
 6打数1安打。打率 2割7分0厘5毛。


2009年11月21日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第83試合


  1. 三島由紀夫
  2. 横山光輝 『三国志』

 新潮文庫の三島本少しあり。その他評伝など関連書多数。いずれも玉砕。
 『三国志』は1ヶ月前に吉川英治版をお買い上げになった方より。 読み進むのに難儀しているようで、マンガ版に目を通したいとのこと。 潮出版の新書判で全60巻あるわけだが、そちらの在庫は1冊もなし。
 2打数0安打。打率 2割7分1厘9毛。


2009年11月20日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第82試合


  1. 新田次郎
  2. 水彩画の描き方に関する本
  3. アガサ・クリスティー

 新田次郎の山岳物をというお客さまが単行本 『三つの嶺』と『マカオ幻想』を、 水彩画をお描きになる方が「アトリエ」を数冊、それぞれお買い上げ。
 クリスティーも創元推理文庫とポケミスが売れて、3連打猛打賞。
 3打数3安打。打率 2割7分3厘1毛。


2009年11月19日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第81試合


  1. ビートルズのCD
  2. ロシア語辞典
  3. デイヴィッド・ハルバースタム
           『ベスト & ブライテスト』
            (朝日文庫版 全3巻)
  4. 小熊英二 『1968』 全2巻
  5. 数学の参考書
  6. 経済の専門書(マーケティング関係)

 ドツボにはまったようだ。
 6打数0安打。打率 2割6分8厘1毛。


2009年11月18日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第80試合


  1. 島田陽介
  2. ソースやたれの本
  3. 北方領土に関する本
  4. 雑誌 「レオン」

 4連続三振。常連の方に島田陽介という人物を教えてもらう。 4のみ電話での問い合わせ。
 4打数0安打。80試合終わって、434打席118安打。打率 2割7分1厘8毛。


2009年11月17日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第79試合


  1. 松本清張 『ゼロの焦点』
  2. ジャズのCD
  3. おすすめの本
  4. 雑誌 「墨」

 1と2は常連さんより。先月の第46試合目でお求めのCDは好みでなかったみたい。 軽く試聴してもらった上で、ハンガリーのピアノ・トリオ 「トリオ・アコースティック」のアルバムをお買い上げに。
 「おすすめの本あるかい」。久々にお見えになったお客さまから初めてそう尋ねられる。 確かこの方は美術や骨董関係の本がお好きだった筈。 お話しているうちに「墨」の在庫を訊かれ、本店に20冊以上あることを教える。
 4打数1安打。打率 2割7分4厘4毛。

 北大通店がある8丁目の東側に、佐藤紙店さん、ささき画廊さん、当店とつづく一角がある。 文房具や画材を扱う店の並びに古本屋があるわけで、大雑把にくくるとなにやら共通項が見出せないこともない (ちなみに本の読みすぎで視力が落ちたら、お隣のメガネの早川さんへ)。
 店の構えも似通ったところがあるのか、10日に1度はまちがえて入ってくる方がいる。 今日も昼時に額縁製作を頼まれそうになった。 狐につままれたような顔をして出ていくお客さん。なんだか申し訳ないことである。
 その度に歌野晶午の某作のトリックを思い出す。


2009年11月16日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第78試合


  1. 山本周五郎 『ながい坂』
  2. マンガ
  3. 林業の本
  4. CD

 文庫版 『ながい坂』の下巻を探している方がみえる。 愛蔵決定版全集の収録巻はあるが、先月末の第62試合で予約が入っており、お売りすることはできない。
 2は『ドカベン』や『お〜い竜馬』のこと。お子さんに読ませたいという。マンガに強い他店を教える。
 電話による3。関連書籍が多少あることを伝えると、しばらくしてお出でいただける。 『東北海道の林業』などをお求めに。
 4打数1安打。打率 2割7分4厘6毛。


2009年11月15日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第77試合


  1. 西村京太郎
  2. 刑法、刑事訴訟法に関する本

 2のお客さまに本店を紹介する。刑法、刑事訴訟法ではないが、あちらで法律書をお買い上げいただく。
 2打数0安打。打率 2割7分4厘2毛。


2009年11月14日 釧路市立博物館 フォーラム
『炭鉱のくらしが教えてくれるもの』 開催


<釧路市立博物館 フォーラム
『炭鉱のくらしが教えてくれるもの』 開催のお知らせ>


 特別展 「炭鉱(ヤマ)のくらし・マチの記憶」 を好評開催中の釧路市立博物館が 15日(日)、石炭産業について語る無料の講演会とフォーラムを開きます。

 「一般に、炭鉱とその生活を、「暗い」とイメージしてきた部分もあります。 事故や争議、閉山のイメージが強いのでしょう。しかし、果たしてそれだけでしょうか?
 いま一度、「都市炭鉱」であり「日本唯一の炭鉱のあるマチ」釧路で、 各地から炭鉱OBや炭鉱を活かしたまちづくりに取り組んでいる博物館支援組織会長、 そして若い世代の学芸員が集うことで、「炭鉱文化」を再構築するきっかけとなればと考えています」
(釧路市立博物館 学芸員 石川孝織)

日時=11月15日(日) 13:30〜16:00
会場釧路市立博物館 講堂 (春湖台1-7)

講演「九州・筑豊の炭鉱文化」
田川市石炭・歴史博物館 学芸員 福本 寛
「炭鉱の記憶とマチづくり」
歌志内市郷土館ゆめつむぎ支援組織
「ゆめつむぎ通信員」 会長 三戸満雄

フォーラム=講演者2名の他、
太平洋炭砿管理職釧路倶楽部 会長 高崎 隆
釧路市総務部地域史料室 室長 氏橋隆次
釧路市立博物館 学芸員 石川孝織(司会)
(以上、敬称略)

 釧路の石炭という「点」を、空知と筑豊から心強い助っ人をお呼びして「線」につなげ、「面」へと拡げる試みです。 炭鉱をめぐる歴史と文化、また将来へ向けての取り組みや提言をめぐって、有意義なお話が聞けることでしょう。
 先着100名に特別展の図録、 部数限定で太平洋炭鉱労組 「30・40・50年史」 「解散記念誌」の配布もあります。ぜひご来場を。

      ×      ×      ×

目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第76試合


  1. 『源氏物語』 「浮舟」の巻
  2. 写本
  3. 森繁久彌

 岩波文庫版 『源氏物語』の「浮舟」収録 第6巻をお買い上げになった方が帰宅後、電話で2のお問い合わせ。 宮内庁書陵部による源氏物語の複製本のことらしいのだが、北大通店に在庫はない。
 亡くなった森繁の中公文庫のエッセイ集が売れる。
 3打数2安打。打率 2割7分6厘1毛。


2009年11月13日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第75試合


  1. 花村萬月
  2. ジョン・スタインベック
  3. 研ナオコのレコード
  4. パティのレコード
  5. フォークダンスのレコード
  6. 司馬遼太郎
  7. CD

 先々週お求めの『チャーリーとの旅』がおもしろかったと、 海外小説ファンの常連さんが同じスタインベックの『赤い小馬』をお買い上げに。

 昼に歌謡曲ファンの常連さんから電話でレコードの問い合わせあり。 これまでこの方が放る球にはまったく歯が立たず4連続三振を喫していたが、 研ナオコの『うわさの男』シングルレコードでついにジャストミート。 長いトンネルを抜けた。光明が差してきた。
 でもパティというのがどんな人なのかよくわからず、元の木阿弥に。パティ・ペイジのことなのか。 研ナオコを引き渡すときに訊いてみよう。

 とここまで記したところで、ご本人がお出でになる(15分も経っていない)。
 無事3をお渡しできる。喜んでいただけたみたい。パティというのは日本人で、 80年代に 「竹とんぼ」 というテレビドラマの主題歌を歌っていたことを教えてもらう。
 ホッとしたのもつかの間、その方から新たな魔球が放られる。「フォークダンスのレコードあるかい」が後頭部を直撃する。 再び長いトンネルに入ったようだ。

 司馬遼太郎は色々あるが、お客さまは大体お読みであった。 同じ方が『服部メロディ・イン・タンゴ』をお買い上げで7をクリア。
 7打数3安打。打率 2割7分3厘3毛。


2009年11月12日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第74試合


  1. シベリウス 『交響曲第1番』のCD
  2. 宮本常一
  3. カセットテープ
  4. ブラッドベリ 『火星年代記』
  5. 自主製作アニメ
        『煙突のぼれば』のDVD
  6. ヨガの本
  7. 新しい本
  8. 文春ビジュアル文庫
        「B級グルメ」シリーズ

 週刊誌で藤原正彦が取り上げていたという宮本常一。 対象作は『忘れられた日本人』だというが、店の棚を探して愕然とする。同書どころか、宮本本が1冊もない! 4の『火星年代記』もそうで、いつでもあると思っていたものがないと衝撃が大きい。
 カセットテープをご所望のお客さまは、もちろん録音したくてお見えになったわけではない。 黒田節やよさこい節が入った民謡集をお買い上げ。これでセットもの以外の単品のカセットテープは店内からなくなった。

 『煙突のぼれば』の問い合わせは今週に入って2度目である。 ここ2年近く訊かれることがなかったというのに。どこかで話題になったのだろうか。 今日は関西弁の方からの電話だった。
 6と7は同じ方。後者はNHKの料理テキストのこと。
 8打数1安打。打率 2割7分0厘7毛。


2009年11月11日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第73試合


  1. テレビ雑誌

 「ザ・テレビジョン」をお探しとのことであった。
 1打数0安打。打率 2割7分3厘6毛。


2009年11月10日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第72試合


  1. 赤瀬川原平 『千利休 無言の前衛』

 1打数0安打。打率 2割7分4厘3毛。


2009年11月9日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第71試合


  1. 原田康子
  2. 松本清張 『ゼロの焦点』
  3. 原田康子 『海霧』
  4. 映画雑誌
  5. 松前藩について書いてある本
  6. ニューオーリンズ・ジャズのCD
  7. 自主製作アニメ
        『煙突のぼれば』のDVD

 1打席目、文庫本が売れる。先月下旬の第54試合で訊かれたときはなかった『ゼロの焦点』だが、 後日カッパノベルス版が入荷しており、連打。打率が2割7分8厘4毛に。
 その後は沈黙。5と6は同じ方。前者については本店に関連書があることをお教えする。 7のDVDは以前、予告編を北大通店で扱っていた。たぶんもう手に入らない。本編を見ることもできない。
 以下、当店の映画雑誌の在庫について。 1950〜60年代の「キネマ旬報」大量、70年代後半の「スクリーン」5冊、 「イメージフォーラム」「リュミエール」少々、その他「宇宙船」などSFビジュアルもの。
 7打数2安打。打率 2割7分5厘。


2009年11月8日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第70試合


  1. シンハ・ヤコボビッチ 他
          『キリストの棺』
  2. ジェフリー・ディーヴァー
  3. NHKのテキスト
  4. ブラックミュージック関連の
            本やレコード

 特別展 「炭鉱(ヤマ)のくらし・マチの記憶」が始まった 釧路市立博物館へ行く。 題名にもあるとおり、人々の生活により重点をおいた展示になっており、炭鉱住宅の模型も飾ってある。
 仕事柄見入ってしまうのは、労働組合発行の文芸誌や機関紙を集めた一角。 とりわけ目を引くのは社内報 「太平洋」のカラー表紙写真群で、洗練されたデザインに感心する。 中身もじっくり見てみたいものだ(北大通店では扱ったことがないもので)。 先着で配布している立派な図録をいただく。

 常設の館内展示を30分ほど見てから、 北海道立釧路芸術館へ向かう。
 メイン展示の 「マイケル・ケンナ写真展」は作品が上品すぎて、あまり気持ちが乗らない。 釧路の子どもたちの立体作品を集めた、 併設の 「第15回 釧路造形教育展」の猥雑な活力に接し、ホッとする(世界の子どもたちの絵画がいい)。 自分の嗜好がよくわかった。
 午後12時すぎから店を開ける。

 1は本店からの電話で。3は放送中のものをお探しだったので、駅前に新刊書店があることを伝える。
 一口にブラックミュージックといっても包括する分野は広い。 お尋ねになった方はソウルやファンクといった方面をお好みのようで、当店の品揃えではお応えできず。
 ただし、黒人青年の自伝本 『ハーレムに生まれて』をお求めいただける。 アメリカの人種問題の本でよければ他にもありますよと、その方が見ていなかった棚へお連れする。もう1冊お買い求めに。 どさくさにまぎれて安打認定とする。俺が法律だ!
 4打数1安打。70試合終わって、393打数108安打。打率 2割7分4厘8毛。


2009年11月7日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第69試合


  1. 『万葉集』
  2. 墨蹟の本
  3. 三浦洸一 『釧路の駅でさようなら』
                   のレコード
  4. 三浦綾子 『積木の箱』の
               文庫本の下巻
  5. 山口百恵のちっぽけななんとかの
               シングルレコード
  6. レヴィ・ストロース

 しょっぱなは『万葉集』。「新潮日本古典集成」の全5巻本の1巻目をお買い上げいただく。
 同朋舎出版の「書学大系」に墨蹟の巻あり。 94歳になる常連の方にお見せすると、目新しいものは載っていなかったよう。他の本をお求めになる。
 宮本武蔵は悟りを啓いているが、武蔵を小説にした吉川英治は悟りを啓いていなーいというありがたいお言葉を頂戴する。

11/7撮影 北大通店にて。本に掴るようにして真剣に選ぶ。

 社長によると、三浦洸一のレコードは最近見なくなったという。
 4は本店からの電話。2ヶ月前にも2度ほど訊かれているが、どうやら読書サークルの課題図書らしい。 三浦綾子の他の作品はあるのだけれど。

 5も同じく本店から。お尋ねになったのは、 過去の試合で菊地桃子、西城秀樹、森田健作を問い合わせてきた常連さん。今回も在庫なしで4連続三振だ(自慢するな!)。
 「引退30年! 「山口百恵」復帰プロジェクトが動き出す」とは、今朝の北海道新聞に載っていた 「週刊新潮」最新号の見出しより(北海道の雑誌入荷は首都圏の2日遅れ)。 当店の百恵さんは復帰しようにも物がない。ちっぽけななんとかは、「ちっぽけな感傷」であった。

 亡くなったばかりのレヴィ・ストロースが2冊売れる。
 6打数2安打。打率 2割7分5厘0毛。


2009年11月6日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第68試合


  1. 原田康子
  2. 石川啄木

 2打席とも同じ方から。原田さんも石川さんも在庫はないわけではないのだが(以下略)。
 2打数0安打。打率 2割7分4厘1毛。


2009年11月5日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第67試合


  1. 『宇宙少年ソラン』のマンガ
  2. 石川啄木
  3. 野鳥の図鑑

 昔、 アニメ版ソラン を見ていたという方が我が子にマンガの方を読ませたくてとおっしゃる。マンガは手薄の当店、お応えできず。 2の啄木は、筑摩の全8巻の全集など品物がないわけではないのだが、またこの次にとなる。

 家の庭にいろんな種類の鳥が遊びにくるんだけど、スズメぐらいしか名前がわかんなくて。 勝手に名前つけて、ツルハ(大手ドラッグチェーン店)で買ってきた餌あげてんの、というお客さまの話に和む。 北海道の野鳥図鑑を2冊お買い上げいただく。
 3打数1安打。打率 2割7分5厘5毛。


2009年11月4日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第66試合


  1. 伊藤勝彦 『人と思想 デカルト』
         (清水書院 Century Books)
  2. アラビア語関連の本
  3. マンガ
  4. 三浦綾子の文庫本
  5. 書道の本

 清水書院の人と思想シリーズで在庫があるのは「ルター」の巻のみであった。 2は川崎寅雄 『最新 日ア辞典』(アラブ言語研究会)あり。 札幌からお越しの方であったが、お買い上げならず。
 三浦綾子が売れて1安打。 書道を始めたばかりという方が隷書の本をお求めになり連打。
 5打数2安打。打率 2割7分5厘1毛。

 月に1度のガス検針員さんがみえる。
 長く勤めている方らしい。 かつては担当地区をすべてまわるのに1日がかりだったのが、今は午後2時すぎには終わってしまうという。 この界隈に住む人も、家も減ったということ。


2009年11月3日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第65試合


  1. 司馬遷 『史記』
  2. お経の本

 本店からの紹介でお見えになった1をお探しの方。 こちらには岩波文庫の『史記列伝』全5巻があるくらい。
 日蓮宗のお経の本が売れる。
 2打数1安打。打率 2割7分3厘4毛。


2009年11月2日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. 岸上大作
  2. 山田申吾
  3. 『北海道の百名山』(北海道新聞社)
  4. 『沈まぬ太陽』以外の
            山崎豊子の単行本
  5. 高橋睦郎 『百人一句』(中公新書)

 岸上大作の同級生だったという方から電話でお問い合わせ。 三一書房の『現代短歌大系』11巻目、夭折歌人の項に岸上の『意志表示』が抄録されていた。 ただし全12巻揃いで販売しているため、お応えできず。バラ売りしてよいのかもしれない。
 隣りのささき画廊で「北の会展」を開催中。そこで見た山田申吾がよかったというお客さまがご来店に。図録はなし。 一昨日の良寛の人もその方。『日本詩人選 20 良寛』はやはりお眼鏡に叶わず。 本店に「芸術新潮」の特集号があることを伝える。
 本店からの電話で4。ちょうど数時間前に『華麗なる一族』全3巻と『不毛地帯』1、2巻が四六判で入ったところだったが、 どちらもお持ちだったみたい。
 5打数0安打。打率 2割7分2厘2毛。


2009年10月31日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 良寛
  2. 釧路の俳句・短歌の雑誌
  3. 石川啄木に関する本
  4. タンゴのCD
  5. 海老沢泰久
  6. 鶴に関する本
  7. オルガンのCD
  8. 『愛のコリーダ』のDVD

 店を開けてすぐ、良寛さんの歌を用いて書道のコンクールに出したいとお客さまがお見えになる。 帰りにまた寄るから探しておいてと慌しく仕事場へ向かっていった。 唐木順三 『日本詩人選 20 良寛』(筑摩書房)が見つかるが、歌の紹介を中心にすえたものではない。 本店のネット在庫に何点か関連書がある。結果が判明するのは夜か。

 2と3は同じ方から。前者は特に、釧路俳句連盟発行の『石笛』をお探しだという。 当店ネット商品に昭和37年の「第2集」があったので、置いてある本店を紹介する。 啄木関係の本も本店のほうが多いことを付け加えて。
 常連の画伯より定期的に訊かれるタンゴやシャンソンのCD。 ヴァイオリンとアコーディオンでジプシー・スタイルの演奏をするデュオ・TENGOのCDアルバムをお買い上げ。 「ハンガリー舞曲」、ロシア民謡から「黒い瞳」まで取り上げており、安打認定。

 8月に亡くなった海老沢泰久。 できれば辻静雄を取り上げた『美味礼讃』をとのことだったが、そちらはなく別の著作をお求めに。 文春文庫の『みんなジャイアンツを愛していた』。只今夕方5時。 あと1時間と少しで日本ハム対巨人の日本シリーズ第1戦が始まる。
 地元写真家・林田恒夫の『タンチョウの四季』が売れて、打率は2割7分7厘4毛。

 昔見た『愛のコリーダ』の本番シーンがいかに凄かったか、 そのDVDをなんとかして手に入れたいというような話を初めてのお客さまに大きな声で力説される。
 良寛さんのお客さまはお見えにならず。
 8打数3安打。打率 2割7分5厘9毛。

 本日よりお隣りのささき画廊さんで毎年恒例の「第30回 北の会展」が始まった。 鎌倉の爽画廊の出品によるもの。片岡球子、三岸好太郎、上野山清貢ら日本画・洋画とりまぜて、30名近い画家の作品が見られる。 11月5日(木)まで開催。


2009年10月30日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


  1. 釧路市城山地区の
          昔の写真が載っている本
  2. 時代小説
  3. 二玄社の「中国法書ガイド」 12・13
  4. 『山本周五郎全集』
  5. 小野州一
  6. 岩橋英遠
  7. ランペドゥーサ 『山猫』

 城山在住の親御さんの昔話を聞いたという方から1のお問い合わせ。
 『写真集 七十年のあゆみ 釧高女・女子高・江南』、 仏舎利塔建立の立役者の伝記『炎の人 小三治一代』など城山地区と関わりが深い郷土の書籍、 国書刊行会 『ふるさとの想い出 写真集 明治 大正 昭和』の釧路の巻などをお見せし、 必要なら市立図書館のご利用をお勧めする。

 藤沢周平が売れて本日1安打目。
 3は本店からの電話。一昨日あちらで同シリーズをお尋ねになった方から新たなご依頼だそう。 奇跡的に両方とも在庫あり。前回同様、こちらも本店へお婿入りすることに。
 4は電話でのお問い合わせ。80年代刊行の愛蔵決定版と銘打たれた全30巻のうち、 24冊がありご予約をいただけることになる。
 3連打であれよあれよと打率があがる。2割7分3厘2毛は過去最高。ここらがピークか。

 5と6は同じ方から。北大通店にはない岩橋英遠の図録だが、ネットには掲載してある。 後で本店から持ってきてもらうことにして、おとりおきに。 前例があることだし、もちろんこれも安打である(俺が法律だ!)。
 7打数4安打。打率 2割7分3厘7毛。

 北大通店の通りをはさんだすぐ向かいに北海道銀行の釧路支店がある。
 いつもは殺風景なそのウィンドウに、昨晩イーゼルに掛けられた4点の絵が出現した。 気になって見に行くと、札に「くしろショーウインドギャラリー 2009」とある。高校生の作品だった。 店から眺めていると幾人も歩行者が足を止めている。ずっとつづけてほしい試み。

 追記:北海道銀行以外にも金融機関を中心に、日専連釧路や市民活動センターわっと、ドコモショップ釧路など、 北大通に面した全10軒が掲示場所を提供。11月8日まで行われた。

街路樹に1点隠れているが、実は4点ある北海道銀行の「くしろショーウインドギャラリー 2009」


2009年10月29日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 全国の主要都市の
          人口が載っている本
  2. 小林信彦 『日本の喜劇人』
  3. 最近の雑誌
  4. マンガ

 1はそれだけで1冊が成り立っている本があればとのこと。そのようなデータ集は流通しているのだろうか。 大まかなものであれば、 統計局のホームページ でわかるのだけれど。 中原弓彦名義の晶文社の元版をお買い上げいただき、2をクリア。 3はどんな雑誌なのかは教えてもらえず。 電話でマンガのお問い合わせあり。最近の人気作はないことを伝える。
 4打数1安打。打率 2割6分7厘8毛。


2009年10月28日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 小椋 佳のCD
  2. 浅田次郎
  3. 遠藤周作 『沈黙』
  4. 二玄社の「中国法書ガイド」 17・18
  5. レッド・ツェッペリンの大判の写真集
  6. ローリング・ストーンズのCD
  7. 村治佳織のCD
  8. 俳句の本

 著作はあるけれど、肝心のCDがなかった小椋 佳。 数ヶ月に1度来てくださる浅田次郎ファンのお客さまがいる。 前回(第30試合)いらしたときから浅田本の変動はなく、なにか他にいいのはないかとお尋ねに。 佐々木譲の蝦夷地ものを薦めると、お気に入りいただけた。

 3日連続で遠藤周作の問い合わせを受けるが、今日は前の2日とちがって常連の方。在庫あり。 その方から第22試合で訊かれた『金色夜叉』、その後入荷していたのでお渡しできる。
 4の2冊は本店からの電話で。ともに在庫あり。お客さまが向こうで受け取りたいというので、 本店に引き取られることになる。
 5〜7は同じ方から。ビル・ワイマンのソロアルバムが売れる。 句集も売れていく。
 8打数4安打。60試合終わって、347打席93安打。打率 2割6分8厘0毛。


2009年10月27日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 遠藤周作のエッセイ集
  2. 松本清張
  3. アンドリュー・ワイエスの画集
  4. 有島武郎 『生まれ出ずる悩み』
  5. 釧路の地図
  6. ほんだたけし?
  7. 知里幸惠・編訳
       『アイヌ神謡集』(岩波文庫)

 昨日、遠藤周作の『女』をお買い上げになった方が、時代小説は苦手だからエッセイ集と交換してほしいと再度ご来店なさる。 狐狸庵シリーズなど文庫3冊とお取り替えし、差額分をいただく。入院することになったのだという。 清張 『霧の旗』が売れて連打。
 「ほんだたけし」がわからず。フィギュアスケートの人ではないみたい。よくよくお聞きすると「誉田哲也」のことだった。 『アイヌ神謡集』は外国人旅行者から。当サイト掲載品で本店に在庫はあるのだが、いかんせんあちらが閉店した後であった。

 自転車で道内を旅している 20歳の青年 から、大人になるとはどういうことか尋ねられる。 なんと答えたかは内緒(秘密にするほど大した答えではないのだが)。 よい旅を送ってください。
 7打数2安打。打率 2割6分2厘5毛。

 来月7日に予定されていた子ども1日店員が新型インフルエンザの流行で年明けに延期されることになった。


2009年10月26日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. 松本清張 『昭和史発掘』
  2. 『三国志』
  3. 遠藤周作
  4. 新川和江・監修/前川真三・撮影
      『こころのめんせき』(ザイロ)
  5. 『カントリーヘイジ』?
  6. かなの書き方に関する本
  7. 釧路の地図

 1は文春文庫の新装版全9巻のうち4巻目をのぞく8冊があったが、お買い上げならず。 2は商店街の読書家の方が吉川英治の講談社文庫の新装版全5巻をお買い上げ。 遠藤周作をお探しの方は文春文庫の『女』全2巻をお買い上げ。
 常連さんから4と5のお問い合わせ。後者はサンリオから出た英国の垣根に関する書籍だというが詳細不明。 違う題名かもしれない。もちろん在庫なし。
 7打数2安打。打率 2割6分2厘0毛。


2009年10月25日 尺別炭砿跡

 釧路市立博物館・主催の見学ツアー 「現場で学ぶ石炭基礎講座」、釧路市 音別町 尺別炭砿跡を訪ねた「第10回 澄ます」より。

JR尺別駅

新尺別駅跡周辺の住宅だった建物

往時を知る方によると、この道路の両脇には商店が立ち並んでいたという。同炭砿の閉山は1970年。

山中に転がっていた尺別炭砿のヘルメット


2009年10月24日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. 村上春樹 『IQ84』
  2. 柴田 翔

 柴田翔の芥川賞受賞作以外の作品をお読みになりたいというお客さま。 小田実とカップリングで、『われら戦友たち』所収の 「筑摩現代文学大系」バラ本をお買い上げいただく。
 2打数1安打。打率 2割6分1厘5毛。


2009年10月23日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


  1. 付録にトートバッグのついた
             女性誌の最新号
  2. English Book
  3. 林家彦六のCD
  4. 宗田 理

 1の入荷を訊かれる。誌名はご存知ないとのこと。私もわからない。駅前の新刊書店を教える。 2をお尋ねは欧米人の男女。80、90年代の映画原作もののペーパーバックがわずかにあるだけの当店である (他に洋書は絵本や自然関係の専門書が少々)。
 3は本店からの電話で。志ん生のDVDブック3冊と談志のCDブック1冊はあるのだが。
 4打数0安打。打率 2割6分0厘0毛。


2009年10月22日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. 車の雑誌
  2. 茨木のり子 『詩ののこころを読む』
            (岩波ジュニア新書)
  3. クラシックの曲をジャズ風に
        アレンジした作品のレコード
  4. ビバルディ 『四季』のレコード
  5. 『紫式部日記』

 フルートの中川昌三の初リーダーアルバムをお買い上げいただき、3をクリア。 そのお客さま、いろんな指揮者の『四季』を集めて聴き比べているという。 1度目は見つからなかった棚を再度点検していたら、ズーカーマン指揮のものが出てきた。
 件の方は2階でコーヒーをお飲みになっている。ランチタイムで混んでいるので、降りてきたときにお知らせしよう。 気がついたときにはお客さまはお帰りになっていた。がっくし。や、すでにお持ちであったかもしれないのだが。
 5は岩波文庫版をお買い上げ。
 5打数2安打。打率 2割6分3厘3毛。


2009年10月21日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


  1. 墨絵や山水画の本
  2. 松本清張 『ゼロの焦点』
  3. 「近代日本の巨匠画家
           クレパス画名作展」図録
  4. 合田道人 「釧路にて」のシングルレコード
  5. 『兵士の物語』
  6. 原田康子

 通常のスタッフ2名の他に、中国人留学生のアルバイト周くんと体験学習の中学生がいるおかげで、 今日の喫茶部はにぎやかである。
 花鳥画の本が売れたので、1はズルして安打認定。 映画 『ゼロの焦点』 が公開間近だが、原作の在庫はない。
 3は札幌からのお電話で。先週の第48試合で「芸術新潮」をお尋ねになった方。 そのときお買い上げの図録をご友人の分も見つけたいとおっしゃる。2冊確保。来月ご来店の予定。
 釧路のご当地ソングも、ストラヴィンスキー作曲の舞台劇の関連商品も在庫なし。 昨日81歳で亡くなった原田康子関連の本が売れる。
 6打数3安打。打率 2割6分1厘1毛。


2009年10月20日 < 講演会 「わたしたちと火山 雌阿寒岳・雄阿寒岳」 開催のお知らせ>

 道東地方に住む者にとって身近な2つの山、雌阿寒岳と雄阿寒岳。 前者は今でも時折小規模の噴火を起こしており、注視せざるをえない存在です。
 今週土曜日、火山の仕組みを知り、災害から身を守るのにも役立つ 無料の講演会が釧路市立博物館で開かれます。
 講師は、火山形成史が専門の奥野 充さん(福岡大学理学部准教授)と、 地図の専門家である小白井亮一さん(国土地理院北海道地方測量部長)のお2人です。

 「観光関係者、登山愛好者にもお勧めしたい講演です」とは、主催の博物館の方の言葉。 地図に関するたのしい資料の配布やミニ展示も予定しているとのこと。 来年度の「火山防災フォーラム」は阿寒湖で開催されるといいます。 この機会に、最新の研究成果を踏まえた講演会に足をお運びになってみてはいかがでしょうか。

日時=10月24日(土) 13:30〜16:00
会場釧路市立博物館 講堂 (春湖台1-7)

      ×      ×      ×

目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 須賀敦子
  2. 「本の雑誌」2009年11月号
    「新刊めったくたガイド」三橋 暁担当
          海外ミステリ欄 掲載書目
  3. 落合恵子のエッセイ集
  4. 佐々木栄松
  5. ジョージ・オーウェル
            『カタロニア讃歌』
  6. 杉山 明
  7. パスカル 『パンセ』
  8. トルストイ

 数ヶ月前から、とある常連の方が読み終わった「本の雑誌」を寄贈してくださっている。 あくまで寄贈なので、自由に読めるよう売り物としてではなく、2階の喫茶ラルゴに置かせてもらっている。 1と2はそのお客さまより。三橋レヴューには新作が7作紹介されているが、店の在庫はゼロ (ウェストレイク 『泥棒が一ダース』とマクロイ 『幽霊の2/3』は新刊書店で購入済みだが)。

 3は唯一あった在庫が売れていく。 佐々木栄松は釣りの分野でも知られる釧路在住の画家。画集や随筆などいくつか本はあるが、 急いでいるのでまた今度とお客さま。ポストカードがあったので差し上げる。
 5は海外文学ファンの常連さんのお問い合わせ。20試合目と同じ書目だが未入荷。
 仕事で釧路に長期滞在しているという方から、 杉山 明 という人物を教えてもらう。 彼の著作はないが、第6試合で訊かれた吉田ルイ子の関連書が入荷しておりお買い上げいただける。
 7と8は日本語の上手なイタリア人の方より。前者は中公の「世界の名著」、後者は角川文庫でお応えできる。 トルストイは昔、民話集の中の1編を母国語でお読みになったという。
 8打数3安打。打率 2割5分6厘4毛。


2009年10月19日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. アイヌ民族の本
  2. 佐藤直太郎
  3. 更科源蔵 (アイヌ文化・郷土史)
  4. 新しい本
  5. ロマノフ王朝末期について
               書かれた本
  6. CD
  7. 刀剣の本
  8. ストリンドベリ『大海のほとり』
  9. 松浦武四郎
  10. ゼカリア・シッチン

 1〜3は同じ方。2は大正期から活動をはじめた地元郷土史の研究家。 釧路叢書から出ている論文集正続2冊の在庫はあったが、 今回は1の砂沢クラ 『ク スクップ オルシぺ 私の一代の話』をお買い上げ。 更科源蔵の在庫は、『弟子屈町史』(昭24編纂)以外は文学方面のものばかり。
 4の新しい本というのは、週刊誌の最新号のこと。駅前の新刊書店を教える。
 先週、『最後のロシア大公女マーリヤ』をお求めになったお客さまがご来店。 同書がたいへん面白かったので、ひきつづき類似の本を探してほしいとご依頼になる。

 7と8は厚岸の常連さんから。
 過去に「刀剣」と「闘犬」を聞き間違えた前科もちの私だが、今回は正しく聞き取る。 新書判のハンディなものをというご所望とは逆に、店の在庫は函入りの大判の本ばかりでアウト。
 その常連さんが同時にお売りいただいた本のなかに、更科源蔵の郷土史ものの著書が入っていた。 3のお問い合わせとは数十分の差である。
 9は釧路叢書の第1巻 『松浦武四郎蝦夷日誌集』が売れる。

 10は男子高校生の2人組より。 四次元がとか反重力がとか、実はケネディ暗殺もなどなど「ムー」の目次のような話を熱心に唱えている。 恥ずかしながら初めて聞く名前だったので、ご教示願う (そういうタイトルのラノベがあるのかと思ったくらい)。 宇宙人と会ったことがあるたいへんな人物らしい。 ウィキペディア でも検索してみる。 勉強になった。
 10打数2安打。打率 2割5分3厘3毛。


2009年10月18日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


  1. 釧路の地図
  2. 『虫の本』?
  3. 長谷川利行の画集

 1をお探しの方に新刊書店が駅前にあることを教える。 2と3は同じ方。前者は『虫の本』という題名の虫の本なのだそうだ。その他の情報はいっさい不明である。
 3打数0安打。打率 2割5分5厘1毛。


2009年10月17日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 司馬遼太郎 『竜馬がゆく』
  2. 佐藤愛子
  3. 『太平記』
  4. フジ子・ヘミングのCD
  5. 古今亭志ん朝のCD

 本店から1の問い合わせ。文春文庫版全8巻あり。 お客さまがこちらの店に来てくださる。 『太平記』は小学館の「日本古典文学全集」版はあったものの、全4巻の内、3巻が欠けていた。
 4と5は同じ方から。本日より北大通のささき画廊さんで 「フジ子・ヘミング 版画展」が始まっている(27日まで)。
 ファンの皆さまは、ぜひ8丁目の同画廊へお越しください。そして、よろしければその隣りの古本屋にも。 フジ子・ヘミングはありませんが、藤子不二雄や澤田ふじ子やヘミングウェイでしたら、多少在庫がございます。
 5打数1安打。50試合終わって、287打席74安打。打率 2割5分7厘8毛。

 夜、閉店作業をしていたら、札幌から懐かしい友人が訪ねてくる。 およそ5年ぶりの再会だろうか。
 彼とは映画『マディソン郡の橋』の封切時、2人きりで見に行ったんですよ。 と、初対面の奥さん相手に世迷いごとを披露して苦笑いされる。
 今度札幌で昔の仲間をまじえて集まろうと約束する。


2009年10月16日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 國村 隼出演映画のパンフレット
    (特に 『銀色のシーズン』 『シルク』
   『パコと魔法の絵本』など近年のもの)
  2. 参考書
  3. 『谷内六郎展覧会 夏』(新潮文庫)
  4. 小熊英二 『<日本人>の境界』
  5. マンボかタンゴのCD

 國村 隼が『ブラック・レイン』に出演していることをお客さまから教えてもらう。 同作のパンフはあるが、今回は見送りに。2は学生風の方。新刊書店での探書を勧める。 3の在庫はなし。

 とあるポスターの掲示でお出での方あり。 小熊英二の『インド日記』に目を留めて、5を読みたいとおっしゃる。 そちらはないのですが、こういう本はありますよ。 読書中で除けていた『対話の回路』を取り出したところ、これも読みたかったんだとお買い上げいただく。 安打認定。I am the Law ―― 俺が法律だ!
 5打数1安打。打率 2割5分8厘8毛。


2009年10月15日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 飛行機に関する本や雑誌
  2. 古い裁縫の本
  3. 柳沢慎吾のレコード
  4. 映画のDVD
  5. 平岩弓枝 「御宿かわせみ」シリーズ
  6. 「芸術新潮」 2004年4月号
  7. 『ろくでなしBLUES』の文庫版

 世界の航空機図解百科と銘打たれた「週刊 エアクラフト」と、 昭和29年の婦人雑誌の付録が売れて連打。
 電話による3は在庫なし。4は一昨日版画の入門書をお問い合わせになった常連さんから。 このところDVDの新入荷はなく、代わりにお好きだという映画 『コンタクト』の話などで盛り上がる。

 お客さまは5の明治編をご所望だったが在庫なし。代わりに旧シリーズの文庫をお買い上げいただく。 6の特集は「伝説の古陶 英国スリップウェア物語」。北大通店と本店、ともになし。
 7は電話によるお問い合わせ。今日の2件もそうだが、電話で尋ねてくるのは声から判断するに概ね若い人である。
 7打数3安打。打率 2割5分9厘9毛。


2009年10月14日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. ロマノフ王朝末期について書かれた本
  2. 森田健作のシングルレコード
  3. フェレンツ・モルナール
          『パール街の少年たち』
  4. 東海林さだお
  5. 戦前の雄別炭礦の
            写真が載っている本
  6. 雄別尋常高等小学校の
            校歌が載っている本
  7. フォーク音楽の楽譜
  8. 山の本

 中公文庫の『最後のロシア大公女マーリヤ 革命下のロマノフ王家』をお求めいただき、1をクリア。 千葉県知事のレコードは本店からの電話問い合わせだが在庫なし。
 海外小説を読んでいたら文中に出てきたという3。どんな本なのか教えてと常連さんより。 戦後何度も翻訳された児童文学であった。こちらも在庫はない。
 4は年に数回標茶町からお出でになる方より。文春文庫あり。 5と6は同じ方。『阿寒町史』なども参考にしてみたのだが、お応えできず。
 7はなく、8は山歩きの本が売れていく。
 8打数3安打。打率 2割5分5厘5毛。


2009年10月13日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


  1. ジャズピアノのCD
  2. 版画の入門書
  3. 阿川佐和子
  4. 英和と和英がいっしょになった小さめの辞書
  5. 村上春樹 『中国行きのスロウ・ボート』

 常連さんからのリクエストである1。オムニバスものが2枚売れる。
 2と3は同じ方。来年の年賀状は自作の版画でと意気込んでらっしゃるが生憎適当な本がない。 後者は在庫あり。著者の見た目の若さに、今さらのように驚嘆する我々。 4は英和だけ、和英だけならばあるのだが。
 5を読み直したいけれど肝心の本が引っ越しの際にダンボールに入れたまま出てこないという常連さん。 お世話になっている方なので、所持本をお貸しすることになる(が自分も見つかるかどうかはわからない)。
 5打数2安打。打率 2割5分1厘9毛。


2009年10月12日 無人駅にて

 北海道 十勝管内 浦幌町 上厚内にある JR北海道 根室本線の無人の上厚内駅にて。








2009年10月11日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


  1. 本田 濟の易経の本

 1打数0安打。打率 2割4分9厘0毛。


2009年10月10日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


 これまで店が休みのとき以外は途絶えることなくつづいてきた在庫のお問い合わせであるが、 44試合目にして初めて、こちらはバッターボックスで打つ気満々なのに 1球も投じられない日を迎えてしまった。
 0打数0安打。打率 2割5分。


2009年10月9日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


  1. 函館のガイドブック

 前夜から今朝にかけて猛威をふるった台風も昼には萎む。 1は湯の川温泉の足湯を調べたいという方から。 昭文社のまっぷるマガジンの07年版はあったが、刊行が足湯の完成の1年前であった。
 1打数0安打。打率 2割5分。


2009年10月8日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 映画 「ターミネーター」
          1作目のパンフレット
  2. 『釣りバカ日誌』

 1と2は同じ方から。前者は確か未分類のパンフだけを集めたダンボールの中にあったはず。 また近々お見えになるというので、後ほど探ると出てきた (ただし濡れ跡ありで状態がよくない。お求めいただけるかどうかは微妙)。
 後者のマンガはなし。6月に根室管内 中標津町でロケを行った 映画版の完結篇 は 釧路町のワーナーマイカルで公開されるよう(劇場で予告編をやっていた)。

  8月29日の第7試合で訊かれたメアリー・マッカーシー 『グループ』(ハヤカワ文庫NV)が 入荷したので、常連のお客さまにお渡しする。台風18号接近す。
 2打数0安打。打率 2割5分0厘9毛。


2009年10月7日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 文庫本以外の和辻哲郎
  2. 松永美穂 『ドイツ北方紀行』
          (NTT出版・気球の本)
  3. 高山樗牛
  4. 中 勘助 『提婆達多』(岩波文庫)
  5. 和綴本
  6. フランク・シナトラ
         「マイウェイ」収録のCD
  7. 柘植元一・植村幸生・編
      『アジア音楽史』(音楽之友社)
  8. 更科源蔵 『コタン生物記』
  9. 『日本の名著 5 法然』 (中央公論社)
  10. 梅原 猛

 1〜7は厚岸の常連さんから。すべて空振り三振。 本店で対応できるものは対応し、入荷の際はおとりおきしておくことに。8も在庫なし。 9は本店からの電話。岩波「日本古典文学大系」の一遍とカップリングの巻はあるのだが。 その方が北大通店にもお出でになり、10をお尋ね。 わんさか著作が出てきたが、お客さまが急いでおり再度ご来店いただくことに。
 10打数0安打。打率 2割5分2厘9毛。


2009年10月6日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


  1. 中国の歴史に関する本
  2. 関 寛斎に関する本
  3. スウェーデンボルグ
  4. 『Windouws XPの基礎』?
  5. 和辻哲郎 『風土』
  6. 山崎豊子 『不毛地帯』

 「なにか新しいの入ったかい?」と1、2ヶ月にいっぺんやってくる常連さん。 この方の場合、それは中国の歴代王朝に関する読み物をさす。 東洋文庫や中公新書の古めのところをお見せする。3冊お買い上げ。
 2は「長崎在学日記」「家日誌抄」を収録した『陸別町史 別巻』ぐらいしか見当たらず。 お客様もお持ちであった。3の方は周辺書ではなく本人の著作をお探しだというが在庫なし。
 電話による4の題名は、あるいは『基礎知識』だったかもしれない。

 2週間前に本店から電話で訊かれ在庫はあったが、問い合わせた方がお見えにならなかった『風土』。 そのときの方かどうかは不明だが、岩波文庫版が1冊売れる。
 実は先週も1冊売れている。「王様のブランチ」で紹介されたのだろうか。優香が感動して泣いたのだろうか。

 9月20日の第27試合で油絵の技法書をお尋ねになった常連さんが、そのとき買えなかった「アトリエ」をお求めにみえる。 身内の方を相次いで亡くしたというが、絵は順調に描いているよう。訊かれる前にこちらから訊いたので打数には加えず。
 夕方、マンガ喫茶の問い合わせあり。
 6打数2安打。40試合終わって、243打席64安打。打率 2割6分3厘3毛。


2009年10月5日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. 医学の本
  2. 知里幸惠・編訳 『アイヌ神謡集』
  3. 金子みすゞ
  4. ブルース・スプリングスティーン

 専門の医学書はなく家庭医学の本しか置いていない当店。 尋ねた方は必要な病名のところだけ音読して帰っていかれた。なはは。
 2と3は同じ方。前者は本店に在庫があるのでそちらを紹介し(安打認定)、後者は童謡集が売れる。
 4は同じ商店街の方から。LPレコード、CD、音楽雑誌と関連するものがいくつかある中、 山川健一が編んだ雑誌形式の本が売れていく。
 4打数3安打。打率 2割6分1厘6毛。

 本日より2階の喫茶 ラルゴで「小笠原 理紗 & 竹本万亀 作品展」が始まる(10/24まで)。

「小笠原 理紗 & 竹本万亀 作品展」開催中の喫茶 ラルゴ。(クリックすると拡大します)


「小笠原 理紗 & 竹本万亀 作品展」開催中の喫茶 ラルゴ。(クリックすると拡大します)


2009年10月4日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. 詰将棋の本
  2. 原 秀雄 『日没国物語』
  3. 深沢七郎
  4. ジョン・コルトレーンのレコード

 詰将棋の本は1冊しかなかった。
 2をお探しの方はとあるサイトで上巻部分のみアップされているのを読み、つづきを読みたくなったという。新宿書房の親本あり。 そのサイトでは『風流夢譚』も紹介されていて、深沢七郎にも興味がわいたという。こちらは適当な本がない。 4は1枚もない。
 4打数1安打。打率 2割5分3厘2毛。


2009年10月2日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. 『カラマーゾフの兄弟』 の
             ダイジェスト版
  2. 青木新門 『納棺夫日記』
  3. 『ポアロ & なんとか』?
  4. ウィリアム・アイリッシュ 『暁の死線』
  5. 塩野七生 『ローマ人の物語』
  6. 上橋菜穂子 「守り人シリーズ」
            未文庫化の5作目以降
  7. フィールドワークに持っていけるような
               小型の野鳥図鑑
  8. 地質図
  9. 『判例六法 Professional
                平成20年度版』

 1〜5は同じ方。4までは全滅。1の版元はどこなのか。3の題名は判明せず。 5は文庫版が34巻、単行本が15巻まであり、それぞれセット販売しているが、また今度となる。
 7と8は同じ方。本店を紹介する。
 9はすでに当店の棚で見初めていただいていたようで、電話でおとりおきに。
 9打数1安打。打率 2割5分3厘2毛。


2009年10月1日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


  1. パソコン関係の本
  2. 少なくとも2、3年前に出た
      北海道新聞社の釣りの本
  3. 松倉秀夫・深石一夫 『釧路の気象』
           (釧路叢書 第21巻)
  4. 『雄別炭礦アーカイブ百十五物語』
  5. 夏目漱石のほるぷの復刻版
  6. 「ものと人間の文化史」
         (法政大学出版局)
  7. 医学書
  8. マシオン恵美香 『いまどきの患者』
  9. 理系の本

 しばらく前からパソコンの技術書は置かないようにしている。 釣りの本は川釣りのものだとか。発行所のサイトで確認。『北で釣る 渓流100選 』らしいが、在庫なし。
 3、4は本店からの電話問い合わせ。3は在庫あり。少ししてお客さまがみえる。 本店在庫分はカバーの破れは激しいものの汚れは目立たず、一方北大通店のカバーは汚れていても痛みは小さい。 より値段が安い本店に軍配があがる。4は今年7月に刊行された労作。

 漱石は一昨日お尋ねの方とは別の、月に1度札幌からくるお客さまより。 荷物になるから来月買いますと、『三四郎』と『門』がおとりおきに。 6は数少ないシリーズ在庫から『からくり』が売れていく。連打。
 家庭医学の本はあるが専門書は手薄。8はまだ在庫あり。 9の方は水質調査の本などをお買い上げ。
 9打数4安打。打率 2割5分9厘0毛。


2009年9月30日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 新潮社の純文学の単行本
  2. 最近出た本
  3. 雑誌 「relax」
  4. 井原西鶴
  5. 『サザエさん』
  6. 書道の本

 1は作家名をお聞きすると村上春樹だった。 ずっと長いこと棚にあった彼の小説単行本も『IQ84』のフィーバー以降、10冊ほどあったのがすべて売れてしまった。 今は文庫のエッセイ集などが数冊あるばかり。

 最近出た本は置いているか尋ねられる。 大沢在昌 『罪深き海辺』、遠藤武文 『プリズン・トリック』、今野敏 『同期』、山田詠美 『学問』など入荷しているが、 特にご所望のタイトルはない様子。つづけて値段は半額なのか尋ねられる。おしまいに昔出た本を1冊買っていただける。 「relax」はなし。
 お昼どき、この辺の新刊書店を訊かれ駅前の2軒を教える。

 本店からの電話の問い合わせが4。お客さまがこちらまで足を運び、 お探しの『本朝二十不孝』を収録した小学館「日本古典文学全集」をお求めに。 5も文庫版が売れて連打。
 かこさとしの絵本を買ってくれた小さなお子さんが、私を「かこさとしに似てる」と連呼してくれる。 特に著者近影など載っていない本なのだが。というかあちらは 1926年生まれのおじいちゃん なのだが。 若いころに似ているとでも。
 6打数2安打。打率 2割5分1厘1毛。


2009年9月29日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. マシオン恵美香 『いまどきの患者』
  2. エラスムス 『痴愚神礼讃』
  3. 松岡正剛・監修 『情報の歴史』
  4. チーズに関する専門書
  5. 『キャンティ 洋食店の秘密』?
  6. 小林豊子きもの学院の教材の本
  7. 夏目漱石 『三四郎』 『それから』 『門』

 1は2日つづけてのお問い合わせ。2の在庫はなし。 3は増補版があったのだけれど、手にとったお客さまが「文字が小さい」と断念。
 4と5は同じ方。チーズに関する本は1冊しかなかった。 5の題名はあやふや。『キャンティ物語』のことか。 最初「キャンディ」と聞きまちがえ、いがらしゆみこの絵柄がちらつく。店にないことは確か。

 漱石の三部作は新潮文庫版の『それから』と『門』の在庫あり。 しかしこちらのお客さまも、3の方同様「字が小さくて」と断念(改版前のものであった)。 今日だけで幻のホームランが2本も・・・・・・。
 7打数1安打。打率 2割4分8厘7毛。


2009年9月28日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


  1. ラテン音楽のCD
  2. マシオン恵美香 『いまどきの患者』
  3. 手芸の本
  4. 『赤毛のアン』の料理本
  5. 白鴎遺族会 『雲流るる果てに
      戦没海軍飛行予備学生の手記』
  6. 山田太一 『岸辺のアルバム』
  7. 『ロージァズ全集』(岩崎学術出版社)
  8. 西原理恵子
  9. マージャンの本

 いつもタンゴやシャンソンのCDをお探しの画伯が、今回はラテン音楽全般をご指名。2枚お買い上げ。 2はまだ在庫あり。 3と4は同じ方から。そろそろ手芸の本の問い合わせが増える時期か。 後者は10数冊も出ているようだ。ともに打ち返せず。
 5、6も在庫なし。全23巻からなる7は棚にあるのは8巻のみ。他の巻を訊かれたのだけれど。
 8と9は別々の方がお尋ねに。ともに在庫なし。 そういえば最近店の近くにフリー雀荘が出来た。元はシルバー人材センターだった建物。
 9打数2安打。打率 2割5分2厘5毛。


2009年9月26日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. 有島武郎
  2. 堀江敏幸・編 『新潮クレスト・ブックス
      短篇小説ベスト・コレクション
            記憶に残っていること』
  3. 日本語を勉強している外国人向けの本
  4. アイヌ民族に関する本
  5. 札幌や小樽の観光地の写真が載っている本

 1は文庫本をお買い上げ。クレスト・ブックスの該当本はなし。 3は欧米の男性から。漢字も読めるようにと、新美南吉の童話集が選ばれる。
 4、5は該当する本はいろいろあるのだが、今回はお応えできず。
 5打数2安打。打率 2割5分3厘9毛。


2009年9月25日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 釧路の捕鯨の写真が載っている古い本
  2. 20年くらい前の釧路のゼンリンの住宅地図
  3. 井上 靖 『あすなろ物語』
  4. おもしろい本
  5. 『北海道夏山ガイド』(北海道新聞社)
  6. 20年以上前のオーディオ雑誌

 1は難物である。悔しいけれど在庫がない。ゼンリンの住宅地図もまず入ってこない。 3は旺文社文庫版でお応えできる。
 5のお客さまは道東の山が載っている巻をお探し。 在庫はあったが、いざ現物を手にすると全6巻のうち所持本がどれだったのか不安にかられ出す(そのお気持ちはよく分かる)。 家で調べてから再度来ていただくことに。6は本店を紹介する。

 「おもしろい本はないですか?」
 半年にいっぺんくらいの割合でこんな質問をぶつけられる。 大概初めてやってきたような若者からである。一様にすこぶる無邪気な口調で。
 かれ彼女はどんな人となりで、何をおもしろいと感じるのか。その時点では皆目わからない。向こうも私の趣味嗜好など知りやしない。 そんな中で発せられる「おもしろい」の響きといったら。 数時間前の「釧路の捕鯨の写真が載っている古い本」が懐かしく思えるくらい、雲をつかむような話だ。
 指名をいただけるのは光栄なことである。しかし期待に応えられるかどうかが疑わしい。 気負いすぎなのは、自分でもよく分かっている。

 今回の質問者は20歳くらいの学生風の青年だった。小説をご所望らしい。 試しにこれまでの読書歴を訊いてみるが、本などほとんど読んだことがないという。 ミステリー、青春もの、恋愛ものなど読んでみたい分野があるかというと、それすらないようだ。 頼りない微笑みが返ってくる。
 よし、おじさんが一肌脱ぎましょう。 値段の張らない文庫本から選ぶことにして、ドン・ウィンズロウの『ストリート・キッズ』なんぞ渡してみる。 これ、おもしろいんだよ。……。反応がイマイチである。 もう少し探りを入れると、「ぶっとんだ小説」を読みたいことが分かった。 どれぐらい「ぶっとんで」いればいいのかしら。ますます輪郭がぼやけていく。

 文庫で手軽に読める小説で、おもしろい上にぶっとんだ内容であれば申し分なく、 でも初心者でも読み通せるような一般性も兼ね備えており、当然ながら薦める私が目を通していて、 最後に言うまでもないことだけれど北大通店に在庫がある本。どんどん縛りがきつくなるではないか。
 ベスター『虎よ、虎よ!』、冲方 丁『マルドゥック・スクランブル』、 ゴールディング『蝿の王』といったところをピックアップしてみた (傾向が偏っているけれど、「ぶっとんだ小説」ときたらこっち方面ばかり思い浮かべてしまう。短絡的なことである)。

 カバーの梗概を読み比べた青年は『蝿の王』を選んだ。 私が彼と同じくらいの歳に出会った小説を、これからどんな風に読むのだろう。
 怪しげな輩の言うがままに、根拠の見えない「おもしろい本」にお代を払ってくれた過去の青年青女の皆さんが それをどう読み終えたのかは、彼らがその後店に足を運んでくれないので知る由もない。 来店していないことが何がしかの事実を物語っているとも見做せる。
 願わくば、今回の若者がまた店に来てくれますように。
 6打数2安打。打率 2割5分。


2009年9月24日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. タンゴやシャンソンのCD
  2. アルセニエフ 『デルス・ウザーラ』
  3. 浅田次郎
  4. ディケンズ 『二都物語』
  5. 「筑摩世界文学大系」
    1巻 古代オリエント集
    10巻 中世文学集
  6. 古い鉄道雑誌
  7. ヘッセ 『帰郷』
  8. 北海道の旅行地図
  9. 庄野潤三

 この企画が始まってからだけでも3度訊かれた1は、すべて常連の画伯がご所望の品。 お持ちの方が手放さないのか、簡単には入荷せず。
 2は以前あった東洋文庫や角川文庫の在庫はすでに売り切れていた。 浅田次郎は文庫が2冊売れていく。いつでもありそうな4はなく、同じ方からの5の2冊もない。 6の方には本店を紹介する。7もなし。アジア系の旅行者からの8も適当なものがない。
 亡くなったばかりの庄野潤三の本を常連の方から訊かれる。 先日入荷したばかりの単行本が2冊あるが、これは庄野ファンの別の常連さん用に除けておいたものだった。
 9打数1安打。30試合終わって、178打席44安打。打率 2割4分7厘1毛。


2009年9月22日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. 更科源蔵
  2. 和辻哲郎 『風土』(岩波文庫)

 1は第21試合目で 屈斜路湖のクッシー の本を尋ねてきた方より。 郷土史家としての著作をお探しだというが、いきなり市町村史では手に余るだろう。 詩集が少しある以外、適当なものがない。 それでも立風書房の『北海道文学全集 別巻』をお買い上げいただく。
 助平心を出して本店を紹介。少しして関連書を1冊お求めになったと電話で報告が。安打認定。
 本店から電話で問い合わせがあった2.棚にはなかったがストック分から発掘。 しかしお客さまは見えず。後日なのだろうか。
 2打数1安打。打率 2割5分4厘4毛。


2009年9月21日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. マイケル・キング 『ロング・ムーヴメンツ―
               ロバート・ワイアットの足跡』
  2. 鎌田 実 『へこたれない』
  3. PHPの本
  4. 吉増剛造 『螺旋歌』
  5. 池田澄子の句集

 朝っぱらからジェネシスをかけていたら、好き者と思われたのだろう。お会計の際に1を尋ねられる。 昨晩はワイアットのベスト盤を流しながら閉店作業をしていたし、すぐそばには私物のソフトマシーンのCDが3から6まで積まれている。 同書があれば真っ先に私が読みたいくらい。

 これでもう丸2日塁に出ていない。そこへ訊かれたのが『へこたれない』。 在庫なし。9打席連続空振りでへこたれる。と思ったら同じ方が3を尋ね、同社の文庫が1冊売れる。

 4、5は同じ方。
 5打数1安打。打率 2割5分1厘4毛。


2009年9月20日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. はしもと みお 『神様がないた日』
  2. 城山三郎 『人生余熱あり』の文庫本
  3. 油絵の技法書

 1はタリーズコーヒーで出している絵本の1冊。現物をお持ちになっての問い合わせであったが、お応えできず。 2は新書ハードカバーで出た親本あり。文庫はなし

 常連で油絵を描く方がお見えになる。 長いこと絵筆を握ってらっしゃるが、いまも技術の研鑽に余念がない。時折入門書を買っていかれる。
 久しぶりのご来店であった。身内の方を相次いで亡くしたばかりだという。 空いてしまった部分を埋めるために、また絵を描きはじめたとつづける。 美術雑誌 「アトリエ」が20冊ほどあった。次の予定の時間が近づき、本はまたこの次見ていただくことになった。

 横浜からクルーズ船・にっぽん丸が来ているというのだが、あまりその実感がない日曜日。 ツアー名は「秋の味覚 釧路・室蘭・大船渡クルーズ」という。
 3打数0安打。打率 2割5分3厘0毛。


2009年9月19日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. 岩波小辞典
  2. ビートルズのレコード
  3. 村上春樹 『IQ84』

 岩波小辞典を訊かれたのは初めて。店にあるのは『心理学 第3版』のみ。 電話でのお問い合わせだった。お探しの巻はなんだったのだろう。
 2は札幌からきた「レコードマップ」をお持ちの方。道東の中古レコード屋がどんどんなくなっているという。
 3打数0安打。打率 2割5分7厘8毛。


2009年9月18日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. 村崎恭子 『樺太アイヌ語入門会話』
  2. 新田次郎
  3. 石原慎太郎 『太陽の季節』
  4. 華道の本
  5. 西村京太郎

 1は電話でのお問い合わせ。2、3と文庫が売れて3連打。

 年配のご夫婦が「古書券」が当たったのだけれど、とご来店。 耳慣れない、それでいてすこぶる安易なネーミングのこの券は もちろん図書券の古本版、北大通店のみでご利用いただけるものである。
 釧路市民活動センター わっと の設立5周年を祝う生誕祭が今月上旬に開かれ、同じ北大通のよしみとしてゲームの景品に提供していた。 額面は2,000円でお釣りは出ない。
 華道の本のみを目指してやってきた当選者のご夫婦だが、お目当ての棚が手薄のため困っている。 なんとか搾りだすようにしておよそ2,000円分の本を数冊選んでいかれた。
 「欲しかったのと全然違う本になっちゃった」とは、リアル書店の性質を言い当てている。

 5も文庫が何冊か売れていく。
 5打数4安打。打率 2割6分2厘8毛。


2009年9月17日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 村崎恭子 『樺太アイヌ語入門会話』
  2. 『アイヌ叙事詩 ユーカラ集 1 小伝』
  3. 村崎恭子 『樺太アイヌ語入門会話』
  4. 夏目漱石 『明暗』
  5. 日めくりカレンダー 「北海道花暦」

 発売間もない1をお求めにきた方に2を訊かれる。そちらはお応えできず。
 本日2冊目の『樺太アイヌ語入門会話』が店頭で売れる。 お客さまに尋ねると、やはり新聞に大きく取り上げられたことが大きかった。 同じ方による4は文庫も全集のバラ本も在庫なし。
 5は 『いまどきの患者』 が好評発売中の植物画家・マシオン恵美香さんも参加したカレンダーなのだが、当店での取り扱いは終了していた。

 1週間前、夕張から 20センチ超のブラシ付き絵ハガキ をくださった火の見櫓研究会 準会員のIさんが、旅先から次なる品をお送りくださる。 今回は「偕楽園・弘道館 ミニガイドブック」を封書で。 財団法人 石炭エネルギーセンターによる 「日本のクリーン・コール・テクノロジー」 のURLを記したカードも同封してあった。どうもありがとうございます。
 5打数2安打。打率 2割4分5厘0毛。


2009年9月16日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. 藤沢周平
  2. 山本周五郎 『ながい坂』
  3. 平岩弓枝
  4. ヨースタイン・ゴルデル 『マヤ』
  5. 『特命全権大使 米欧回覧実記 』
           全5巻 岩波文庫版
  6. 『霧の街の不思議なお店』?
  7. 隆 慶一郎 『吉原御免状』
  8. 源氏鶏太 『鏡の中の真珠』
  9. アイヌのチャシについて書いてある本
  10. 松前城について書いてある本

 1〜3は同じ方。1と3の文庫本が売れる。4はお電話で。在庫なし。 5は在庫ありだが、今回は見送りとのこと。
 6も電話のお問い合わせ。 30年ほど前の童話で本屋が主人公だというが、作者が誰かはわからない。日本人なのか外国人なのかも。 「霧の町のふしぎなお店」なのか「霧のまちの不思議なお店」なのか「きりのまちのふしぎなおみせ」なのかもわからない。
 国際子ども図書館のサイト で検索をかけてみたが、しっくりくるものがない。 柏葉幸子の『霧の向こうのふしぎな町』のことなのだろうか。
 少なくとも、当店にその本がないことだけは確か。
 7は新版全集刊行を機に1作目を読んでみたいという方、8は源氏作品は大半読んでしまい、残すところ僅かという方であった。 『鏡の中の真珠』を『鏡の中の心中』と聞き間違える。
 9と10、同じ方。
 10打数2安打。打率 2割3分9厘7毛。


2009年9月15日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. 市内の町内会の記念誌
  2. マシオン恵美香 『いまどきの患者』
  3. 夏目漱石
  4. 尾崎紅葉 『金色夜叉』
  5. 文庫本の旅行記
  6. 絵本

 1はこれから自身の町内会の記念誌を作るという方。本店が多少揃っているので、そちらを紹介する。 町内会の加入率の低さや蔓延する個人主義の話も。
 恵美香さんの新刊 に電話のお問い合わせ。まだ在庫あり。 3はアジア系の方が岩波文庫版を中心に何冊かお買い上げ。
 4は当サイト掲載の『紅葉全集』に収録巻はあるのだが、それだと気軽に読むというわけにはいかない。文庫もなし。
 5、6と連打。
 6打数4安打。打率 2割4分2厘6毛。


2009年9月14日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 釧路叢書
  2. 太田蘭三
  3. 長門裕之 『待ってくれ、洋子』
  4. 屈斜路湖のクッシーについて書かれた本
  5. 自民党の派閥の最近の流れがわかる本
  6. マシオン恵美香 『いまどきの患者』
  7. T・S・エリオットの詩集

 「あれ、古本屋になったんだ」と、旅行者に山下書店と間違われる。 昭和22年に創業した老舗新刊書店も2年前に閉店してしまった。今もときどき、「山下さんは?」と訊かれる。
 太田蘭三は密かに人気がある。唯一残っていた文庫本1冊が売れる。 今年5月刊行の3はなし。南田洋子が義父の介護を綴った10年前の『介護のあとさき』はあった。
 クッシーは北大通店に生息せず。
 夕方、北大通4丁目の中山茶紙店を訊かれる。
新刊で取り扱っている 恵美香さんの著書 6が売れる。
 7打数2安打。打率 2割2分3厘。

       ×       ×       ×

 こちらの記事 によると、晶文社が文芸編集部門を閉鎖するという。


2009年9月12日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


  1. ジョージ・オーウェル『カタロニア讃歌』
  2. 筒井康隆 『俗物図鑑』
  3. マンガの本

 1はハヤカワ文庫の旧訳版 『一九八四年』をお買い上げの方から。 筒井は2がない代わりに『農協 月へ行く』が売れる。3はお電話で。名作ものが僅かにあることを告げる。
 3打数0安打。20試合終わって、123打席27安打。打率 2割1分9厘5毛。


2009年9月11日 樺太アイヌ語入門会話 入荷

< 新刊 お取り扱いしています >

樺太アイヌ語入門会話 北海道アイヌ語との違いも解る  樺太アイヌ語シリーズ 1』

 著者 村崎恭子
 発行所 緑鯨社 (釧路)
 発行日 平成21年9月11日
 定価 1,890円
 B5判 115ページ
 画像は こちら です。

 「樺太アイヌ語は北海道アイヌ語とかなり違っていて現代語の会話は互いに通じ合わないほどです。 でも樺太アイヌ語にしかない特徴は重要なものが多く、 日本列島の北辺の土着言語を探る上で欠かすことができません」
 「本書は、初心者でもやさしく学べるような日常会話をテキストにして、 アイヌ語の仕組みや会話のやり取りが分かるように、第1課の発音から始まって、 言葉を習いに来た和人とアイヌのおばあさんとの会話を、基本文形に従って第2課から9課まで提示して、 すぐに使って練習できるように編集しました」 (「はじめに」 樺太アイヌ語の会 主宰 村崎恭子)

 豊文堂書店 本店・北大通店・ウェブサイトでお取り扱いしています (送料は 1冊 290円/2・3冊は 共に340円)。


樺太アイヌ語入門会話 入荷。(クリックすると拡大します)


       ×       ×       ×

 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. 野坂昭如
  2. 司馬遼太郎 『菜の花の沖』
  3. ペットに関する本 (特に犬)
  4. 手芸の本 (特にクロスステッチ)
  5. 『マイ・アメリカン・ジャーニー
      コリン・パウエル自伝』
  6. アイヌ語辞典
  7. 映画 『恋におちて』に関する本
  8. カット集
  9. 長谷川集平

 『火垂るの墓』で興味をもったという方が新潮文庫の『エロ事師たち』をお買い上げ。
 2をお探しなのは、ロシア旅行から帰ってきたばかりという方。 在庫がないため本店に訊くと、文春文庫版全6巻のうち、3巻を除いてあるという。 お客さまもそれでよいとおっしゃり、後日こちらで受け取ることに。よって無理やりヒットにカウント。
 ペットという括りでの犬の本は皆無であった。電話の6をはさんで、3〜8全滅。
 長谷川集平は小説 『光年のかなた デヴォ』と評論 『映画未満』の2冊あり。ご期待にはそえず。
 9打数2安打。打率 2割2分5厘。


2009年9月10日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. 岩波文庫の経済の本
  2. 鍼灸の古い本
  3. 林 雄司
     『死ぬかと思った』シリーズ
  4. 寒川光太郎

 1はお探しのものはなかったよう。 2は本サイトの目録に昭和15年刊行のものがあったので、現物がある本店を紹介する。
 4は立風書房の『北海道文学全集』の収録巻はあった。
 4打数0安打。打率 2割2分5厘2毛。

 午前中、火の見櫓研究会 準会員の I さんから絵ハガキが届く。 ハガキにパンチ穴が開いていて、書類用の綴り紐で20センチ超のブラシが結わえられていた。 旅先の夕張で購入したとあり、スタンプも押してある。ありがたく頂戴する。

 こちら がそのブラシの写真。 下に敷いているのは、日曜日に 釧路市立博物館 主催の「現場で学ぶ 林業基礎講座」でお土産にいただいたカラマツを輪切りにしたもの。
 当日は釧路管内 音別町の尺別地区の森林で、 長年森で働いてきたプロフェッショナルの方を講師に、半日かけてたっぷりと林業に関する講義を受けてきた。
 人の手をかけて維持される森林を前にして、「自然」に対する自分の狭隘な認識が揺れていく。拡がっていく。 改まってそう書くと、まるでカマトトなのだが。

9/6 釧路管内 音別町 尺別において開催された 釧路市立博物館 「現場で学ぶ 林業基礎講座」にて。(クリックすると 拡大します)。

9/6 釧路管内 音別町 尺別において開催された 釧路市立博物館 「現場で学ぶ 林業基礎講座」にて。(クリックすると拡大します)

9/6 釧路管内 音別町 尺別において開催された 釧路市立博物館 「現場で学ぶ 林業基礎講座」にて。(クリックすると拡大します)

 午後はイラストレーターの半田晴利さんがご来店。 大のアクション映画好きの半田さんと公開中の映画 『サブウェイ 123 激突』 について話す。
 狙撃手の誤射の原因がネズミってのはないですよねェと意見が一致。 ペンタゴンの天井裏にこやつが棲みついていた『ミッション・インポッシブル』 1作目を思い出して、ずっこけてしまった。 脚本家はほかに手がなかったのか(や、ニューヨークの地下鉄構内にネズミはいますよ、いますけどね)。
 全国でも指折りのモデルガンマニアである半田さんによれば、スナイパーは命令が下るまで引き金に指をかけることがないという。


2009年9月9日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. アゴタ・クリストフ
     『悪童日記』のフランス語原書
  2. 「ベイビー・ブルース」という曲が入ったCD
  3. 福沢諭吉 『福翁自伝』
  4. 三木紀人 『徒然草 全訳注』 一、二巻
              (講談社学術文庫)

 かの国の言語を学んでいる常連さんからのリクエストが1。 洋書は微々たる量しかないのでもちろんお応えできないのだが、 3部作の完結編 『第三の嘘』の翻訳本が外の均一棚にあり、お買い上げいただく。 1作目から順にお読みくださいと、余計なお世話も申し添えて。
 さらにダメ元でたまたま昨日並べたばかりの ル・クレジオ 『春その他の季節』の原書をお見せすると、こちらもお買い上げに。 クリストフのシリーズと仏語の原書が売れたことになり、2冊あわせて拡大解釈で安打認定。 ライン上ギリギリの疑惑の判定か。 I am the Law ――私が法律です。

 2は黒人歌手のものだというのだが、よくわからず。 代わりにELPのトリビュート盤CDとジョージ・ハリスンのLPをお求めいただく。
 その方、お会計の際になにやら思いついた様子。 「この石あげるよ」と言うやいなや、ひしゃげた形の硬いものがズボンの裾からコロンと転げ出た。 腿のあたりをいじっていたように見えたが、どういう仕掛けになっているんだ。 そいつをつま先に乗せると、サッカーのリフティングの要領でひょいと手元に移してレジカウンターの上に置く。
 ほんとに石ころだった。表面に墨で黒々とこう記されている。 「知性」――なにやら啓示のような響きがあるではないか。
 思い出した、以前もへんてこりんな石をくださった方だ。 始めは「人道」と書かれた大きめのやつ。2度目は黒くて丸くてスベスベした石であった。 あれからもう数年たつ。これで3個目になるが、こんなに芝居がかったやり方は初めてだ。
 こちらもすぐさま反応し、前のもありますよと指し示す(カウンターそばに石炭といっしょに飾ってあった)。 おじさんはニヤリと笑った。
 裏側には文字のような模様のようなものが描かれている。 失礼を承知で尋ねると、「な〜に、マンガだ、マンガ」と事もなげにおっしゃった。 今回の石は「ガンに効く」んだと力説なさる。納沙布のほうで拾ったのだとか。
 紛うことなき風来坊。道内を旅してまわっているようにお見受けした。 内田裕也にも通じるロック(rock)な心意気のお客さまであった(ものが石だけに)。
 またひとつ店の宝物が増えてしまった。早速、「知性」も展示してやろう。
 ただし店内環境が悪いのか、はたまた私の心がけが悪いのか、 最初にもらった石の表面がパラパラと剥落しかけているのが残念なところ。 まるで私の「人道」に問題があるようではないか。

 3は岩波文庫版の在庫あり。4は全4巻のうち、在庫がある3、4巻のみ売れ、1、2巻は本店在庫を探すことに。
 4打数2安打。打率 2割3分3厘6毛。

人道と知性。知性になぜか紫の絵の具がついている。(クリックすると拡大します)


2009年9月8日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. インパール作戦 関連書
  2. 羽根田 治 『野外毒本
   被害実例から知る日本の危険生物』
  3. 亜璃西社の山菜図鑑
  4. 尾形亀之助の詩集
  5. 茶道の本
  6. オールドノリタケに関する本

 昼すぎ、阿寒からきた方にジャズ喫茶 ジス・イズの場所を訊かれる。
 外が薄暗くなってきてようやく1件目の問い合わせ。本店から電話にて。 高木俊朗 『抗命 インパール作戦 烈師団長発狂す』あり。 しばらくしてお探しの方がご来店。

 2〜4は常連さんから。
 2は以前当店の棚でご覧になったというが、すでに売れてしまっていた。 3は山と溪谷社、北海道大学図書刊行会、千趣会、日本文芸社のものはあるのだけれど。 4は池内 紀が北海道新聞夕刊の連載で取り上げていたという。切り抜きを見せていただく。 現代詩文庫版も全集もなかった。
 5と6は旅行者のご夫婦の奥さまから。前者がお応えできる。
 6打数2安打。打率 2割2分3厘3毛。


2009年9月7日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


  1. シムノン 『黄色い犬』
  2. 青磁が載っている薄っぺらい本
  3. 山口将吉郎の画集
  4. 雑誌 「少年倶楽部」

 先週の第11試合5打席目でお目にかかったお客さまが1をお買い上げ。 2は青磁のみ取り上げた本をご希望だという。
 夕方、出たばかりの月刊誌をお探しの方。駅前の2軒の新刊書店、ブック亭と小田原書店を教える。
 3、4は同じ方。前者は昭和50年刊行の講談社の画集と第一法規「日本の童画」の収録巻の2冊あったのだが、今回は見送り。
 4打数1安打。打率 2割1分6厘4毛。


2009年9月5日 「9/5開催 流・シングルCD「幸福駅」発売記念・ラルゴ ミニライブ」

 北海道 十勝管内 音更町出身のソロ・シンガー 流 (ながれ)さんによる しあわせライブ 2回公演、終了しました。
 流さん、暖かい歌と演奏をどうもありがとうございました。 ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 流さんのブログ 「くう・ねる・うたう 流日記」 も あわせてどうぞ。

 ニューシングル 『幸福駅』 は、9月3日(木)発売されました (c/w なな色のセカイ、ハレアカラの日は暮れて)。
税込定価 1,000円 (音更レコーズ)
取扱店music shop 音楽処

9/5開催 流・シングルCD「幸福駅」発売記念・ラルゴ ミニライブ

       ×       ×       ×

 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. パソコン関係の本
  2. 北海道の道路地図
  3. 釧路アイヌ文化懇話会
     「久摺 第12号」
  4. 「むい Vol.3 独断北海道情報誌」
  5. 釧路時代の石川啄木
          について書いてある本

 コンピュータに関する本は、講談社のブルーバックスなど新書が数えるほど、 あるいは開発者の伝記や開発秘話のようなものしかないのであった。

 昼前、近くに薬局はないか旅行者に尋ねられ、幣舞橋近くのハマノ薬局を教える。 創業110年を超える老舗も近々閉店してしまうそうだ。
 店にいるとこの界隈の店を訊かれることが多い。今後は店頭でのこうした問い合わせにもなるべく触れていこう。 I am the Law ―― 俺が法律だ!(しつこい)
 昨日はアジア系の男性にSDメモリーカードが手に入る店を訊かれた。 ベスト電器は2年半前に北大通から撤退してしまった。すぐそばのローソンを教える。

 アジア系の男性といえば、2階の喫茶ラルゴで先月から働いている、中国人留学生 周くんの評判がよい。 礼儀正しく仕事熱心。母国語はもちろんのこと、日英2ヶ国語にも通じている。 自分は日本語ですらたどたどしいので舌を巻いているところだ。
 さて先日、本店経由で北大通店にいらしたご夫婦。 ひとしきり歓談した後で、旦那さんが私にむかってこうおっしゃった。
 「あなたですか、最近ここで働いているという中国人留学生は……」
 口調がマジであった。

 3は東京からのお電話で。1年前に出た最新号だが在庫なし。 午後3時をすぎ、2階の喫茶ラルゴでソロ・シンガー 流(ながれ)さんのミニ・ライブが始まる。

 札幌からみえた方がお尋ねになった4と5。ついこの間まで在庫があった4が見当たらない。 5も運悪く店にない。関連書がまちがいなく置いてある本店を紹介する(当サイトの「文学」分野に掲載しています)。 明日売れたら本日分のヒットに組み入れよう。
  I am the Law ―― 俺が、と記したところで、特大の花火があがり空気がビリビリと震える。 「釧路大漁どんぱく花火大会」の真っ最中なのだ。大きな建物があるおかげで音しか聞こえないけれど。
 5打数0安打。打率 2割1分5厘。


2009年9月4日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. 小型の植物図鑑
  2. 茶道の本(表千家)
  3. ロシア語辞典
  4. 石川拓治 『奇跡のリンゴ』

 1、2は同じ方。前者が売れる。3は会話集が売れ、辞典はおとりおき。
 夕方ちょっとした買い物でご近所を訪ねたところ、ベストセラー4のご下問を受ける。 入荷の際はご連絡いたします。
 4打数2安打。打率 2割2分7厘2毛。


2009年9月3日 植物画家・マシオン恵美香さんの著書 『いまどきの患者』 発売

 植物画家・マシオン恵美香さんの著書 『いまどきの患者』 を 北大通店にて お取り扱いしています。
 詳しい内容につきましては、恵美香さんの ブログ を ご覧ください。

       ×       ×       ×

 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. セルバンテス 『ドン・キホーテ』
  2.  旅情ミステリー小説
  3.  小林正観
  4.  タンゴやシャンソンのCD
  5.  三浦綾子 『積木の箱』
  6.  半藤一利 『昭和史』 全2冊
    (平凡社ライブラリー版)
  7.  編み物とメディスンの本
  8.  外国人向けの日本語が勉強できる本
  9. 『キャンディ・キャンディ』
  10. 織物の本
  11.『正法眼蔵』
  12.シェイクスピア 『マクベス』
  13.ヴァレリー『ヴァレリー文学論』
  14.フライターク 『戯曲論』
  15.三浦綾子 『積木の箱』
  16.サン=テグジュペリ

 スペインを愛する常連さんが、再読したくてと『ドン・キホーテ』をお探しにみえる。
 当店在庫は、岩波文庫の旧訳全6巻本のうち正編3冊と、会田 由翻訳の晶文社全4巻本のうち1巻目のみ。 前者は文字が小さくて読み通せる自信がないとお客さま。後者も調べると絶版扱いですぐには揃いそうにない。
 新刊書店で岩波の新訳版を見つけるよと、代わりに奥様からのリクエストである2をお尋ねに。 昨晩並べたばかりの梓 林太郎の稚内ものを選んでいただく。
 自分も昔の文庫本の文字の小ささが気になる年齢になってきた。

 5と6はそれぞれ別のお電話で。最近少しまとまって入ってきた三浦綾子だが、これはお応えできず。
 『昭和史』は第1部の単行本のみ在庫あり。ただし廉価版のほうで2冊まとめてご希望のため、あえなくアウト。

 7はロシア人と思しき母子より。雑誌 「婦人生活」 昭和31年9月号付録 「秋の洋裁と編物」は太刀打ちできず。
 間をおかず日本人とロシア人の女性2人連れが8と9を。8は適当なものがなかったが、露和辞典をお求めいただける。 クルーズ客船 飛鳥IIの寄港と関係あるのかしら。

 11は岩波の「日本思想大系」 「日本古典文學大系」などあり。 講談社文庫版の『道元語録 正法眼蔵随聞記』のほうをお買い上げ。同じ方からの12〜14、全滅。

 夕方本店からかかってきた電話で、本日2度目の『積木の箱』を受ける。 第5打席の電話の方が本店にお見えになったのだろうか。それとも読書会の課題図書にでも選ばれたのだろうか。 テレビドラマ化か、偶然か。考えたところで本はなし。
 今年は三浦綾子の没後10年である。

 最後は新潮文庫の『夜間飛行』でクリーンヒット。内藤 濯の『星の王子とわたし』も勧めてみるが、こちらは空振り。
 16打数4安打。打率 2割1分4厘2毛。

2009年9月2日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. マンガ
  2. 椎名 誠 『続 岳物語』
  3. マーシャル 『経済学原理』
  4. 角川書店の雑誌 「短歌」
  5. ボワロー&ナルスジャック、
    ジョルジュ・シムノン、
    W・アイリッシュ(C・ウールリッチ)、
    藤沢周平
  6. ステンドグラスの本

 「ここってマンガは置いてないの?」
 当店でもっともよく訊かれる質問は、これかもしれない(とりわけ若い皆さんに)。 よっぽどマンガから縁遠い店のように思われているのであろう。
 もちろんそれらだって少しは奥のほうの棚に並んでいるのであって、 その証拠に本日はオハヨー出版発行の園山俊二 『花の係長』全5巻セットなんて品を仕入れているのである。
 あいにく最新の人気コミック目指して投げかけられたにちがいない先の問いは、 まずもって叶えてさしあげることができないのだけれど。

 2は文庫版がドンピシャリ。フルスイングで打ち返す。
 3は全4巻のうち、あるのは2巻目のみ。 4は在庫なし。無理を承知で、短歌新聞社の「短歌現代」バックナンバーならありますよとお見せする。代わりにはならず。

 同じ方からの矢継ぎ早の4連投が5。いずれの作家もなにかしら在庫があり、アイリッシュの『幻の女』が売れてゆく。
 具体的な作品名は抜きにして複数の作家名を連続して告げられた場合、特例としてひとつにまとめてしまうことにする。 なので5はヒットにカウント。 I am the Law ―― 俺が法律だ!
 6は電話でのお問い合わせ。
 6打数2安打。打率 2割0分5厘8毛。


2009年9月1日 目指せ!3割バッターへの道〜
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


  1. 蛇蔵・海野凪子
       『日本人の知らない日本語』
  2. 西城秀樹のシングルレコード
  3. 戦国時代について書いてある本

 1の方が見せてくれたメモには、村上春樹 『IQ84』の書名もあったが、そちらは訊かれなかったのでカウントせず。
 2は先週行われた第4試合の8打席目において、菊池桃子のシングルレコードをお尋ねになった常連さんより。 今回もお電話にて。今回もお応えできず。ヒデキ、惨劇!強打者出現の予感。
 3は豊臣秀吉ものをお求めいただく。親御さんへのプレゼントだそうで。
 3打数1安打。打率 1割9分3厘5毛。


2009年8月31日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


  1. 水墨画の本
  2. 廉価版の名作映画DVD
  3. フェルメールの画集
  4. 文庫本
  5. 中央公論社版 『世界の名著 1
          バラモン教典 原始仏典』
  6. 伊達政宗について書いてある本

 1、2は複数在庫があったものの空振り。4はお探しの分野、作家、作品など教えてもらえず。余計なお世話だったか。
 6打数0安打。打率 1割8分6厘4毛。


2009年8月30日 ラルゴ ライブ 「ハシケン×江藤有希」

ハシケンさん、江藤有希さん、 素晴らしい歌と演奏をどうもありがとうございました。 ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

ハシケン さん の ウェブサイトは  こちら です。
江藤有希 さん の ウェブサイトは  こちら です。

さらにさらに、スイーツ奉行のお二人によるブログ
「ドルチェ・べつばら」 も更新中。


ラルゴ ライブ 「ハシケン×江藤有希」 より

       ×       ×       ×

目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


  1. 「少年少女 こころの図書館」シリーズ
  2. BLANKEY JET CITYの写真集
  3. 小学館DVD BOOK「魅惑のオペラ」
    04 プッチーニ:トゥーランドット
  4. 絵本
  5. 結納について書いてある本
  6. マンガ(『こち亀』とか)

 1は本店からの電話にて。あちらのお客さまがお探しのもの。 全日本家庭教育研究会というところから出ている児童文学のシリーズであった。 「ちくま少年図書館」なら多少あるんだがなァ。 3もお電話。常連のお客さまから。1〜3全滅。4もお探しのものはなかったよう。
 冠婚葬祭の本が売れる。『こち亀』はなし。
 6打数1安打。打率 2割0分7厘5毛。


2009年8月29日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


  1. 新古今和歌集
  2. メアリー・マッカーシー 『グループ』
  3. 経済のおもしろい本
  4. 五木寛之 『青春の門』
  5. シャンソン系のCD
  6. 北村薫 『街の灯』(文春文庫)
  7. 島 成郎 『精神医療のひとつの試み』

 1は岩波文庫の新訂版があったが、旧版のため文字が小さい。 河出「日本の古典」の同作収録巻も在庫ありだが、菊版なのに本文二段組のため、これまた読むのが一寸しんどい。 岩波の「日本古典文学大系」、小学館の「日本古典文学全集」、「新潮日本古典集成」、いずれもお目当ての巻がない。
 かろうじて小学館の「完訳 日本の古典」の新古今2巻本のうち1のみあり、文字も大きくお眼鏡に叶う。

 2はちょうど同じ作者の『アメリカの鳥』新訳が、河出の「世界文学全集」で出たばかりであった。
 82年の本店創業時から通ってくださっている、御年90ウン歳になる方からの御下問が3。 まだまだ勉学に励んでいらっしゃる。4、5ヶ月ぶりくらいにお会いできてうれしかったです。
 その後は4〜6在庫なし。7が売れる。
 7打数2安打。打率 2割1分2厘7毛。


2009年8月28日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. ユージン・スミスの写真集
  2. 見積書
  3. 吉田ルイ子の写真集
  4. 佐藤朝子 『ひとりの老後ノート』、
  もしくは葬儀の手順について書かれた本
  5. 源氏鶏太
  6. 『医師がすすめる
     「野菜スープ」ダイエット』
  7. 乃南アサ、山本幸久、小路幸也、
   椰月美智子、窪島誠一郎、庄野潤三、
   庄野英二、題名に「楽しい」とつく日本地図の本
  8. 相田みつを
  9. 早乙女勝元 『東京大空襲』
  10.辺見 庸 『もの食う人々』
  11.吉見義明 『従軍慰安婦』
  12.釧路在住者による句集
  13.絵本

 1は在庫なし。お客さまがお帰りになった後、ダメ元でタイム ライフ ブックスの大型本 『The Best of LIFE』を勧めてみればよかったと反省する。
 見積書の方には、2軒お隣りの佐藤紙店さんをご紹介。
 吉田ルイ子は文庫版 『自分をさがして旅に生きてます』 と 『南ア・アパルトヘイト共和国』が在庫あり。 どちらもお持ちということであったが、道外から来ているというその方とは少しお話を。お仕事で長期滞在しているのだとか。 写真がお好きらしいので、 釧路芸術館 で明日から開催される 「マイケル・ケンナ 写真展」をお教えする。

 4と5は同じ方。4は刊行されたばかりの前者はなし。後者は適当なものがあった。
 一時はあんなにたくさんあった源氏鶏太の文庫本も、今は『招かれざる仲間たち』の親本が1冊あるきり。ともにお求めいただく。

 7は庄野潤三をお買い上げいただいた読書家の常連さんからのリクエスト8連投。 在庫ありの作家もいるが、いずれも空振り。 打率をこれ以上下げないための特例として、ひとつにまとめてしまおう。 I am the Law ―― 俺が法律だ!

 相田みつをは 釧路市立美術館で全貌展を開催中。 9〜11は同じ方。9のみ在庫あり。
 12は自身の作句の刺激にしたいという旅行者の方。 当地の同人誌 「才〓会文藝誌 墨のささやき 第五集」(平18刊)をお買い上げ(〓は へんが「耒」で つくりが「子」)。
 13打数4安打。打率は2割ちょうど。


2009年8月27日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1.船井幸雄 『人生 「いい生き方」の見つけ方』
  2.西村京太郎 『飛騨高山に消えた女』
  3.高橋治 『風の盆恋歌』と同じ
   越中八尾を舞台にしたスリラー小説
  4.軽くて薄いドイツ語会話集

 船井本はPHP文庫が1冊あるのみの当店。 題名うろ覚えで、今思えば「人生」がつく別の本だったような気もするが、どちらにせよ在庫分は該当せず。
 2と3は常連の男性が奥様のリクエストで。 3を調べると、『風の殺意・おわら風の盆』という本を発見。作者はもちろん西村京太郎。
 4打数0安打。打率は1割4分8厘1毛。


2009年8月26日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1.英語、ドイツ語、イタリア語の辞書
  2.東洋文庫
  3.タンゴやシャンソンのCD
  4.日本海軍艦艇の図面が載っている本
  5.玉置浩二のCD
  6.改造文庫
  7.山田勝義 『中国名詩鑑賞辞典』
    (角川小辞典)
  8.菊池桃子のシングルレコード
  9.花火の本

 外国語の辞書をお探しの方は、本日は下見だそう。英語と独語は複数冊あり。伊語は辞書はなくて、会話集が2冊。
 2、6、7は同じ方。改造文庫は数冊購入していただけたが、他にも在庫がないか尋ねられる。 この方には、このところ絵本をたくさんお売りいただいており、 本日は至光社の雑誌スタイルの絵本シリーズ 「こどものせかい」を20冊以上。順次棚に並べます。

 8は常連さんからのお電話で。
 『もう逢えないかもしれない』がありましたよ〜とお伝えすると、 『ガラスのなんたら』ってのはない?と返ってくる。三遊間を抜ける当たりかと思ったのですが、惜しい。
 「もう逢えないかもしれない 思い出だけが 心に重くて ねぇ 折れそうです」と口ずさんでいると、9のご依頼。 1冊だけあった関連書、清水武夫 『花火の話』(河出書房新社)がジャストミート。 レフトスタンドへ鮮やかに吸いこまれていきました。たまや〜。
 本日9打席目にして初安打 初得点。打率は4試合で1割7分3厘9毛。

 ちなみに花火といえば、9/4(金)から6(日)まで 釧路大漁どんぱく花火大会 が開催されますが、中日の5日、北大通店2階 喫茶ラルゴでは歌手の流(ながれ) さんによる釧路初ミニライブが行われます。
 三尺玉をはじめ、およそ8,000発の花火が釧路川河口周辺をいろどる土曜日、 花火見物とあわせて流さんのしあわせライブをご堪能ください。
 詳細は こちらのページ をどうぞ。


2009年8月25日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1.ブルースのCD
  2.いとうせいこう 『解体屋外伝』

 1の方はエルモ・ウィリアムズ&ヘゼキア・アーリー、ジョー・ルイス・ウォーカーの2枚をお買い上げ。 いとうせいこうは1冊もなかった。
 2打数1安打。通算打率 2割1分4厘2毛。


2009年8月24日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1.マンガ
  2.掛谷宗一 『積分学』(岩波全書)
  3.宇江佐真理
  4.加山雄三とかのCD
  5.監督や脚本家など
   映画の作り手について書かれた本
  6.ブルース・リーに関する本
  7.星野一風 『資本の論理メディアの倫理
   ―北海タイムス崩壊のドキュメント』

 1をお探しの母子は最近の人気作をお探しだった模様。まったく歯が立たず見逃し三振。
 2〜4、7もお応えできず。ただしそれぞれ別の本をお買い上げいただく。
 該当する本が比較的棚に並んでいた5。 ジェイムズ・モナコ 『映画の教科書』(フィルムアート社)など、何冊もまとまって巣立っていった。 同じ方による6は 『死亡の塔』のパンフレットしか在庫なし。
 7打数1安打。打率 1割6分6厘6毛。


2009年8月22日 目指せ!3割バッターへの道〜
  北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


  1.ハリー・ポッターの携帯版
  2.中条省平 『文章読本』
  3.足の痛みに効く本
  4.宇能鴻一郎

 1と3は空振り三振。掠りもせず。
 2もお応えできず、代わりに同じ著者の『映画作家論』と『読んでから死ね!現代必読マンガ101』を勧めてみるものの玉砕。
 なぜか4のみストックから16冊も出てきて焦る(中公文庫の『鯨神』を含む)。内2冊お買い上げ。
 4打数1安打。打率は2割5分。

 とここまで記したところで、

  5.美内すずえ 『ガラスの仮面 13巻』

 のお問い合わせ。在庫なし。5打数1安打。打率下がって2割ちょうど。 帰ってエポック社の野球盤で精進します。
 そんなわけで中途半端に今ごろシーズンが開幕したこのコーナー、飽きるまでつづきます。


2009年8月7日 第62回 くしろ港まつり のご紹介

 本日より3日間、第62回 くしろ港まつり が開催されます。
 かつての「港くしろは日本一ィ〜」(三波春夫)の時代を知らない世代にはピンとこないかもしれませんが、 これは紛れもなく港とともに発展してきたマチの歴史をたたえるためのお祭り。 幣舞橋周辺では舟漕ぎ大会、釧路川の渡し舟体験、ボートレースなど、川と海にちなんだ行事が目白押しです。

 まつりのメインは、3つのパレード。7日(金)は 大漁ばやしパレード、8日(土)は 市民踊りパレード、9日(日)は 音楽パレード と日替わりで登場し、通りを人で埋めつくします。
 また土・日曜日は、北大通6丁目から13丁目までが歩行者天国 になります。
 美味しいお店、楽しいお店が大集結する北大通テント市 を始めとして、 郷土芸能、極真カラテ、相撲甚句、こども蝦夷太鼓、一輪車、書道、野点、生花、ダンス、コンサート、釧路高専など、 さまざまな演技や作品の発表展示がお待ちしています。
 ちびっ子広場を設けての遊具解放や移動ふれあい動物園、夏の雪だるまづくりなど、お子さまが楽しめる催しも。

 幸いなことに祭りの期間中、天気予報から傘のマークは消えました。お近くの方はぜひどうぞ。 釧路の短い夏を謳歌しましょう。
 催しによって時間帯がちがいます。 釧路市役所のウェブサイト で 港まつりパンフレットのpdfファイルがダウンロードできるので、ご確認ください。

 今晩は、北大通店2階の 喫茶ラルゴでニール・ヤングづくしのライブをやります。
 演奏するのは、「ニール西方 AND クレイジームーン」。ニールをこよなく愛する面々が集いました。 大漁ばやしパレードに負けるもんか〜。


2009年7月29日 北大通にヘビがでた!

 北大通にヘビがでた!
 さっきすぐ裏で見たんだよ、ロープかと思ったら、スルスルっと逃げてったんだと 商店街の方がお昼にコーフンの面持ちでご報告。30センチくらいの細っこくて茶色いやつだったそうです。
 気分はもう川口浩探検隊。
 新聞のラテ欄に煽り文句が躍ります。
 「恐怖の猛毒大繁殖!巨大毒蛇キングコブラ数万大群をシャッター通りに捕獲せよ!!」


2009年7月28日 呪いなのです

 さようなら、直哉。達者に暮らすんだよ。 ようこそ、啄木、朔太郎、久作、敏雄。好きなだけここにいておくれ。
 長いこと棚で埃をかぶっていた『志賀直哉全集』(旧版)16冊が売れてホッとしたのも束の間、 入れ替わるように筑摩の『石川啄木全集』や『萩原朔太郎全集』、三一の『夢野久作全集』、晶文社の『島尾敏雄作品集』などなど、 ごつい全集の類いがウン十冊入ってきました、北大通店です。
 おかげで、店内通路がさらに険しさを増しております。 彼らに好きなだけいられるのは、一寸つらいかも。早くお婿にいっておくれ。

 先週土曜日のこと。ご夫婦と思しき男女のお客さまがお見えになりました。
 女性の方が目をキラキラさせて、乱雑きわまる店内を見まわすと、
 「うわ、ここも本店みたいになってきた!」
 なんだかとってもうれしそう。笑いのツボに入ったとでも申しましょうか。 大好物にありついた小さなお子さんのように、大きく身をよじらせて喜んでくださいます。
 先日いらした着物の青年とは異なり、お二人とも古本屋での買い物には慣れているよう。 それもそのはず、本店の古くからのお客さまでした。
 お会計の際に「本がいっぱいになって、本店に似てきたみたい」と、奥さまが再度おっしゃいます。
 調子に乗ってもっともらしい顔で、 「これは呪いなのです。何者かにおそろしい呪いをかけられてしまったのです」と答えると、 これまた大喜びしていただけました。

 ホッカイドウ・マガジンを謳う 「カイ」 誌の最新号が出ています。
 特集は「古本と。ジャズと。」(豊文堂書店も取り上げていただきました)。
 札幌の古書店店主の方が、古本屋はなぜ雑然としているのか問われて、 「ひとえに古本が持っている過剰なまでのエネルギーのせいです。 一冊一冊が新刊本とは比較にならない力を持っているために、制御しきれないのです」 と語っておられました。
 「呪い」の一言で片付けた語彙の乏しい奴はどこのどいつだ! でも、古本のもつ得体の知れなさを指摘したものとしては、なにやら似ている。単にズボラと呼ぶなかれ。

 ここ1ヶ月以上、週末を中心に釧路は雨降りばかり(今日は晴れましたが)。 店内にもキノコが生えてきそうです。


2009年7月21日 盗難事件

 駅裏の本店で、外の均一本を置くのに使ってきた木製の台が盗まれました。
 定休日だった昨日の夕方、社長が用事で店に寄ったときに気付いたそうな。
 十数年前、廃業した炉端からいただいてきたものだといいます。 備品としてだけではなく、信号待ちの爺ちゃん婆ちゃんが腰かけるのにも重宝されていたといいます。
 長年雨風にさらされたおかげで、ときにキノコが生え、 ときにワラジムシが巣食いしてきた、物の怪一歩手前の代物だというのに、酔狂な泥棒もいたものです。
 均一本の呪いで、マタンゴになっちゃえばいいのに!


2009年7月12日 倉庫みたい

 本日の釧路は、日中の気温がめずらしく20度を越え、涼しい夏真っ盛りといったところでした。
 厳島神社の例大祭にあわせて、日曜定休日の北大通店も臨時営業をしてみましたが、 露店なんぞが集まっている賑やかな区域から微妙に離れており、とりたてて売り上げに影響はないようでございます。

 「ラノベありますか〜?」
 夕方、着物に身を包んだ若者が入ってくるなり発したフレンドリーな第一声。
 たぶん初めてのご来店。1冊も置いていないことを知ると、 「じゃあ、マンガはありますか?や、こういう店にはないかな〜」と一人合点をします。
 慌ててマンガの棚にお連れしたところ、どうやらご所望の品はなかったようです。 改めて店内を見渡し、
 「ここは何屋さんですか?」
 「古本屋です」
 「へ〜、これが……。なんか倉庫みたいだな」
 カウンターに戻ろうする私の背を、彼の呟きが撃ちました。そ、倉庫って。ダメだ、吹き出してしまう。

 お帰りの際にもう一幕あり。
 「なんか、この店ボクの趣味には合わないなァ〜」
 「いろんな趣味の方がいますからねェ」
 「ここって、倉庫みたいですね」
 「(あ、2回目言った!)」
 「図書館の読まれなくなった本だけ集めた倉庫みたい」
 なはは。どんな倉庫だよ。
 コンチクショーと憤慨しているのではありません。中らずと雖も遠からず、ですし。 なにより彼の口ぶりが笑っちゃうくらいあっけらかんとして、悪意がありませんでした。
 魔法をかけられ、心の中で思ったことがすべて勝手に口から出てきてしまう正直者の民話を、昔読んだことがあったような。
 もっと根掘り葉掘り聞いてみたかったです。思い出し笑いが止まりません。

 その倉庫みたいな北大通店を紹介してくださっているのが市内のカレー屋 ガルガンチュワさんの ブログ 。 6月19日付けの記事には本店も。
 どうもありがとうございます!

 追記:数日後に読んだ望月ミネタロウの新刊『東京怪童』。 主人公が「心の中で思ったことがすべて勝手に口から出てきてしまう」青年でした。


2009年7月10日 みるく(弥勒) 沖縄八重山民謡ライブ

 こちら 、 日曜日に北大通店2階 喫茶ラルゴで行われた「みるく(弥勒) 沖縄八重山民謡ライブ」を伝えるブログ記事。
 執筆されたのは、目下ラルゴで植物画展をひらいているマシオン恵美香さんです。 それはそれは楽しんでいただけたようで、ささやかながらお手伝いした者として、たいへんうれしい。
 アットホームなライブを指して、みるくのお二人のおうちに招かれたようと語ったお客さまもいらしたとか。同感です。

 喫茶部長(in ラルゴ)は、小浜哲夫という人の『シベリアの三線』(みなと印書) を取り上げたBOOさんの朗読が心に残ったそうな。 沖縄出身の著者がシベリアの収容所で思いがけず三線の音色に再会した、その場面が目に浮かぶようだったといいます。
 BOOさんのピアノ伴奏を得て、てるみさんが言の葉をつむぐ「花」は、この日のハイライトではなかったでしょうか。
 「いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ」。 歌詞にあわせて、てるみさんの両の手が天から舞い降りてくるものを受け止めるように、 そしてその手のひらから花が咲きこぼれるように、気持ちのこもったやわらかい動きを見せるのですが、 よいものを見せてもらいました。

 終演後、恵美香さんがご自身のポストカードを差し上げていたので、私も負けじとプレゼント。
 まだ見ぬヒグマの怖さに震え上がるBOOさんに、その生態を知ってもらう一助になればと、 今野保の『羆吼ゆる山』(中公文庫版)をお渡ししました。 逆効果だったかも。でも手近にあった初心者でも読めそうなヒグマ本は、これしかなかったんですもの。

 みるく(弥勒) の ウェブサイトは  こちら ですよ。

演奏中の みるく(弥勒) のお二人


2009年7月7日 路上

 夕方、アサヒグラフ別冊の美術特集号に値段をつけていたら、 開けっ放しの玄関ドアの向こうからギターの音、次いで歌声とハモニカが聞こえてきました。
 誘われるように外へ出ると、北大通店前のベンチに佐藤しんさんが腰掛けていました。
 しんさんは釧路生まれの男女デュオ・スノウの作詞作曲・ギター担当。 去年の春に見たライブを最後にしばらく音沙汰がなかったのですが、先日久々にご来店してくださったときに 2階の喫茶部長がラブコールを送ったところ、この日突然の路上ソロライブの開催で応えてくれたのでした。
 作りためていた未発表曲ばかり5曲、しばらくおいて、また数曲。
 早朝の別保公園で蚊に悩まされながら練習したという新曲を披露するしんさん、 家路を急ぐ人々や旅行者たちが行き交う北大通で思いきり歌うことができて、清々しい顔をしていました。
 街には歌が必要だ。
 夕暮れどきに響きわたるのびやかな歌声に、衰退著しいこの通りへのメッセージを確かに聞きとりました。




2009年7月7日 狐の子

 北海道 十勝管内 広尾町 山フンベ辺りにて。




2009年6月16日 スタンプ

 釧路川での長期滞在を終え、新天地の納沙布岬界隈で、 仲間たちとくんずほぐれつしている という野生のラッコ・くーちゃん(オス)。
 釧路市民の熱も冷めてしまったかと思っていましたが、どうやらそうではない模様です。
 当店も参加しているくーちゃんシール プレゼント スタンプラリー ―― ただいま北大通の路面店数十軒では、くーちゃんの写真をあしらった特製ポスターを掲示しておりまして、 それら参加店のうち3店分の証明印を集めると、先着999名にくー坊のプリクラ風シールを差し上げております―― への反響が予想外に大きく、スタンプを求めに日に何人ものお客様がお立ち寄りになるのです。
 嗚呼、今ここにラッコの本が腐るほどあればいいのに!

 それはさておき、スタンプラリー用に目下大活躍しているのが「豊文堂」と彫られた消しゴム判子です。
 北大通店2階 喫茶ラルゴで開催している「絵手紙と遊印の五人展」の中心人物、 中標津町在住の小野寺がく さんが作ってくださいました。 押せば押すほど、よい按配。重宝いたします。
 小野寺さんらの展示は明日で終了しますが、スタンプラリーは今月いっぱい(シールがなくなるまで)開催の予定です。 浪越徳治郎ばりに押しますよ〜(押す意味がちがう)。


2009年6月10日 3度目のリクオ ライブ

 北大通店おとなり、ささき画廊さん前の桜は散ってしまいましたが、 本日その樹のそばに夏ツバキの苗が植えられました。
 ピンクの花が咲くタイプだそうで、見逃さないようにしなければ。

 5/29(金)の晩、喫茶 ラルゴで行われたピアノマン リクオさんのライブ。 この店で鍵盤を弾き、歌ってくださるのは3年連続3回目となります。
 始まりこそ客席も含めて多少硬さが感じられたものの、 手拍子や掛け声といった観客参加の余地がふんだんに作られることで、 歌うごとに空気はほぐれていきました。 終盤はノリノリのリクオさんに圧倒されるほど。

 去年も歌っていただいた「ぬくもり」、やはり名曲です。

 信じてるのは 愛だとか恋じゃない
 言葉よりも 抱き寄せたぬくもり

 という歌い出しの歌詞 (作詞作曲は、ともにリクオさん)。 他ならぬ言葉の力を借りて「言葉よりも」と言い切るところに、 想いを言葉にのせることへの覚悟やら、強さが逆説的に実現しているようで、聞くたびに動揺してしまいます。
 ラルゴライブでの私の定位置、階段の上がり口に設けた受付席でひとり階上の演奏を聞きながら、静かに涙したのでありました。

 最近はまっているという、映画「男はつらいよ」シリーズへの思い入れたっぷりのお話あり。 旅から旅へのミュージシャンとはテキ屋稼業の寅さんと同じで、いうなれば「実演販売」のようなものというアナロジーも。
 その実演のプロがアンコールで披露したのは、先ごろ亡くなった忌野清志郎とのかつての共作曲「胸が痛いよ」。
 「清志郎さんはずっと思春期だったような人」という評言、 そして「40代には40代の、50代には50代の思春期がある。それを歌っていきたい」 という、残された者の決意の言葉が心に残りました。
 こちら は、リハーサル時の画像です。

 公式サイトの 「KIMAGURE DIARY」の5/29の欄をお読みください。リクオさんが釧路のことを書いてくださっています。


2009年5月26日 桜

 北大通店おとなり、ささき画廊さん前の桜が先週から咲きはじめました。
 花見酒と洒落こみたいところですが、外はまだ肌寒い釧路の街です。




2009年5月14日 「カムバック くぅちゃん 荻山勝之 ラッコの生態漫画展」

 本日より北大通店2階 喫茶ラルゴではじまった「カムバック くぅちゃん 荻山勝之 ラッコの生態漫画展」。
 くしろ ふるさとカルタの絵札を手がけるなど、パワフルな活動で知られる絵描き職人、荻山勝之さんが 釧路川の人気者となった野生のラッコ、くーちゃんを存分にイラストにしてくださいました。
 展示の題名に「カムバック」とあるのは、渦中の男の子が姿を消して1週間になるため。 どうやら長期滞在を終え、次の目的地に旅立っていったようです。

 さて、釧路川からいなくなるのと時同じくして、70キロ東の釧路管内 浜中町に ラッコ出現のニュースあり。 当地で「くーちゃん」と呼ばれていたのと同じ個体か確認はできませんが、早くも「ハマちゃん」と名付けられた模様です。
 折りしも道東の中標津町では、映画『釣りバカ日誌20 ファイナル』のロケで近々本物の浜ちゃんが乗りこんでくるといいます。 ハマちゃんと浜ちゃん、獣と人間の間で巻き起こるにちがいない釣りバカバトルの顛末とは。
 釧路―浜中 一匹二役トリック(もしくは二匹一役)の謎と合わせて、興味はつきません。

 謎といえば、ラルゴ店内で主役のラッコを差しおいて、いちばん目立つ展示場所に飾られた 美しい女性の絵。 はたして彼女は何者なのか。その視線の先には何がうつっているのでしょう。 絵描き職人とラッコと絵の中の女性を結ぶトライアングルが妖しくきらめきます。

 謎が謎よぶラッコの生態漫画展。ドラマチックな予感を乗せて、本日開幕です(なんのこっちゃ)。




2009年5月5日 花大臣、動き出す

 当地釧路も5月に入り、なんとなく春が来たと呟いてみても罰があたらない程度に暖かくなってきました。
 北大通店の花大臣(in ラルゴ)も待ちきれず、本日午後ついに今年度の活動を開始。
 手はじめに店の前にビオラの花が敷きつめられました。今後の展開が楽しみであります。




2009年4月25日 園長のミニ・ギャラリー

 ただいま北大通店1階古書部では、ゲリラ的にミニギャラリーを開催しています。
 下の画像がその展示風景。
 絵師は、釧路市芦野5丁目で美容室 「HAIR ZOO CU CHULAINN」(ヘアー ズー クーフーリン)を営む青年。 店名にZOOとあるように、名刺の肩書きは「園長」になっています。
 ハードロック好きで、ご自身もミュージシャンのイラストを描くようになったそうです。
 聞けば、豊文堂書店に芦野店があったころ、幼き園長さんは本を買いによく通ってくれたのだとか。 そして現在、長じて自分の店をもった彼の手で、当店社長が髪を切ってもらっている。 伝聞ばかりの文章なのは、私、北大通店がまだ園長にお会いしたことがないため。 しかし社長の話ぶりから、彼の人柄が浮かんでくるようです。
 期間は決めていませんが、しばらくの間、飾っています。お立ち寄りの際はご覧になってみてください。

 ちなみに、左で宙に浮いているCDは、カラスよけのものではありません。




2009年4月21日 地図の基礎知識について

 4月23日(木)、釧路地方の地名を考える会による無料講演会が開かれます。
 題目は「地図の基礎知識について」
 講師は釧路市立博物館 学芸員の石川孝織さん。 博物館発信による「石炭基礎講座」を息の長い企画に育てあげた立役者でもあります。

 小学2年生からの地形図好きで、上級地図専門指導者でもあられるという石川さんです。 地図のおもしろさをわかりやすく説明してくださることでしょう。

会場:アクアベール
   (釧路市 栄町8-3) 3階 檜扇
日時:4月23日(木) 午後6時〜7時

 ちなみに、少し前まで当サイトのトップページを飾っていた こちらの写真こちらの写真 も、石川さんの撮影したものです。


2009年4月18日 橋本洋子 新作オリジナル バッグ販売展

 下の画像は、北大通店 2階の喫茶ラルゴで開催中の 「橋本洋子 新作オリジナル バッグ販売展」の模様を伝えるもの。
 両手に花ならぬ、両手にバッグを掴んでいるのは、ラルゴの喫茶部長D氏であります。




     ×      ×      ×

 本日より北海道立釧路芸術館 と 釧路市立美術館 の共同開催による 企画展 「日本画名品100選  遠き道 はて無き精進の道程 が始まりました(6/7(日)まで)。

 共同で開催するとは、文字どおりの意味です。
 日本三大公募展(「日展」 「院展」 「創画展」)の受賞作品100点が、芸術館と美術館に半分ずつ振り分けられており、 両館のあいだに位置する釧路川、そこに架かる名橋・幣舞橋を行き来することで、はじめて展示の全貌が姿を現します。 150号を超える大作がおおぜい集結するためという物理的な事情もあるようですが、 近距離に2つの美術館を合わせもつ、街の特性を活かしたおもしろい試みだと思います。

 1ヶ月半に及ぶ期間中は、北大通界隈のお店を巻きこんだ スタンプラリーも行われます。
 レストランに喫茶店、お菓子屋さんにラーメン屋さん。 洋服屋さんに靴屋さん、文房具屋さんに画廊さん。 鑑賞するともらえる台紙に、ラリー参加店の一覧がのっています。 各店ごとに特典がありますので、お買い物の際にお見せください。
 豊文堂書店 北大通店も協賛しています。
 期間中ラリー参加者の方、1回に限り全品1割 お引きいたします (1階 古書部のみ有効です)。
 スタンプが10個たまると、両美術館のオリジナルグッズなどが当たります。

 大掛かりな展示にふさわしく、関連企画も満載です。 詳しい情報は、 北海道立釧路芸術館 の ウェブサイトでご確認ください。


2009年4月8日 釧路市書店マップ

 できたてほやほや、 市立釧路図書館 作成による「釧路市書店マップ」が、豊文堂書店にも入荷しました。
 当店社長によりますと、以前釧路の古本屋だけを集めた地図を作ったことがあったそうですが、それも今は昔のおはなし。 今回の試みは、新刊書店と古本屋を分け隔てなく紹介しているところが画期的です。

 釧路駅を中心に何軒も書店が集まっていることが、地図を見るとよくわかります。 豊文堂書店の本店と北大通店も、駅をはさんで北と南に位置しています。
 「この春釧路で新しい生活を始める人も、生まれたときから釧路住まいな人も、 地図を片手に街をぐるりとめぐってみませんか? あなたの生活を応援してくれる本屋さんが、きっと見つかります」の一文あり。
 各店のコメントも付されており、読み比べてみるのもおもしろいですね。

 本店、北大通店、喫茶ラルゴで無料配布しています。


2009年4月2日 タンチョウをめぐる旅

 釧路市立博物館では、4/4(土)午後2時から3時半まで、 「タンチョウをめぐる旅 〜中国・韓国の越冬地のツルたち〜」 と題して、入場無料の講演会を開きます。
 今年1、2月に調査された同じアジアのタンチョウ越冬地の最新情報に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
 釧路市立博物館のウェブサイトは, こちら です。


2009年4月1日 ようこそ釧路へ

 前回ご紹介した浅倉南こと いとうあさこさんの当該シーンですが、 you tube で見られますよと、ご常連の方から教えていただきました。
 華麗なリボンさばきにうっとりしてください (注記 後で確認したところ 「この動画は、Fuji Television Network, Inc. さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました」 とあり、うっとりできなくなっていました)。

 さて釧路で1戸建てが買えたことに気付いてしまった南ちゃん。 彼女の揺れるハートを道東移住へ向けて引きよせようと、 釧路市立博物館では、この春釧路に転居してくる方々を対象にした展示解説 「ようこそ釧路へ」を催すことになりました (あ、南ちゃん云々はエイプリル・フールの冗談ですので、怒らないで)。

 由無し事はともかくとして。

  4/18(土)・19(日) 午後2時〜3時
 釧路市立博物館において 展示解説 
  「ようこそ釧路へ」 が 催されます。

 博物館の学芸員さんが 来館者の皆さんとともにテーマ別の展示フロアを巡りながら、 釧路の街の自然、歴史、人々の暮らしを分かりやすくお話しいたします。
 新たに転居されて来た方に限りません。
 これまで博物館を利用したことのない 釧路在住者の方も大歓迎ですよ。
 個人的には、ここにくるといつも、2階の川崎船のなめらかな船体に見入ってしまいます。


集合場所=釧路市立博物館 1階マンモスホール (春湖台1-7) 入場無料・申込不要
博物館の開館時間は、午前9時30分〜午後5時です (常設展示室への入室は 4時30分まで) 。
詳しくは 博物館のウェブサイト へ。


 当地を新発見するであろう転勤・新入学組だけではなく、 古くからお住まいの方も、釧路再発見の手立てのひとつとして、ぜひどうぞ。


2009年3月26日 釧路で1戸建てが買えた!

 特別展 私の博物館 「小林 東さん流 落語家の粋な世界 〜にぎやか小物コレクション〜」 を開催中の 釧路市立博物館 から、緊急特報が舞いこみました。

    ×     ×     ×

 特報 展示解説・落語実演 行います!

 市内の老舗ジャズ喫茶「ジス・イズ」のマスターにして、本特別展の資料提供者でもある小林 東さんに、 展示品の解説をしていただくことになりました。
 落語の魅力やご自身の資料について、大いに語っていただきます。 また小林さんの助っ人、瀬戸策謙さんをお招きして実演披露の時間も設けます。

 日時 平成21年3月29日 (日)
  特別展最終日 11:00〜12:00

 会場 釧路市立博物館
  1階マンモスホール(釧路市春湖台1-7)

 内容
 (1)小林さんによるトーク
  落語との関わり、その魅力、資料について

 (2)落語の実演
  瀬戸策謙さんによる実演と、展示資料の使い方の解説

 (3)小林さんと瀬戸さんの対談、落語への思い

   入場無料。お申し込みも不要です。当日、時間までに会場へお越しください。
 皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。

     ×     ×     ×

 80年代に一世を風靡した あだち充先生の大ヒットマンガ 『タッチ』。
 そのヒロイン、 浅倉 南 の20年後の成れの果てを元気よく演じてみせる (自己紹介の台詞は 「浅倉 南、38歳です!」)アラフォー世代の独身お笑い芸人 いとうあさこ さんをご存知でしょうか。

 昨晩放送のテレビ番組「爆笑レッドカーペット 緊急重大発表90分SP」にて。
 新体操選手の南ちゃんよろしく水色のレオタードに身を包み、リボンをくるくる回しながら、 毎度おなじみ明るくゆかいに自虐ネタを披露した彼女、大事なオチのところでなんと釧路の地名を使ってくれました。

 「こないだスゴイことに気が付いちゃった。今まで参加した結婚式で、南が払ったご祝儀 総額312万! 調べたら、釧路で1戸建てが買えた!」

 釧路市民の皆さま、なんで釧路なんだよ!と怒るなかれ。
 風来坊のラッコ道東ロケの中国映画 ばかりに任せてはおけません。 釧路の観光大使は意外なところに隠れていたのです。
 カモン、新体操界、もといお笑い界のマドンナよ! もっと釧路をアピールしておくれ。そんでもって、どうせならこっちに移住しようぜ(無責任)。


2009年3月13日 ラッコの先生

 先日、家で夕食をとっていたら、つけっぱなしのテレビから 「あの子はラッコの先生になりたくて」と聞こえてきて、 ドキッとした北大通店です。
 ラッコの先生って!そんな無茶な!
 白洲次郎のドラマだったので、箸をとり落としそうになりました。
 少し遅れて「学校の先生」だと気づきました。実話です。

 さて、釧路川の滞在が1ヶ月を越え、釧路市役所のサイトで 「観察日記」 も始まった人気者、ラッコのくーちゃん。
 その可愛らしいお顔を象った蒸しケーキを、本日常連のお客さまからいただきました。
 下の画像がそれ。蒸したてなので曇っています。 市内のホテルのレストランによる限定販売品だそうです。
 ごちそうさまでした〜。




2009年3月10日 ヒグチリサ イラスト展 A to Z

 北大通店2階 喫茶ラルゴでは、3/9(月)から 3/19(木)まで 「ヒグチリサ イラスト展 A to Z」 を 開催しています。
 ラルゴでひらいた初めての個展から1年と2ヶ月。 この春、若きイラストレーターは大学を卒業し、札幌へと旅立つことになりました。 今回が釧路で最後の展覧会です。
 スイーツ大好きの皆さんをアッと言わせる、美味しそうな大作も飾ってあります。 カラフルなポストカードも販売中です。お見逃しなく。

 ヒグチリサさんのウェブサイトは こちら です。


2009年3月5日 「鉄道ホビダス」へリンク

 日本最大級の鉄道総合情報サイト 「鉄道ホビダス」 の「編集長敬白」ページに、 2/20(金)〜2/22(日)に開催された羽田発着のツアー 「冬のSLと石炭のマチ・釧路」 の報告文が掲載されています。

 「くしろ海底力モニター見学会&体験会」報告 (上)

 「くしろ海底力モニター見学会&体験会」報告 (中)

 「くしろ海底力モニター見学会&体験会」報告 (下)

 お書きになっているのは、「釧路臨港鉄道の会」の方。 写真をふんだんに使った、至れり尽くせりの全3回の長編リポートです。 釧路の街の魅力が大きくアピールされていますので、ぜひ!


2009年3月2日 2名川に落下

 北大通ギャラリー情報をお届けします。

 豊文堂書店 北大通店のすぐお隣、ささき画廊 さん (釧路市北大通8−1)では、
2/27(金)から 3/8(日) まで
「坂本直行 道東の足跡 水彩・油彩展」
を開催しています(時間 10:00〜18:30)。
 釧路で生まれ、十勝の開拓農民としても生きた画家の水彩画56点、油彩画4点を集めました。
 その絵は帯広の製菓会社、六花亭の包装紙にも使われており、道民で知らない人は稀でしょう。 直行さんのプロフィールは、 こちら をどうぞ。
 入場無料ですので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 発見から20日ほどが経ち、依然釧路川に長期滞在中の人気者、ラッコのくーちゃん。
 物怖じしないあけっぴろげな振る舞いが見学者を翻弄し(2名川に落下)、 背中にジッパーがついているのではと疑念を呼ぶ(オレだけか)イタチ科の男の子を記念して ささき画廊さんでは、 グッズを販売しています。

 先月下旬から取り扱いをはじめた木彫りのラッコの携帯ストラップ(1個 1,050円)は、職人さんが1個ずつ丁寧に作り上げた限定品のため、 生産が追いつかず3/7(土)の入荷待ち。

 数日前からは、地元のデザイナー氏によるくーちゃんポストカード(1枚 126円)が仲間入りしました。 波間にただよう上半身のアップや、幣舞橋の夕景と組み合わせたものなど、6種類あります。 北大通店でも見本を展示中。
 店の前に郵便ポストがあり、切手も販売している画廊さんです。 ポストカードを買ってすぐ、その場でお便りが出せますよ〜。故郷のおとっつあん、おっかさんが喜ぶこと間違いなしです。


2009年2月27日 ペンクリニックとお雛さま

 豊文堂書店 北大通店のすぐご近所、佐藤紙店 さん (釧路市北大通8−1) からのお知らせです。

      ×      ×      ×

  「第4回 ペンクリニック」 開催
〜「インク出が悪い」「かすれる」などは危険信号!〜

<開催日時>
 2月28日(土) 10:00〜18:00
 3月1日(日)  10:30〜12:00

 今回で4回目となるペンクリニックですが、これまでお持込頂いた万年筆の80%ほどはインク詰まりが原因の故障となっているようです。 そのうちの半数程度は丁寧な洗浄により元通りになります。 洗浄しても直らないケースの多くは、インクの出が悪くなったり、かすれたりした時の無理な筆記に原因があるようです。
 インクを出そうとして筆圧を強くかけたり、ペン先をねじったりすると、ペン先が開くことや、ズレることがあり、 時には修理不能の重症になってしまうこともあるのです。
 お持ちの万年筆でそのような体験をされたことがある方は、良い機会ですので当日是非ご来店ください。

 国産・海外製を問わず、無料にて診断致します。 混雑時はお一人様一本とさせてとさせて頂きます。
 部品交換が必要な場合、メーカー修理対応となる場合は実費を頂きます。

<ご来店特典>
 パイロット製の「幻のペン先」試筆できます。
 特殊なペン先の為、小売店にほとんどないFA(フォルカン)、SU(スタブ)、WA(ウェーバリー)が釧路に初上陸いたします!

<お買い上げ特典 その1>
 期間中パイロット製の筆記具(5,000円以上)をお買い上げで、お名入れ無料!

<お買い上げ特典 その2>
 パイロット製の万年筆をお買い上げで、お客様の筆記特性に合わせたペン先研ぎ調整無料!

<お買い上げ特典 その3>
 期間中5,000円以上の筆記具をお買い上げで、豊文堂書店 北大通店2階 喫茶ラルゴの特典クーポンを差し上げます (5,000円以上でドリンク1杯無料券/10,000円以上でランチ or ドリンク2杯無料券)。

      ×      ×      ×

 「お買い上げ特典 その3」にもありますように、北大通店2階 喫茶ラルゴも微力ながら協力しています。

 27日付の北海道新聞夕刊 全道版に、若い人を中心に万年筆が新たに脚光を浴びていると記事がありました。 昨年発売の限定オリジナルインク「夜霧」が完売した 佐藤紙店さんも紹介されています。

 ところで佐藤さんには、折り紙の新刊書籍も置いてあります(もちろん折り紙も各種)。
 当店でも時々お問い合わせがあるものの、なかなか商品が入らずお応えできなかった折り紙本ですが、これでもう安心です。

      ×      ×      ×

 3月3日のひな祭りが近づいてきました。
 北大通店2階の喫茶ラルゴでも、備えつけの本棚を改造して雛人形の飾りつけをしています。
 喫茶部長の実家から久方ぶりに発掘されたものです。 人形をくるんでいた新聞紙はおよそ30年前の日付でした。
 釧路にくる前は、東北の某県で長らく愛でられていたといいます。 ご来店の際は、お近くでじっくりとご覧になってみてください。




2009年2月21日 臨港線にて

 下の画像は 火の見櫓研究会 準会員 I さんからの頂き物。 太平洋石炭販売輸送 臨港線 春採駅でうつしたものです。
 保線作業をおこなう黒づくめの男性の曲がった背。 その後ろに伸びてゆく鉄路。雪に煙る背景。 美術館でこんな絵を見たことがあるような気がしてくる、完成された1枚です。

 昨晩ご来店になったお客様から 火の見櫓の写真が入ったCD-ROMを頂きました。 お話をうかがうと、 1年半前にもその方から櫓写真を頂いていました
 お会いしたのは初めてですが、まことにありがとうございました。 写真は随時、 火の見櫓研究会のブログ に掲載していきます。

 釧網本線(釧路〜標茶間)の冬の臨時列車 「SL冬の湿原号」 に乗りにきたとおっしゃっていましたが、昨日1日中雪が降りつづいたおかげで、当地の交通事情はけっしてよくありません。 SLは運行できたのでありましょうか。
 いつもは北大通店まで届く11時9分の出発時の汽笛、たしか聞こえてこなかったような・・・・・。

 以前当欄でもご紹介した羽田発着のツアー 「冬のSLと石炭のマチ・釧路」 は無事開催されていると、今朝の新聞で読んだのですが。




2009年2月18日 ラッコパン登場

 今朝、常連のお客さまからラッコパンをいただきました。
 ただいま釧路川で長期休暇中の人気者、ラッコのくーちゃんを記念して 釧路フィッシャーマンズワーフ MOO のパン屋さんが急遽売り出したものです。
 せっかくなので、北大通店2階の喫茶ラルゴの皿にのせ、テーブルに配置して撮影したのですが、あらま。 なんだかラルゴで販売しているみたいな紛らわしい画像に。 けっして他意はありません。
 お腹に貝を模してクッキーをのせています。パンはクリーム味でした。 喫茶部の皆さんと分けて、おいしくいただきました。
 本物のラッコはまだ見られないでいます。

2/18撮影 頭がつぶれたラッコパン。


2009年2月11日 釧路川にラッコがでた!

 釧路川にラッコがでた!
 というわけで、 釧路市民活動センターさんのブログ にリンクを張っておきます。


2009年2月9日 「よしだ よしこ with 永原 元」ライブ

 2/8(日・くしろ氷まつり最終日)、喫茶 ラルゴ に於いて 開催された 「よしだ よしこ with 永原 元」ライブ は、つつがなく終了しました。
 ご観覧・ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
 写真は演奏後半戦、シャウトするお二人。時刻は夜7時28分。

2/8 ラルゴで開かれた 「よしだ よしこ with 永原 元」 ライブより。喫茶部長D輔くん撮影。演奏後半戦、シャウトするお二人。時刻は夜7時28分。


2009年2月8日 北大通にクマがでた!

 北大通にクマがでた!



 というわけで、一昨日金曜日の晩、冬を楽しもうじゃない会の皆さんと 北大通6丁目の角に作ってきました、毎冬恒例の雪だるまオールスターズを。
 北大通店の今年のテーマは「クマ」(上の画像参照)。 最近、釧路市郊外で目撃情報が相次いでいるクマゴローの奴めが、 とうとう中心市街地にまで乗りこんできたという趣向です。
 集まった面々が好き勝手に作り上げるのが慣わしのこの集まり。 およそ2時間強、雪と格闘してできあがったのはバラエティに富んだ7体でした。
 それでは2009年雪だるまコレクションをどうぞ。

   右翼 (左から にわとり、バルタン星人)
   中堅 (左から 正統派、モアイ像)
   左翼 (左から 虎、怪獣の子ども、クマ)

 どれも明日の朝には壊されるのですが(氷まつりが終わるので)。 ちなみに、北大通店前の こいつ は昨晩復活しました。
 なんだか雪だるまのことばかり書いていますね。

      ×      ×      ×

 氷まつり期間中のみ営業の「北9食堂」 には大勢の方がお見えになったそうです。 お立ち寄りいただいた皆さま、どうもありがとうございました。
 今晩は、北大通店2階 喫茶ラルゴで 「よしだ よしこ with 永原 元」 ライブです。受付やります。


2009年2月4日 旗と雪だるま

 でんでろで〜ん。
 下の画像をご覧ください。釧路市北大通中心街商店街の商店街旗であります。
 某所で発掘されたばかりのものを、古いもの好きの古本屋に見せてやるべぇと、商店街の方が持ってきてくださいました。 詳しい来歴は調べてみないとわかりませんが、久方ぶりに陽の目を見たのだそうな。
 大きくはないけれど、立派な生地に美麗な刺繍。 「中心」という文字が図案化されています。皺だらけなのは、仕舞ってあったトランクから出したばかりのため。 氷まつり期間中の 「北9食堂」 (当欄下 1月29日の項を参照) で披露されるものと思われます。
 冬晴れの空を背景に、高々とはためく様を想像しますと、気分はもう応援団長。 眠っていた応援団魂がフツフツと燃えたぎってくるような、そんな心持ちがいたします(勘違い)。

2/4撮影 北大通中心街商店街の旗。

      ×      ×      ×

 今年もまた、雪だるま作りに明け暮れる日々が到来しています。
 店の横に作った第1号を手始めに、先週は冬を楽しもうじゃない会の皆さんに混じって、 氷まつりの主要会場・栄町公園でジャンボ雪だるまを制作。 月曜日の晩は、商店街のメンバーを中心に、 北大通9丁目のローソン駐車場でかわゆいのを1基作ってきました。

2/3撮影 釧路市 北大通9丁目のローソン駐車場にお目見えした雪だるま。

 ちなみに、この子の指がさし示している先に、期間限定の北9食堂がオープンします。
 金曜の晩は北大通6丁目(通称・十字街)で、 ゆかいな仲間たちと一緒にミニサイズのを何体もこしらえてきます。

 これまで北大通店が十字街で制作してきた愛しの雪だるまたちの歴史。

   2006年 (左の赤いマフラー)
   2007年 (左の自称 犬だるま)
   2008年 (左の鼻兎)

 年を追うごとに増長してパワーアップしていることがお分かりいただけますでしょうか。
 今回はどんなものを作ってやろうか想像しますと、眠っていた芸術家魂がフツフツと(以下略)。


2009年1月29日 北9食堂

 今年の くしろ氷まつりは、 2/6・7・8の3日間開催。 例年どおり2月第1週の金・土・日曜日に行われます。
 北大通店のすぐそばでは期間中の7(土)・8(日)、空き店舗を利用した 「北9食堂」 (釧路市 北大通9丁目)が開店します。
 カレー、焼きそば、そば、うどん。 肉まん、あんまん、ジンギスカン。 ジュースにお酒、生ビール。などなど美味しいものを販売いたします。
 イラストレーター 半田晴利さんの似顔絵コーナー、 YOSAKOIソーラン祭りの地元チーム ミナオ・ドーレくしろのPRコーナーも開設、 無料のコーヒーやお茶もご用意して、皆さまのご来場をお待ちしています。
 豪華景品があたるスタンプラリーの会場でもある同食堂、 屋外の寒さからいっとき避難できる休憩所としてお気軽にご利用くださ〜い。


2009年1月24日 ダイエット

 本日より釧網本線(釧路〜標茶間)の 冬の臨時列車 「SL冬の湿原号」 の運行が開始しました。
 見物してきたお客さまによりますと、出発前の釧路駅はカメラを構えた人々で大賑わいだったそうです。
 SL撮影を始めとする鉄道と石炭づくしの羽田発着のツアー、 「冬のSLと石炭のマチ・釧路」 も引き続き参加者を募集中。 期間は2月20日(金)から22日(日)まで。
 釧路臨港鉄道の会の方による懇切丁寧な紹介ページは こちら です。  

      ×      ×      ×

 あんなにめんこかった雪だるまがアラ、不思議。1日でこんなにスリムになりました(下の画像を参照)。 岡田斗司夫もビックリの驚異のダイエット法です。名づけて雨ざらし。

 21日の晩に手直ししたばかりですが、昨日の雨ですっかり侵蝕されてしまいました。
 それでもまだ帽子を被っているなんて。けなげ。
 棒倒しの最終局面と見紛うばかりの緊張感あふるる造形美は狙ってできるものではありません。 ぞ、造形美?
 実物をご覧になりたい方は、北大通店までお急ぎを。 明日には影も形もなくなっているかもしれません。

1/24撮影 北大通店前のかつて雪だるまだったもの。


2009年1月22日 韓国の3人展

 本日、標茶町 茅沼の 「旅の宿 六花」 さんが韓国の絵描きさんとともにお見えになりました。
 その方、金 貴英さんが昨日から NHK 釧路放送局 で、 お仲間の李 慶正さん・徐 載龍さんと絵画展 「韓国の3人展」を開いているのだとか (詳細は、NHK 釧路放送局 サイトの左側 「ギャラリー案内」より 「現在展示中のギャラリー案内」をご覧ください)。 広く自然を主題にした展覧会です。
 詳しいお話をうかがう時間はなかったのですが、 いただいたポストカードの裏面に、大邱市の中学校で美術を教えているという 李 慶正さんの文章がありました。以下、転載します。

「私は自然に憧れている。
そこには私の雷戀人がいる。私の愛がある。私の休憩がある。
花と風、森と木、水、草などが私の戀人である。
彼女は、常に側にいるけど見るごとに新しく感じられ、胸をわくわくさせる。
あの人は、私の戀人の自然そのことである。
たまには恥じらう姿で、または、明るい微笑みを浮かべながら私に近づく。
露を帯びた花びらは悲しみで、美しく笑いている(原文ママ)蕾は他の出會いを待っている希望である。
彼女の様子は気まぐれでも、その面影はありのままに水面に映っている。」
            (作家のノートの中で)


 「韓国の3人展」は1/29(木)まで、 NHK釧路放送局(釧路市 幣舞町3-8) ロビーギャラリーにて開催中。入場無料です。

      ×      ×      ×

 前回当欄でご紹介した北大通店前の雪だるまですが、昨晩、何者かに首をもがれてしまいました。
 下の写真は、その凄惨な犯行現場。 (スコップとバケツが写りこんでいますが、自作自演ではありません。あくまで補修用に用意したもの。為念)。 陽光を浴びて痩せてきていたので、補修をするのにはちょうどよいタイミングでありました。

1/12(月)に制作した北大通店前の雪だるま、21(水)の晩、何者かに首をもがれるの巻。(クリックすると 現在の姿に拡大します)


 そのまた下の画像は、現在の雪だるま。 始めに作ったときより手馴れているはずなのに、顔立ちなど全般的に崩れ気味なのがフシギです。
 パ、パッションが足りないのか。

1/21(水)に手直しされた北大通店前の雪だるま。


2009年1月19日 北海道報道写真展

「70点で振り返る昨年の北海道
           釧路で報道写真展開幕

 道内で一年間に起きたニュースなどを写真で振り返る「北海道報道写真展」(道写真記者協会主催)が十五日、 釧路市北大通八のささき画廊で始まった。釧路では三年ぶりの開催。
二〇〇七年十一月から昨年十月までに新聞各紙に掲載された七十点を展示している」
(北海道新聞 2009年(平成21年)1月16日朝刊より)



 ご紹介が遅れました。北大通店のおとなり、ささき画廊さんで「北海道報道写真展」を開催しています。 昨年8月で廃止となった夜行特急まりもの勇姿など、釧路を題材にした写真もあります。
 明日20日(月)まで。入場無料です。

      ×      ×      ×

 釧網本線(釧路〜標茶間)の 冬の臨時列車 「SL冬の湿原号」。 24日からの運行が近付いてきました。
 それにあわせて羽田発着のツアー、「冬のSLと石炭のマチ・釧路」が行われます。 地元の鉄道愛好家の団体「釧路臨港鉄道の会」の強力サポート付。 募集人員は半分ほど埋まったそうな。引きつづき参加者を募っています。
 募集要項はこちら(右下隅クリックで拡大します)。
 SLだけではなく、臨港鉄道や釧路運輸車両所も見学できる貴重な機会ですよ。

      ×      ×      ×

1/12(月)夜、北大通店が制作した雪だるま。少し融けて、お顔がとろけ気味。拡大すると分かるが、帽子のうえに小さなミカンが乗っかっている。

 毎冬恒例の雪だるまを12日に作りました(上の写真参照)。 1週間近く経ちお顔がとろけてきましたが、補修作業さぼり気味。写真は生れて2日目のもの。
 商店街の方がすぐそばの花壇に作った雪だるま(下の写真参照)は、 その後おメメが作り変えられ鼻と口が加わり別人に。写真は整形前のもの。

1/13(火)夕方、商店街のとある方が制作した雪だるま。ミッフィー似。北大通店がある釧路市 北大通8丁目にて。


2009年1月12日 大事なものは、中間に置け

 新年早々、ありがたいお言葉が目に飛びこんできました。
 語り手は、音楽ユニット ロマンポルシェ。で Vo・作曲・説教を担当する 掟ポルシェ さん(北海道出身)。
 発売中の「TV.Bros」誌 2009年1月10日号のインタビュー記事にて、 昨年自宅が火事にあった際の生々しい体験談を披露されています。

 「(前略)だいたいダメになったのは上の方に置いたものでね。 火事で熱が上にあがるとランプシェードとかガンガン溶けてダイオキシンの煙が発生するから、 パッと見大丈夫でも臭くて着れない(引用者注:セーラーズのトレーナーのこと)。
 本なんかも一見無事でも臭いでダメ。
 人間、大事なものは常に目線よりも上の位置に置いておきたいと思うもので、 サマンサ・フォックスのヌード・ピクチャー盤もドロドロに溶けちゃいました。 下に置いてた殿さまキングス全曲集やクールファイブ全曲集は焼け残ったんですけど。
  (中略)
 大事なものほど下に置けと。
 まぁ、中原昌也君みたいに機材を床に置いてたら洗濯機のホースが外れて全部水浸しでダメになった人もいますけど。
 まぁ、水害は下の方、火災は上の方に来ますんで、大事なものは腰よりちょっと下ぐらいに置いといてもらえれば」

 私を含む積ん読派にとって、大いに蒙を啓くおはなしではないでしょうか。
 「大事なものは、中間に置け」
 目からウロコです。
 よく噛んで血肉にしたいと思います。

 今月24日から運行を開始する、釧網本線(釧路〜標茶間)の 冬の臨時列車 「SL冬の湿原号」
 それにあわせた羽田発着のツアー、「冬のSLと石炭のマチ・釧路」が参加者を募集しています。 地元の鉄道愛好家の団体「釧路臨港鉄道の会」の強力サポート付き。 募集要項はこちらです(右下隅クリックで拡大します)。
 釧路は先週末に、この冬初の(当地にしては)大雪が降りました。 SL撮影も予定されているツアーには、もってこいのロケーションです。


2009年1月3日 本年もよろしくお願いいたします

 あけましておめでとうございます。
 豊文堂書店 北大通店です。
 本店ともども、2009年も例年どおり2日から営業しております。

 昨冬同様、雪が少ない当地です。
 30日に降った雪もすぐに大半が溶けてしまうほどで、31日・1日と丸2日店を閉めていたわりには、店内はそう寒くありません。
 とはいえ建物の構造上、暖かい空気が2階へと逃げていく北大通店、じっとしていると足下が冷えてきます。
 さいわい常連のお客さまからラベルに「ワンカップ大関ミニ」とある未開封の可愛らしい小瓶をいただきましたので、

  (以下数行略)

 体の芯から暖まることができました。

 あれ?
 昨年当欄に記した新年最初の挨拶とそっくりな文章になってしまいました。
 まるでコピペしたように。

 気を取り直していきましょう。
 今年も今月24日から、釧網本線(釧路〜標茶間)で 冬の臨時列車 「SL冬の湿原号」 の運行が開始します。 それにあわせて、「冬のSLと石炭のマチ・釧路」と題した羽田発着のツアーが企画されています。
 募集要項は こちら (画像の右下隅をクリックすると、拡大します)。
 地元の鉄道愛好家の団体「釧路臨港鉄道の会」の強力サポート付き。 鉄道と石炭づくしのおもしろくてためになること請け合いの旅行にご注目ください。
 SLだけではなく、石炭輸送専用の太平洋石炭販売輸送 臨港線もお待ちしています。




2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る