ホームへ戻る


2017年の夜に口笛を吹けば


2017年8月24日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第225試合


  1. カセットテープ
  2. ダイナ?のレコード
  3. ミッキーの本
  4. 森 鴎外

 「書店ゼロの自治体、2割強に 人口減・ネット書店成長…」

 2003年にうちが開店したときは3軒あった北大通の新刊書店も、 昨秋駅前のブック亭が閉まりとうとうゼロになってしまった。

 「ミッキー (マウス) の本」 を訊かれて 「ビッキーの本」 と早とちりして、 「砂澤ビッキですか」 と問い返す。 お客さんとの間に沈黙が生まれる……。 みんなやるよね。 よくあることだよね。

 鴎外の文庫が売れる。
 4打数1安打。打率 2割5分7厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 九州の猫山さんから、 JR九州の車内誌 「旅のライブ情報誌 プリーズ」 と 「佐賀新聞」 の2017年7月22日朝刊を送っていただく。 「ゴジラ 9月に佐賀上陸」 の記事が1面に。


2017年8月23日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第224試合


  1. インディアンの本
  2. マンガ (『黄昏流星群』)
  3. 外国の本
  4. 英会話の本

 出張買入をしてから、午前11時半より店を開ける。
 4打数0安打。打率 2割5分7厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 『映画秘宝EX 激闘!アジアン・アクション映画大進撃』 (洋泉社) をメモを取りながら読む。


2017年8月22日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第223試合


  1. 推理小説の英語版

 山陰の007さんから 『007/ユア・アイズ・オンリー』 のポストカードが届く。 ロジャー・ムーア追悼も兼ねているのだろう。 合掌。
 1打数0安打。打率 2割5分8厘5毛。


2017年8月21日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第222試合


 社長との遠方出張。 戻ってきて午後6時半より2時間強店を開ける。

 オリジナル フレーム切手 「釧路を走る国内唯一の炭鉱鉄道」 の販売がはじまる。
 0打数0安打。打率 2割5分8厘9毛。


2017年8月20日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第221試合


  1. 前に来たときにあったティーンエイジ・ファンクラブのCD
  2. フレデリック・フースラー 『うたうこと』

 道立釧路芸術館「追悼特別展 高倉健」 へ。

 プロジェクターを使って四方の壁に健さんの出演作の予告編集をエンドレスで映しつづける部屋がヤバイ。
 映像と音響の奔流に放りこまれて未知の感覚への扉がひらいたよう。 平気で何時間もすごせそうでこわくなる。 廃人になってしまうよ。
 2打数0安打。打率 2割5分8厘9毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「井上仁志 (THE TON-UP MOTORS) ツアー 「井上の科学」」 釧路公演。 井上さん、ライブでしか聴けない気骨のある曲を披露してくれた。


2017年8月19日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第220試合


  1. 『天使の杖』?
  2. 岩野泡鳴
  3. 松本清張 『黒革の手帖』
  4. ブルックナー 『交響曲 第9番』 クレンペラーのレコード
  5. ブルックナー 『交響曲 第4番』 クレンペラーのレコード
  6. 明治時代の北海道のキリスト教について書いてある本
  7. 北海道の宗教団体
  8. 北海道と女性

 夜、北大通で くしろ市民北海盆踊り
 木曜日にばかりお見えになるので当欄で 「木曜の男さん」 とお呼びしていたお客さんが 久々にお出でになる。 おもての喧騒をよそに話しこみ、気がつくと盆踊りは終わっていた。

 天気は悪くなかったのに祭りの人出が寂しい。 2週間前の ミッキーマウスが来たとき港まつり の熱狂にまるで及ばず。

 姿をお見かけしなくなって久しい常連さんが亡くなっていたことを知る。 5年以上経つという。 北海盆踊りの日の踊りの合間に浴衣で顔を出してくれたこともあった。

 クレンペラー指揮のブルックナーのレコード2枚が売れる。 高橋三枝子 『北海道の女たち』 が売れる。

 岩野泡鳴を訊かれるが何もない。 泡鳴を取り上げた文芸評論書ならば本店にある。 お客さんに知らせると、後で向こうでお求めくださった。 1安打追加。
 8打数4安打。220試合を終えて、782打数203安打。打率 2割5分9厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: 『ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」 公式ガイドブック』 (双葉社)という新刊を見つけた。 作り手や有名タレントに混じって、大ヒットに貢献した映画館スタッフのインタビューもあるところがえらい。


2017年8月18日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第219試合


  1. 三浦綾子 「チミケップ湖」?
  2. 『ガリヴァー旅行記』
  3. 子どもの工作の本
  4. お茶の裏千家の教本
  5. 今野 敏さん

 頂き物の 鍛高ラムネ を開栓したら振っていないのに手元で盛大に吹き上がるお約束の事態に……。 瓶のラムネを飲もうとするといつもこうだ。 そういう星の下に生まれたのだと思って諦めよう。

 5が売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分7厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 「すばる」 2017年7月号掲載の座談会 「旅する人の旅の本」 がすばらしい。 出席者は、池澤夏樹・辻原 登・湯川 豊・尾崎真理子の4氏。 小説家の自由な精神の発露に当てられてこちらまですっかり鼓舞されてしまった。


2017年8月17日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第218試合


  1. 応仁の乱のムックみたいなやつ
  2. 講談社文庫の 『黒帯』
  3. 後家さん
  4. 子ども向けの本

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。
 今回は、フロイドが90年代に発表した唯一のスタジオ・アルバム 『対 (TSUI)』 についてお書きいただきました。

  ピンク・フロイド 『Marooned/孤立』 (You Tube より)

 学校に納品してから店を開ける。

 本屋さんの好きな本というお題で取材を受ける。 古本屋のくせに思いっきり新しい本を選んでしまった。
 4打数0安打。打率 2割5分7厘4毛。


2017年8月16日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第217試合


  1. 詰将棋の本
  2. 松樹路人

 釧新花火大会 の日だった。 新釧路川の方から伝わる打上げの音を聴きながら店じまい。

 北海道新聞社のミュージアム新書より松樹路人の巻が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分8厘8毛。


2017年8月15日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第216試合


     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい・番外編 >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 前日より釧路武佐郵便局で 新しい風景印 の押印がはじまった。 臨港鉄道の石炭列車をあしらったもの。 早速、愉快犯のズリ山さんが 新風景印の郵便書簡 を送ってくれた。 どうもありがとうございます。
 局員さんがくっきりと尚且つ曲がらないように押してくれている。
 0打数0安打。打率 2割5分8厘1毛。


2017年8月14日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第215試合


  1. ブラームスのピアノ協奏曲第1番のCD
  2. 『罪と罰』
  3. 『君の名は。』
  4. 『ダーウィンの警告』
  5. 『ヘンリ・ライクロフトの私記』
  6. 中日の翻訳辞典
  7. 『自然観察図鑑』
  8. パッチワークの本

 午前の出張買入。 急遽、依頼者の方を蔵書の保管場所までお送りすることになり郊外の高齢者施設にお迎えにあがる。 無事に買入れを済ませて、正午すぎより店を開ける。

 開店してからも本の買取りがいくつもつづいて首がまわらない。

 5、8が売れる。
 8打数2安打。打率 2割5分8厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 大森 望・日下三蔵:編 『行き先は特異点 年刊日本SF傑作選』 (創元推理文庫) を読み進める。 牧野 修 「電波の武者」、秋永真琴 「古本屋の少女」 に感銘を受ける。


2017年8月13日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第214試合


  1. 木村政彦 『わが柔道』

 開店前に 港文館 の 「アサノユウスケサクヒンテン」 初日へ。 イラスト、写真、コラージュ、立体。 紙という素材が好きで好きでたまらない作者の性向がダダ漏れしていてにんまりする。 ちなみに私が一番乗りだった。
 1打数0安打。打率 2割5分8厘2毛。


2017年8月12日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第213試合


  1. 三味線の本
  2. 大岡昇平 『野火』

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「「Hello!Live」 発売記念ツアー ローリング・ピアノマン  リクオ釧路公演 が開かれる。

 ツアータイトルにもなっているアルバム 『Hello!Live』 収録のご自身の曲をさして、 再生=人生のやり直しの歌が多いと指摘してみせるリクオさん。 なるほど、正真正銘おっさんになった身にとっては、そんなところも強く共鳴する一因なのかもしれないな。
 今回披露されたいくつかの新曲もまた心躍るものだった。 次のアルバムが楽しみだ。
 2打数0安打。打率 2割5分8厘6毛。


2017年8月11日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第212試合


  1. 妖怪図鑑みたいな本
  2. 古い少年ジャンプ
  3. タロットカードの本
  4. 野田秀樹
  5. 多賀 新

 山の日。 2階の喫茶ラルゴが夏休みに入る (16日まで)。

 北海道日本ハムファイターズが弱いおかげでナイター中継をまじめに見なくて済み 夜の読書が捗っているとコナリーさんの報告。

 水木しげる 『カラー版 続 妖怪画談』、辛島宜夫 『タロット占いの秘密』 が売れる。
 5打数2安打。打率 2割5分9厘3毛。


2017年8月10日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第211試合


  1. 標津線の駅舎の写真が載っている本
  2. 紙芝居に関する本
  3. 昔のアイドルの本
  4. 趣味の本 (碁)
  5. 原田康子
  6. 道新選書の 『国木田独歩 空知川の岸辺で』
  7. 子ども向けの絵本

 朝9時、市内武佐への出張買入。 量が少なく思いのほか早く終わったため、愛国のパッケージプラザ我満で包装資材を仕入れる。 11時半開店の予定だったが、通常どおりの10時に店を開けることができた。

 4、5が売れる。
 7打数2安打。打率 2割5分8厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ北海道立文学館 で開催中の特別展 「「北方文芸」 と道内文学同人誌の光芒」 の図録が地元書店に並んでいて購入する。


2017年8月9日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第210試合


  1. アイドル雑誌
  2. 『ろばよ 走れ 渡辺ひろし童謡集』

 ネット目録を見た常連さんから2のご指名が入る。
 2打数1安打。210試合を終えて、740打数191安打。打率 2割5分8厘1毛。


2017年8月8日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第209試合


  1. 社会科学系
  2. 政治、右翼の本
  3. 辞典

 阿寒国立公園が 阿寒摩周国立公園に名称変更 される。

 毎日さんが三遊亭圓歌のDVDを貸してくれた。 西行と中澤家の人々の二席を収録。

 鈴木邦男が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分7厘4毛。


2017年8月7日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第208試合


  1. 林 真理子
  2. 釧路関係の本
  3. レコードで 「島を愛する」
  4. レコードで 「旅の終り」
  5. ダークダックスのレコード
  6. シュリーマン 『古代への情熱』
  7. 小林秀雄
  8. 鷲田清一

 毎年、港まつりの翌日は日中でも街が眠ったよう。 2階の喫茶ラルゴは日曜定休日のところ営業していたので、この日は臨時休業である。

 6、7が売れる。 鷲田清一は 「わしだ きよかず」 と読むのですね。 「わしだ せいいち」 だとばかり思い込んで、お客さんとの会話でも平気で用いていました。 中学生の少年 (社長の孫) と話していて誤りを知る。
 8打数2安打。打率 2割5分7厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 倍賞千恵子の語り下ろし 『倍賞千恵子の現場』 (PHP新書) を読む。 渥美清や高倉健の思い出と並んで、役づくりの話にも多く割かれていておもしろい。 これはよい本だ。

 ちなみに 『幸福の黄色いハンカチ』、『遙かなる山の呼び声』、『駅 STATION』 など、北海道が舞台の諸作で知られる倍賞さんは、根室管内の別海町に別荘をお持ちである (その話も出てくる)。

 こちらは、寅さん風に描いてもらった 儂の似顔絵。 2階ラルゴの美術部長ことフラカンさんの最近作である。


2017年8月6日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第207試合


  1. まっぷるの函館
  2. 新谷弘実 『病気にならない生き方』
  3. 小物とか縫い物の本
  4. 新しいの入ったかい
  5. いらない新聞紙
  6. 夢野久作
  7. 桜木紫乃
  8. ハワイの本
  9. ずっと昔に函館空港に恐慌着陸したベレンコ中尉の本
  10. かぎ針の本
  11. アイリッシュ

  くしろ港まつり 最終日の目玉は、 東京ディズニーリゾートスペシャルパレード ご一行様である。
 店が開く午前10時前からパレード目当ての場所取りの人びとが現われると、 程なくして沿道が観衆で埋まった。 ディズニー人気恐るべし。 そうした方面に疎いせいで度肝を抜かれたわい。

 花から花へ飛び回る蜜蜂よろしく一人ひとりの耳元で 「パレードはじまるの、夕方4時半からですヨ」 と 囁いてまわりたかったが、それをやったところでスリッパで叩き落とされるのが関の山だろう。

 そんな私が、時間が来るといそいそと パレードを写し出す のだから、何をか言わんや。 この日釧路を留守にしていた2階喫茶ラルゴのスタッフ・ フラカンさんから直々に撮影の指名をいただいたためである。 大義名分はあるのだ。

 もちろん2階の喫茶部長には、どちらがうまく撮れるか挑戦状を叩きつけておいた (喫茶部長はほとんど写さなかったというので私の不戦勝か)。

 以前当店でお求めいただいた 『カラマーゾフの兄弟』 のおしまいが中途半端だったとおかんむりのハメットさんに、 乱歩賞受賞作の 『カラマーゾフの妹』 を押し付ける。
 ゴメさんにはアイリッシュの 『幻の女』 が売れる。

 5のいらない新聞紙は常連さんのリクエスト。 パレード見物に敷く物がほしいということだった。 お応えできたので1安打追加する。
 11打数3安打。打率 2割5分7厘2毛。


2017年8月5日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第206試合


  1. 子どもの文学
  2. 手塚治虫
  3. 大江健三郎
  4. 他にホームズ
  5. 戦争の写真集
  6. ビブリア古書堂のチェブラーシカの巻
  7. 桜木紫乃さんの釧路を舞台にした小説
  8. 大相撲の本
  9. 『パイレーツ・オブ・カリビアン』 のパンフレット
  10. 長倉さんの本

 くしろ港まつり の2日目。
 いつまで経っても、市民踊りパレードでかかる 「イイッショくしろ」 になじめない。 端的に躍りづらそうでもある。 「釧路港まつり音頭」 と 「釧路魚河岸音頭」 だけじゃ駄目なのかしら。

 劇団どくんご の鶴居公演で見初めて持ち帰った おめめパッチリ足長さん。 レジ横に飾っていたら、それに目を留めた札幌からの旅行者さんが反応してくれる。 「この劇団、これから札幌にも来るんですね。絶対見に行こう」 と。 ふふふ、してやったりだわ。

 3が売れる。
 7は 直木賞受賞作 『ホテルローヤル』 (文庫判) を常備しているご近所さんの佐藤紙店を紹介する。
 10打数1安打。打率 2割5分6厘9毛。


2017年8月4日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第205試合


  1. デヴィッド・ボウイのレコード
  2. 柴田トヨ 『くじけないで』
  3. 宮沢章夫
  4. ネットに載ってる 『ベートーヴェンの交響曲』
  5. ネットに載ってる 『歌の情勢はすばらしい』
  6. ネットに載ってる 『クラシック悪魔の辞典』

 くしろ港まつり の初日。 延長営業してみたが、例年以上に店に人が入ってこなかった。

 宮沢章夫の 『不在』 が売れる。

 4〜6が売れる。 北大通店のサイト目録をご覧になった常連さんからのリクエスト。
 6打数4安打。打率 2割5分9厘2毛。


2017年8月3日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第204試合


  1. 洋裁、パッチワークの本

 道東旅行中の中国人女性が行方不明である。 テレビニュースに北大通店の斜め向かいのローソンが出ていた。 防犯カメラにそれらしき人物が写っていたという。
 1打数0安打。打率 2割5分5厘7毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 前日につづいて2通の風景印郵便書簡が届く。 ぬかびら源泉郷郵便局と芽登郵便局の風景印だった。 ズリ山さん、道北の旅を終えて 道東の温泉地を巡っていた らしい。
 ぬかびら源泉郷の封筒には遠別つるつる温泉の素が入っていて、こうした引っかけがズリ山さんらしい。


2017年8月2日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第203試合


  1. 宮本浩次 『明日に向かって歩け!』
  2. 湖陵高校の25年前に出した同窓会名簿
  3. モリエール
  4. ベルクソン 『笑い』
  5. 自動車関係
  6. 太宰治

 「7月やっぱり暑かった! 道内平均気温、観測史上最高タイ」

 岩波文庫のモリエール 『タルチュフ』 が売れる。 大学のテキストらしい。
 6打数1安打。打率 2割5分6厘0毛。

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 道内各地の風景印を押された郵便書簡が1度に7通も届いたぞな、もし。

 7月31日付の風景印 (カッコ内は封筒の中に入っていたもの)= 1. 旭川東郵便局 (馬券)、 2. 恩根内郵便局 (ベトナム国有鉄道の乗車券)、 3. 小頓別郵便局 (羅臼昆布)、 4. 枝幸郵便局 (トロッコ王国の乗車券)、 5. 歌登郵便局 (緑茶ティーバッグ)

 8月1日付の風景印 (カッコ内は封筒の中に入っていたもの)= 6. 紋別大山郵便局 (浜の母ちゃん絶品レシピ)、 7. 丸瀬布郵便局 (雨宮21号の乗車券)


2017年8月1日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第202試合


  1. 『大航海時代の日本人奴隷』
  2. 住宅地図

 北大通店の めくりめくられ: 北海道新聞の朝刊をひらくと連載小説の第1回目が。 桐野夏生の 『とめどなく囁く』。 しばらくの間また愉しませてもらえそう。

 映画の先生が、NHK 「にっぽんの芸能」 に月1回出演する渡辺保の語りのよさにぞっこんである。
 2打数0安打。打率 2割5分6厘8毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 小田氏の論創社HPでの連載もおもしろそうなところを狙い撃ってくる。 最新回は 「本を読む 第18回 寺山修司と新書館「フォア・レディース」」


2017年7月31日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第201試合


  1. 折口信夫
  2. 小林多喜二
  3. 勝新の本
  4. 夢野久作
  5. 吉田 満 『鎮魂 戦艦大和』
  6. 渡辺 清 (戦記)
  7. はやしいくお?

 「マチ歩きBOOK 歩らいぶ vol.6 釧路 北大通&駅ウラエリア」 が発刊される。 本店と2階の喫茶ラルゴを紹介していただいた。 うちの社長がかわゆくイラスト化されている。

 2軒となりの佐藤紙店のレジカウンターに、原田康子の 『挽歌』 (新潮文庫) が置いてあることに気づく。 もちろん新刊書として。 今後は訊かれたら紙店さんにあることを伝えよう。

 1、2の文庫が売れる。

 先月訊かれたカンボジアのポル・ポト関連の本が入荷していた。 探していた方がおみえになり、本多勝一 『カンボジア大虐殺』 をお渡しできる。
 7打数3安打 (内1安打 6/15分)。打率 2割5分7厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: 13ヶ月にわたって北海道新聞の朝刊に連載されてきた葉室 麟 『影ぞ恋しき』 が最終回を迎える。 終わりそうでなかなか終わらずハラハラしながら読んでいた。 ホラ、書籍と違って残り何ページなのかわからないから。


2017年7月30日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第200試合


  1. マンガ本
  2. ベルクソン

 元々暇な日曜日だけれど、いつにも増して閑古鳥がないている。 それもそのはず、午後になっておみえになった毎日さんが 「図書館の古本市に行ってきたよ」

 収穫品の数々を念入りに教えてもらう。
 2打数0安打。200試合を終えて、684打数175安打。打率 2割5分5厘8毛。


2017年7月29日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第199試合


  1. 原田康子 『挽歌』
  2. 北海道が舞台の小説
  3. おもしろい本
  4. グッとくる本
  5. 手芸関係
  6. 小笠原豊樹訳のロス・マクドナルド

 くしろ霧フェスティバル が開幕する。

 原田康子の 『日曜日の白い雲』 と 『殺人者』、 手芸の本あれこれ、 ロス・マクドナルド 『縞模様の霊柩車』 がもらわれていく。

 「おもしろい本ありますか」 と尋ねてきた常連さんが、 「グッとくる本ありますか」 と畳み掛けてくる。
 昭和44年刊行の 『釧路百年 開基100年記念写真史』 をすすめる。 企業紹介を主とする類書の中では、格段に写真が豊富でおもしろいのだ。

 「おもしろそうですね、グッときます」 と言ってお求めいただけたので、 合わせ技で1冊で2安打したことにしたい。 俺が法律だ!
 6打数5安打。打率 2割5分6厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: 1ヵ月後、2階の喫茶ラルゴで 劇団 BABY PEE の皆さんが 「ベビー・ピーの旅芝居 『風あこがれ』」 を公演する。 北野勇作の 『かめくん』 (河出文庫) も人形劇化されるといい、あわてて原作を読みはじめる。


2017年7月28日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第198試合


  1. 墨
  2. 石川欽一郎
  3. 昨日の横溝さん
  4. 昭和60年に出た出口日出麿 『生きがいの探求』
  5. 出口日出麿 『生きがいの創造』
  6. さっき店で見せてもらった横溝正史 『殺人暦』
  7. おすすめの本
  8. 函館の本

 大阪のガス人間さんが猛暑にやられている。 涼しい釧路に行きたいんですけどねェ、ホテルが満室で諦めました、とお電話をいただく。

 火曜日に 「前にぶら下がってたあれ」 を尋ねてきたシェフさんが再度おみえに。 ちょうど前日、本店からまわしてもらった 「あれ」 があった。 「あれ」 こと操り人形が売れる。 シェフさんには以前も操り人形をお求めいただいている。

 電話で6がおとりおきになる。 春陽文庫版。

 他に、マーガレット・ミラー 『狙った獣』、『函館 街並み今・昔』 が売れて、計4安打で終える。
 8打数4安打 (内1安打 7/25分)。打率 2割5分1厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 『別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記』 (洋泉社) を手引きに、 気になる未見の有名作をチェックする。


2017年7月27日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第197試合


  1. バーバラ・ヴァイン
  2. 道新の朝の四コマ書いてる人の本
  3. 杉浦日向子
  4. ふくろう社?で出ていたようなイギリスの歴史の写真がいっぱいの本
  5. 田村能里子
  6. 水木しげるの妖精の本
  7. 鈴木光司 『光射す海』
  8. 横溝正史
  9. 石川啄木
  10. 光文社文庫のプルースト 『失われた時を求めて』
  11. マンガの本

 1〜6まで、同じ方からのリクエスト。 バーバラ・ヴァイン=ルース・レンデルの文庫をたくさんお買上げいただく。 岩波新書の 『カラー版 妖精画談』 が本店にあることをお伝えすると、 後で寄ってみますとのこと。

 お客さんがお帰りになった後、誤って1冊袋に入れ忘れていたことに気がつく。 本店の社長に事情を話し、くだんの方が来店したらこちらに連絡をくれるように頼む。

 1時間半後、お客さんが 『カラー版 妖精画談』 を探しにきたぞと社長から電話あり。 あわてて店を閉めて片道10分ほどを駆け足で駅裏に向かう。 無事に本をお渡しできたのはよいが、帰り道はゼイゼイ言いながらよろよろと戻り真っ白に燃え尽きる。
 11打数2安打。打率 2割4分8厘5毛。


2017年7月26日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第196試合


  1. おすすめの本

 3週間前、旅行中のお客さんに頼まれて日時指定で道央方面に送った 書籍在中のゆうパックが受取人不在のまま戻ってくることになった。 相手の電話番号を聞きそびれたこちらのミスだが、 あちらの郵便局の再三の受取催促にも、先週当方が送った葉書の文面にもついぞ返事がこなかった。 ご無事なのだろうか。
 1打数0安打。打率 2割4分9厘6毛。


2017年7月25日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第195試合


  1. 前にぶら下がってたあれ
  2. 阿川弘之
  3. 手芸の本
  4. コミック

 人工芝&電光スコアボードへと全面改修された 釧路市民球場 で、 日本ハム対ロッテの公式戦 が行われる。 雨にならなくて幸い。 前回の2009年の試合は降雨ノーゲームだった。

 試合開始前に、球場そばの総合体育館 「湿原の風アリーナ釧路」 で一汗かいてきた常連さん曰く 「向こうはお祭り騒ぎだったよ」

 2階の喫茶ラルゴのランチメニュー看板に 日本ハムのマスコットキャラクター が登場している。 作成はラルゴスタッフのフラカンさん。

 郵便局にゆうメールを出しに行って、 手ぶらで帰るつもりがふるさと小包 「珍味さんせっと」 のチラシを持たされる。
 4打数0安打。打率 2割5分。

 夕方、 劇団どくんご の2017年公演 「愛より速く FINAL」 を観覧するため、会場のつるい平田牧場へ向かった。 牧場があるのは、阿寒郡 鶴居村 字雪裡原野というところ。 危うく道に迷いそうになる。

 人里離れた山奥のような場所である。 同じテント芝居でも、これまで釧路の街中で見てきたのとはまるで違う環境に舞い上がる。 舞台の外に拡がる闇が深い。 灯りに群がる大量の虫たちもエキストラの一員か舞台装飾のようだった。
 終演後の打上げに参加させてもらった。


2017年7月24日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第194試合


  1. 中性子爆弾の本
  2. 昭和57年に集英社から出た 『愛したい愛されたい』 という本

 電話で2の問い合わせあり。
 残念ながら在庫はないが、お客さんの話しぶりからなんとしても手に入れたいという強い思いが伝わってくる。 通話をしながらパソコンで探ると、Amazonに安価で出品されていた。

 悪徳業者に引っかかったらどうしようとたいへん不安がっておられたので、 出品者への評価の頁もありますしそんなに心配することはないですよ と Amazonの取り巻きのように言って落ち着かせる私。
 2打数0安打。打率 2割5分1厘5毛。


2017年7月23日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第193試合


  1. 『サラとソロモン』

 植物部のタニさんが久々にご来店。 お互いの通信販売の話など。
 1打数0安打。打率 2割5分2厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 今朝の毎日新聞の日曜書評欄。 紀田順一郎の新著 『蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか』 (松籟社) を取り上げた鹿島 茂の悲痛な文章が目を射る。

 その書出しは
 「いま日本の書籍文化は大きな危機を迎えている。 新刊の販売部数が激減しているばかりでなく、それぞれの家庭に所蔵されていた本が文字通り 「消えていく」 可能性が非常に高くなってきたからだ。 とりわけ深刻なのは、戦中・戦後の本への飢餓感から本をたくさん集めてきた蔵書家が老齢化していることだ

 や、今更カマトトぶるまでもなくその厳しさは日々の仕事の中でひしひしと感じとっていることなのだけれども。


2017年7月22日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第192試合


  1. English Book
  2. ヘンリー・ミラー 『南回帰線』
  3. 30年くらい前の釧路の地図

 外国の方に洋書が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分2厘6毛。


2017年7月21日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第191試合


  1. 俳句の同人誌 「鶏頭」
  2. 飯田譲治 『アナザヘヴン』
  3. 飯田譲治 『NIGHT HEAD』
  4. 英和辞典
  5. 角田郁雄 『大人のためのアナログレコードの愉しみ方 』
  6. 角田郁雄 『パソコンで楽しむ極上のオーディオサウンド』

 北大通店の めくりめくられ: 1ヵ月後に迫った2階喫茶ラルゴの 「 桂 歌蔵 落語会」 に備えて、積ン読してある落語の本をいくつか読んでみようと思う。
 まずは三遊亭円之助 『はなしか稼業』 (平凡社ライブラリー) から。

 「寄席の楽屋、売れない時代の地方巡り、名人への眼差し。 笑いのなかにほのかな哀愁がしみわたる、 貧乏と、芸と、珍人生のエピソードの数々。 さりげなく温かい眼差しが、落語への熱い思いを覆う」 とカバー紹介文にある通りの名調子にしみじみとよい気持ちになって読み終えたら、 巻末の立川談志の解説 「人生とは、恥ずかしいことなんだ」 で冷や水を浴びせられる。

 円之助の咄家になる前の境遇について本書がただの一言も記していないことを厳しくえぐって、 「ひとくちに言うと、自分の恥部を含めた己れのコンプレックスを、己れの社会とのリアクションを、 彼はひとつも書いていない」 と畳み掛ける。 なんておっかないんだ。 しかも相手はすでにこの世の人ではないというのに。 談志の筆は終始苛烈だ。

 けれどもこれもまた円之助と談志自身の資質の違いを際立たせ、 芸人の業なるものを鮮やかに照らし出す名解説なのである。
 6打数0安打。打率 2割5分2厘3毛。


2017年7月20日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第190試合


  1. シベリア抑留問題に関する本

 辺見じゅん 『収容所から来た遺書』 が売れる。
 1打数1安打。190試合を終えて、640打数163安打。打率 2割5分4厘6毛。


2017年7月19日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第189試合


 店前の花壇が 霧のガーデン と名づけられる。 看板作成は2階喫茶ラルゴの園芸大臣。
 0打数0安打。打率 2割5分3厘5毛。


2017年7月18日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第188試合


  1. 「みをつくし料理帖」
  2. ギリシャ語の辞典
  3. ギリシャ語の聖書
  4. ビートルズ
  5. アルセーニエフ
  6. 伴 とし子
  7. 野菜のクレヨン

 2階の喫茶ラルゴで 「半田晴利 似顔絵展 スターに乾杯!」 がはじまる (29日まで)。

 夕方、コナリーさんがご来店。
 いつもは昼の早い時間にお越しになる方なので、「あれ、今日は遅いですね」 と声をかけましたら、 「こんな真夜中にごめんなさいね」 と芝居口調で返ってきまして、 これ、松居一代の動画とやらの物真似なんですね。
 私そうとは知りませんで適当に受け流していたら、 「松居一代やったのに気づいてくれなかった」 とコナリーさんに拗ねられる。

 7のクレヨンは、標茶町の Tuna-Kai 工房 特製のもの。 野菜といいますか、草木や土、それに蜜蝋も混ぜてつくっているという。 2階の喫茶ラルゴでお取り扱い中。 お求めいただけたのでこれも安打である。
 7打数1安打。打率 2割5分3厘5毛。


2017年7月17日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第187試合


  1. 時刻表 (新しいの)
  2. 『さむけ』 に次ぐおすすめミステリー (性描写、暴力なしのもの)
  3. 『羊たちの沈黙』
  4. 『ハンニバル』
  5. 歌川国芳の本
  6. ネットに載っていた 『香水の事典』
  7. 編み物の本
  8. 沢木耕太郎 『深夜特急』
  9. JR北海道のパンフ (車内誌?)
  10. あれどこいった
  11. クリスティーの評論

 海の日。

 『ウィチャリー家の女』、『香水の事典』、「ユリイカ」 のクリスティー特集号が売れる。
 11打数3安打。打率 2割5分4厘7毛。


2017年7月16日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第186試合


  1. 中島みゆきの評論 『満月みゆき御殿』

 社長と遠出。 戻ってきて夕方5時半より店を開ける。
 1打数0安打。打率 2割5分4厘4毛。


2017年7月15日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第185試合


 2階の喫茶部長が、最愛のバンド ザ・グルーヴァーズ のライブを見に 岩見沢 へ旅立つ。

 北大通店の めくりめくられ: 笠井 潔と押井 守の対談集 『創造元年 1968』 (作品社) を読みはじめる。
 0打数0安打。打率 2割5分4厘8毛。


2017年7月14日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第184試合


  1. 文庫で三浦綾子の 『岩に立つ』
  2. 前に買った百名山の本の下巻
  3. 長崎のことを書いた本
  4. 港まつりのパンフ

 「週刊文春×和田誠 メモリアルクロック」

 「週刊文春」 の表紙は今年で40周年を迎えたそうだ。

 電話で訊かれた1は、文庫ではないが単行本の在庫が本店にあった。 お客さんに知らせると、少ししてあちらでお求めいただけたみたい。

 他に2が売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分4厘8毛。


2017年7月13日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第183試合


  1. 法律の本
  2. 社会福祉の本
  3. 古い絵葉書

 昼時、2階からコップの水がこぼれ落ちてきた。 こぼした人がいるはずだが、下の古本屋の商品を気にして声をかけてくる気配はない。 オカルト記念日 だから、ただの超常現象だったとしても仕方がない。
 3打数0安打。打率 2割5分3厘2毛。


2017年7月12日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第182試合


  1. いわさきちひろ
  2. 書道の本
  3. 前にそちらで1冊買った水墨画のシリーズの他のやつ
  4. 日貿出版の?
  5. 藤沢周平 『三屋清左衛門残日録』
  6. 朝9時のNHK-BSでやってた富士山の写真を撮っている大山行男さんという人の本

 1、2、5、6が売れる。
 6打数4安打。打率 2割5分4厘4毛。


2017年7月11日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第181試合


  1. 英語の本
  2. 藤田宜永
  3. オートバイ関係
  4. 水引、香典袋
  5. いろんな人のが載ってる短歌の選集

 「レコード店に入るも写真撮るだけ 若者の奇怪行動に店側は…」

 北大通店の場合、レコードだけを写していく人は見かけたことがない。 店内を撮影しようとする人はちょくちょくいる (若者だけとは限らない)。 撮りたいときは声をかけてくれるとうれしい。
 5打数0安打。打率 2割5分0厘4毛。


2017年7月10日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第180試合


 土曜日より珍しく夏日がつづいている。

 大阪のガス人間さんは小樽に滞在中。 宿の犬になつかれましたとメールに書いてあった。
 0打数0安打。180試合を終えて、602打数152安打。打率 2割5分2厘4毛。


2017年7月9日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第179試合


 引きつづき 厳島神社 の例大祭。 北大通は静か。
 0打数0安打。打率 2割5分2厘4毛。


2017年7月8日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第178試合


  1. 原田康子さんコーナー
  2. 桜木紫乃さんのコーナー
  3. 沢木耕太郎
  4. 中谷宇吉郎

 厳島神社 の例大祭があった。 午後、神輿や山車や笛や太鼓のパレードが北大通を通り過ぎる。 いっとき膨れ上がった見物の人々はパレードに攫われるようにしていなくなり、 すぐに元の静かな通りに戻った。

 九州からの旅行者の方と話が弾む。 戦前の映画フィルムの探索をしていたことがあるとのこと。 お話を伺うのに、先日読み終えた岡田秀則 『映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画』 (立東舎) が役に立った。
 アジアフォーカス・福岡国際映画祭 においでよと誘われる。

 宇吉郎ファンの常連の若者に 『中谷宇吉郎 ゆかりの人』 がもらわれていく。 中谷宇吉郎 雪の科学館 友の会発行の書籍。 私物だったが欲しい人のところにいった方がよいだろうと放出した。

 原田康子の 『虹』 の文庫本が売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分2厘4毛。


2017年7月7日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第177試合


  1. 絵本 「やかましい!」
  2. 大正琴の楽譜
  3. 動物の観察もの
  4. この間もらっていった猿の本の著者 (福田史夫)
  5. ミステリー
  6. バスにゆられて読みながらアンニュイな気分になるもの

 大正琴の楽譜の在庫はあったろうか。
 ありませんと一旦お答えしたものの、いや待てよともう1度棚を探ると何冊か出てきた。 自分で並べておいてすっかり忘れている。 危うく売り逃すところだった。

 「ミステリー」 を読みたい常連さんが 同時に 「バスにゆられて読みながらアンニュイな気分になるもの」 も探しておられた。 近々長距離バスで札幌に行かれるのだとか。 合わせ技で 「バスにゆられて読みながらアンニュイな気分になるミステリー」 だということにして、 ロス・マクドナルドの 『さむけ』 を勧める。
 1冊で2本の安打を記録したことにしよう。 や、『さむけ』 をバスにゆられて読んだことはないのだけれど、アンニュイな気分にはなりそうなので。 俺が法律だ!

 後藤久美子は神でしたね、すごい美貌でしたと、常連さんがゴクミの写真集を手にとりながら遠い目をして語る。 よく聞けば、以前芸能関係のお仕事をされていた方だった。 目が肥えた方の揺るぎない発言に説得されました。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「踊ろうマチルダ 弾き語りワンマンライブ」 釧路公演 を開催。
 立ち見が出るほどの盛況だったので、いつもは途中から観覧するところを遠慮して、 階下の受付席で聴かせてもらった。
 6打数3安打。打率 2割5分0厘8毛。


2017年7月6日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第176試合


  1. ふじもとけんじの写真集
  2. 大阪の方言が載っている辞書みたいな本

 北大通店の めくりめくられ: 『灼熱の魂』 を見てロス・マクの人探し小説を読み直したくなる。
 2打数0安打。打率 2割4分8厘毛。


2017年7月5日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第175試合


  1. 吉村 昭 『陸奥爆沈』
  2. 柴崎重行 『木塊』
  3. 竹沢美千子 『木霊の再生』
  4. 荒澤勝太郎 『花 ハマナスの花』

     < ズリ山裏道の遠くへ行きたい・番外編 >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 赤毛のアンの絵葉書 が届いた。 投函先はなんとカナダのプリンスエドワード島。 消印がちゃんとアンのトレードマークをあしらっていて、これも一種の風景印か。
 差出人は、いつもこの手の郵便を送ってくださる 「風景印の魔術師」 ことズリ山裏道さん (愉快犯) ではない。 ましてや岩村誠二さん (模倣犯) でもない。
 花好きで知られるK子さんだった。

 先週まで北米旅行をされていて、小さい頃からの愛読書だったアンの世界に浸っておられたのだ。 K子さん本人はすでに帰国していて、 この日北大通店にやってくるとご自分で投函した絵葉書を満足そうに眺めていた。

 ズリ山さんと岩村さんが繰り出すどちらかというと男くさい郵便物とはまるっきり対照的な内容なので、 あえて <ズリ山裏道の遠くへ行きたい> 欄の番外編としてここに記す。
 4打数0安打。打率 2割4分9厘1毛。


2017年7月4日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第174試合


  1. 居眠り磐音の30巻
  2. 浅野なんとかさんの 『小桜姫物語』
  3. 漢検1級に出てくる漢字を集めた本
  4. 松浦武四郎に関する本
  5. 釧路湿原の地図
  6. 辞書

 杉沢拓男の 『自然ガイド 釧路湿原』 が売れる。 湿原の地図が載っている。
 6打数1安打。打率 2割5分0厘8毛。


2017年7月3日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第173試合


  1. 週刊誌
  2. 音別町の昔のゼンリン地図
  3. 橋の由来が載っている本
  4. 原田康子さん関連
  5. ちくま新書の阿満ちゃん

 印刷博物館 印刷の家 友の会

 釧路新書の 『「挽歌」 物語』 が売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分1厘7毛。


2017年7月2日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第172試合


 釧路未公開の映画を見に帯広まで車を飛ばす。 夜9時すぎのレイトショーだったので、店を閉めてから余裕で行けた。
 0打数0安打。打率 2割5分2厘1毛。


2017年7月1日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第171試合


  1. 中野京子
  2. 宇野千代

  北大通店の めくりめくられ: 毎日さんから借りて「図書新聞」 7月8日号の 「追悼 大道寺将司」 を読む。

 宇野千代の文庫が2冊売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分2厘1毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 『スペクテイター』 39号が取り上げられている。 特集は 「パンクマガジン 『jam』 の神話」。 買い置きしてあるので近々読もう。


2017年6月30日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第170試合


  1. 「別冊太陽」 の手塚治虫大全集?
  2. 『北斎漫画』
  3. レース編みの本
  4. おススメの本 (動物系)
  5. ジョン・キーツの詩集
  6. 釧路新書の 『戦後史ノート 下』
  7. 中古本 (機動戦士ガンダムの小説本)
  8. 原田康子 『挽歌』
  9. 司馬遼太郎さん
  10. 今日バスのガイドさんが言ってた釧路のことが大好きな女の人が書いた本? (小説ではない)

 またしても原田康子の 『挽歌』 を訊かれる。 先日新潮文庫版を1冊売ったばかりなので在庫はない。
 以前であれば、『挽歌』 を常備している駅前の新刊書店のブック亭を紹介していたのだが、 昨秋閉店してしまった。 今、北大通で新刊を買えるのはコンビニの棚しかなくなってしまった (7/31追記:ご近所の佐藤紙店で、新潮文庫版 『挽歌』 の新刊を売っていた。 気がつくのが遅れてすみません)。

 福田史夫の 『箱根山のサル』、司馬遼太郎の 『人間というもの』 が売れる。
 10打数2安打。170試合を終えて、573打数144安打。打率 2割5分1厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: モルモット吉田 『映画評論・入門! 観る、読む、書く』 (洋泉社) がおもしろい。 映画評論家になるためのハウツー本ではなく、映画評論家と呼ばれる人々の生態に迫る本。 なんといっても適度なゴシップ趣味があるのがよい。

 『七人の侍』 や 『2001年宇宙の旅』 など今では名作として遇される作品が 公開当時どのように受け止められたのかを新聞雑誌の批評から掬い上げて検証する章が出色である。 必ずしも高評価ばかりではないことがわかる (そりゃそうだ)。 といいますか、けっこう好き放題に評されていたりして。

 同時代の評価が絶対ではないことを如実に示してなんだか慰められる。 古本屋の仕事に 「敗者復活戦」 の側面があるからかもしれない。


2017年6月29日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第169試合


  1. ファイターズの本
  2. パッチワークの本
  3. アルセーニエフ
  4. この間の 『ゆきゆきて、神軍』 の本

 「NHKのテレビでやってる 『唯識に生きる』 ってのがおもしろいんだぞ」
 毎日みえる毎日さんがそう教えてくれた。 昔からNHKの教養番組の大ファンで、 おもしろそうな新番組がはじまるたびに先行発売されるテキストをいくつも買って予習しておられる。 あまつさえそこで得た知識を惜しげもなく店頭でおすそ分けしてくれる。

 嗚呼それなのに、私ときたら勧められた当該番組をいちども見たり聴いたりしたことがない。 毎日さんの身ぶり手ぶりを交えた大まかな解説話だけで満足してしまっているのだ。
 そんなことを本人に話したら、すかさず 「金とるぞ!」 と返ってきた。

 蓬田やすひろのカバー画が愛らしい平岩弓枝の 『西遊記』 の単行本上下巻をめぐって、 それを見初めた小学生の娘さんと財布の紐を握るお母さんとの間で、 買ってと我慢してが飛び交う静かな闘いが巻き起こる。

 本を読みたいお子さんの方に加勢したいが、店の人間がそれをやるのは図々しい。 ここは見守るしかないだろう。
 ついにお母さんが根負けして 『西遊記』 がもらわれていく。

 『ゆきゆきて、神軍 製作ノート+採録シナリオ』 が電話でおとりおきに。
 4打数1安打。打率 2割5分2厘2毛。


2017年6月28日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第168試合


  1. 荻須高徳
  2. ジミー・スミスのCD (「Root Down」)
  3. 料理の本
  4. 釧路の地図

 料理の本が売れる。
 4打数1安打。打率 2割5分2厘2毛。


2017年6月27日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第167試合


  1. ディック・フランシス
  2. 異人さんの後家さんの写真集
  3. 『絵画材料事典』
  4. 本立て
  5. アイリッシュの 『幻の女』
  6. 釧路の最新地図

 ハヤカワ・ミステリ文庫の競馬シリーズが数冊売れる。
 6打数1安打。打率 2割5分2厘2毛。


2017年6月26日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第166試合


  1. この辺の郷土誌関連
  2. 村上春樹の新刊の中古
  3. 映画の本で田中次郎さんの本
  4. 雑誌 「サライ」
  5. 『座談会 昭和文学史』 の文庫本
  6. 佐々木幸男のチラシ
  7. ブラザートムさんの絵本
  8. 文具

 岩村誠二さんの 熱海郵便局の風景印ハガキ が届く。 別便のメールによると秘宝館にも行ったそうな。

 毎年 サロマ湖 100km ウルトラマラソン に出場した後、この店に寄ってるんですとお客さん。 ありがとうございます。

 扇谷チヱ子 『萩の根は深く 屯田兵の妻たち』 が売れる。
 8打数1安打。打率 2割5分3厘1毛。


2017年6月25日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第165試合


  1. おすすめのミステリー
  2. 矢沢あいさんの 『下弦の月』 の小説版
  3. GACKT 『MOON CHILD』?
  4. ギターの弾き方
  5. 時代小説

 金曜日にアイリッシュの 『幻の女』 の在庫を訊かれた。 ハヤカワ・ミステリ文庫が1冊あったが旧版だった。 これじゃあ字が小さくて読めないわとお客さん。 長く売れてる本なのできっと新刊書店で買えますよとお伝えしてから2日経ち、 その方が再来店された。

 前回うちに寄った後、早速春採の大型書店に向かい、 文字が大きい新訳版を手に入れて読み終わった、おもしろかったとのこと。 は、早いですね。
 他におすすめのがあったら教えてと言われたものの、 うちにあるアイリッシュはどれもポケミスを中心にした 「字が小さい」 ものばかりである。

 傾向はちがうが、定番の 『深夜プラス 1』 を勧めてお買上げいただく。
 5打数1安打。打率 2割5分5厘0毛。


2017年6月24日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第164試合


  1. マンガ

 夜は2階の喫茶ラルゴで、 佐藤シン バンド のライブ。 メンバーは、 佐藤シン (Vo,Gt)、石井慎太郎 (Per)、 渋谷由香 (Pf)、光浪 誠 (E-Gt) の皆さん。
 1打数0安打。打率 2割5分5厘5毛。


2017年6月23日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第163試合


  1. 『幻の女』
  2. 垣谷美雨 『後悔病棟』
  3. 前にここで買ったのと同じ楽譜付きの童謡の本
  4. 山田風太郎
  5. 岡田利春 『嵐は強い樹をつくる』

 先週くらいから買取が嵐のようにつづいている。 首が回らない。

 山田風太郎 『同日同刻』 の単行本が売れる。
 5打数1安打。打率 2割5分6厘0毛。


2017年6月22日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第162試合


  1. 川端康成の文庫
  2. 囲碁とか将棋 (引退した加藤一二三)
  3. 『ハックルベリー・フィンの冒険』
  4. 多賀 新

 「& Premium (アンド プレミアム)」 誌の最新44号に北大通店の1階と2階を載せていただいた。 林 芙美子の 『摩周湖紀行』 を取り上げた道東の旅のおまけページである。 なはは、ちゃんと天井から給食のバケツがぶら下がっておるわい。
 釧路名物・ 泉屋のスパカツ と隣同士なのがちょっぴりうれしい。

 1、3が売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分6厘6毛。


2017年6月21日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第161試合


  1. ポストカード
  2. 第三文明社の池田大作の昔の本
  3. English Book
  4. 河出文庫の須賀敦子全集

 朝の買入れで、鳥取方面へ。 すでにブックオフや骨董屋が入った後で、3番手か4番手のようだったけれど、 ありがたいことに当店向きのものが残っていた。
 店に戻ると、入り口に フラカンさん作の告知 が貼ってあった。

 ブラッドベリなど洋書がいくつか売れる。
 4打数1安打。打率 2割5分4厘7毛。


2017年6月20日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第160試合


  1. マンガ (浦沢直樹)
  2. 『ワンピース ONE PIECE』
  3. 石川啄木
  4. 国語の辞典
  5. 童話

 前日、京極夏彦をお求めになった韓国からの客人がふたたび顔を出してくださる。 今度は 『新明解国語辞典』 をお買上げに。

 石川啄木も訊かれたが、そちらは本店の方が揃っている。 居合わせた常連さんがこれから車で本店にまわるので一緒に行きませんかと旅行者氏を誘う。 なんて親切なこと。 常連さんに同乗して本店に向かった旅行者氏、向こうで啄木本をお求めくださった。

 他に児童書が売れる。
 5打数3安打。160試合を終えて、522打数133安打。打率 2割5分4厘7毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 道内旅行中のズリ山さんから 郵便書簡が2通 届く。 鹿追と瓜幕、ふたつの風景印ゲットだぜ!


2017年6月19日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第159試合


  1. 辞書
  2. 京極夏彦
  3. 司馬遼太郎 『菜の花の沖』
  4. 名刺入れ

 韓国人のひとり旅のお客さんに京極夏彦の文庫本が売れる。
 4打数1安打。打率 2割5分1厘4毛。


2017年6月18日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第158試合


 午前中、出張買入れを1件終わらせてから、 道立釧路芸術館 へ。
 「戦没画学生慰霊美術館 無言館 遺された絵画展」「釧路を描く作家たち」 をはしごする。

 夕方、本店の社長から緊急の電話あり。
 「店に猫が入ってきてステージの窓のところに居座ってるんだ。 飾ってある本がめちゃくちゃにされてるから至急こっちに来てくれ」

 慌てて店を閉めて本店に向かうと、いるいる、不敵な面構えの飾り窓の猫が。
 立ち退いてもらう前にまずは証拠写真じゃとカメラを構えたら、 不穏な空気を察知したのか店の奥に向かって走っていった。 すると、奥で箒を構えた社長が待っていて、猫はくるっとUターン。 入り口にいた私の股ぐらを潜り抜けて一目散に外へ逃げていった。

 猫騒動が勃発する少し前には、開けっ放しの戸口にカラスが止まっていて、 社長が仁王立ちになって棒切れで床をコンコン叩くとその音に合わせてカァカァと鳴いてみせたそうな (コンコン、カァカァのやりとりは何度か繰り返された模様)。
 カラスなぜ鳴くの、カラスの勝手でしょ。 虚仮にされてるぞな、もし。

 けものたちに好かれる日曜午後の本店なのであった。
 0打数0安打。打率 2割5分1厘4毛。


2017年6月17日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第157試合


  1. 鈴木大拙
  2. 中沢新一
  3. ゼンリンの釧路の住宅地図
  4. 釧路の郷土誌

 鈴木大拙 『禅と日本文化』、中沢新一 『バルセロナ、秘数3』、釧路新書の3点で猛打賞の日。
 4打数3安打。打率 2割5分1厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 荻野富士夫・編 『治安維持法関係資料集 第四巻』 (新日本出版社) の 「解説 治安維持法成立・「改正」 史」 を読む。 とても重要なことが書いてある。

 「治安維持法の本質は、その成立と廃止の過程に象徴的に示されるといってよい。 すなわち、朝憲紊乱の禁圧から 「国体」 変革の防遏に収斂することで成立に漕ぎ着けると、 その 「国体」 変革の領域は際限なく膨張し、 前半の一〇年で本来の取締対象たる 「国体」 変革をめざす日本共産党とその外部運動を組織的に 解体させると同時に、後半の一〇年間には 「国体」 への異議者、 さらにはあらゆる 「国体」 の非忠誠者の一掃に邁進した。 それは具体的には戦争遂行体制への批判や障害とみなされたものを、思想・信仰の次元まで封殺し、 「国体」 への忠誠を強制的に導き出す威嚇の規範ともなった」


2017年6月16日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第156試合


 北大通店の めくりめくられ: 九州在住の猫山さんがJR九州の車内誌 「旅のライブ情報誌 プリーズ」 を送ってくださった。

 2017年4月号に 「炭坑節のふるさとへ」 と題した 田川市石炭・歴史博物館 の記事あり。 炭坑節といえば、山田洋次の 『家族』 で笠智衆が唄っていたっけなァ。

 5月号の 「懐かしのホーロー看板」 特集も眼福である。
 0打数0安打。打率 2割4分7厘5毛。


2017年6月15日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第155試合


  1. 読み聞かせ、お話し会の本
  2. 辞典 (『新潮国語辞典』)
  3. ボサノヴァのCD
  4. フィリピンのマルコス大統領やイメルダ夫人の本
  5. カンボジアのポル・ポトの本
  6. カッパ・ブックスの昭和天皇の本?

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 今回は平位さんと北海道旅行との馴れ初め話を打ち明けていただきました。 どうしても語りたかったという湿原の宿との関わりをお読みください。

 午前中、市内の小学校3年生による北大通見学あり。 当店には4組見えて、本は何冊ありますか、一番高い本はなんですかという鉄板の質問を繰り出される。
 鉄道本コーナーに熱狂してひとり居残りしかねない少年がいた。 将来有望。

 3が売れる。
 6打数1安打。打率 2割4分7厘5毛。


2017年6月14日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第154試合


  1. 時代物であやかし系
  2. SFとかファンタジー
  3. 津村節子の 『さい果て』

 夜6時半で店を閉めて釧路町へ買入に。

 創元SF文庫が売れる。
 3打数1安打。打率 2割4分8厘5毛。


2017年6月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第153試合


  1. 韓国ドラマ系の本
  2. 藤田宜永
  3. ギターの本 (入門的な)
  4. メジャー
  5. 谷川健一
  6. この手の雑誌 (「スロウ」 など)
  7. 英語の本
  8. 社会科学関係
  9. 日本史、近現代史
  10. 「アサヒカメラ」 の70年代の

 ゴメさんから手紙をいただく。 釧路新書の 『鴎 (ごめ) の話』 を読んで、ユリカモメの魅力に撃ち抜かれたと書いてある。

 おとなりの北8ライブビルで展覧会をするという若者グループにメジャー (巻尺) を貸す。 売上げではないけれど安打にしたい。 俺が法律だ!

 岩波新書の谷川健一4冊、雑誌 「KAI」 の第5号、 洋書、昭和46年の 「アサヒカメラ臨時増刊 写真入門」 がそれぞれ別々の方にもらわれていく。
 10打数5安打。打率 2割4分8厘。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 羅臼郵便局の風景印と北海道庁の記念スタンプに彩られた 郵便書簡 が届く。 鶴居村営軌道の模擬券入り。


2017年6月12日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第152試合


  1. 思想とか哲学の本
  2. アイヌ語の本
  3. 松浦なんとかさんの人物伝
  4. 霊気?スピリチュアル?
  5. CDでメルボルン・スカ・オーケストラ
  6. 五木寛之の 『百寺巡礼』 の文庫本
  7. フーコー 『幻想の図書館』
  8. 茶道の本
  9. 山菜の本
  10. 折り紙の本

 思いがけない方が立ち寄ってくださる。 あまつさえお話までしてもらえて舞い上がる。

 「本のパルテノン神殿」お披露目、発禁本10万冊で制作 ドイツ

 7のお客さん、以前から棚の在庫を気にしていらしたようだが、あいにく数日前に売れていた。

 メルロー=ポンティの 『意味と無意味』 が売れて、1をクリア。
 10打数1安打。打率 2割4分2厘8毛。


2017年6月11日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第151試合


 用事を済ませて午前11時より開ける。
 0打数0安打。打率 2割4分5厘8毛。


2017年6月10日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第150試合


  1. 額縁
  2. 野球の本
  3. 斎藤一人 『絵本集』
  4. 『荒川楓谷全句集』

 北大通店の めくりめくられ釧路市民文化会館 で 「イッセー尾形 一人芝居 妄ソーセキ劇場」 を観劇。 堪能す。 漱石きちんと読まにゃあなァ。
 というわけで、買い置きしていた奥泉光・責任編集 『文藝別冊 夏目漱石 百年後に逢いましょう』 (河出書房新社) に手を伸ばす。
 4打数0安打。150試合を終えて、480打数118安打。打率 2割4分5厘8毛。


2017年6月9日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第149試合


  1. 折り紙の本
  2. 根室や北方領土にキリスト教が入ってきたことが書いてある本
  3. 古い地図
  4. 「スター・ウォーズ」 の新しいの

 夜、2階の喫茶ラルゴで クシロソーシャル大学 の会合が開かれる。
 4打数0安打。打率 2割4分7厘8毛。


2017年6月8日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第148試合


  1. 「新釈漢文大系」
  2. 釧路の同人誌 「やち坊主」

 北大通店の めくりめくられ: 根がミーハーなもので、キネ旬の映画本大賞 2016でもっとも票を集めたと聞きつけて、 岡田秀則 『映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画』 (立東舎) に手を出す。

 著者は国立近代美術館フィルムセンターで主任研究員を務める人。 寄贈や購入などにより日々莫大な数のフィルム及び映画資料が増えつづけていく 映画フィルム保存所の仕事と考え方をよく伝える良書である。

 フィルムに塗られた感光膜となる乳剤は人工的な合成技術が未だになく、 牛骨・牛皮などの動物原料から抽出されていると同書はいう。

 よって 「私たちがこれまで映画館のスクリーンに見てきたのは、 どれもこれも牛の体内物質を通過した光の跡なのである」 と謳いあげるくだりなど、 こうした修辞を好む寺山修司が生きていたらきっと大喜びしただろう。

 「デジタル映画の到来までは、どんな映画も、リールとして巻き付けられたプラスチックの帯だ」 という即物的なモノとしての観点が生むもうひとつの映画史がたいそう新鮮。 数ある映画本とは一味も二味も異なるおもしろさに満ちている。

 去年、山陰の007さんに勧められて読んだ 高槻真樹 『映画探偵 失われた戦前日本映画を捜して』 (河出書房新社) に連なる内容でもある。 保存と公開。 もしかしたら古本屋の仕事にも繋がっている。
 2打数0安打。打率 2割5分。


2017年6月7日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第147試合


  1. 原田康子 『挽歌』
  2. 渡部昇一

 地元釧路が舞台の原田康子 『挽歌』 は当店でもっともよく訊かれる本である。 この日はたまたま新潮文庫版がありお求めいただけた。 いつも在庫があるとよいのだが、新刊書店と違ってなかなかうまくいかない。
 2打数1安打。打率 2割5分1厘0毛。


2017年6月6日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第146試合


  2017年6月6日 (火)
 北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第146試合

  1. この辺のサイクリングロードの地図
  2. 藤原緋沙子
  3. 『新釧路市史年表』
  4. 久世光彦 『美の死』
  5. ちくま新書の田中克彦 『ことばとは何か』
  6. これの新しいの (「現代思想」)

 前日は臨時休業で社長と遠出をしていた。 朝6時集合で帰ってきたら日付が変わっていた。

 2階の喫茶ラルゴで遠藤理子個展 「オレンジ色の世界」 が始まっている。

 「釧路の風景を中心に展示致します。 きっと、釧路の方は見たことがある風景  その他の方は見たことがあるような風景が 1つは見つけられると思います」 (作者のことばより)

 遠藤理子 ウェブサイト 「Masako Endo Illustration」

 青土社の 「現代思想」 の大阪特集号が売れる。
 6打数1安打。打率 2割5分。


2017年6月4日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第145試合


  1. 興津 要 『古典落語』
  2. 『いちご100%』 っていうコミックの11巻から15巻?

 各種買出しを済ませてから、中央郵便局へゆうメールを出しに行く。 開店は午前11時より。
 2打数0安打。打率 2割5分1厘0毛。


2017年6月3日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第144試合


  1. スタン・ゲッツ (のレコード)
  2. プレスリー (のレコード)
  3. サラ・ヴォーン (のレコード)
  4. なんとかジャクソン (のレコード)
  5. 昔カッパ・ブックスで出ていた占いとか手相とかのような本
  6. ルオーが表紙の高見沢なんとかさんの小林秀雄が出てくる本

 6月にストーブなんてつけたくなかったのに……。
 6打数0安打。打率 2割5分2厘1毛。


2017年6月2日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第143試合


  1. この間買った料理のやつ (「みをつくし料理帖」)
  2. 『森の生活』

 ソローの 『森の生活』、北大通店にはないがホームページを探ると本店に在庫があった。 お客さんに教えて、あちらでお求めいただく。 1安打。
 2打数1安打。打率 2割5分5厘5毛。


2017年6月1日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第142試合


  1. 歌本
  2. 異人さんの熟年の裸体写真集

 所要を済ませて午前11時半から店を開ける。
 この日から郵便料金が一部値上がりする。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 愉快犯ことズリ山裏道氏から 新たな郵便書簡が届く。 その数2通。 もちろん消印はどちらも風景印である。
 ひとつ目は札幌駅パセオ郵便局投函のもので、別海町鉄道記念公園のスタンプ付き。 封を開けるとどこか他所の町の文具店のサービス券が入っていた。

 もうひとつはマツモトキヨシの友の会スタンプ3枚を封入した北海道庁内郵便局のやつ。 旧新橋停車場の記念スタンプが押してある。
 てんでバラバラ、でもそれがズリ山流なのだ。
 2打数0安打。打率 2割5分4厘4毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2017年5月31日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第141試合


  1. レース編みの本
  2. 考古学関連
  3. ちくま学芸文庫の 『感情の〜』?

 来釧中の岩村誠二さんから3通の風景印ハガキが届く。
 前日も3通きている上、翌日さらに2通が追加されたので、 3日間で8枚の風景印 が手元に集まったことになる。

 いずれも釧路市内の郵便局からの投函だった。 レンタサイクルで市内めぐりをしながら、当店めがけて風景印ハガキを出しまくっておられるのだ。
 愉快犯・ズリ山裏道氏の犯行に影響されて、弟子の模倣犯こと岩村さんの勢いが止まらない。

 ちなみにハガキの裏面は、岩村さんが写した道東の簡易軌道の写真。
 3打数0安打。打率 2割5分5厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: 元ラルゴの宣伝部長にお勧めの (それもエグイやつの) ホラー映画を訊かれたものの、 『悪魔のいけにえ』 とか 『ゾンビ』 とか 『ブレインデッド』 とか極めて真っ当な題名しか出てこない。 他にも何かあったような気がするのだけれど。

 帰宅後、『ホラー映画クロニクル』 (扶桑社ムック) を引っ張り出して目を通す。 改めて行き届いたよい本だと感心する。


2017年5月30日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第140試合


  1. ショートカットの本
  2. 『日本古代道路の復原的研究』
  3. 『国府 その変遷を主として』 教育社新書
  4. 釧路ゆかりの人の本

 お昼前のこと、札幌帰りのスティングさんが入ってくるなり、「ここ、涼しい!!」
 夏の避暑地としても売り出し中の釧路市 でさらに冷涼な場所として北大通店を売り込みたい (その分冬は寒い)。 震えて眠れ。

 ショートカットといってもかつてのミニコミ誌ではなく髪型の方。 在庫なし。

 原田康子の文庫本が2冊売れる。
 4打数1安打。140試合を終えて、447打数115安打。打率 2割5分7厘2毛。


2017年5月29日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第139試合


  1. Children's Book
  2. 山崎豊子
  3. 谷崎潤一郎 『瘋癲老人日記』
  4. 三島由紀夫 『禁色』
  5. 三島由紀夫 『金閣寺』
  6. 大岡昇平 『武蔵野夫人』
  7. 安部公房 『密会』
  8. 湯川れい子
  9. 佐伯 (泰英) さんの読み切り

 北大通店の めくりめくられ: 「新潮」 2017年5月号掲載の対談2本がおもしろい。 宮部みゆき・津村記久子 「理不尽な世界と人間のために」、 筒井康隆・松浦寿輝 「小説家の名誉と恍惚」。
 どちらの対談も相手の作品への理解と敬意に満ちていて言葉を尽くしてその良さを語り合う幸福な内容だった。

 マーガレット・ミラー愛を語る津村記久子の一押しが 『殺す風』 だというのに我が意を得た思い。

 1、6が売れる。
 9打数2安打。打率 2割5分7厘3毛。


2017年5月28日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第138試合


  1. 『第二次大戦の小さな記録 機関銃小隊 マレー・シンガポール・ビルマ編』
  2. 釧路市で出してるシリーズ物 (高専の先生が書いたやつ)
  3. F 『いつか別れる。でもそれは今日ではない』
  4. マリモの本
  5. マンガ (『金色のガッシュ!!』)

 家の買い出しを済ませて午前11時すぎより店を開ける。 札幌の岩村誠二さんがご来釧に。

 関東から来た旅行中の若者にあれこれインタビューされて、いい気になってくっちゃべる。 学校で社会学を専攻しているいい、見知らぬ土地でも出会った人についつい話を聞いてしまうとのこと。 店内写真を撮ってもらった。

 九州からの電話で1がおとりおきに。 北大通店ホームページの掲載品。 後日お送りすることになる。

 2は釧路新書の 『釧路から 国語教師のメッセージ』 のこと。 あいにくそちらの在庫はないが、 代わりにお見せした釧路新書の中から 『増補 石川啄木』 をお求めいただけた。 安打とみなしたい。 俺が法律だ!
 5打数2安打。打率 2割5分8厘0毛。


2017年5月27日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第137試合


  1. 池波正太郎
  2. 前に来たときあったボディビルの本
  3. 車の本 (ランクル)

 雨。
 電話でボディビルの本がおとりおきになる。
 3打数1安打。打率 2割5分6厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 細野晴臣のインタビュー本を読んだ余勢を駆って、 坂本龍一を特集した 「美術手帖」 2017年5月号を図書館で借りる。


2017年5月26日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第136試合


  1. 新潮文庫の乃南アサ
  2. 宝島社文庫の海堂 尊

 釧路市立博物館 の資料集 『釧路・根室の簡易軌道』 は Twitter上 でも大好評のよう。 よきかなよきかな。

 午後、釧路古書籍商組合の前事務局氏が遠路はるばるお見えになる。 事務局を引き継ぐ。
 2打数0安打。打率 2割5分5厘8毛。


2017年5月25日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第135試合


  1. 冠婚葬祭のスピーチの本
  2. 野坂昭如 『とむらい師たち』
  3. 絵馬の本
  4. 最新の新幹線の本

 私用で開店が遅れる。
 店に向かって駅前で信号待ちをしていたら、 北大通りを歩こう! の皆さんと遭遇。 月に2度ほど釧路駅に集合して北大通の店々を訪ねてくれる方たちである。
 いつもは店内でしかお会いしないので、「わっ、あんたが歩いてるの、初めて見た」 と言われる。 わしゃ、歩くモアイ像か。

 絵馬の本は本店にいくつかある。 お客さんに向こうを紹介して、1冊お求めいただけた。
 4打数1安打。打率 2割5分7厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: 画伯に見せてもらった 北海道情報誌 「HO ほ」 の最新号が道東特集だった。 画伯本人も載っておった。


2017年5月24日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第134試合


  1. 『白川静さんに学ぶ漢字は楽しい』 新潮文庫
  2. 藤本英夫 『アイヌの墓』

 2が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分7厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 『スペクテイター 第38号 特集:赤塚不二夫 創作の秘密』 を読み終わったので、 つづけて 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 赤塚不二夫』 (河出書房新社) を手にとる。 こちらは2008年の刊行。 編集大詰めのときに赤塚の訃報が入り、 年表の事項を僅かに足した上で表紙に 「追悼」 と入れて発売したのだとか。


2017年5月23日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第133試合


  1. 『釧路炭田』

 前の日から店前を彩るようになった園芸大臣作の花の鉢植え。 気のせいかヤシ繊維の容器が毛羽立っていると思ったら、朝、カラスが熱心に突いていたらしい。 巣の材料にしたかったのではないかというのが カラスを追い払った2階ラルゴスタッフ・フラカンさんの見立てである。

 追記:上の文章を読んだフラカンさんから、詳しいいきさつを記したメールをいただきました。
 曰く 「カラスを追い払ったのではなく、カラスに 「園芸大臣の大切な鉢なので困るんですが」 と事情を説明してお引き取りいただいた (実際、くどくど説明していたら飛び去った) ことを付け加えておきます」

 聞き分けのよいカラスでよかった。 そういえば こんな話 が。
 貴重な 現場写真 もいただいたので掲げます。
 1打数0安打。打率 2割5分5厘9毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 フライパン・ショックの翌日、ひっそりと新たな刺客が届く。 向島郵便局の風景印を押した郵便書簡。 中身はグミキャンディー。


2017年5月22日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第132試合


  1. 北園克衛
  2. 天童荒太 『悼む人』
  3. 山の本
  4. 戦時中の日本の国力のデータが載っている本
  5. 魚の本
  6. ウィンドウズXPの本
  7. 楽譜 (ボーカルの)

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 むき出しのフライパンが郵便で届いた……。 卵を焼くのに手ごろな大きさ。 これ、205円で着くのね。 内側に宛先シールと切手が貼ってある。
 コラッ、裏道、なんばしよっと! 新人の配達員さんが困惑してたろがァ〜!!
 よく見るとフライパンの縁が凹んでいた。

 たまたま訪ねてきた儂よりも発信力がある方が、おもしろがってすぐに 画像を facebook にあげてくれた
 いいねしてくれた人の中に差出人のズリ山さん (愉快犯) の名前があるそうな。 犯行現場に舞い戻った放火魔が燃え盛る火を見物しているようなものか。

 3、5が売れる。
 7打数2安打。打率 2割5分6厘5毛。


2017年5月21日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第131試合


  1. 邦楽のレコード
  2. Anime (「Princess Mononoke」)

 父を空港に送ってから店を開ける。

 いつも座っている折りたたみイスがいきなり崩壊して尻餅をつく。 目の前で話していたお客さんを驚かせる。 儂も驚いた。
 ちょうどシャマランの新作 『スプリット』 の話をしていたので (釧路は未公開だけど)、これも シャマランの筋書きどおり の椿事なのかもしれない。
 2打数0安打。打率 2割5分6厘0毛。


2017年5月20日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第130試合


  1. 囲碁の本

 天気がよい。 ようやく暖かくなってきた。
 あ、鶴ヶ岱公園の チューリップ&花フェア って今週末じゃなかったのか。 来週の話だった。 儂、いろんなお客さんに今日からですよ〜ってデマをばら撒いていた……。 頭の中がお花畑だわ。

 暇すぎて頭がくらくらしてくる。
 1打数0安打。130試合を終えて、408打数105安打。打率 2割5分7厘3毛。


2017年5月19日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第129試合


  1. カメラ関係
  2. 異人さんの後家さんの写真集
  3. 島尾ミホ 『海辺の生と死』
  4. 映画 『ローグ・ワン』 のパンフレット

 北大通店の めくりめくられ喫茶ボロンジ のカウンターにあるミニ本棚に細野晴臣本を何冊か見つけて、儂も読まにゃならんなァと積ン読本から 鈴木惣一朗が聞き手の 『細野晴臣 とまっていた時計がまたうごきはじめた』 (平凡社) を引っ張り出した。


 「ぼくが持ってるのは、あいまいな予感だけなの。それだけが頼り」、 「味のあるところほど危険なところだからさ」、 「人間が責任を持てないものをどんどん建てちゃった果ての象徴が原発なんだよ」、 「発明のある曲は時代が経っても古くならないからね」、 「うまくても下手な人はいるじゃない?」

 「迷い込むのが好きなんだよ。未知の世界に放り込まれるのが好き。探検だよ」、 「子供のころのことって大事だからね。子供のころに聴くものによって、その人の一生が決まっちゃうくらい大事」、 「うるさい音楽は小さな音で聴いてもうるさい」

 「結局のところ、ビジョンっていうものは、すべて大木のなかに隠れているわけだ。 音楽で言えば、歴史の流れみたいな大木が自分のなかにあって、そのなかから、 なにを削り出したいか、ということなんだね」



 引用し出すと止まらない。 滋味深い言葉の数々にすっかり愉快な心持ちになってしまった。
 書き込みをするのは嫌なのでいらない紙を短冊状に切ってそこにメモして挟んでいく。 もともと分厚い本なのが輪をかけて恰幅がよくなる。
 4打数0安打。打率 2割5分7厘9毛。


2017年5月18日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第128試合


  1. 「やまがた女相撲異聞 前編」
  2. 赤本

 釧路古書籍商組合の総会及び交換会が開かれる。 役員の改選があり事務局を担当することになる。
 交換会は無事に終了。 午後2時半より店を開ける。

 関東方面から電話でお問い合わせあり。 スマホで女相撲について検索していたら、お宅のサイトの 「やまがた女相撲異聞 前編」 というのが出てきたのだけれど、どんな本か判りますかとのこと。

 私もすぐには判らない。 調べて折り返し電話をすることになる。 『別冊東北学』 の6、7号に分載されている論文のことだった。 正式にご注文をいただけることになり、早速発送の準備をする。
 2打数1安打。打率 2割6分0厘5毛。


2017年5月17日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第127試合


  1. 瀬戸内寂聴
  2. レコード (はここだけですか)

 2階の喫茶ラルゴのランチタイムでのこと。 吹き抜けの上方から、私の親くらいの世代と思われるご婦人の少々大きめの声がなんとなく聞こえてくる。

 「ガリガリガリクソンが……飲酒運転で……おかっぱ頭の人……知らないよ、そういう芸名なんだから (怒)……」

 聞き役の人の声は小さくて聞こえない。 そんな昼下がり。

 1が売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分9厘3毛。


2017年5月16日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第126試合


  1. 書道の本

 小雨ふる。
 閉店後、夜なべして木曜日の釧路組合のセリに出す商品をつくる。
 1打数0安打。打率 2割5分8厘1毛。


2017年5月15日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第125試合


  1. 『秋山あや子みづゑ画集』

 平位公三郎さんの自伝コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 前回につづいてピンク・フロイドから離れた番外編です。 半世紀近く前の京都での学生時代と昨秋の京都旅行の思い出を重ね合わせて語っていただきました。

 毎日さんが先ごろ亡くなった三遊亭圓歌の独演会CDを貸してくれる。 「坊主の遊び」 と 「授業中」 のカップリング。 これは楽しみ。

 『秋山あや子みづゑ画集』 はありますかと訊かれて本店の在庫をお教えするが、 アマゾンの方が安いからそちらにしますと目の前で言われてずっこけちゃう (でもそりゃそうだ)。
 1打数0安打。打率 2割5分8厘7毛。


2017年5月14日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第124試合


  1. ヴァン・モリソンのCD
  2. スポーツの本
  3. 亡くなったピアニストの中村紘子の本
  4. 印鑑
  5. この店のカバー (豊文堂オリジナルの書皮)

 豊文堂書店のオリジナルの書皮 (ブックカバーのことです) ってのは過去に作ったことがあるのかな。 30数年分の値札の変遷であれば、 まとめた画像 がある。
 5打数0安打。打率 2割5分9厘4毛。


2017年5月13日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第123試合


  1. 列車の券 (落ちていませんか)
  2. 岩波版の新約聖書
  3. 北方関係
  4. 丸谷才一

 一日中くもり。 ストーブをつけて営業する。

 丸谷才一が売れる。
 4打数1安打。打率 2割6分2厘7毛。


2017年5月12日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第122試合


  1. 灯台写真家の三野富士雄
  2. AIR-G' FM北海道の土曜か日曜朝の番組 「にこにこどうも」?をやってる童話作家の女の人の絵本
  3. たむらしげる
  4. パティ・ペイジのレコード
  5. 丸谷才一 『笹まくら』
  6. 井上ひさし 『この人から受け継ぐぐもの』
  7. 絵本で 『どんぐりと山猫』
  8. 釧路叢書の 『春採湖』

 開店前に、社長と車2台を連ねて出張買入へ。 火曜日に訊かれた原田康子の 『海霧』 があった。 探していたお客さんにメールでお知らせしておとりおきが決まる。

 2の童話作家の女性は、AIR-G' FM北海道で 「にこにこぎゅっ」 という番組を担当している ひだのかな代という人のよう。 お客さんが帰った後、ネットで検索してわかるが在庫はない。

 毎日さんの若き日のアルバイト話をうかがう。 納豆売りやバスボーイなど今では物珍しくなったいくつもの仕事。

 釧路叢書の 『春採湖』 がおとりおきになる。
 8打数2安打 (内1安打 5/9分)。打率 2割6分2厘8毛。


2017年5月11日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第121試合


  1. 苗字のいわれが載っているような本
  2. ベンチャーズのレコード
  3. 日光東照宮の本
  4. 16ミリフィルム

 小雨がふりつづく。

 夕方、急な取材あり。 棚から本を取り出すところを写してもらうなど。
 4打数0安打。打率 2割6分3厘1毛。


2017年5月10日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第120試合


  1. 加藤多一 『馬を洗って…』

 久々にみえた石のおじさまが会計後に新しい小石をくださる。 取り出すときやっぱりズボンの裾から石が転がり出てきた。 どういう仕組みになっているのだろう。 いっぺんスローモーションで見せてほしい。

 これまで人道とか知性とか歓喜といったありがたいお言葉を絵の具で書きつけた数々の小石をいただいてきた。 今回のは何も書いていない無地のつるつるした石。 私はもういくつも持っているので、特別にどなたか欲しい方に差し上げますよ〜。

 市内でもそろそろ桜が咲きはじめた。
 1打数0安打。120試合を終えて、376打数100安打。打率 2割6分5厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: 山田正紀 『屍人の時代』 (ハルキ文庫)を読みはじめる。 この連作集は戦前の北海道が主要な舞台なのかな。


2017年5月9日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第119試合


  1. おススメの本
  2. 今日の前売券
  3. 三岸節子の画集
  4. お茶の本
  5. 原田康子 『海霧』
  6. ビールの本
  7. 沢木耕太郎 『深夜特急』

 「私に合うおススメの本を教えてもらうことってできますか」
 見知らぬ方に電話でそう尋ねられる。 ネットで当在庫お問い合わせ欄を知り興味をもったとのこと。 市内在住だというが北大通店には足を踏み入れたことがないみたい。 1度店にお出でくださいと伝える。 でも来たら来たでがっかりされそうな予感。

 3、4、6が売れる。 それぞれ、三岸節子 『美神の翼』、三田富子 『茶会の楽しみ』、相原恭子 『ドイツ地ビール 夢の旅』。
 7打数3安打。打率 2割6分6厘6毛。


2017年5月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第118試合


  1. 雑誌 「墨」
  2. 英語の聖書
  3. ちくま新書の 『日本人はなぜ無宗教なのか』
  4. NHKブックス

 午前中、市内出張買入へ出向く。

 「墨」 のお客さんに、北大通店は在庫僅少につき本店を紹介する。 あちらで1冊お求めいただけた。
 NHKブックスのお客さんはお目当ての品の在庫あり。 スティーブン・ピンカー 『言語を生み出す本能』 全2冊。
 4打数2安打。打率 2割6分3厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: フランスの新大統領が決まる。 野崎 歓・他編 『国境を越える現代ヨーロッパ映画250 移民・辺境・マイノリティ』 (河出書房新社) を、 メモを取りつつ読み進める。 これは折にふれ参照することになりそうな良書だ。


2017年5月7日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第117試合


  1. 水墨画の本
  2. 川とか載ってるこの辺の地図

 釧路市立美術館「ワンロード 現代アボリジニ・アートの世界」 を観覧。 狭義の美術の世界に収まりきらない (積極的に踏み越えようとする) 壮大な構想に魅了される。

 1が売れる。
 2打数1安打。打率 2割6分0厘9毛。


2017年5月6日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第116試合


  1. ウェイン・ショーターの 『JuJu』 のレコード
  2. 『マグマ大使』 と 『マイティジャック』 と 『怪傑ライオン丸』 と○○と××と (途中から分からなくなる)
  3. アラン・ドロンのレコード (『冒険者たち』)
  4. 滅多にないものでこれは読んどいた方がいいおススメって本
  5. 厚岸の太田村の歴史を書いた本

 閉店後、敬愛する地元シンガー 平井一彦さんのライブを聴きに駅前の喫茶えいが館へ。
 5打数0安打。打率 2割5分9厘6毛。


2017年5月5日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第115試合


  1. マンガの本
  2. 釧路の古い絵葉書
  3. アボリジニの本
  4. 北欧神話の 『エッダ』

 こどもの日。

 気温30度近い北見から帰ってきましたと橋井由高さん。 こっちの気温はせいぜいその半分くらいである。 もちろん店内はストーブをつけている。
 4打数0安打。打率 2割6分3厘3毛。


2017年5月4日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第114試合


  1. 釧路の町内会の歴史がわかる本
  2. 写真集 (リンダ・マッカートニー)
  3. 増田小夜 『芸者 苦闘の半生涯』

 みどりの日。

 呑ン兵衛のお客さんがお酒と完全に手を切ったと聞いて驚く。
 3打数0安打。打率 2割6分6厘2毛。


2017年5月3日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第113試合


  1. 新潮文庫の三島由紀夫
  2. 南方熊楠
  3. フーコー 『監獄の誕生』
  4. 浜中、霧多布の本

 憲法記念日。

 本店で岩波文庫の熊楠が売れる。
 4打数1安打。打率 2割6分8厘5毛。


2017年5月2日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第112試合


  1. 瀬戸内晴美 (寂聴さんではなく)
  2. アイヌ民族の入門書
  3. 石川孝織 『釧路炭田 炭鉱と鉄路と』

 瀬戸内晴美 『夏の終り』、 瀬川拓郎 『アイヌの歴史』 が売れる。
 3の 『釧路炭田』 は本店に在庫あり。 お客さんにあちらにも廻ってもらい、猛打賞達成。
 3打数3安打。打率 2割6分8厘7毛。

 北大通店の めくりめくられ: フジオプロ関係者の十数名にロングインタビューを敢行した 『スペクテイター 第38号 特集:赤塚不二夫 創作の秘密』 (エディトリアル・デパートメント)。 お金にまつわる話にもズバズバ切りこんでいておもしろいったらありゃしない。
 たとえば、全盛時の師を語る てらしまけいじ のこんなところ。

  ――赤塚さんに教わったことはありますか。

  いろいろありますが、ひとつは、簡単には人を信じなくなった。 先生のところには来る人拒まずでいろんな人が集まってたけど、 あの先生、ちょっとホメられると 「うん、あいつはいいやつだ」 ってコロッと騙されてきたんですよ。 先生はお金に無頓着だったから、つけこんでくる人が多かった。

  ――あまりお金に関心がなかったんでしょうか。

  でも 「こないだ貸した五百円返して」 なんてよく言ってましたね (笑)。 大きい金には無頓着だけど、五百円とかには厳しかったですね。



2017年5月1日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第111試合


  1. 国土地理院の地図
  2. 岩波文庫の永井荷風 『ぼく東綺譚』

 今年のメーデーのデモは日中ではなく夜7時すぎに北大通を通過した。
 2打数0安打。打率 2割6分2厘3毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2017年4月30日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第110試合


  1. こういうの (官能小説の文庫本)
  2. 『NHKカルチャーラジオ 大人のための宮沢賢治再入門』
  3. 新潮新書の 『新書で入門 宮沢賢治のちから』

 釧路市立博物館 の企画展 「スゲの世界〜初夏のスゲまつり」 で、いろんな種類のスゲと戯れてくる。 湿原のヤチボウズ も仲間なんだねェ。
 ガラスケース内のあっちこっちに、担当学芸員氏が夜なべしてこさえた毛糸のスゲがあるでよ。

 官能小説の文庫本が売れる。
 3打数1安打。110試合を終えて、341打数90安打。打率 2割6分3厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ「マンションに辞書6000冊!国語辞典天国で昇天」


2017年4月29日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第109試合


  1. English Book
  2. Bus
  3. Map
  4. 書道の本
  5. 夢野久作 『瓶詰地獄』
  6. 田村能里子
  7. 書道の作品
  8. 天草四郎に関する本
  9. 囲碁の本
  10. 井原西鶴 『好色五人女』

 昭和の日。 今年はじめての クルーズ船 が港につく。 くしろ湿原 ノロッコ号 の運行もはじまった。

 9、10が売れる。 西鶴は岩波文庫版。
 夜は、来釧中の山陰の映画魔人こと007さんと末広で食事をとりながら新旧映画話に花をさかせる。
 10打数2安打。打率 2割6分3厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ釧路市立博物館 の企画展 「釧路・根室の簡易軌道」 の記録集がついに刊行された。 よくぞまとめてくださったと小躍りしたくなるくらい資料性に富んだ充実の1冊です。


2017年4月28日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第108試合


  1. 山頭火の句集
  2. 伊集院 静
  3. 北陽高校の先生だった沖口三郎さんの句集

 前日は出張買入で本店ともども臨時にお休みをいただいていた。

 1が売れる。
 3打数1安打。打率 2割6分5厘2毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 昨日につづいて 下関郵便局の風景印 を押された郵便書簡が届く。 日付は24日。 ピヨピヨふりかけが入っていた。


2017年4月26日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第107試合


  1. 釧路の赤ちょうちん横丁について書いてある本
  2. 寺山修司

 玉川カルテットの名前が出てこなくて、毎日さんと2人して、う〜んう〜んと唸る。

 寺山修司の 『青女論』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割6分4厘6毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 数日前、北大通店に現われて近々出張なんですと犯行予告をしていったズリ山さん。 そのとおりに 郵便書簡が4通 届いた。

 今回の愉快犯氏は山口県の方をまわっておられたらしい。 内3通が長門、小野田、厚狭の各郵便局の風景印だった。 23日の投函。
 もう1通の山口郵便局の消印だけ風景印ではない。 こちらの投函日は24日。 例によって精力的に動いておられる。


2017年4月25日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第106試合


  1. フォークとかの歌詞が書いてある歌本

 前日訊かれて本店の在庫を教えていた 『アイヌ神謡集』。 お客さんが向こうでお求めになる。
 1打数1安打 (内1安打 4/24分)。打率 2割6分3厘1毛。


2017年4月24日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第105試合


  1. 角川文庫の横溝正史
  2. 知里幸恵 『アイヌ神謡集』
  3. 『オクタビオ・パス詩集』
  4. 『続 オクタビオ・パス詩集』

 3、4について電話でお問い合わせあり。 どちらも北大通店サイトの掲載品。 正式にご注文をいただき、後日お送りすることになる。
 4打数2安打。打率 2割6分0厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 「本の雑誌」 2017年2月号の特集は、「匿名なんて怖くない!?」。
 集中 「週刊誌記者匿名座談会」 の次の発言が目に留まる。

  何度でも言うけど、匿名は持たざるものの大きな力に対抗する最後の武器なんだから

 特ダネを追う週刊誌の場合、匿名は時に発言者の身を守るためにも選び取られるということ。 「大きな力」 の目に余る行使がひしひしと感じ取れる昨今だけに尚更。


2017年4月23日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第104試合


  1. 後藤正治の文春文庫 『ベラ・チャスラフスカ 最も美しく』
  2. 文庫本のマンガ
  3. 釧路の地図

 車の定期点検で日中2時間ばかり店を閉める。

 夕方の本店にて、店の奥の本棚の影でいちゃいちゃしている中学生くらいの男女を見つけて、 社長が 「余所でやれ!」 と一喝する事案発生。
 3打数0安打。打率 2割5分7厘8毛。


2017年4月22日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第103試合


 頭がわんわんしてくる。
 0打数0安打。打率 2割6分0厘3毛。


2017年4月21日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第102試合


  1. 昔のファッション雑誌
  2. 前にあった大島弓子の画集

 大都市では 『T2 トレインスポッティング』 が公開されている。 1作目からもう20年が経つのか。 隆盛を誇ったミニシアター・ブームもどこへやら。 渋谷のシネマライズも昨年閉館したといい、隔世の感を覚える。

 今日来た常連さんが初公開時に 『トレスポ』 を見た話をしてくれた。 ユアン・マクレガーのビジュアル にかぶれて、そっくりの髪型&ファッションで映画館に馳せ参じ、 ポスターのポーズまで真似してロビーをうろついていたという。

 その常連さんが当時を回想して 「今思うと、単に坊主頭にチビT着ただけの高校生だったんですよね。 ま、若気の至りということで許してやってください」
 2打数0安打。打率 2割6分0厘3毛。


2017年4月20日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第101試合


  1. 山田風太郎
  2. 前に買ったマリオネットみたいなの
  3. 映画パンフレット (ベトナム戦争もの)

 朝、市内の学校に納品してから店を開ける。

 山風の短編集とミニーマウスの操り人形が売れる。

 ベトナム戦争ものの映画パンフのリクエストをいただいた。 未整理のパンフの山から1作くらい該当するものが出てくるだろう。 お客さんは後日お出でになるといい、それまでに見つけて安打を狙いたい。
 3打数2安打。打率 2割6分1厘9毛。


2017年4月19日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第100試合


  1. 『「原因」 と 「結果」 の法則』
  2. エーコ
  3. 新刊

 ひええええ。 北大通6〜8丁目の街灯が、西も東もすべて消えちゃって通りが真っ暗だわ。 ゴーストタウンみたい。
 翌日しかるべきところへ電話をして直してもらった。
 3打数0安打。100試合を終えて、310打数80安打。打率 2割5分8厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールーの 『刑事マルティン・ベック ロセアンナ』 (角川文庫) を読む。
 スウェーデン語から直接起こした2014年刊行の新訳版の方。 旧訳版は英語からの重訳で、題名も 『ロアンナ』 だった (訳者あとがきによると、スウェーデン語にはザジズゼゾの濁音がないそうだ)。
 およそ30年ぶりの再読になるが、もちろん中身はうろ覚え。 お初にお目にかかりますといっていい。


2017年4月18日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第99試合


 開店前、釧路町まで出張買入。 途中で大雨になるが、片手で持ち運べるくらいの量だったので、大事にならずに済んだ。

 2階の喫茶ラルゴで 「chico の切り絵展」 がはじまる (4/28まで)。
 釧路市在住の切り絵作家 chico さんの展覧会です。 これからの季節にぴったりの花をあしらった作品を10点お持ちいただきました。
 0打数0安打。打率 2割6分0厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: 図書館で借りてきた数ヶ月前の 「キネ旬」 を読んでいて、 オホーツク網走フィルムフェスティバル の存在を知る。 去年の11月に開催済みだよ。 しかも2008年からはじまっていて、もう第9回とは。 今年もやるなら行ってみたい。


2017年4月17日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第98試合


  1. 魚の図鑑 (日本全体の)
  2. 哲学の本
  3. 旺文社文庫の 『次郎物語』 の上、下巻

 北大通店の めくりめくられ: 『塚本晋也 『野火』 全記録』 (洋泉社) に読みふける。 帯コピーは 「完全自主製作・自主配給映画のすべて」。 大岡昇平原作の宿願の映画 『野火』 はいかにして作られたのか。 製作現場だけにとどまらず、完成後の塚本監督による全国の公開館行脚まで追いかけたメイキング本だ。

 冒頭、監督は述べる。
 90年代末に有名俳優の主演を当てこんで企画していたときは予算の大きさに難色を示されていたのが、 2011年以降は 「日本兵がボロボロになる映画」 というだけで煙たがられるようになったと。 その意味するところにぞっとする。

 『野火』 は製作規模を大幅に縮小し、 塚本映画でおなじみの監督自身が主演を兼ねる低予算映画として構想し直された。

 撮影現場の舞台裏を語る埼玉県の深谷フィルムコミッション代表・強瀬誠氏の話が小気味よくて胸がすく。
 たとえば、公共機関ではない同組織のなりたちを説明するのに
 「もともと、行政主体のフィルムコミッションというものに違和感があったんです。 特に 「映画のロケ地を観光名所に」 なんて、ふざけんなと思うわけですよ。 観客にトラウマを植えつけるのが映画だし、ロケ地の住民がもう二度とここで撮影してほしくない! と思うのが映画のあり方だろうと
 ここにも映画原理主義者がいた。

 強瀬氏が明かす具体的なエピソードのひとつひとつに 塚本監督の誠実な人柄が見事に表れていて目頭が熱くなる。 こんなもの読まされたら監督に惚れてしまうしかないだろ。
 といいますか、語り手である強瀬氏自身の映画への向き合い方も負けず劣らずすばらしいのだった。 家業を継ぐために映画の仕事を諦めて深谷に帰ってきただなんて、これまた落涙。

 激しく感情を揺さぶられる読書になったが、よく考えるとまだ序盤の50ページなのであった。 この時点でこれだけ密度が濃かったら、読み終えるころには儂、悶死してしまうがな。
 3打数0安打。打率 2割6分0厘5毛。


2017年4月16日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第97試合


  1. 山梨の地図
  2. マンガ

 北大通店の めくりめくられ: 磯部舞子・監修/こやままさし・編集 『学習図鑑シリーズ1.3 ベチコ図鑑』 (小山雅嗣・発行者)を手に入れた。

 前日のラルゴ・ライブに出演されたヴァイオリニストの 磯部舞子 さんの生誕30周年を記念して作られたユーモラスな生い立ちの記。 同時刊行の写真集もあったが、文字が多くてバラエティブック形式の図鑑を選んだ。
 これは愉しい。 全編にわたってベチコさんの向日性の人となりが伺える。 ご本人にサインを書き入れてもらった。
 2打数0安打。打率 2割6分3厘1毛。


2017年4月15日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第96試合


  1. 仏教の本
  2. 藤田の本
  3. 新書 (新刊書)

 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 最新回はピンク・フロイドから一旦離れて、平位さんが自身の北海道旅行を振り返る番外編です。 小樽、美瑛、釧路、霧多布。 平位さんが旅のさなかにあっても手離さない核のようなものが見えてきます。

 夜、2階の喫茶ラルゴで、今年はじめての ライブ が開かれる。 「ハシケンベチコ のた・た・たび ☆ 3」。
 ハシケンさんの歌とギターと時々ピアノに、磯辺舞子さんのヴァイオリンがスリリングに絡み合う。 休憩をはさんで夜の10時までたっぷりとよい音楽に身を浸した。
 3打数0安打。打率 2割6分4厘9毛。


2017年4月14日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第95試合


  1. レース編みの本
  2. 山の本
  3. 「街道をゆく」 の北海道の巻
  4. 恩田陸の最初の本屋大賞の
  5. 桜木紫乃さん
  6. 文春新書の 『「社会調査」 のウソ』

 釧路市立博物館 に 『ゴールデンカムイ』 の作者・  野田サトル氏がご来館連載 の舞台はただいま釧路なのだそう。

 1、2が売れる。
 閉店後、翌日開かれる2階喫茶ラルゴのライブの会場設営を手伝う。
 6打数2安打。打率 2割6分7厘5毛。


2017年4月13日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第94試合


  1. アイヌ関係の本

 北大通店の めくりめくられ: 翻訳家の 越前敏弥の発言 が目に留まる。 なるほど、そういう効用があるかもしれないな。 スティーヴン・ミルハウザーの 『エドウィン・マルハウス』 (河出文庫) を読みはじめる。
 1打数0安打。打率 2割6分6厘2毛。


2017年4月12日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第93試合


  1. 湖陵高校の100年史
  2. 山下邦彦 『楕円とガイコツ』
  3. 山下邦彦 『坂本龍一の音楽』
  4. 山下邦彦 『甦れ、ユーミン!』
  5. 『スティーリー・ダン リーリング・イン・ジ・イヤーズ』
  6. 講談社学術文庫の宮本常一 『塩の道』

 北大通店の めくりめくられ: 「すばる 2017年2月号 特集・批評の未来 2017」 を読む。 奥泉 光といとうせいこうの 「文芸漫談 夏目漱石 『吾輩は猫である』 を読む」、 桐野夏生の講演 「小説家の夢と狂気 江戸川乱歩国際シンポジウム」、 中島岳志・他の 「共同討議 来るべき新人へ すばるクリティーク賞創設」 など盛り沢山の内容。
 北海道に長く暮らす者にとっては、とりわけ岡和田 晃の 「<アイヌ> をめぐる状況とヘイトスピーチ  向井豊昭 「脱殻」 から見えた 「伏字的死角」」 が読み逃せない。

 本店に1、3の在庫あり。 お客さん、あちらでお求めに。
 6打数2安打。打率 2割6分7厘1毛。


2017年4月11日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第92試合


  1. ガッサーン・カナファーニー 「悲しいオレンジの実る土地」 (河出の 「現代アラブ小説全集 7」 所収)
  2. 岡 真理 『アラブ、祈りとしての文学』

 大阪のガス人間さんと電話で話しこむ。 去年で阪神タイガースのファンを止めたとおっしゃっていたが、 新加入の糸井選手の活躍がおもしろく今年は応援することに決めたそう。
 2打数0安打。打率 2割6分5厘7毛。


2017年4月10日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第91試合


  1. 鉄道の本
  2. 外務省にいた孫埼さんの本
  3. おおばさんの本
  4. 『聴衆の誕生』
  5. 車のカタログ

 好天の下、急遽ポートレートが必要になった画伯に頼まれて店前での即席撮影会と相成る。 画伯のデジカメでおすまし顔を連写した。
 ちなみに画伯の最近の好物は桜かりんとう。 南大通の某おそば屋さんで売っている。

 孫崎 享 『戦後史の正体』 が売れる。
 5打数1安打。打率 2割6分7厘6毛。


2017年4月9日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第90試合


  1. 萩原葉子
  2. 釧路の地図

 タニさんが萩原葉子の著作をお探し。 『父・萩原朔太郎』 と 『漂泊の記』 がありお求めいただける。
 萩原朔太郎記念館 が移築して再オープンしたことを教えてもらった。
 2打数1安打。90試合を終えて、279打数75安打。打率 2割6分8厘8毛。


2017年4月8日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第89試合


  1. ハメット
  2. コリン・デクスター 『別館三号室の男』
  3. コリン・デクスター 『ニコラス・クインの静かな世界』
  4. 夏目漱石 『草枕』
  5. 正岡子規
  6. 『鳩の首輪』?
  7. 教科書
  8. カッパブックスの他の

 ハメットさんがご来店になる。 年が明けてから1度も顔を出してくださらず心配していたが、どうやらお元気そう。
 入荷済みだった探求書のエド・マクベイン 『キス』 をお渡しできた。 私もう寿命だからさ他の本も早くみつけてねと、またしてもニコニコ顔で告げられる。

 前回お買い上げになった光文社古典新訳文庫版の 『カラマーゾフの兄弟』 は読み終えたといい、 「あの男、早くに死んじゃってもったいないことをした」 と130年以上前に世を去ったロシアの大作家の不運を嘆いてみせるハメットさんだった。

 岩波文庫の正岡子規が2冊売れる。
 8打数1安打。打率 2割6分7厘1毛。


2017年4月7日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第88試合


  1. アクリルたわしの編み方の本
  2. 歳時記
  3. この前新聞で見た腎臓を揉むと身体がよくなる本?

 今冬、好評を博した 釧路市立博物館 の企画展 「釧路・根室の簡易軌道」。 その後は巡回展として道東の施設を順にまわっており、 この日から 鶴居村ふるさと情報館みなくる での展示がはじまる。

 酪農業の進展とともに伸張してきた簡易軌道網が拡大する道路網に取って代わられていく……。 その交代劇から見えてくるもうひとつの地域史です。 近隣にお住まいの方には熱烈にお勧めいたします。 掲示される数多くの写真パネルに目を凝らしてください。

 角川文庫の 『俳句歳時記』 の新年の巻が売れる。 お客さんは春の巻をご所望だったが、これしかなかった。
 3打数1安打。打率 2割7分1厘3毛。


2017年4月6日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第87試合


  1. 角川文庫の 『金田一耕助の冒険 2』
  2. 洋裁の修繕などが載っている本

 常連さんが車上荒らしにあう。 鍵をかけずに10分ほど車を離れた隙だった。
 2打数0安打。打率 2割7分0厘6毛。


2017年4月5日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第86試合


  1. 江戸時代の全国の藩が全部載ってるような本
  2. 角川文庫の横溝正史の 『病院坂の首縊りの家』 の下巻
  3. この前あった 「都筑道夫ひとり雑誌」 の2、3巻
  4. 雑誌 「和風が暮らしいい」
  5. 高橋 優の自伝
  6. 釧路に関する本
  7. 高倉健
  8. チーズの本
  9. 中公文庫のセリーヌ 『夜の果ての旅』 の上巻

 2、3、4が別の方にもらわれていく。

 1と6のお客さんには本店を紹介。 向こうで 『別冊歴史読本 徳川三〇〇藩藩祖総覧』、 『わがマチの人物地図』 の第1、4集をお求めいただき、2安打追加。
 9打数5安打。打率 2割7分2厘7毛。


2017年4月4日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第85試合


  1. 土門 拳
  2. 中野孝次
  3. 演劇の本 (戯曲)

 2階の喫茶ラルゴで 「日生ハル個展 たんたん!コールマインくんと釧路の街並み展」 がはじまる (4/14まで)。

 介護福祉士として働く傍ら、絵描き作家として活動している日生ハル (ひなせはる) さんの展覧会。 釧路駅から幣舞橋まで伸びる北大通の風景を、 オリジナルのユーモラスなキャラクターたちが闊歩する通りとして描いていただいた。

 斎藤 憐の 『上海バンスキング』 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割6分2厘7毛。


2017年4月3日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第84試合


  1. 中野孝次 『ブリューゲルへの旅』
  2. 野見山暁治のエッセイ集
  3. 他に窪島誠一郎
  4. 俵 万智
  5. 旭川の歌人で最近は小説書いてる人 (加藤千恵)
  6. オサムシの本

 1ヶ月くらい前に、どなたかお客さんが置き忘れていった眼鏡ケース、 そのまま何となく目立つところに出していたら、常連の音訓編集長氏が 「あ、これ私のだ」

 近々 釧路芸術館無言館の展覧会 がはじまるそうだ。 この日の北海道新聞朝刊釧路版の記事で知った。
 無言館館主・窪島誠一郎の 『鬼火の里』 を引っ張り出して机の上に置いていると、 朝一で野見山暁治を探しにきた方がそれに目を留め、 あれよあれよと窪島の別の著作 『北国願望』 がもらわれていく。 お客さんも同じ新聞記事を読んでいらした。

 肝心の野見山暁治 (彼もまた無言館の設立に尽力した人) のエッセイ集は本店に数冊在庫あり。 お客さん、向こうで 『遠ざかる景色』 をお求めに。

 他に 『原色昆虫大図鑑 第2巻 (甲虫篇)』 が売れて、6をクリア。
 6打数3安打。打率 2割6分1厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: ウラモトユウコ 『ハナヨメ未満』 (講談社) が3巻で完結した。 瀬戸内海の離島が舞台の島おこしコメディ。 作者の才能が光り輝いている。
 前巻の刊行からしばらく間があき、例によって記憶があやしいので1巻あたまから遡って読む。 数十巻つづく大長編でなくてよかったぜ。


2017年4月2日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第83試合


  1. 深田祐介 『われら海を渡る』

 フラワーカンパニーズ の釧路初ワンマンライブの日。 夕方で営業を切り上げて、会場の 釧路 NAVANA STUDIO に駆けつける。 はじめて間近で見て聴いたフラカンのライブ。 曲のよさは無論のこと、ステージを軽快に動き回るボーカル氏の突出した身体表現にも目を奪われた。

 最前列に陣取っていたラルゴの美術部長に後で伺うと、 長年のファンが見ても相当ノリにノッていたようだ。 演者本人も 「舞台もちょうどいい滑り心地で、ターンが回りやすい」 と発言している。 素敵です。

 MCでは 釧路の流氷 にも触れたぞな、もし。
 1打数0安打。打率 2割5分6厘0毛。


2017年4月1日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第82試合


  1. 乳製品の技術に関する本
  2. サン=テグジュペリの単行本
  3. 雑誌 「墨」
  4. 書道字典

 北大通店の めくりめくられ: 山田耕大 『月刊シナリオ別冊 昼下がりの青春 にっかつロマンポルノ外伝』 (シナリオ作家協会) を読みはじめる。
 脚本家が書いたにしては口述筆記かと思うほど文章が粗いが (誤植も多い)、 斜陽化していく時期に入社した若者の焦りと熱意と空回りを伝えて読ませる。 当時にっかつの劇場に通い詰めていたお客さんがいるので、本書を枕にして話を伺おう。

 3、4が売れる。
 4打数2安打。打率 2割5分7厘1毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 出版輸送の問題が深刻だ。 昔アルバイトをしていた新刊書店のことも出ていた。


2017年3月31日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第81試合


  1. 船山 馨
  2. 村上春樹 『1Q84』
  3. 佐藤愛子
  4. わたなべまさこ 『聖ロザリンド』
  5. 「MOE」 のピーターラビットの号
  6. ジャズのCD
  7. 『反芻動物の栄養生理学』

 3月末日。 出勤途中に引越し作業中のトラックが目につくようになった。

 2階の喫茶ラルゴの宣伝大臣こと 猫田さん がこの日でラルゴの勤務を終える。 2年弱の間お手伝いいただき、ご苦労さまでした。

 わたなべまさこのマンガ 『聖ロザリンド』 をお尋ねのお客さん、 ウェブの無料配信で途中まで読めるのをみつけて止まらなくなり、書籍版を探しにみえた。
 「すっごく気持ち悪いんですよ。 でもつづきが気になって仕方がないの」
 残念ながら当店に在庫はない。 興味があったら読んでみてと言われたけれど。

 1、3が売れる。
 7打数2安打。打率 2割5分3厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: ゴードン・マカルパイン 『青鉛筆の女』 (創元推理文庫) を読みはじめる。


2017年3月30日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第80試合


  1. 「マンガ 坊ちゃん」?
  2. 新聞に載っていた熊本の公害のことを書いた本
  3. 大岡 信 『折々のうた』
  4. 手芸の本

 石牟礼道子の 『苦海浄土』 が、2のお客さんの探求書だった。 本店に講談社文庫版の在庫あり。 向こうでお求めいただく。

 他にフェルト手芸の本が売れる。
 4打数2安打。80試合を終えて、234打数59安打。打率 2割5分2厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 講談社文庫入りしたのを機に、竹本健治の 『囲碁殺人事件』 と 『将棋殺人事件』 を再読。 『定本 ゲーム殺人事件』 版で読んだのだから、かれこれ20数年ぶりとなる。 世に数多ある謎解き小説の定型から逸脱した、 この作家独特の曖昧模糊とした書きぶりに心酔していたことを思い出す。 文庫本のおまけ短編の出来はというと、う〜む……。


2017年3月29日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第79試合


  1. 韓国語の辞典
  2. 短歌の本

 月、火曜日は旅行のため休業していた。

 旅先でみつけたB1サイズの寺山修司ポスターを金色の額に入れてうっとり。

 『釧路歌人会誌 第40号 創立四十周年記念号』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割4分7厘8毛。


2017年3月26日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第78試合


  1. 光文社新書
  2. エミリー・ディキンスンの詩集
  3. ロバート・フロストの詩集

 コリン・デクスターが亡くなった。 そういえばデクスター好きのハメットさんが今年になってまだ1度もおみえにならない。 モース警部シリーズで 『別館三号室の男』 だけなぜか縁がなくて渡せずにいるのだけれど。
 3打数0安打。打率 2割4分5厘6毛。


2017年3月25日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第77試合


  1. 三橋美智也 「古城」 が入ったレコード
  2. 経営学の本
  3. 岩波文庫
  4. 映画パンフレット (怪獣映画)
  5. 『マッドマックス』 のパンフレット
  6. 『南回帰線』
  7. フラワーカンパニーズのチケット

 朝早く、社長と車2台を連ねて出張買入。
 7打数0安打。打率 2割4分8厘8毛。


2017年3月24日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第76試合


  1. 山本周五郎 『五瓣の椿』
  2. ウィンドウズの100円ショップで売ってる解説本
  3. 理工系の本

 昭和34年刊行の 『五瓣の椿』 の初版本が売れる。 棚の前に本が山積みになっていて、お客さんにはすぐに出せずに迷惑をかけてしまった。
 3打数1安打。打率 2割5分6厘8毛。


2017年3月23日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第75試合


  1. 「会社四季報」 の古いの
  2. 藤堂志津子

 1件納品を済ませて、午前10時半より開店する。

 毎日さんがローソンのマチカフェの紙コップコーヒーを見せびらかすように持ってご入店。 はじめて店頭でもらったという蓋をつけていた。 これでもう一昨日のような惨事は起きないだろう。

 藤堂志津子の文庫本が2冊売れる。
 2打数1安打。打率 2割5分5厘8毛。


2017年3月22日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第74試合


  1. ボーヴォワール 『老い』 の下巻のみ
  2. 『チョコレート革命』 以降の俵 万智
  3. 短歌の本

 数週間ぶりにまとまった降雪となる。 大した量ではなかったけれど湿って重たい雪じゃった。

 歌集をお探しのお客さんに、北大通店には適当なものがなかったため本店を紹介。 向こうで1冊お求めいただける。
 3打数1安打。打率 2割5分3厘5毛。


2017年3月21日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第73試合


  1. 「墨」 のバックナンバーで枯樹賦の特集号
  2. 佐藤賢一
  3. 横溝正史
  4. 宮澤賢治

 惨劇は繰り返された。 毎日みえる毎日さんが昨春につづき、 店内レジカウンター周辺にコーヒー (紙コップ入り) をぶちまけた。
 近所のローソンの淹れたてのがなすすべもなく外で冷めていくのを不憫に思い、 店内持込みを許可したのは私である。 文句は言えない。 本に大きな被害がなかったのが幸いだった。

 それにしても、なんでまたエプロンを着けているのに、ズボンの股間にコーヒーのしぶきが飛ぶのかね。 チミはどうやって潜りこんだんだい。 言い訳がきかない場所に恥ずかしい染みをこさえおって。 謎すぎる。

 福山通運が個人宛の宅配便を終了すると聞いた。 クロネコヤマトの宅配量の増大とそれにともなう運賃の値上げが影響しているようだ。
 豊文堂書店ではこれまで20数年間、 道内配送にかぎり福山さんとの契約で安価にお送りできるようにしてきたが、 今後は日本郵便一本になりそうだ。

 1が売れる。
 4打数1安打。打率 2割5分2厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 矢追純一って、 こんなにおもしろい人 だったのか。


2017年3月20日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第72試合


  1. 辞書
  2. マンガ

 春分の日。

 「ツタヤ図書館」 は首を傾げる話ばかり。
 2打数0安打。打率 2割5分2厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 市立釧路図書館で借りた 「キネマ旬報 2017年2月下旬号」 によい記事が2本あった。

 まずは手塚 眞の 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』 評。 「ミス・ペレグリン役を纏ったエヴァ・グリーンの立ち姿は、 クリストファー・リーのドラキュラのようでしたね。 背筋を伸ばし、毅然としていて、それでいて優雅な妖気を漂わせていて。 目の芝居ひとつとっても雰囲気があり、過剰な作り物の美学に満ちている。 “フィクションとはかくあるべき” というお手本です」 など卓見がいくつも。

 加藤 泰の遺作 『ざ・鬼太鼓座』 の脚本・チーフ助監督を務めた仲倉重郎へのインタビューは、 映画の鬼だった監督の強烈な統率力が鬼太鼓座の指揮を乗っ取り、 そればかりか同集団の崩壊を加速させたことまでも白日の下に暴き出す。 これを引き出せたのは、映画人の聞書きを数多くまとめてきた山根貞男の力量だろう。 映画はおそろしい。


2017年3月19日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第71試合


  1. この前買った本の映画作家篇
  2. 先祖のことが載っている開拓の本
  3. 2000年代にPHPから出た賀川豊彦 『死線を越えて』
  4. エレクトロニカのCD
  5. 金田一耕助の本
  6. 小川洋子

 ここ何日か店前の融けかかった雪山を、カラスが数羽熱心に突いている。 んま〜いものが何か混じっているとみえる。

 音楽を学びに札幌に進学した若者が里帰りで1年ぶりに顔を出してくれた。 都会の風にあたって格好がすっかり垢抜けていたけれど、言動はあまり変わっていなくてほっとした。

 現代教養文庫の 『日本映画作家全史 全2巻』 と 『犬神家の一族』 が売れる。
 6打数2安打。打率 2割5分4厘9毛。


2017年3月18日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第70試合


  1. 原田康子 『風の砦』 の下巻
  2. 原田康子
  3. 香道の本

 第3土曜日で2階の喫茶ラルゴは定休日。

 ドナルド・フェイゲンを愛する音訓編集長がご来店に。
 前の晩、北海道新聞の夕刊芸能欄で紹介された KAN の新譜ジャケット を目にするや否や (なぜか北大通店に) 逆上の電話をかけてきた御仁である。 ファンの気持ちを逆なでするデザインだったらしい。

 『ナイトフライ』 のジャケットはこれまでいくつかパロディにされてますよと、 『レコジャケジャンキー! ニュー・エディション』 (CDジャーナルムック) の 該当ページ をお見せする。
 編集長氏、「そうね、他の人よりKANの方がちゃんと似せてるね」 と落ち着きを取り戻す。

 1、2が売れる。

 閉店後、末広へ。 「“Bonkura” 西村勇さん お別れパーティー」 に参加する。 気心の知れた人たちのバンド演奏が深夜までつづく。 喫茶部長がPA担当で腕を振るう。 よい集まりだった。
 3打数2安打。70試合を終えて198打数50安打。打率 2割5分2厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: 早稲田大学文学部社会学コースで発刊したシリーズ論文集 「“生きている炭鉱 (ヤマ)” と釧路研究」 の最新号2点をいただく。
 太平洋炭礦主婦会、選炭技術、保安、文化サークル、炭鉱資料館などなど、 さまざまな切り口があることに魅了される。 いずれも調べがよく行き届いているし、釧路人にとって馴染み深い産業であるためか、 ふだんは読みつけない学術論文の体裁ながらすんなりと頭に入ってくる。 何より若い世代の率直な書きぶりが好ましい。


2017年3月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第69試合


  1. ウィルソン・ピケットのLPレコード
  2. 『火花』
  3. 雑誌 「an・an」
  4. 文春文庫の吉村 昭

 フランスの書店員 さんってば、素敵なことを思いつきましたのね。 儂もいっちょかみしようと、喫茶部長とフラカンさんの助けで 真似してみた けれど、いまひとつセンスが垢抜けない。 そもそも似せるつもりがまったくない。
 4打数0安打。打率 2割4分6厘1毛。


2017年3月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第68試合


 棚から本を抜き出してはスマホで検索している人にほとほと困る。
 0打数0安打。打率 2割5分1厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 宮崎夏次系の 『変身のニュース』 が大当たりだったので、他の著作に手を伸ばす。


2017年3月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第67試合


  1. シミズタツヤの本
  2. ムッシュかまやつに関した本
  3. PHP新書の 『エピソードで読む松下幸之助』

 お客さんが探していた松下幸之助本はないけれど、 同じPHP新書の松下幸之助本人の著作が2冊あってもらわれていく。
 ファールかフェアか見極めが難しいところだが、審判団協議の結果、安打ということになった。 や、審判団全員、俺だけど。 俺が法律だ!
 3打数1安打。打率 2割5分1厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 河鍋暁斎の幽霊画をモチーフにした北森 鴻 『狂乱廿四孝』 (創元推理文庫) を読み進める。 野口達二 『歌舞伎』 (文藝春秋新社)、河竹登志夫 『歌舞伎のいのち』 (淡交社) が参考書。 暁斎展 開催中とは知らなかった。


2017年3月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第66試合


  1. 三島由紀夫 「葵上」 「卒塔婆小町」
  2. 星澤幸子
  3. 朝井リョウ 『何者』 『何様』

 当欄でもたびたび取り上げてきた鹿の角カー。 にわかに信じがたいが、電飾で光る鹿の角を側面に植えつけた軽自動車のことである。 市内各所で目撃情報があり、最近は複数台出現しているとも伝え聞く。

 昼、スティングさんからメールがくる。 千代の浦方面を鹿の角カーが走っていました。
 夜、同じくスティングさんからメール。 鹿の角カーまた見ました、角がピンク色に光っていました。

 なんだなんだなんだ。 1日に2回も見かけるなんて、うらやましすぎる。 今年の運全部使い果たしてるレベルだろ。 儂、未だに目撃してないんだぞ。

 「志村、うしろ!うしろ!」 と囃し立てられ振り向いても誰もいない。 そんな茶番を繰り返している気分だ。 みんなでよってたかって実在しない車で騙そうとしているんじゃないのか。

 星澤先生の料理本が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分。


2017年3月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第65試合


  1. 手品の本

 朝早くから社長と遠方出張で出かけていた。 午後4時半より店を開ける。

 留守中の様子はどうだったのかしら。 せっかく来たのに店が閉まっていてがっかりした人がいるかもしれない。
 2階ラルゴの喫茶部長に尋ねると、 ランチを食べに来たお客さんで 「下の古本屋、つぶれたんですか」 と訊いてきた人がいたそうな、真顔で……。

 手品の本が1冊もない。 本店にもない。 おもしろ科学実験の類いならあるが、手品の本ではないだろう。 お客さんが探していたのは 小学館の入門百科シリーズ の線。
 1打数0安打。打率 2割4分8厘6毛。


2017年3月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. サローヤン

 自転車乗りのお客さんたちがペダル踏み踏み来店するようになった。 春はもうすぐそこに (とか言って余裕こいてると、例年4月頭ごろ大雪に見舞われる)。
 1打数0安打。打率 2割5分。


2017年3月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 宮澤賢治
  2. 宮澤賢治に関する本

 夜、2階の喫茶ラルゴが喫茶部長の乗馬仲間の集まりで貸切に。 わいも馬の前足で参加したかった。

 ちくま文庫版賢治全集の端本と原子 修 『宮澤賢治論』 が売れる。
 2打数2安打。打率 2割5分1厘3毛。


2017年3月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


 画伯が繰り出す動物なぞなぞに答えられない。
 0打数0安打。打率 2割4分3厘0毛。


2017年3月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 樺太の写真集
  2. カレンダーというか日めくり暦
  3. 藤田宜永

 午前、大学に納品。 10時45分より店を開ける。

 先月訊かれて適当な本がなかった漱石。 同じお客さんに本店でみつけた 『吾輩は猫である』 の文庫本をおそるおそる差し出す。 無事にお求めいただける。

 6月の イッセー尾形 釧路公演が 「妄ソーセキ劇場」 と題する漱石ものの一人芝居なのだとか。 『猫』 は取り上げられるかな。
 3打数1安打 (内1安打 2/21分)。打率 2割4分3厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ『SFが読みたい!2017年版』 の表紙画が額に入れて飾りたいくらいだったので、 それを手がけた宮崎夏次系のデビュー単行本を買う。 『変身のニュース』 (講談社)。


2017年3月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 赤ちゃん向けの編み物の本
  2. 開高 健 『輝ける闇』
  3. 三浦綾子の題名に 「晴れ」 がつく本

 T先生の店頭文学講義。 本日は、村上春樹 『騎士団長殺し』、トーマス・マン 『ヨセフとその兄弟』 の話を聞かせてもらった。 春樹の新作は圧倒的に分が悪い。

 『雨はあした晴れるだろう』 が3の正式な題名のよう。 せっかくわかっても在庫はない。
 3打数0安打。60試合を終えて、178打数43安打。打率 2割4分1厘5毛。


2017年3月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 北方領土関係
  2. 谷川俊太郎の詩集
  3. グレアム・グリーン
  4. 北方領土の大きい地図
  5. シャープの芯

 病院で特定健康診査を受ける。 正午から店を開ける。

 谷川俊太郎の詩集 『メランコリーの川下り』 が売れる。 早川書房の 「グレアム・グリーン選集」 が2冊売れる。
 5打数2安打。打率 2割4分5厘7毛。


2017年3月6日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. 司馬遼太郎 『街道をゆく』
  2. 後家さん

 2階の喫茶ラルゴの新着情報が 今年はじめての更新 とな。 こらッ、サボりすぎだぞ!!

 というわけで、4/15 (土)「 ハシケンベチコ のた・た・たび 3」 を 開催いたします。 今年最初のラルゴ・ライブです。
 ふたりの演者の相性のよさは昨年のライブで実証済み。 愉しい音楽の夜になること請合いです。
 2打数0安打。打率 2割4分1厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 「映画芸術 2017年冬号 第458号」 の 「追悼 荒戸源次郎」 を読む。 稀代の 「人たらし」 だった荒戸の人となりを語る言葉はいずれも深い愛着を伝えるが、 とりわけ松枝佳紀の一文に目頭が熱くなる。 次の箇所に中井英夫の晩年を重ねてしまった。

 「四面道館を立ち上げる時、誰と住むか、その人選に悩んだ。 僕は石原、内田、塩を選んだ。 熊谷は内田が選んだ。 最後に荒戸さんが言った。 「岡本も入れよう」。 荒戸さんが選んだのは岡本だった。 見抜いていたのだろうか。 この青年が自分の最後の面倒を見るということを。 この青年がいなければ自分の最後は困難なものとなることを。 もし、あなたがそれを見抜いていたとしたら、やっぱりあなたはすごい。 いや、見抜いていなかったとしても、やはりすごい。 あんな遠く、死から遠い時間で、あなたは自分の最後に必要となる青年を見つけていた。」 (松枝佳紀 「ドン・キホーテの日記」 より)


2017年3月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. 図書カード
  2. 石川啄木
  3. 中村とうよう 『大衆音楽の真実』
  4. アース・ウィンド・アンド・ファイアー 『宇宙のファンタジー』 のレコード

 啄木に関する本は本店の方がずっと多い。 お客さんには向こうで啄木の文庫本を1冊お求めいただく。
 4打数1安打。打率 2割4分4厘0毛。


2017年3月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


  1. 旺文社文庫の 『半七捕物帳』

 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を、予定より少し遅れてお届けします。

 ピンク・フロイドの全アルバム・レヴューもいよいよ後半戦へ。  ロジャー・ウォ―ターズが抜けてデヴィッド・ギルモアへリーダーが交代してからの軌跡を追います。

 ちなみに、先日見た映画 『ドクター・ストレンジ』 には、ピンク・フロイドの 「星空のドライヴ」 が使われていましたっけ。

 ピンク・フロイド 『Signs Of Life/サインズ・オブ・ライフ』 (You Tube より)

 今まで月刊ペースでお送りしてきた 「レコードの溝」 ですが、今後は不定期掲載に変わる予定です。 平位さん曰く、「月一更新のプレッシャ―というか、縛りをかけすぎたと思いますので、 これからは気楽に行きますよ」 とのこと。 読者の皆さんも引きつづき楽しみにお待ちください。

 旺文社文庫の半七が1冊売れる。
 1打数1安打。打率 2割4分3厘9毛。


2017年3月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. テレビドラマ 「ビター・ブラッド」 主題歌のレコード
  2. 渥美清の句集
  3. 後家さんの裸体写真集
  4. 釧路新書 『釧路港 味覚の散歩道』
  5. クリスピン
  6. ニコラス・ブレイク 『野獣死すべし』

 雛祭りの日。
 ANAホテルのディナーショー出演のため来釧された 鈴木亜紀 さんと 鈴木 裕 さんの 「スズキ×スズキ」 コンビがご来店に。

 たまたまテレビで再放送をやっていたドラマ主題歌を気に入ったという1のお客さん。 ネットで検索すると、台湾のロックバンド Mayday の曲だった。 普段は演歌しか聴かないんだけどねェと言う年配のご婦人を虜にするなんて。
 レコードというかCDの在庫はないので、曲名などをメモして差し上げる。

 イギリス新本格派のクリスピン、ブレイクの代表作が売れる。
 6打数2安打。打率 2割3分9厘2毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 根室管内 別海町にある中西別郵便局の風景印が押された 郵便書簡 が到着。 道の駅・スタープラザ芦別の記念スタンプ付きである。
 封を切ると、北部納豆の包装紙がこんにちは。


2017年3月2日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


 山陰の映画魔人007さんからCDをいただいた。 「ゼロ年代ミュージカル映画 オリジナル・サウンドトラック集」 と題したアンソロジーもので、 公開中の 『ラ・ラ・ランド』 の曲も入っている。 早速店でかけて歌って踊る。
 0打数0安打。打率 2割3分5厘6毛。


2017年3月1日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 医学の本でビタミンの本
  2. 昔の車のカタログ
  3. Photoshop の本

 北欧の某国より注文メールが届く。 この日から数日間、慣れない海外向けの返事書きと発送で大いに手間どることに。
 3打数0安打。打率 2割3分5厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。 嵯峨景子 『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』 を手に入れたい。


2017年2月28日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. 田辺むつみ 『まつり囃子』

 釧路の米町遊郭を描いた小説 『まつり囃子』 が売れる。 お客さん、人に貸しては返ってこない同書をもう7、8冊買い直しているとか。
 1打数1安打。打率 2割4分0厘2毛。


2017年2月27日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


 フレッツ光加入者に Wi-Fiの機器を無料でお送りしていますという内容のセールス電話あり。 5年間の契約期間中に解約すると違約金が発生しますなど、話が進むに従いだんだん雲行きが怪しくなる。

 NTTの代理店を名乗る会社 だったが、「消防署の方から来ました」 のパターンだな。 危うく必要ないものを押しつけられるところだった。 剣呑剣呑。 皆さんもお気をつけあれ。
 0打数0安打。打率 2割3分5厘2毛。


2017年2月26日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 『コーヒーが冷めないうちに』
  2. 石川啄木
  3. 奥田正造 『茶味』
  4. 小学校低学年が読むやつで 『ヒーローなんてぶっとばせ』 という題名の本か、それに似た本

 本日の 「山下達郎 サンデー・ソングブック」 は 「昼間の珍盤奇盤」 特集。
 初めて聴いたザ・レンジャーズの 「赤く赤くハートが」 という曲が、途方もなく気色悪い歌い方で突き抜けていた。 ここまでくるとお見事である。 本当に気色悪い。 そしておもしろい。

 『ヒーローなんてぶっとばせ』 という題名の本はなくて、それに似た題名の本もなかったけれど、 児童書が1冊売れたので安打ということにしたい。

 他に啄木が売れる。
 4打数2安打。50試合を終えて、153打数36安打。打率 2割3分5厘2毛。


2017年2月25日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 野坂昭如 『女の詫び状』
  2. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』
  3. 雑誌 「現代思想」 の 「感情労働」
  4. 映画の本で昭和30年代くらいの日本映画について詳しい本
  5. 心理学の本

 ご近所の佐藤紙店店頭に、村上春樹の新刊 『騎士団長殺し』 全2巻が並ぶ。

 祝 フラワーカンパニーズ釧路ワンマンライブ
 フラカン初心者の私、ただいまライブ本番へ向けて、 同バンドをこよなく愛する2階喫茶ラルゴの美術大臣フラカンさんよりレクチャーを受けているところ。

 こちら は、一昨年のフラカン武道館ライブ宣伝隊員にラルゴが立候補したときの記事であります。

 『ああ銀幕の美女 グラフ日本映画史 戦後篇』 など、日本映画関連書が3冊売れる。
 5打数1安打。打率 2割2分8厘1毛。


2017年2月24日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 模型雑誌

 プレミアム・フライデー。 洒落た名前ですね。 施行日にはじめてその存在を知りました。
 1打数0安打。打率 2割2分9厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 北海道新聞夕刊に 「私のなかの歴史」 というコーナーが長年連載されている。 毎回、本道ゆかりの人物をひとり取り上げ、数週間かけてその半生をたどる聞書きである。
 総じて自然科学を修めた人の話がおもしろい。 特に野外でのフィールドワークの話にわくわくする。

 この日は、雲物理学者・北大名誉教授の菊地勝弘さんの 「雨冠の気象学」 の第12回。 広大な石狩平野の積雪調査で100ヶ所もの観測点が必要になり、 困り果てた末、雪尺代わりに電柱の活用を思いつくくだりに膝を打つ。


2017年2月23日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. 岩波文庫の新渡戸稲造 『武士道』

 朝、社長と出張買入。 ガレージ内で紐にくくられ今しも古紙回収に出されようとしていた中に光るものあり。
 午前11時すぎより店を開ける。
 1打数0安打。打率 2割3分0厘7毛。

 北大通店の めくりめくられ: テッド・チャンの短編集 『あなたの人生の物語』 (ハヤカワ文庫SF) を表題作から読みはじめる。


2017年2月22日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


  1. 『近世地方文書字鑑』
  2. ネットに載ってた古文書の本
  3. 医学書 (東洋医学)
  4. 文庫本 (西村京太郎)
  5. 「暮しの手帖」 の第4世紀

 毎日みえる毎日さんに 鷹山たか子という小説家 を教えてもらう。 『北海道文学大事典』 に名前は見当たらないが、北海道出身だそう。

 『図録 古文書の基礎知識』 と西村京太郎で2安打。

 3のお客さん、探求書が豊文堂書店のサイトに載っていたとスマホの該当ページを見せてもらうが、 本店の商品だった。 あちらの店を紹介し無事に入手してもらえた。 1安打追加。
 5打数3安打。打率 2割3分2厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 猫の日。 倉阪鬼一郎の 『猫俳句パラダイス』 (幻冬舎新書) を読むとしよう。


2017年2月21日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


  1. 俳句の入門書
  2. 日本地図
  3. 東洋文庫のガンジーの自伝
  4. 夏目漱石

 「出張のたびここに寄るんですけど、最近は後輩が釧路に行くことが多くて。 今日は久々に来ることができました」 とサラリーマン氏。

 1が売れる。
 4打数1安打。打率 2割1分8厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: オープン戦の開幕も間近。 ベースボール・マガジン社の 『2017 プロ野球全選手カラー写真名鑑 & パーフェクト DATA BOOK』 を手に入れる。 類書の中ではやはりここの出版社のものが一頭地を抜く。


2017年2月20日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


  1. 『相棒』 の本
  2. 赤川次郎
  3. 森 誠 『なぜニワトリは毎日卵を産むのか』

 北大通店の めくりめくられ: 石黒正数の 『それでも町は廻っている』 (少年画報社) が完結しちゃった。 最終巻をいそいそと買ってくる。 ガイドブックも後日入手。
 3打数0安打。打率 2割1分8厘0毛。


2017年2月19日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


  1. 山本七平

 本店に各種荷物をおろして、午前10時半より開ける。

 「昔この辺りに映画館がいくつもあったって聞いたんですけど」 と20歳ぐらいの若者2人組に訊かれる。
 釧路市内から映画館が消えて久しい (イオンシネマ釧路があるのは隣りの釧路町)。 手元の僅かばかりの資料をお見せして解説めいたことをひとくさり。 私がスクリーン通いを覚えた90年代初頭ですら、北大通界隈に7、8館あった。

 この手の庶民史に絞った本が、手軽に読める釧路叢書か釧路新書にあるとよいのだが。
 1打数0安打。打率 2割2分3厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ「国語辞書の購入の手引き 市販15種徹底比較 」 が役に立つ。


2017年2月18日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 別冊太陽の北斎
  2. 副島隆彦
  3. 守島伍郎 『苦悩する駐ソ大使館』

 2階から降りてきたカップルの男の方が 「誰もいないんじゃねーの。万引きし放題だな」 と言った後、 レジ前に積まれた本の山に隠れていた私に気がつき、ビクッと身を震わせる。 軽蔑するしかない。
 3打数0安打。打率 2割2分4厘8毛。


2017年2月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 『満月の法則』
  2. 川端康成 『掌の小説』

 午前中、あれは北海道電力関連の方たちなのかしら、 作業員数人がかりでよってたかってショベルカーまで動員して店前の電気設備 (?) を覆い隠す雪山を崩していく。
 ありがたや、ありがたや。 見る間にトラックに雪が積みこまれ、見違えるようにきれいになった。 こんなこと、北大通店がオープンして初めてのことではないか。 一足早く春が訪れたよう。

 作業員の皆さんがお帰りになった後、2階の喫茶部長の指摘で、設備を囲いこむ真っ直ぐだった 支柱が曲がっている のに気づく。
 2打数0安打。打率 2割3分0厘1毛。


2017年2月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


  1. 米坂ヒデノリ 「鎮魂に刻む」?
  2. 履歴書
  3. 山本周五郎
  4. 藤沢周平
  5. 書道のお手本になるような本
  6. 『釧根歳時記』
  7. 中野京子 『怖い絵』 の2巻目
  8. 玉井裕志

 3、4、5、6、8が売れる。

 彫刻家・米坂ヒデノリの 『鎮魂に刻む』 という本を尋ねられるも心当たりはなし。 一旦お帰りになったお客さんが少しして 『釧根歳時記』 (釧路新書) を探しにふたたび見える。 同書はNHK釧路放送局のローカル番組を書籍化したもの。 米坂さんの一文 「怨念を刻む」 が載っているという。 在庫があり、お求めいただけた。

 「鎮魂に刻む」 は 「怨念を刻む」 のことらしい。 特例で2安打稼いだことにしたっていいじゃないか。 俺が法律だ!
 8打数6安打。40試合を終えて、124打数29安打。打率 2割3分3厘8毛。


2017年2月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. 雑誌 「S Cawaii!」
  2. 山本周五郎 『ながい坂』
  3. ドナルド・キーン
  4. 『赤毛のアン』
  5. 小林秀雄
  6. 内田百けん

 今年も、2階の喫茶ラルゴに 雛人形 が飾られる。

 前日本店からの電話でドナルド・キーンの啄木の本を訊かれた。 そのときのお客さんが北大通店にもお出でになる。 中公文庫のドナルド・キーン 『日本との出会い』 がもらわれていく。

 5、6が売れる。 ギャラリーカフェ ラ・メール釧路市民文化会館 3階) 主催の読書会のテキストらしい。
 6打数3安打。打率 1割9分8厘2毛。


2017年2月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. ドナルド・キーンの啄木の本
  2. 文庫
  3. 夏目漱石
  4. 絵本

 バレンタインデー。 2階の喫茶ラルゴのランチメニューは こんな風 だった (ラルゴスタッフのフラカンさん 画)。

 エミリーさんが久々に顔を出してくれる。

 文春文庫の太宰治が売れる。
 4打数1安打。打率 1割8分1厘8毛。


2017年2月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. 『東京ラブストーリー』
  2. 『SLAM DUNK』
  3. 『羅生門』 のDVD
  4. 角川文庫のウルマンの
                『青春とは、心の若さである。』
  5. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』
  6. 石牟礼道子 『苦海浄土』
  7. DVD
  8. 中国語の本
  9. 古代中国の本
  10. 宮崎駿
  11. 価値のある本?

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 噂の 簡易軌道の風景印 が押された 郵便書簡が届く 。 日付は2月10日。 押印開始初日なのであった。 早速レジ横に掲示する。 ズリ山さん、いつもありがとうございま〜す。
 封書の中身はラムネ菓子。

 札幌在住の岩村誠二さんからの風景印ハガキも同時に届く。 今回は札幌白石郵便局より。 愉快犯と模倣犯の今期2度目のアベックホームランとなった。

 昨春店内でコーヒーぶちまけ事件を起こして以来、 紙コップコーヒー (ローソンのマチカフェ) の店内持込みを遠慮するようになった毎日さんである。
 この時期、外に放置していると淹れたての飲み物はてき面に冷えてしまう。 充分反省なさっているようだし、この日は特別に屋内への持込みを認めることにした。

 毎日さん、先日NHKで放映した ギリヤーク尼ヶ崎のドキュメンタリー番組 にいたく感銘を受けたらしい。 見ていない私に身ぶり手ぶりで説明しだした。

 「知ってる?あの人こんな風に踊るんだよ」
 舞踏の真似がはじまった。 あろうことか興奮してどんどん動きが大きくなっていく。 毎日さんの手には紙コップのコーヒー。 私の視線は揺れる紙コップに釘づけ。 惨劇の予感が高まる。 ヒッチコックの映画ならシンバルのアップになるところだ。

 堪えきれず毎日さんの手からコーヒーを取り上げた。
 こちらをからかうためにわざとやっているのだろうか。 疑惑が頭をもたげる。 チキンレースに負けたのは私だった。

 その毎日さんから 『DVD BOOK 桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第3巻 船弁慶 延陽伯』 を貸してもらう。

 好奇心旺盛な中国人旅行者のグループがご来店に。 スマホの翻訳機能 (あちら) とパソコンのグーグル翻訳 (こちら) を介して、珍妙にして味わい深いやりとりが生まれる。
 「価値のある本」 の在庫を訊かれた。 どうやらお宝鑑定団的な意味で将来値上がりしそうな稀覯本を指すらしかった。 なはは。

 4、5が売れる。
 11打数2安打。打率 1割7分9厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 注文していたミニコミ誌 「車掌」 が届く。 同誌編集長による 『塔島ひろみ女流詩集』 も同封されている。
 こちら に書かれた 「ただげっぷが出たことを知らせるだけの用件で電話をかけた、世界初の人類かもしれない」 というのが私です (鼻高々)。


2017年2月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


 社長と遠方出張。 午後2時より店を開ける。
 0打数0安打。打率 1割7分8厘9毛。


2017年2月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 旅行の本
  2. 雑誌 「墨」
  3. 原田康子 『サビタの記憶』

 建国記念日。

 旅行の本が売れる。
 『サビタの記憶』 のお客さんには在庫がある本店を紹介する。 向こうで、ぷやら新書版をお求めいただく。
 3打数2安打。打率 1割7分8厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: 図書館で遅れて借りてきた 「キネマ旬報 2016年10月上旬号」 にジェイソン・ステイサム学会発足を伝える座談会が!
 「完全に事件でしょ」 のくだりに大笑い。 同じことを話し合っていた 『メカニック:ワールドミッション』 仲間の喫茶部長にコピーして無理やり読ませる。


2017年2月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. SLの本
  2. 『老人と海』
  3. 後家さん
  4. 朝日文庫の 『わが家の夕めし』
  5. 他に食の本
  6. 『菜根譚』
  7. シューマンのCD

 釧網線を走る SL 冬の湿原号 の車輪に傷が見つかり、運行中止になってしまった。 鉄道本をお求めになったお客さんから教えてもらう。
 突然の予定変更に 「行くところがなくなり、ここを見つけて来ました」 とその方。 横浜からSL目当てに道東を訪れた旅行者だった。

 冬の湿原号は、後日SLからディーゼル機関車の牽引に変更して運転を再開したが、 この日は中止になった当日なので運行そのものがない。 無関係の古本屋にすぎないが客人に謝る。

 簡易軌道の切手の販売、及び 風景印の押印 がはじまる。

 釧路市立博物館 で好評のうちに終わった 企画展 「釧路・根室の簡易軌道」 は、ただいま釧路管内の巡回展となって継続中です!
 7打数0安打。打率 1割6分3厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: 前日、九州の猫山さんから送っていただいた 「西日本新聞」 とJR九州の車内誌 「プリーズ」 に目を通す。
 新聞は去年の11月28日付のもの。 1面下段のコラム 「春秋」 欄がJR北海道の経営危機を取り上げている。

 「公共性は無論大切だが、企業努力を求めるのも限界があろう。 構造物の老朽化に沿線人口の減少、 毎年のように襲う自然災害。 ローカル線の維持は、そのまま九州の課題でもある」


2017年2月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


  1. 「現代花形棋士名局選」 の2、4巻
  2. 上野千鶴子・編 『脱アイデンティティ』
  3. プリーモ・レーヴィ

 劇団どくんご からメールが届く。 「今年のツアーに向けて日々稽古に励んでおります」 とのことで新しい公演が楽しみ。

 常連さんがお買い上げになった堀江敏幸の 『子午線を求めて』 の単行本。 値札には私の筆跡で 「子午後を求めて」 と書いてある。 なんだそれ。

 電話で訊かれた2は本店に在庫あり。 お客さんに教えると、市内にお住まいの方らしくすぐに向こうでお求めいただけた。
 3は朝日選書の 『アウシュヴィッツは終わらない』 でクリアする。
 3打数2安打。打率 1割7分6厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 毎日みえる毎日さんは、朝日新聞の鷲田清一 「折々のことば」 を毎日切り抜いているそうだ。 高橋和巳を取り上げた 今朝の回 にたいへん感銘を受けたといい、まだ糊が乾いていない秘蔵のスクラップブックをみせてもらった。 感動のおすそ分けといったところ。

 京大時代の師・吉川幸次郎の 「苛烈をきわめた」 演習について記した高橋和巳の一文が引いてある。

 「こちらが涙の目で睨みつけている師の目にも、そのとき涙が光っていた」

 三里塚闘争で農民たちが機動隊に糞尿弾を投げつける際、 まず自らの全身に糞尿をかけていたという小川紳介の証言を唐突に思い出す。
 「三里塚の村の人は、糞尿弾を自分たちの生き方としてぶっつけていたと思います」 (小川紳介 『映画を穫る ドキュメンタリーの至福を求めて』 より)。


2017年2月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. ノンフィクションで監察医の上野さんの本
  2. 『亘理町史 下巻』
  3. 俳句の入門書

 『亘理町史 下巻』 をお探しのお客さん、 豊文堂書店のホームページで見たとおっしゃるのだけれど、あいにく本店の在庫なのであった。 後日、向こうで現物を確かめていただくことになる。

 代わりに俳句の入門書を訊かれる。 実業之日本社 『現代俳句歳時記』 全2巻がもらわれていく。

 2階のラルゴの常連さんにウォルフレンの 『日本/権力構造の謎』 を訊かれてから、およそ2年半……。 本は去年入荷していた。 常連さんだし (ラルゴのだけど) いつでも渡せるからいいやと思っていたら、 ふっつりとお見えにならなくなり……。

 この日、1年ぶりくらいにお会いできる。 おそるおそる同書を差し出すと、受け取ってもらえてよかったわ (でも年度違いなので、安打にはならない)。
 3打数1安打。打率 1割5分8厘5毛。


2017年2月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 絵本

 本日の昼食は、釧路駅構内のパン屋・レフボンの SLパン とその他のパン。
 1打数0安打。打率 1割5分1厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 「映画秘宝」 と 「映画芸術」 と 「キネマ旬報」 のベストテン掲載号が出揃い、読み比べる。


2017年2月6日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. 中公新書の 『パリとセーヌ川』
  2. 上橋菜穂子
  3. 加賀乙彦 『湿原』 の下巻

 おとなりの北8ライブビル入り口の庇に 「みんなの広場 さいた」 の文字が付け加わっていた。
 現在は、山本喜一、木田泰幸、稲家 茂の3氏による 「淡路島の写真家展」 を開催中 (3/15 まで)。
 3打数0安打。30試合を終えて、78打数12安打。打率 1割5分3厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 野上照代の 『完本 天気待ち 監督・黒澤明とともに』 (草思社文庫) を読んでいる。 参考文献の頁はないが、関連するさまざまな本や雑誌の記述が引かれていて少し得した気分。


2017年2月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. ポストカード
  2. 昆虫の本

 打率がふるわない。
 2打数0安打。打率 1割6分。


2017年2月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. オウム真理教の本
  2. 『戦後史再考』
  3. アイヌ語の本
  4. 写真の本

 くしろ冬まつり が開幕する。
 4打数0安打。打率 1割6分4厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 牧野 修の 『月世界小説』 (ハヤカワ文庫JA) を読んでいたら、 釧路高校という架空の学校名がさらっと出てきたぞな、もし。

 それから、山陰の映画魔人007さんのおかげで見ることができた 『白と黒』 という東宝映画。 東京地検検事の小林桂樹がへまをして飛ばされる先が釧路だった (半世紀以上前の作品だけど)。
 以上、最近出会った創作物の中の釧路二題。


2017年2月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. 宮澤賢治
  2. 「週刊 世界遺産」

 最高気温がマイナス5度だというので、氷が溶けることはあるまいと油断していた。 日中、軒先からぽたぽたと雫が垂れて真下の均一棚の本が20冊ほど台なしになる。
 2打数0安打。打率 1割7分3厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: 下村敦史 『闇に香る嘘』 導入部にカウリスマキの 『ル・アーヴルの靴みがき』 を思い出す。


2017年2月2日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. エクソシストの原作本
  2. 英語で書かれた本

 朝の雪かき。 開店前の無人の本店に向かうとすでに箒で店前を掃いた跡あり。 喫茶部長がやってくれたのだろう。 北大通店に戻って礼をいうと 「それ俺じゃないよ」 と意外な返事。 社長もやっていない。 除雪の妖精 が現われたとしか思えない。

 「音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も」

 ひどい話だ。 むろんJASRACのやり方が。 複数の識者による音楽教室擁護の意見を読み、尚更そう思う。
 2打数0安打。打率 1割7分9厘1毛。


2017年2月1日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. 斎藤一人

 午前10時の北大通店のウィンドウ は霜がびっしり。 古本シャーベットを作るにはうってつけの日。

 北大通店の めくりめくられ: 芸能界の惚れた腫れたの話にやたらと詳しいのが毎日みえる毎日さんだ。
 日下部五朗の 『健さんと文太 映画プロデューサーの仕事論』 (光文社新書) に 「ここだけの話だが、ある作曲家の奥さんに収まった人は、 文ちゃん (引用者注:菅原文太) お手つきの女優だった」 とあり、 毎日さんに誰のことか尋ねてみた。

 その場ですぐにはわからず訊いた方は忘れていたのだが、 「さっきの作曲家と女優わかったぞ〜。今度は間違いないぞ〜」 と、数時間後大きな声で毎日さんがふたたびお見えになる。

 いつも私のくだらない質問に全力投球で答えていただき、相済まないこってす。 頼りにしています。
 1打数0安打。打率 1割8分4厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 「深刻さ増す出版輸送問題」 という伏兵。


2017年1月31日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 平岩弓枝の文庫本
  2. アイヌ語の辞典
  3. 五木寛之 『青春の門』 の文庫本

 商店街の重鎮急死の報、届く。

 北大通店のシングルレコードを (ほぼ) 全品100円に値下げする。
 3打数0安打。打率 1割8分7厘5毛。


2017年1月30日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. 新しい本
  2. 佐伯泰英 「居眠り磐音」 の51巻

 北大通店の めくりめくられ: みやざきアートセンターの 「生ョ範義展 V THE LAST ODYSSEY 1985-2015」 が終了し、 会期中は通信販売していなかった図録2冊が Amazon から注文できるようになっていた。 九州の展覧会に行けなかった代わりに申し込んだのが、この日届く。 ひゃっはー。
 2打数0安打。打率 1割9分6厘7毛。


2017年1月29日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. 無錫旅情のCD
  2. この前ここで買った 「近代映画」 の他の号

 用事を済ませて午前11時半より開ける。
 2打数0安打。打率 2割0分3厘3毛。


2017年1月28日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 井上 靖
  2. 他にこの辺の本 (植物)
  3. 編み物の本

 釧網線のSL冬の湿原号が今期の運行をはじめる。

 大阪のガス人間さんの北海道旅行の歌、その最終回。 おしまいの 「目覚めて帰る覚醒の旅」 のくだりに寂しさが宿る。

  (大阪に帰る)
  雪の無い街に帰ると何となく
  奇妙な気分雪が懐かし
  (雪国の厳しさも少しは知りましたがね…。)

  大阪で洗濯物が凍ってる
  こんなことなど久しくなかった!

  冬の旅、ねぼけまなこで旅立って
  目覚めて帰る覚醒の旅

 1、3が売れる。
 3はアジア人旅行者の方のリクエスト。 編み物のジェスチャーをしてもらってそれとわかる。
 3打数2安打。打率 2割1分0厘5毛。


2017年1月27日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


  1. 『いろは歌の謎』?
  2. 荒澤勝太郎 『北海道植物歳時記 野の花に寄せて』
  3. 看護系の本
  4. 村上春樹
  5. ドラえもん
  6. 岩井俊二のCD
  7. レザークラフトの本

 ここ数日アジアからのお客さんが目立つ。 中華圏の春節休暇なのだそう。

 北大通店サイトを見た方からの電話お問い合わせあり。 荒澤勝太郎の著書がおとりおきになる。
 7打数1安打。20試合を終えて、54打数10安打。打率 1割8分5厘1毛。

 大阪のガス人間さんが道内旅行で詠んだ歌のつづき。 港々に女ありではないが、各地に定宿があるらしい。

  (霧多布にて)
  宿の子らと偶然列車に乗り合わせ
  セブンブリッジで盛り上がる夜

  摩周湖は何度行っても神秘的
  心鎮まるその静けさよ

  屈斜路湖ハクチョウ群れてエサねだる
  近くで見るとアヒルの大型

  うす氷波に揺られて盛り上がる
  ガシャガシャ音立て不思議な光景

  (札幌駅)
  列車待つ駅のホ―ムの厳しさよ
  じわりじわりと足から冷える

  雪国の列車の遅延仕方なし
  駅員の長いコ―トとカンテラ
  (カッコ良かった。)


2017年1月26日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. この前ここにあった岩波新書
              (山代 巴・編 『この世界の片隅で』)
  2. 絵本
  3. カー雑誌
  4. 車のカタログ

 大阪のガス人間さんが先日の北海道旅行を詠んだ歌。 その3回目はわが街・釧路となる。

  (釧路にて)
  寒き街東の端にあたたかき
  人たちがいて会いに行くなり

  ヴラマンクの 『風景』 という厳しい絵
  暗さの中にわずかな光

  「何でこんなに寒いとこ住んでんだろう?」 と、本売る人がいる街

  毒舌を吐いて寒さに対抗し
  オノレを鼓舞し本売る人

  ジャズ喫茶の名物マスタ―亡くなるの報、一度行けばよかった。

 4打数0安打。打率 1割9分1厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ:  「週刊読書人」 のウェブサイト で記事が無料で読めるようになっていた。


2017年1月25日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. パッチワークの本
  2. 落語のCD
  3. 仏教の本 (天台宗)
  4. ネットに載っていた植草甚一

 延期になっていた消防署の点検が入る。 改善すべきところを2点指摘される。

 1が売れる。
 4打数1安打。打率 2割0分9厘3毛。

 大阪のガス人間さんの旅の歌の第2回をお届けする。 小樽の次の宿は美瑛。

  (美瑛にて)
  美瑛にて馴染みのオ―ナ―、スタッフと
  ジンギスカン食べ温泉浸かる

  真夜中にマイナス25度とか表示する
  スマホよお前も狂ったか?

  美瑛富士高さはあまりないものの
  雪に輝くなだらかな線

  地平線温泉帰りに見る月は
  やたらでかくて赤みを帯びる

  スタッフのあまりしゃべらず動く子の
  秘めたる力垣間見るなり


2017年1月24日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. 中学で使うような地図帳
  2. コーヒーの本

 2階の喫茶ラルゴは今日も臨時休業。

 北海道旅行を終えた大阪のガス人間さんから短歌の詰めあわせをいただいた。
 旅で見聞きしたもろもろを順に詠んだもの。 小樽の街からはじまる。

  (小樽にて)
  宿の犬しきりに吠えて嬉しがる
  ゴメンね私は犬苦手なの

  いきなりに宿の飼い犬に吠えられて
  後ずさりして逃げ腰になる

  古本は買うまい荷物になるからと
  戒めたけど買ってしまった
  (古本市をやってました。)

  小樽人マイナス9度に震えてる
  大阪人はどうすりゃいいのよ?

  小樽にて純朴な夫婦が心込め
  作るパンの温もり沁みる

 高島君子 『コーヒー教室』 などが売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分5厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 『沈黙 サイレンス』 の劇場パンフレットは一長一短。 監督と出演者のインタビュー、及び製作ノートは分量が多く充実している一方、スチール写真が少ない。 主要キャスト以外の 日本人俳優 は名前すら記されず、篠田正浩版の 『沈黙』 にもまったく触れていない。


2017年1月23日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. 新潮文庫の藤沢周平
  2. 『ビブリア古書堂の事件手帖』
  3. イリイチ 『シャドウ・ワーク』

 あちこち雪かきをして11時近くになってから店を開ける。 2階の喫茶ラルゴは、よんどころない事情により臨時休業。 吹雪、昼におさまる。
 3打数0安打。打率 1割8分9厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 竹本健治の 「破格」 の小説ばかり読んでいたら自家中毒を起こしそうになり、 反動で有栖川有栖の 「端正」 な小説に向かう。


2017年1月22日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


  1. 英語の本

 釧路管内のオールジャンルの音楽ライブ情報をまとめたサイト 「LIVE IN KUSHIRO」 が開設された。 これは重宝。 近隣の皆さまはぜひご活用ください。

 ツィッター もあります。
 1打数0安打。打率 2割0分5厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ:  エッセイ集 『少々おむづかりのご様子』 に感化され、 『無能の人』、『シコふんじゃった。』、『ヌードの夜』 の連打に心酔した90年代前半、 含羞と露悪の両極端を暴力的に揺れ動く竹中直人は、自意識の過剰にのた打ち回る私にとって救い主にみえた。
 店頭で刊行を知った新著 『役者は下手なほうがいい』 (NHK出版新書) で久方ぶりに彼の地声にふれる。 バカヤロー。 こんな文章読んじゃったらまた好きになっちまうじゃないかよ。

 多摩美時代の同級生、宮沢章夫の本棚に司馬遼太郎の 『竜馬がゆく』 をみつけて、 勝手に背の題名に一文字書き加え 『竜馬がゆく?』 にしちゃった悪戯話に腹を抱える。 ゆくのか行かないのかどっちなんだ。 書かれた本の持ち主は数週間後にようやく気づいたという。


2017年1月21日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. 柳原良平
  2. 子どもが読むような啄木の本
  3. ヤクザや賭場の本
  4. 彰義隊や新撰組の本
  5. 吾妻光良 『ブルースを飲むバカ歌うバカ』

 石川啄木の来釧は明治41年1月21日だった。
 今年も南大通のほうで 「第14回 啄木・雪あかりの町・くしろ」 が開かれる。 店の営業時間にかかるので、1度も参加したことがないのだけれど。

 2のお客さんに本店を紹介する。 向こうの方が啄木本が揃っているので。 本店で2冊お求めいただき、1安打。
 5打数1安打。打率 2割1分2厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ:  トランプ米大統領誕生を機会に、豊浦志朗 (船戸与一) 『叛アメリカ史 隔離区からの風の証言』 (ちくま文庫) を読みはじめる。
 排外主義の嵐が吹き荒れる今、 日本人のアンチヒーローが海外の紛争地を血まみれで駆け抜ける船戸与一の諸作を読み直したい。


2017年1月20日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. 家計簿
  2. 植物図鑑

 植物の本が売れる。 訊かれた図鑑ではなかったけれど、安打日照りの折りカウントすることにしたい。 俺が法律だ!
 2打数1安打。打率 2割1分4厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: ジャズ喫茶ジスイズでドキュメンタリー映画 『島ノ唄 Thousands of Islands』 を見たのは2007年夏のこと。 上映後の懇親会にも参加し、 ゲストでいらした伊藤 憲監督と出演者の詩人吉増剛造の両氏に映画の拙い感想を聞いてもらった。
 そんなことができたのも、時間があるなら残っていきなよとジスイズのマスター 小林 東 さんが声をかけてくれたからだった。

 吉増剛造 『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』 (講談社現代新書) を読みながら、 そのことを思い出す (付記:同書の205頁に東さんの名前が出てくる)。


2017年1月19日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. レコードここにあるだけですか

 インフルエンザで休んでたんだってと何人ものお客さんに声をかけられる。 なぜ知っているのだ。
 1打数0安打。打率 1割9分2厘3毛。


2017年1月18日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. 松本清張 『Dの複合』
  2. 堂場瞬一

 閉店後、末広にてガス人間さんを囲む会を開く。
 2打数0安打。打率 2割。


2017年1月17日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


  1. 『沖縄 島唄紀行』
  2. 『沖縄語の入門』
  3. 『八甲田山 死の彷徨』

 毎日みえる毎日さんから 『DVD BOOK 桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第2巻 不動坊 猫の忠信』 を貸してもらう。

 常連さんから1、2のリクエスト。 どちらも少し前の北大通店サイト掲載品で在庫あり。
 3打数2安打。10試合を終えて、23打数5安打。打率 2割1分7厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 都筑道夫 『くらやみ砂絵』 を読み終えたので、 『死体を無事に消すまで 都筑道夫ミステリー論集』 (晶文社) の 「自作を語る」 に目を通す。 『くらやみ砂絵』 所収の短編 「天狗起し」 の成立を作者自ら説いたもの。


2017年1月16日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


  1. グレアム・グリーン 『もうひとりの自分』
  2. 何か入りましたか、CD
  3. ブローティガン 『愛のゆくえ』
  4. 赤川次郎 「三毛猫ホームズ」 の1作目

 11日より床に臥していた。 1月半ばにして昨年の全休業日数を超えてしまうなんて。

 大阪のガス人間さんこと平位公三郎さんが冬の釧路を訪問してくださる。

 その平位さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 の最新回を更新。
 ピンク・フロイド集中連載もとうとう20回目に到達しました。 ロジャー・ウォーターズ在籍時の最後のアルバム 『ファイナル・カット』 の回です。 ちなみに文中の 「K店長」 というのは北大通店の川島のこと。

 ピンク・フロイド 『The Fletcher Memorial Home/ザ・フレッチャー・メモリアル・ホーム』 (You Tube より)

 山陰の映画魔人007さんから録画ディスクの詰め合わせセットをいただく。 昨秋、NHK-BSで放映された 『獄門島』 など金田一耕助もののドラマ各種。 ありがとうございます。

 夕方の消防署による点検は担当者の方が消防出動するため急遽延期に。
 4打数0安打。打率 1割5分。


2017年1月10日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


  1. 萩原朔太郎の詩が載っている本

      < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 新年最初の風景印は、かすれて読めず。 これはどこから投函したものかしら。 封書には風景印以外にも、長崎県の道の駅 夕陽が丘そとめの記念スタンプが押されている。 封をきると、粉末飲料のフレッシュソーダがこんにちは。

 岩村誠二さんからも風景印ハガキが同時に届いて、愉快犯と模倣犯の2017年初の アベックホームラン と相成った。
 1打数0安打。打率 1割8分7厘5毛。


2017年1月9日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


 成人の日。 NHK-FMの 「今日は一日 “デヴィッド・ボウイ” 三昧」 をBGMにして営業する。
 0打数0安打。打率 2割。


2017年1月8日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 三線の本
  2. マンガ (『トッキュー!!』)
  3. 渡辺 茂 『北海道の伝説』
  4. 茨木のり子の展覧会の図録

 店内がもう少し落ち着くまで本の買入れは抑えることにしたい。

 3が売れる。
 4打数1安打。打率 2割。

 北大通店の めくりめくられ: 『上野駅の幕間 本橋成一写真集』 (平凡社) を舐めるように読む。


2017年1月7日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. 戦後の歌謡史のような本
  2. 参考書

    < ズリ山裏道の世界白ポスト紀行 >
 神出鬼没の工作員・ズリ山裏道氏があなたの町の白ポストを激写してまわる当欄である。

 ズリ山さんが昨年2月に撮影していたという 高松琴平電鉄・琴電琴平駅前の白ポスト 画像をメールで送ってくださる。

 こんぴらさん参りの際にも投函できますと教えてもらう。 あと、 同駅の Wikipedia の画像 にも写りこんでいることも。 まったく目立ちたがり屋の白ポストなんだから。
 2打数0安打。打率 1割8分1厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 速水健朗・円堂都司昭・栗原裕一郎・大山くまお・成松 哲 『バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで』 (文春文庫)。 客観的なデータから透けてみえる人間くさい解散劇の連打にお腹いっぱいの快著。 何せ191組のバンドが載っているのだ。 ゴシップ欲を満たされる。


2017年1月6日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. 宗教の本 (Osho の本)
  2. ステンドグラスの本

 2階の喫茶ラルゴは、本日から新年の営業。
 2打数0安打。打率 2割2分2厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 当地での映画公開を機に、こうの史代 『この世界の片隅に』 を再読する。 全3巻。


2017年1月5日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 昔の市内地図 (ゼンリンの住宅地図)
  2. 手帳
  3. お手玉
  4. お手玉の本
  5. 永 六輔
  6. 本店で聞いたブルースのレコード

 没後程なくして在庫がすべて売れてしまった永 六輔の本。 あんなにたくさんあったのに訊かれたときに限って1冊もない。
 高齢のお母さんからのリクエストだと常連さんがおっしゃる。 その数時間前に買取した本の中に岩波新書の 『大往生』 があったはず。 常連さんがお帰りになった後発掘しておとりおきに加える。

 フレディ・キングのレコードが売れる。
 6打数2安打。打率 2割8分5厘7毛。

 北大通店の めくりめくられ: 北海道新聞朝刊の連載 「揺れる鉄路 第1部 「民営化」 の幻想 〜国鉄分割30年〜」 をせっせと切抜きしている。 そもそもの民営化後の見通しが甘かったことが浮かび上がる。 そして存命の一部関係者の言葉が反省なき言い訳にしか響かない。
 この日の記事は、昨秋上場をはたしたJR九州が 「慶事」 の裏で進める 「非情」 について。


2017年1月4日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 戯曲形式でない小説仕立てのシェークスピアの本 (『ハムレット』 など)

 「本の滅び方――保護期間中に書籍が消えてゆく過程と仕組み」

 毎日みえる毎日さんに 『DVD BOOK 桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第1巻』 を貸してもらう。 「寝床」 と 「饅頭こわい」 の巻。
 早速店のデッキで再生するが映像なしでも相当可笑しい。 ぷぷっ。 「饅頭こわい」 のきゃーばたばたは反則じゃ。
 1数0安打。打率 0割0分0厘0毛。


2017年1月3日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


 あけましておめでとうございます。 豊文堂書店です。 新しい年の営業がはじまりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 0打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。

 北大通店の めくりめくられ: 年末年始の休みは、新しめの本ばかりとっかえひっかえ読んでいた。 飛 浩隆 『自生の夢』 (河出書房新社)、スティーヴン・キング 『ドロレス・クレイボーン』 (文藝春秋)、 戸川安宣/空犬太郎・編 『ぼくのミステリ・クロニクル』 (国書刊行会) など。


2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る