ホームへ戻る


2019年の夜に口笛を吹けば


2019年3月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. パソコンの用語辞典
  2. 『言志四録』
  3. この前電話で言ってた江南高校の50年史

 send「BOOKSPOT」 が最終日を迎える。

 水曜日に電話で訊かれた3がおとりおきになる。
 夜は出張買入へ。
 3打数1安打。打率 2割0分3厘1毛。


2019年3月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 書道関係の新しいの
  2. 鉄道関係の資料や切符とか
  3. コピー

 かつての常連ASKさんが数年ぶりにおみえになり、こちらも久々にくしろ寸劇みたい会のゲリラ公演を行う。 出し物は 『孤狼の血』。 「古本屋じゃけ、なな、何をしてもええんじゃ〜〜ッ!?」
 やるたびにどんどん大袈裟になっていく。
 3打数0安打。打率 2割0分1厘0毛。


2019年3月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


  1. プラモデルに関する本
  2. ゴーゴリ

 釧路市の人口が17万人を割る

 釧路市立博物館企画展・私の博物館 「写真展・あの頃の釧路」ミニ企画展 「尺別駅と直別駅」 を見る。 後者の展示には、当欄でおなじみの札幌在住・岩村誠二さん (通称・模倣犯) 提供の 「札幌鉄道局 線路一覧略図」 も飾られていた。
 グッズ売り場にアイヌ民族ものが増えていて、ムックリを買い求める。

 その後、「BOOKSPOT」 開催中の send にまわって、茶道本を追加。 こちらでは万古焼の急須を求める。

 正午すぎに北大通店を開ける。 岩村誠二さんから 簡易軌道の小型印 が押された葉書が届いていた。 いつもありがとうございます。

 岩波文庫のゴーゴリ 『検察官』 が売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分4厘3毛。


2019年3月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 庄野潤三
  2. 子どもが読める茶道の本
  3. 学校の同窓会名簿

 北海道新聞の朝刊に、昨日の 「公立高入試 問題と解答」 が載っていて、 いつもなら読み飛ばすところなのだけれど、 たまたま目に入った古文の問題が茶人の逸話をしるした司馬江漢の随筆 『春波楼筆記』 の一節だった。 すっかり茶道の語に反応する体になってしまったらしい。 真剣に解いてしまったぞな、もし。

 庄野潤三 『貝がらと海の音』 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割0分1厘0毛。


2019年3月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 児童文学
  2. 新刊 (芥川賞、直木賞)
  3. 小島信夫 『抱擁家族』
  4. 「つぐみのいる家」?
  5. おすすめの本 (夢中になれる本)
  6. ベンヤミン 『パサージュ論』
  7. グランヴィル

 札幌から同業の客人来たる。

 夕方、公立高校の一般入試を終えてすぐの常連さんがおみえになり、「おすすめの本はありますか」
 去年も1度訊かれていたのだが、受験で忙しくなりそのままになっていた。 澤木 喬の 『いざ言問はむ都鳥』 を選ぶ。 この年代の人に今ある在庫の中から見繕うのが殊の外むずかしい。 お気に召してもらえるだろうか。

 『抱擁家族』 は休業中の本店に在庫あり。 お客さん、翌日再来店されるというのでこちらに移すことにする。
 7打数2安打。60試合を終えて、181打数36安打。打率 1割9分8厘8毛。


2019年3月4日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 住宅地図
  2. 『東北海道年鑑』

 send「BOOKSPOT」 が初日を迎える。
 2打数0安打。打率 1割9分5厘4毛。


2019年3月3日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. 石炭に関する本

 昼に、釧路市立博物館の 『「ヤマの話を聞く会」 記録集』 が売れたところで店を閉めて、鳥取大通8の send へ向かう。

 午後2時より 「茶話会 Tea Session」 がはじまる。 1ヶ月前は高比良くんと30分くらい保つといいねと話し合っていたのだが、 それは我々の見通しの甘さを物語ろう。 当日蓋を開ければあっという間に3時間近くたっていて、外は夕暮れ。 反省しておののくことしきりじゃった。
 1打数1安打。打率 1割9分7厘6毛。


2019年3月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. 映画 『グリース』 のパンフレット
  2. 原田マハの文庫本
  3. 中野京子
  4. 『怒りの葡萄』
  5. スティーヴン・キング
  6. 袋

 今期は釧路だけではなく 全道的に飛びぬけて降雪が少ない ようだ。
 歩いて出勤する。 街中がうっすらともやっていると思ったら、 PM2.5 (微小粒子状物質) のせい だった。

 マグネット先生から 羊毛フェルトの新作 をちょうだいする。 誰かに似ている。 他人のような気がしない。

 新潮文庫のキング 『幸運の25セント硬貨』 が売れる。
 6打数1安打。打率 1割9分2厘9毛。


2019年3月1日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


  1. 「釧路春秋」 の去年の号
  2. 司馬遼太郎さんの本
  3. 『帝都物語』 の13巻
  4. マンガの本
  5. 国書刊行会の満州の本?
  6. 映画の額に入ったポスター

 send「BOOKSPOT」 が近づく。 高比良くんに販売用の茶道とその周辺の本をダンボール4箱分引き渡す。

 一昨日訊かれて用意していたジミヘン特集の 「レコード・コレクターズ」 が売れる。 92年4月号。
 6打数1安打 (内1安打 2/27分)。打率 1割9分3厘9毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2019年2月28日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. アリストテレス 『形而上学』
  2. トルストイ 『戦争と平和』
  3. 『ワイルド・スワン』

 Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ が飛びこむ。 その昔、儂がせっせと更新しておった 火の見櫓研究会のブログ もお陀仏ですかのう。

 今年はじめて画伯がおみえになる。 冬の間は移動手段の自転車を封じられるため中々里に下りてこない画伯であるが (自称 「釧路の原始人」)、 今年は記録的に雪が少ないため早くも自転車を乗り回しているらしい。
 3ヶ月ぶりくらいにお会いしたがまったくパワーが衰えていなかった。 私よりふた回り以上も年長の方である。 どうしてそんなに元気なのか。

 講談社文庫の 『ワイルド・スワン』 が売れる。
 3打数1安打。打率 1割9分4厘9毛。


2019年2月27日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


  1. アイヌのこれくらいの大きさの民話が載ってる本
  2. 釧路から標茶への昔の地図
  3. 「レコード・コレクターズ」 のジミヘン特集
  4. 「高野切 第一種」
  5. 麻雀の基礎の本
  6. 鳥の本

 最近になってこれまで仕舞いこんでいたたくさんの絵葉書を店頭に出した。 1970、80年代に大量に発行されていた観光地のものが大半である。

 常連のシモーヌさんが、その絵葉書をせっせとまとめ買いしてくださる。 聞けば、集めて眺めるのではなく、どんどん友人知人に切手を貼って送っているとのこと。 筆まめな方だとわかった。

 施設に入った年配の知り合いに電話をかけても相手の耳が遠くて会話が覚束ない。 そんなときこそ絵葉書の出番なのだとその効用を説くシモーヌさんだった。

 外国人旅行者に丹頂鶴の本が売れる。
 6打数1安打。打率 1割9分2厘3毛。


2019年2月26日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 橋本 治
  2. 池田満寿夫
  3. 関川夏央

 西崎 憲 『全ロック史』 (人文書院) が刊行される。 西崎さんのこのツィート の後段、「著作って分をわきまえて書くものなのかな。思想と妄想はどう違うのだろう」 のくだりにいたく感銘を受ける。 昨秋のラルゴライブで 円盤 の田口さんに教えてもらった 『日本ロック史』 と同じ匂いを嗅ぎとる。 豊浦史朗 (船戸与一) が名づけた、正史に対する異議申し立てとしての 「叛史」 の匂い。

 中公文庫の池田満寿夫が売れる。
 3打数1安打。打率 1割9分3厘3毛。


2019年2月25日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. 炭鉱関係の本
  2. 書道の字典
  3. 石川啄木
  4. 村山 昇 『「ピカソ」 のキャリア 「ゆでガエル」 のキャリア』
  5. 世界地図
  6. 樹木希林さんの

 『ボヘミアン・ラプソディ』 のオスカー4部門受賞を祝して、 クイーンファンの常連さんが両手でハイタッチを求めてくる。 候補に決まった1ヶ月前は片手によるハイタッチだった。
 常連さん、すでに同作を7回もご覧になっていた (もちろん映画館で)。

 フレーム切手の発売 とか 小型日付印 (ご当地消印) の押印 とか、北海道の簡易軌道ものの新作あれこれが本日より始まりました。
 6打数0安打。打率 1割9分0厘4毛。


2019年2月24日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


 夕方、台湾のメディア関係者のご一行様来たり。 乱雑とした店内を物珍しそうに見てまわると、次いで夕日を写しに幣舞橋へと移動していかれた。

 ふふふ、当地は 世界三大夕日 のひとつを任じているのだ。 言った者勝ちであることは否定しないが、それでもちょっと自慢したくなる夕日の美しさだと思う。
 0打数0安打。打率 1割9分8厘5毛。


2019年2月23日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 雑誌 「珈琲時間」
  2. 『椿説弓張月』
  3. カフェやバーの隠れ家的な渋めの写真が載った本
  4. 田辺聖子 『田辺写真館が見た “昭和”』
  5. 色川武大
  6. 山口 瞳
  7. 倉本 聰 『ニングル』

 岩波 「日本古典文學大系」 の 『椿説弓張月』 上下巻、 新潮文庫の山口 瞳 「男性自身シリーズ」 が2冊売れる。
 7打数2安打。50試合を終えて、141打数28安打。打率 1割9分8厘5毛。


2019年2月22日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 本店の鉄道の本3冊
  2. 地学関係
  3. 書道関係

 「久しぶりに釧路に来たらこのへんの本屋みんななくなっちゃったね、どうしてなんだろう」 と憂えるように尋ねてきた方、「本を買わない人が増えたからじゃないですかね」 と答えたら 「そうかァ」 と深く納得した声で手ぶらでお帰りになる。 ぎゃん。

 ホームページで本店の鉄道本をご覧になった方から、おとりおき依頼の電話が入る。 本店は休業中なので意中の本をこちらに移すことに決まる。

 夜は末広でパフェ会。
 3打数1安打。打率 1割9分4厘0毛。


2019年2月21日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 絵はがき
  2. マンガ (『金色のガッシュ!!』)
  3. 建築の本
  4. 梅原 猛
  5. 高橋良典
  6. 『古事記の宇宙』
  7. アッシリアに関する本
  8. ツタンカーメンとかその辺の部類の
  9. 立花隆の臨死体験か脳死体験
  10. ジョージ・ハリソンの妻のパティ・ボイドの自伝
  11. 浮世絵 (国芳)
  12. 小山 清

 日猶同祖論を熱心に説いていく方あり。 網走のモヨロ貝塚はヘブライ人が作ったそうだ。
 先日亡くなった梅原 猛の日本古代史に関する仕事については 「あの人は惜しいとこまでいってた。あともうちょっとだった」 という評価である。

 観光絵はがきがあれこれ売れる。
 12打数1安打。打率 1割9分0厘8毛。


2019年2月20日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. 辻村深月 『ツナグ』
  2. 伊福部 昭の本

 長年通ってくれた料理人氏が釧路を離れることになった。 寝耳に水。 すでに家は引き払い数日中に新天地に向かうという。 その人らしい明るくさばさばとしたお別れの挨拶だった。
 2打数0安打。打率 2割0分1厘6毛。


2019年2月19日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


 今まで寝かせていた 道外の観光絵はがき に値段をつける。 人それぞれに好みがあると思うのだが、 私の場合はバスの写真が入っていると 「当たり」 を引いた気がする
 0打数0安打。打率 2割0分5厘1毛。


2019年2月18日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


 石炭列車の休止が決まる。 篤志の方が、face book に 石炭列車運行予定情報 のページを設けた。

 「BOOKSPOT」 に出品する茶道本の布陣が固まる。

 前夜、本店から持ってきた石川文康 『カント入門』 (ちくま新書) が無事もらわれていく。 1安打。
 0打数1安打 (2/17分)。打率 2割0分5厘1毛。


2019年2月17日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


  1. 鉄道の本
  2. 古い時刻表
  3. 他にも鉄道もの
  4. カントの伝記
  5. 西村寿行
  6. 英語の本

 ビルの上階でまた雨漏りしていた。 当店が誇る精鋭たち (プラスティックの大型衣装ケースやバケツ類) のおかげで大惨事にならずに済んだ。 ここ数日暖かい日がつづき屋上の雪が融けているらしい。

 昼前、官能小説の文庫本を何冊も万引きされて怒り心頭。 盗んだ若い人物の顔ははっきりと覚えている。
 ここにはおよそ書けないような悪態をついていたら、 send の高比良くんがご来店に。 お茶を淹れたり 淹れられたりしている内に、気が静まる。

 原 将人 『北海道ローカル列車の旅』 が売れる。
 前日に訊かれたアイヌ文様本が売れる。

 カントに関する適当な本がなく、本店の在庫をこちらに持ってくることになる。 お客さんには翌日また来てもらう。
 6打数2安打 (内1安打 2/16分)。打率 1割9分6厘5毛。


2019年2月16日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


  1. アイヌの文様
  2. ヘミングウェイの釣りの本の上巻
  3. 須賀敦子の翻訳書
  4. 藤 圭子のCD
  5. 絵本

 「私のこと、覚えていますか」 と中国から来たお客さんが日本語で。 去年の3月、黒澤 明や陳 凱歌の話をした方だった。 覚えておりますとも。

 アイヌ文様の問い合わせを受ける。 休業中の本店在庫をこちらに持ってくることになる。
 5打数0安打。打率 1割8分9厘1毛。


2019年2月15日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 古い電話帳
  2. 山下達郎のレコード
  3. 楽譜
  4. 『東北海道の植物』

 今年はじめて水軍のお頭がお出でになる。 『ファントム・スレッド』 を見るように仰せつかる。

 『ツェルニー 左手のための24の練習曲』 の楽譜が売れる。
 4打数1安打。打率 1割9分8厘1毛。

 閉店後、 丸参みんなのお店 北大通り支店へ。 鈴木亜紀 さんと 鈴木 裕 さんの 「スズキ×スズキ」 コンビによる 「真冬の北海道探検ツアー」。 スペイン語の曲、CD化しないのかな (もうされている?)。


2019年2月14日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 戦前の絵葉書

 出張買入。 量は少ないが郷土誌のおもしろいところを仕入れることができた。 午前10時半より店を開ける。
 1打数0安打。打率 1割9分6厘0毛。


2019年2月13日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


  1. 釧路厳島神社の歴史がわかる本

 社長との交換日記がはじまる。
 1打数0安打。40試合を終えて、101打数20安打。打率 1割9分8厘0毛。


2019年2月12日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. カセットでもいいので三浦洸一の 『釧路の駅でさようなら』
  2. 十字軍の本
  3. 手芸の本
  4. 「映画ストーリー」 とかの雑誌
  5. 仁木悦子
  6. 日清戦争の本
  7. 少し軽めの推理小説みたいなの
  8. 城山さんの本

 2階の喫茶ラルゴで 「マシオン恵美香  版画作品展 One Love」 がはじまる (3/10まで)。

 さっぽろ雪まつりの限定風景印 付きはがきが届く。 札幌の岩村誠二さんより。

 『粘土の犬』 の初刊本など仁木悦子が2冊売れる。 7は東野圭吾の文庫本でクリアする。
 8打数2安打。打率 2割。

 北海道新聞夕刊で佐川光晴の連載小説がはじまった。 幕末の長崎を舞台にした 『満天の星』。 オランダ商館員の父親と日本人の遊女の間に生まれた少女が主人公である。


2019年2月11日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. 宮城谷昌光 『太公望』 の中巻

 白金町の本店は本日よりしばらくの間、休業いたします。
 休業期間中は在庫確認のお返事が遅れる場合も出てきますが、注文はこれまでどおり受け付けています。 お気軽にお問い合わせください。

 建国記念日。 昼前に勇ましい街宣車が北大通を通り過ぎていく。 北方領土をめぐる正反対の現状に思いを致す。

 釧路芸術館 で 「羊毛フェルトでつくる白くま・パンダブローチ」 講座を受けたマグネット先生に できたてほやほやの新作 を見せてもらう。
 1打数0安打。打率 1割9分5厘6毛。


2019年2月10日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. SPレコード
  2. イラストブック
  3. フォークシンガーのシングルレコード
  4. カセットテープ
  5. ギリシア神話の本

 今年も園芸大臣の手で2階の喫茶ラルゴに お雛様 が飾られる。

 矢川澄子・文/宇野亜喜良・絵 『おみまい』 (ビリケン出版) が売れて2をクリア。 海外の旅行者に喜んでもらえた。

 他に、ジャズのカセットテープ、 フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 (青土社) が売れる。
 5打数3安打。打率 1割9分7厘8毛。


2019年2月9日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


  1. 小川房人 『個体群の構造と機能』 (朝倉書店)
  2. 藤田なんとかの
  3. 棚に張り紙があった 「中国古典文学大系」
  4. 萩原朔太郎
  5. 佐々木栄松
  6. 毛綱毅曠
  7. 中学生の教科書
  8. この本の1巻
  9. この本の下巻

 北海道新聞夕刊連載の桜木紫乃 『緋の河』 が約1年かけて完結した。 釧路出身のカルーセル麻紀がモデルの作。 彼女の幼少期からの人生をたどりどこまで描くのかと思えば、なるほどそこで終わりましたか。 まだまだ続けられそうだと思っていたら、後日 第2部を執筆中 と知った。

 『月刊 ポエム  1977年7月号 (第2巻第7号) 特集 萩原朔太郎』、 毛綱毅曠の 『風水伝奇 ガイア・インターネット』 が売れる。
 9打数2安打。打率 1割7分4厘4毛。


2019年2月8日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 自閉症関係の本
  2. 二玄社 「日本名跡叢刊」 の藤原行成 『白氏詩巻』
  3. 二玄社 「中国法書ガイド」 の顔真卿 『祭姪文稿』

 最低気温がマイナス20度を超えるかという、この冬いちばんの寒波が到来。 久々に水道管が凍らないように予防処置をして帰る。
 3打数0安打。打率 1割6分8厘8毛。


2019年2月7日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. 絵本
  2. ルース・レンデル

 北方領土の日。

 角川文庫のレンデルが2冊売れる。
 2打数1安打。打率 1割7分5厘6毛。


2019年2月6日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


  1. 木彫りの熊の本で 『木霊の再生 柴崎熊の魅力を探る』
  2. 柴崎重行 『柴崎重行の心』
  3. 明日の奥村さんのヴァイオリン・リサイタルの前売券
  4. Chinese Book

 まったく面識がなく店に行ったこともない首都圏の古書店の閉店間近なことを知り、ひどくうろたえる。

 春湖台の方から 簡易軌道の新たな風景印 の知らせが届く。

 翌日の奥村智洋さんのコンサートの前売券を訊かれるも、その数時間前に主催の方が引上げてしまっていた。
 それはそうと先週同じ券の在庫を訊かれて1枚売れていたのを失念していた。 1安打追加。
 4打数1安打 (内1安打 2/2分)。打率 1割6分6厘6毛。


2019年2月5日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. 雑誌 「私の部屋」

 マーガレット・ミラーの誕生日。
 1打数0安打。打率 1割6分1厘7毛。


2019年2月4日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 占星術の本

 本店の雪かきに向かう道すがら轍にハンドルを取られ右に左に車体が大きくふらつく。 おだぶつになる寸前じゃった。

 夜に来た方、本州の国体関係者の方だった。 大会は終わったのに悪天候で飛行機が欠航し足止めを食ってしまったとか。
 1打数0安打。打率 1割6分4厘1毛。


2019年2月3日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. ドストエフスキー 『罪と罰』

 冬季国体 が終わる。 冬まつり が終わる。
 1打数0安打。30試合を終えて、66打数11安打。打率 1割6分6厘6毛。


2019年2月2日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. この前買っていった東海林さんって人の本
  2. 般若心経のCD
  3. 『赤毛のアン』
  4. クレインズの署名用紙

 「アマゾン書籍買い切り方式へ 年内に試行、値下げ販売も検討」

 くしろ冬まつり 開幕。 夜6時すぎ、港の方で冬の花火があがる。 おもてに出て様子をうかがう。 このへんはビルが建てこんでいて従来ならば 「音はすれども姿は見えず」 であったが、 向かいの旧北海道銀行ビルがなくなったおかげだろう、 9丁目の釧路信用組合の壁面いっぱいの漆黒のガラス窓に 形は歪みながらも大輪の花が滲むように映っていることにようやく気づいた。

 文春文庫の東海林さだおが1冊、講談社の村岡花子・訳 「赤毛のアン・シリーズ」 が8冊売れる。
 4打数2安打。打率 1割6分9厘2毛。


2019年2月1日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. 神谷美恵子 『生きがいについて』
  2. 原書房の 「コージーブックス」
  3. アイヌ民族のCD
  4. 山崎朋子 『サンダカン八番娼館』

 夜、2階のラルゴで今年はじめてのライブが開かれる。 「野澤享司 with  永原 元  EARTH BEAT 明日への航海 レコ発 LIVE」 釧路公演。 冬の寒い晩にぴったりの温かな歌と演奏だった。
 打上げの席で野澤さんが披露してくれたクロースアップ・マジックに食いつく。 あと忍術話も。

 4打数0安打。打率 1割4分7厘5毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 「東京オリンピックを前にして、規制と管理が社会の隅々にまで及んでいくように思われる」 の一文に首肯する。 そしてオリンピックが終わりいったい何が残るのか。 桁外れの負債でないことを祈ろう。


2019年1月31日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. 白川 静

 数日前に届いた 劇団どくんご のメールマガジンで 今期公演の題名 を知る。 この新作を糧にして今年を乗り切りたい。

 午後、近場にダンボール1箱分を納品する。

 中公新書の 『漢字百話』 が売れる。
 1打数1安打。打率 1割5分7厘8毛。


2019年1月30日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. 北海道のスケートの本

 釧路冬季国体 が開幕する。

 前日すったもんだあった FMくしろ喫茶部長の選曲コーナー 最終回のことをすっかり忘れていた。 その時間は車で通勤していたのだが、車内で聴いていたのはラジオでなく 『ボヘミアン・ラプソディ』 のサントラ盤だった。 そしてその姿を同じく車で通勤中の喫茶部長に目撃されていた (川島の奴、ラジオを聴いているなと思われていた)。

 夕方、本店に届け物あり。 北大通店を30分ほど閉める。
 1打数0安打。打率 1割4分2厘8毛。


2019年1月29日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. 『北海道で育てる山野草 本州種・洋種編』
  2. プロテニスプレイヤーだった伊達公子さんの本

 本店の雪かきを終えて9時半すぎこちらに戻る。 FMくしろ喫茶部長の選曲コーナー に間に合った。

 「ほほォ〜、最終回はこんな感じか、洋楽オンリーか」 などと感心して、 後で本人に 「朝の聴いたよ、選曲お疲れさま」 と伝えたら、 「俺のは明日だよ」 と言われて絶句する。 1日早かったみたい。

 「スタッフより・店主の選曲/今週のランチ 」
 スタッフSさんに頼まれて、上記リンク先でラジオでかからないのに私も曲を選んでみた。 FM雑誌を手引きにエアチェックしてカセットテープを作っていた 高校生のころの記憶が蘇りけっこう熱中してしまった。

 電話で訊かれた1、本店に在庫あり。 お客さんは地元の方らしい。 後で本店まで足を運んでお求めくださった。
 2打数1安打。打率 1割4分5厘4毛。


2019年1月28日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 戦記もの

 朝のNHKラジオ第1の番組 「すっぴん!」 に 去年2階の喫茶ラルゴでライブをしてくださった タブレット純 さんがご出演。 社長がファンなので電話で知らせる。
 ちなみに社長は 「タブレット不純」 を自称している。

 店で販売している 円盤 の 「ミツザワ通信 鬼天冬号」 を自分用に購入。 付録のオムニバスCD-R (枕元レコードじゃない方) の収録曲に好みのものが多くとても気に入りました。
 1打数0安打。打率 1割3分2厘0毛。


2019年1月27日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. 「食べる通信」
  2. 川島さんの印象に残ったお茶の本
  3. MJQのレコード
  4. 三田村鳶魚

 外国人の旅行者に訊かれて、はじめて 「食べる通信」 という雑誌のことを知る。 「食のつくり手を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで定期的に届く “食べもの付き情報誌”」 なのだそう。

 『大衆文芸評判記』 が売れる
 4打数1安打。打率 1割3分4厘6毛。


2019年1月26日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. レコードの針
  2. 植物の本
  3. 今年の高島開運の本
  4. 林 真理子
  5. 映画の 『ゴースト』 の歌のレコード
  6. 時代小説

 SL 冬の湿原号 の運行がはじまる。

 『野外図鑑 知床の樹木』 が売れる。
 6打数1安打。打率 1割2分5厘。


2019年1月25日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 「月刊 だべっさー」
  2. 檀蜜さんの写真集

 「スタッフより・「ミツザワ通信」、取り扱い始めました!」 (2階の喫茶ラルゴの新着情報より)

 リンク先にもあるとおり、1階古書部でも 「ミツザワ通信」 をお取り扱いしています。

 予告編を見るかぎり、おさかな天国みたいですこぶる愉しそうな新作映画 『アクアマン』
 今のところ地元シネコンの上映予定作品からは漏れているが、 古くからの水産都市で知られる釧路なのだから、きっとかけてくれるに違いない。

 昨秋の巨大鮫映画 『MEG ザ・モンスター』 だって他所より1ヶ月遅れで公開された。 我々は焦らされているのだ。
 和商市場 やイオンのすぐそばに出来た 釧之助の水族館 だって味方してくれるはず (余計なお世話)。 ビバ!おさかな!!

 夜はパフェ会。 3月上旬に行う催しの骨格が決まる。
 2打数0安打。打率 1割1分9厘0毛。


2019年1月24日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


  1. 昔の絵葉書 (戦後すぐの釧路など)
  2. 霧多布の写真集
  3. 「さっぽろ文庫」
  4. この前来たときあったキリシタン大名の本
  5. 海藻の本
  6. 経済史の本

 このところの北大通店、珍しく流行りの文庫本を売りにみえる方が増えてきた。 釧路駅内のブックス二分の一 JR店が近々閉店するためと思われる。

 札幌から帰省中のO君とクイーンファンさん、旧知の間柄だった。
 6打数0安打。20試合を終えて、40打数5安打。打率 1割2分5厘。


2019年1月23日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. 昔のカラオケの歌本
  2. 吉本ばなな
  3. 外国語の参考書
  4. 野口五郎のレコード

 クイーンファンの常連さんがやってくるなりハイタッチを求めてくる。 映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 の日本での興行収入100億円突破と アカデミー賞5部門候補にあがったことを祝してだった。 目出度いことである。

 2、4が売れる。
 4打数2安打。打率 1割4分7厘0毛。


2019年1月22日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』
  2. 台湾の故宮博物院の本

 外国のお客さんに賢治の在庫を訊かれる。 『銀河鉄道の夜』 がない代わりに 『セロ弾きのゴーシュ』 と 『風の又三郎』 の文庫本があった。 2冊ともお求めいただけたので安打にしたい。 俺が法律だ!
 2打数1安打。打率 1割。


2019年1月21日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. 『三島由紀夫短篇全集』

 今年のお年玉付き年賀はがきは全滅だった。

 電話でお問い合わせの1がおとりおきになる。
 1打数1安打。打率 0割7分1厘4毛。


2019年1月20日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. 永田秀郎 『釧路 街並み今・昔』
  2. 上田 博 『石川啄木歌集全歌鑑賞』
  3. 和綴じ本

 「ヨーカドー釧路店 「閉店寂しい」 惜しむ客 店内は終始混雑」

 まるで天啓にうたれたように突如として羊毛フェルトのマスコット作りに目覚めたマグネット先生。 待望の新作がついに完成した

 青い前掛けのおじさんは北大通店の私、 緑のセーターのおじさんは本店の社長がそれぞれモデルだとマグネット先生はおっしゃるのだが、 そこはかとなくマッド・サイエンティストの師弟臭が漂う。

 青い方が両手をあげてバンザイしているのは勝利の雄たけびなのか、はたまた降参のお手上げを意味しているのか。 もしかしたらフィラデルフィア美術館の正面階段を駆け上がったときの ロッキーの似姿 なのかもしれない。

 『クリード 炎の宿敵』 を見終えたばかりでロッキー脳の私としては、 対アポロ戦の一場面も当てはめてみたい。
 3打数0安打。打率 0割3分7厘0毛。


2019年1月19日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


  1. マンガで 『コスモス楽園記』
  2. 芥川龍之介 『羅生門』

 読書するクマ (フラカンさん・画。2階の喫茶ラルゴの看板より)。
 2打数0安打。打率 0割4分1厘6毛。


2019年1月18日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. 新規入荷に載っていた人名辞書の本

 「啄木しのび雪あかり/釧路」

 釧路駅前と北大通では まちなかキャンドルロード も。
 1打数0安打。打率 0割4分5厘4毛。


2019年1月17日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. あさのあつこ
  2. 篠田桃紅
  3. 幼児向けの本
  4. 漢字検定の本

 毎年、 釧路市動物園 のカレンダーを差し入れしてくださる常連さん、今年も 新しいの を持ってきてくださった。 所定の位置に貼る。 オランウータンの りなちゃん、めんこい。
 4打数0安打。打率 0割4分7厘6毛。


2019年1月16日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. 芸術館でやる小林東さんの3回忌のチラシ

 月曜、火曜と臨時休業。 釧路を離れて都会の風にあたっていた。

 毎日さんが今年はじめてご来店に。 50年前、梅原猛の 『地獄の思想』 に出会ったときの衝撃の話など。
 1打数0安打。打率 0割5分8厘8毛。


2019年1月13日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. ビートルズのレコードで青ジャケット、赤ジャケット
  2. 井上陽水、吉田拓郎のレコード
  3. マンガ
  4. ジェラルド・カーシュ
  5. 星新一の3巻本のショートショート全集

 関東からアランジさんがご来店に。 2泊3日の旅のあいだ、釧路市内を中心に各所を精力的にご覧になるみたい。 JALの機内誌 「スカイワード 2019年1月号」 をいただく。
 5打数0安打。打率 0割6分2厘5毛。


2019年1月12日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


 最近、羊毛フェルトのマスコット作りに凝りはじめたマグネット先生が作りかけの2体を見せてくれた。 社長と私をモデルにしたものだった。 9割方完成しているというが、なかなか怪奇な味わいを宿しているではありませんか (せいぜい3、4割くらいの出来かと思ったことはここだけの秘密だ)。
 マグネット先生の了解を得次第、当欄でご紹介したい。

 あ、2階の 喫茶ラルゴが13周年 だそうです。
 0打数0安打。10試合を終えて、11打数1安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月11日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


 山陰の映画魔人こと007さんから 「2018年 映画音楽ベストアルバム」 と題したオリジナルCDをいただいた。 『ボヘミアン・ラプソディ』 や 『グレイテスト・ショーマン』 といった音楽映画を中心に全17曲入り。

 世間ではあまり盛り上がらなかったけれど、 前作よりもよほど中身が詰まっておもしろかった 『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』 からも2曲入っているのがうれしい。
 0打数0安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月10日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


 「えっ、盗まれないの? 無人の古本屋は、なぜ営業を続けられるのか」

 0打数0安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月9日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


  1. 篠田桃紅

 FMくしろ で毎週水曜日の朝9時半からやっている音楽コーナー、今月は 2階の喫茶部長が選んだ曲 をかけてくれるとのこと。 この日が第1回目だった。
 遠くにお住まいの方も インターネットラジオ でお聴きになれます。

 午後、近場に台車で2箱納品する。
 1打数0安打。打率 0割9分0厘9毛。


2019年1月8日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 白い無地の封筒

 封筒のお客さんに2軒となりの文房具店・佐藤紙店を教える。
 1打数0安打。打率 1割0分0厘0毛。


2019年1月7日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. パソコンの解説書
  2. 東海林さだお

 今期の1安打目は、文春文庫の東海林さだお 『ショージ君のにっぽん拝見』。
 2打数1安打。打率 1割1分1厘1毛。


2019年1月6日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. 田淵行男
  2. マンガ (『ドラゴン桜』)

 午後7時前に店を閉めて、 釧路市中央図書館 へ。 借りていたものを返し、新たに借りる。
 閉館時間が迫る中、 釧路文学館企画展示 「市民文芸誌 『釧路春秋』 50年の軌跡」 をあわてて見せてもらう。
 2打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。


2019年1月5日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 歴史の本

 2階の喫茶ラルゴの営業がはじまる。
 1打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。


2019年1月4日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 賃貸の契約書
  2. 神謡集のCD
  3. 『リクガメ大百科』

 年末年始を風邪で臥せっていたゴメさんが復活して一安心。
 3打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: 九州のボタ山猫道さんが送ってくださった 「週刊読書人」 のバックナンバーに目を通す。 「椹木野衣・樋口真嗣対談 特撮のDNAと現代美術」 など。


2019年1月3日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


  1. レーザーディスク (演歌)

 あけましておめでとうございます。 本年も豊文堂書店をどうぞよろしくお願いいたします。

 2018年最後に読み終えたのは サイモン・ブラウンド 編/有澤真庭・訳 『幻に終わった傑作映画たち 映画史を変えたかもしれない作品は、何故完成しなかったのか?』 (竹書房)、 2019年最初に読み終えたのはスティーヴン・キング 『不眠症 下巻』 (文藝春秋)。

 3日間店を閉めていたので店内が暖まらないことこの上ない。
 1打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。


2018年の夜に口笛を吹けば

2017年の夜に口笛を吹けば

2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る