ホームへ戻る


2018年の夜に口笛を吹けば


2018年5月10日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第125試合


 「これ、100円ショップで見つけた10色ボールペン。 1本でいろんな色が描けるの。 ガトリング銃みたいでいいだろ〜。 これから駅裏のあんたの社長ンとこ持っていってやるんだ。 うっしっし」 と画伯が現物を見せてくれる。
 そ、そんなイカスやつが出てるのかァ〜。 社長じゃなくて儂にちょうだい!

 30分位して駅裏本店の社長から電話がきたので画伯のことを尋ねたら、 「いや、来てねェよ。ありゃ <はじめてのおつかい> でも 絶対おつかいしないでフラフラ他所に遊びに行っちゃうタイプだな」
 0打数0安打。打率 2割2分8厘1毛。


2018年5月9日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第124試合


  1. 山の本

 2階の喫茶ラルゴに100インチの映写幕が導入される。
 1打数0安打。打率 2割2分8厘1毛。


2018年5月8日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第123試合


  1. 釧路叢書の18巻 『釧路湿原』

 協力していた某スタンプラリーの主催者から封書が届く。 スタンプラリーの当選者に協賛クーポン券を順次発送しているので、 念のために特典内容を確認してほしいという内容。

 ぎゃん、うちから出した特典が 「5000円 OFFチケット 3枚」 とな。 ひと桁違うよ、500円券が3枚だよ!

 あわてて主催者に電話をする。 間違っていたのは封書の文面だけで当選者には500円券を送っているとのこと。 ハァ、びっくらこいた。

 学校の吹奏楽部の演奏会、喫茶店のコンサート、雑貨屋さんの展示会など、 音楽ライブを中心にポスター掲示の依頼が次々と舞いこみ、5件で10枚以上になる。 まるで示し合わせたかのよう。 こんな日もあるんだな。 催し物が花ざかり、全部貼ったら店頭がとても明るくなりました。

 音楽ライブといえば、釧路管内のライブ情報をまとめたサイト 「LIVE IN KUSHIRO」 、あります。 皆さん重宝してくださ〜い。
 1打数0安打。打率 2割2分8厘7毛。

 北大通店にて 短歌会 白薊 (しろあざみ) の新刊冊子の取扱いがはじまりました。 お値段は1冊 800円。
 「日常を己の中に納めようと 若い感性が紡ぎだす 言葉の種火!」 と常連さんがコピー文を寄せてくれました。
 こちら で内容を確認できます。


2018年5月7日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第122試合


  1. 原田康子
  2. ふだん五木寛之や内田康夫読んでるんだけどおすすめの本
  3. 折り紙の本
  4. 植物図鑑

 朝、愛国のパッケージプラザ我満で包装資材を買い足す。
 開店時間を遅らせることにしていたので、つづけて 港文館 へ。 「アサノ ブラザーズ展 パート4」 を覗いてくる。

 ブラザーズの弟の方、アサノユウスケさんがダンボールでこしらえた立体工作のでかい牛、 名づけてウシオにぞっこん。
 午前11時より開店する。

 原田康子の文庫が2冊売れる。 図書館で借りて読んだけれど手元に置きたくてとお客さん。
 他に 『北海道植物教材図鑑 野の花』 が売れる。
 4打数2安打。打率 2割2分9厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ小樽文学館 に注文していたものがあれこれ届く。 先ごろ終了した 『連城三紀彦展』 と、 99年開催の特別展 『昭和歌謡全集 北海道編 流行歌にみる民衆史の深層』 の図録2冊、他にオリジナルマスキングテープも。

 『昭和歌謡全集 北海道編』 は、来月2階のラルゴでやるシンガーソングライター  岡大介 さんのライブの参考になりそうなので。 野口雨情・船頭小唄、伊藤権之助・男の勝負 (港湾人夫の労働歌)、アリューシャンの春 (アッツ玉砕)、 こまどり姉妹・幸せになりたい (北海道炭鉱史)など、目次を拾うだけでグッとくるものがある。


2018年5月6日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第121試合


 買い入れが多くて身動きがとれなくなってきた。
 0打数0安打。打率 2割2分6厘4毛。


2018年5月5日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第120試合


  1. キャッとなっちゃうような本
  2. サルトル 『存在と無』
  3. 古今亭志ん生 『びんぼう自慢』
  4. 北海道の本
  5. アイヌ民族
  6. 北海道の国防の本
  7. シャンソンのレコード
  8. 北海道の怖い話
  9. 北海道の音楽のCD
  10. 道東の地図の古いの

 こどもの日。
 常連さんの別宅書庫に雨漏りの悲報。

 合田一道・友成純一 『北の幽霊、南の怨霊』 が売れる。
 10打数1安打。120試合を終えて、371打数84安打。打率 2割2分6厘4毛。


2018年5月4日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第119試合


  1. 『GOTTA!忌野清志郎』 角川文庫
  2. 「ロッキング・オン・ジャパン」 の忌野清志郎特集
  3. 『忌野清志郎 永遠のバンド・マン』
  4. 忌野清志郎写真集
  5. 雑誌 「LIFE」
  6. 奇門遁甲
  7. 石牟礼道子

 みどりの日。
 猫田さんに 「北海道と京都と その界隈」 の第6号をいただく。 猫田さんが指摘するように、確かにこの号は北海道の記事が少ない。

 道立図書館に頼んでいた資料の郵送複写サービスが届く。

 年配のお客さんが地元大型書店の駐車場の車内で買ったばかりの本を熟読していたら警察官の職務質問にあった。 身分証明書の提示にも頑として抵抗したという一部始終を身ぶり手ぶりで再現してくれたのだが、 やればやるほどその頑固さが愛嬌たっぷりのしぐさに転じて、申し訳ないけれど吹き出してしまう。
 ちなみに読んでいたのは洋泉社の 『アニメ秘宝 発進準備号』。
 7打数0安打。打率 2割2分9厘9毛。


2018年5月3日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第118試合


  1. 他にこういう雑誌 (「ヒッチコックマガジン」)

 憲法記念日。 雨。

 近所のヤマダ電機でプリンターを買い換える。
 1打数0安打。打率 2割3分4厘4毛。


2018年5月2日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第117試合


  1. 社会科学の岩波文庫
  2. 社会科学の大月とかの
  3. 外国人にもわかる日本語の振り仮名のある本
  4. 村上春樹
  5. 辞書で国語だけでなくカタカナ語も載っているもの
  6. 古典文学

 来釧中の岩村誠二さんから、 昨日の日付の風景印ハガキが5通 届く。
 釧路武佐、釧路愛国、鶴居、幌呂、布伏内の各郵便局から投函されている。 裏面は昨年写した雄別鉄道線路跡サイクリングロードの写真など。

 ご本人はこの日もレンタサイクルで市内近辺をまわった模様。 夕方の特急で札幌へお帰りになった。

 2、6が売れる。
 6打数2安打。打率 2割3分5厘1毛。

 北大通店の めくりめくられキネマ旬報 映画本大賞 2017 が発表される。 読んでいたのはジャック・ドゥミとミシェル・ルグランの本1冊きり。


2018年5月1日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第116試合


  1. 竹中 労
  2. English Books
  3. 苔の図鑑
  4. 『人間革命』
  5. 芥川龍之介の 「蜘蛛の糸」
  6. 釧路の本
  7. 「月刊 劇画アクション」?

 開店前に納品を済ませる。

 先週、2階のラルゴでライブを開いたタブレット純さんが、ブログに 釧路の旅の報告 を載せていた。
 ご自身のガラケーで撮った写真は少々画質が粗い。 ラルゴの集合写真なんて、ぼやけている上に 後列の青い服の人物が目鼻立ちも定かでないくらい白い光に包まれていて、 もはやこの世の人ではないみたい。
 昔なつかし 中岡俊哉の 『恐怖の心霊写真集』 (サラブレッド・ブックス) を思い出したぞな、もし。

 何をどう誇りたいのか不明だが、うちの社長が 「俺はタブレット不純だ!」 と言い出した。

 『原色日本蘚苔類図鑑』 が売れる。
 7打数1安打。打率 2割3分3厘4毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2018年4月30日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第115試合


  1. カッパの栗本慎一郎 「自由大学」?
  2. 小室直樹
  3. ジャズのCD

 札幌の岩村誠二さんがご来釧。 おみやげに 「マチ歩きBOOK・歩らいぶ」 シリーズを2冊いただく。 「vol.5 豊平&学園エリア」 と 「vol.7 麻生エリア」。 20年ほど前の一時期、自転車漕いで古本屋めぐりをした思い出深い地区だ。

 2月下旬に札幌に転出したO君が一時帰省したついでに立ち寄ってくれた。 彼には 「書評冊子 TABULA」 2号 やミニシアター系の映画チラシ詰め合わせセットなどをいただく。
 3打数0安打。打率 2割3分5厘2毛。


2018年4月29日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第114試合


  1. 日本の庭、庭園の本
  2. 谷崎潤一郎の小説でない本
  3. 車の本
  4. 格闘技の本
  5. 映画の本

 巷ではゴールデン・ウィークとやらが始まっていると伝え聞く。

 暁教育図書 『日本発見 庭園の美』、中公文庫版 『陰翳礼讃』 が売れる。
 5打数2安打。打率 2割3分7厘3毛。


2018年4月28日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第113試合


  1. Train、station
  2. 開高 健
  3. Pink Floyd 『The Wall』 のレコード
  4. 戦場カメラマンの撮った写真の本
  5. 昔の手芸の本

 釧網線の くしろ湿原 ノロッコ号 の運行がはじまる。
 釧路港に今年はじめての クルーズ船 が入港する。

 『写真で見る北海道の鉄道 下巻』、新潮文庫の開高 健が売れる。
 5打数2安打。打率 2割3分4厘9毛。


2018年4月27日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第112試合


  1. 宇江佐真理
  2. 佐藤優と芸人のあの人が書いたの
  3. 木谷恭介
  4. 梓 林太郎

 1、3が売れる。
 4打数2安打。打率 2割3分2厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 愉快痛快のパーシヴァル・ワイルド/巴 妙子・訳 『探偵術教えます』 (ちくま文庫) を読み進める。 おとぼけ通信教育探偵のお出ましだ!


2018年4月26日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第111試合


  1. 河野 進
  2. おすすめの本
  3. クリスティーの原書
  4. 夏目漱石 『こころ』
  5. 岩波文庫の 『共産党宣言』

 本日のハイライト: かつて栄華を誇った音楽デュオの20年前のフォトブックを手にとった中学生のお客さんが 「え、チャゲ&飛鳥?知らな〜い。お笑いの人?」
 5打数0安打。打率 2割3分0厘5毛。


2018年4月25日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第110試合


  1. 編み物の本
  2. 短歌新聞社 「新現代歌人叢書」 の尾崎左永子の巻
  3. 短歌新聞社 「新現代歌人叢書」 の桑原正紀の巻
  4. 短歌新聞社 「新現代歌人叢書」 の馬場あき子の巻
  5. 短歌新聞社 「新現代歌人叢書」 の安永蕗子の巻

 「新現代歌人叢書」 ではないけれど、本店に尾崎左永子の 『歌集 彩紅帖』 の在庫あり。 それでもいいわとお客さん。 その後本店でお求めいただけたので1安打としたい。
 5打数1安打。110試合を終えて、318打数74安打。打率 2割3分2厘7毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「タブレット純 ライブ」 が 開かれる。 満員のお客さんがタブレットさんの一挙手一投足に熱い視線を送り、 一言発するごとに笑いが巻き起こる圧巻のステージであった。 「学校の七不思議」 に腹の皮がよじれる。


2018年4月24日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第109試合


  1. ディアゴスティーニとかで出してた昭和何年の出来事とか書いてあるシリーズ物
  2. 京極夏彦
  3. 文春新書 『「社会調査」 のウソ 』
  4. 前に来たときあった曼荼羅の本
  5. 平凡社ライブラリーの 『アイヌの物語世界』

 朝、車の定期点検で釧路町にある整備工場へ。 30分遅れで店を開ける。

 3の 『「社会調査」 のウソ 』 は2日前にも訊かれている。 大学のテキストらしい。
 4は先週売れていた。 『アジアの コスモス+マンダラ』 という82年開催の展覧会図録。
 5打数0安打。打率 2割3分3厘2毛。


2018年4月23日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第108試合


  1. カミュ 『反抗の論理』
  2. 白石一郎

 社長が腰痛を再発し、本店は完全休業。
 2打数0安打。打率 2割3分7厘0毛。


2018年4月22日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第107試合


  1. ジャズのCD
  2. 新書 (文春新書の 『「社会調査」 のウソ 』)
  3. 英語の歌詞が載っている楽譜
  4. キリスト教、神学関係の本

 昨年、引っ越し祝いに 『虚無への供物』 (講談社の現代推理小説大系版) を差し上げた橋井由高さんから、小さな白い薔薇の造花をいただく。

 3、4が売れる。
 4打数2安打。打率 2割3分8厘5毛。


2018年4月21日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第106試合


  1. ジェームズ・ラブロック 『ガイア理論』
  2. 吉田美奈子のCD
  3. 藤田宜永

 明江三奈 (あかえみな) さんが2階のラルゴに上がっていった。
 3打数0安打。打率 2割3分5厘0毛。


2018年4月20日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第105試合


  1. 雑誌 「壮快」
  2. 辻 仁成 『白仏』
  3. 辻 仁成 『海峡の光』
  4. 辻 仁成の詩集
  5. ヘミングウェイ 『移動祝祭日』
  6. 渡部五郎さん追悼の 『やち坊主』

 渡部五郎さんは1974年に亡くなった釧路市選出の道議会議員。 市長選にも出馬した。 その五郎さんと面識があった方から追悼特集した地元誌の指名が入り、本店在庫をおとりおきすることになる。 売れたら安打にしたい。
 6打数0安打。打率 2割3分7厘4毛。


2018年4月19日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第104試合


  1. 昔の車の

 朝の出張買入、少量のため数分で終わる。 それから1時間強、お客さんの家の土間で町の移り変わりをふまえた貴重な話をうかがう。

 山陰の映画魔人007さんから録画ディスクの詰め合わせセットが届く。 若山弦蔵吹替の 『007は二度死ぬ』、胡 金銓などなど。 いつもありがとうございます。
 1打数0安打。打率 2割4分2厘3毛。


2018年4月18日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第103試合


  1. 印鑑
  2. 白川さんの辞典

 納品先に本をおさめて駐車場に戻ると、ちょうど出勤してきたなじみのお客さんに 「いいところに来た。いらない本あるから持っていってよ」 と声をかけられて、ダンボール3箱分を譲り受ける。
 はじめて足を踏み入れたお客さんの仕事部屋は本だらけ。 自分の店かと錯覚するくらいの古書店の匂いにつつまれた。
 2打数0安打。打率 2割4分3厘1毛。


2018年4月17日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第102試合


  1. 「フロスト」 シリーズ
  2. 札幌までの列車で読むのにちょうどいい、頭使わないで読める海外ミステリーの本
  3. ショパンのピアノ・バラード
  4. 色川武大
  5. 伊集院 静 『いねむり先生』
  6. ジェームズ・アレン 『「原因」 と 「結果」 の法則』
  7. 受験の参考書の古いの
  8. 岩波の 「日本歴史」

 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 吉田拓郎の集中連載の2回目。 平位さんにとって 「少し上の兄貴」 だったこの稀代のシンガーソングライターの、 同時代人としての意義を辿りなおしてもらいます。

  よしだたくろう 『イメージの詩 (うた)』 (You Tube より)

 2階ラルゴのプチ改装で不用になった緑のベンチが古書部におりてくる。 通路に置けなくて階段上がり口に据えた。

 はじめて来た旅行者に2のリクエストを受ける。 ヘンリー・デンカーの 『復讐法廷』 (のハヤカワの再刊本) があったので薦めてクリア。 頭使わないで読めるかどうかはわからない。

 他に4、8が売れる。
 8打数3安打。打率 2割4分4厘8毛。


2018年4月16日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第101試合


 社長と遠出をしていた。 戻ってきて午後5時すぎより店を開ける。

 安全運転を心がけていたのに出先でおまわりさんに車を停められた。 私も社長も黒い上着に黒いシートベルトをして遠目で違反しているように見えたのだった。

 叩けば埃が出る身の上ゆえ (古本屋と埃は兄弟である)、 あれのことかな、それともこれのことかなと、ちょっぴりドキがムネムネしました。
 0打数0安打。打率 2割4分1厘1毛。


2018年4月15日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第100試合


 起きると雪が積もっていた。 すぐに融ける雪だったけれど。
 そんな4月半ばの釧路の夜、2階の喫茶ラルゴで 「 リクオハシケン  ツアー2018」 釧路公演 が開かれる。

 「自分の店でリクオさんやハシケンさんのライブをやることは、ラルゴができる前からの夢でした。 嬉しいことに開店以来お二人には何度も来てもらっていますが、 まさか一緒に来る日が訪れるなんて…夢にも思いませんでした!」 とは主催したラルゴの喫茶部長の弁。

 然り、こんな豪勢な組み合わせはまたとない。 アンコールでおふたりが其々歌う 「ソウル」 を聴けた。 絶品。
 0打数0安打。100試合を終えて、282打数68安打。打率 2割4分1厘1毛。


2018年4月14日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第99試合


  1. 国境なき医師団の本
  2. この間の人の (梓 林太郎)
  3. 植草甚一
  4. 「ミュージック・マガジン」 別冊の2巻目

 梓 林太郎の文庫本が売れる。
 植草甚一スクラップブックが3冊売れる。

 閉店後、またまた窓ルンバの出動。 これで3日連続の窓掃除である。 たまたま居合わせた橋井由高さんが窓ルンバの働きぶりを興味深そうに観察していかれた (前夜は通りすがりのゴメさんも目を丸くして見つめていた)。

 「うちの窓も手が届かないとこがあってよォ、今度やってもらおっかなァ」 と面識がない少々お酒臭い方まで現われる。
 4打数2安打。打率 2割4分1厘1毛。


2018年4月13日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第98試合


  1. 健康に関する本

 「勁草書房創立70周年 社長にあれこれ聞いてみる」 の連載第1回を読む。
 うちの店にも思想の棚あたりに勁草書房の本がなんぼかあります。
 1打数0安打。打率 2割3分7厘4毛。


2018年4月12日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第97試合


  1. 「北海の光」、日本聖公会北海道教区の機関紙
  2. A41327 『二十周年記念 釧路戦没者名簿』
  3. 安彦良和 『王道の狗』

 2階の喫茶部長の手配により北大通店に窓ルンバが配属された。

 窓ルンバとはなんぞや。 ロボット掃除機の代名詞ともいうべきルンバ、あれの窓を掃除するやつである。 ルンバの会社とは無関係。 教えてもらった正式名称はうっちゃって私が勝手に名づけた。 ダチョウ倶楽部の くるりんぱ みたいで気に入っている。

 営業終了後、その窓ルンバが 店のどでかい縦長ウィンドウの清掃 にはじめて取り掛かった。 コンセントにつないでセットするだけで、足場を組まないと届かない高所も自動できれいにしてくれる。 動きに不具合が出たときだけ喫茶部長が手元のコントローラーで修正することになっている。

 そのまじめな働きぶりをぼけ〜っと大口開いて飽きずに見上げていた。
 なんて賢い窓ルンバなの。 どんどん技を磨いて進化を遂げやがて人間以上の知能を獲得する勢いじゃないか。 いつかきっとドローンみたいに空だって飛べる。

 そう遠くない未来、うちの窓ルンバが覚醒したときその視界に飛び込んでくるのは、 1階古書部のレジまわりの見るに耐えない乱雑ぶりであろう。

 潔癖を至上のものと奉じる窓ルンバなので、 汚れの元凶たる私は真っ先に敵認定されてむごたらしく殺されるにちがいない (『エイリアン』 の最初の犠牲者のように窓ルンバが顔に張りつくなど)。
 機械が人類皆殺しを図るターミネーター世界の到来はすぐそこである。 震えて眠れ。

 ホームページを見たお客さんが 『釧路戦没者名簿』 を探しにみえた。 本店在庫であることをお知らせして、あちらでお求めいただく。
 3打数1安打。打率 2割3分8厘2毛。


2018年4月11日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第96試合


 2階のラルゴで食事を終えた編集長が下りてきて、私の顔を見るなり 「めっちゃおじいちゃんに見えるよ。疲れてるんじゃない。つーか今朝ちゃんと顔洗ったの?」

 し、失礼なこと言うな、顔くらい洗ってるわい! 洗ったよね。 洗いましたかいのう。
 前日もゴメさんに似たようなことを言われたばかり。 死相があらわれているらしい。

 夜、喫茶部長は常連さんに誘われて 大日本プロレス の観戦へ。
 「俺が帰ってこなかったら乱闘に巻きこまれたと思って」 と悲壮な言葉を残して……。
 0打数0安打。打率 2割3分7厘2毛。


2018年4月10日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第95試合


  1. ジャズCD
  2. 東大UP選書の 『戦争と法』

 北大通店の めくりめくられ: 本日の読書は、高畑 勲の 『映画を作りながら考えたこと 「ホルス」 から 「ゴーシュ」 まで』 (文春ジブリ文庫)。
 2打数0安打。打率 2割3分7厘2毛。


2018年4月9日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第94試合


 納品を終えて時間が余ったので市内の大学図書館をはしご。 開店予定の午前11時に店に戻る。

 画伯のカラスTシャツの新作が出来上がる。
 0打数0安打。打率 2割3分8厘9毛。


2018年4月8日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第93試合


  1. イラストカット集
  2. 短歌の本
  3. 『失敗の本質』
  4. 山本七平 『空気の研究』
  5. 山本七平 『一下級将校の見た帝国陸軍』
  6. 『大本営参謀』?
  7. ミヒャエル・エンデ 『モモ』

 夜、近所に納品。
 7打数0安打。打率 2割3分8厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: 新作 『それまでの明日』 が今ひとつピンとこなかった理由を探るべく、 原リョウを特集した 「ミステリマガジン 2018年3月号」 を図書館で借りる。

 「謎解き要素は、言葉は悪いのだけど、サービスとして加えていたものなんです」 と告白し、これからはハードボイルドに専念していいものを書きたいと語る作者の最新インタビューに得心する。 つまり儂が読みたかったのは謎解きに重心をおいた小説だったのだ。


2018年4月7日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第92試合


 長いこと 「靫正」 を 「ただまさ」 と誤って読んでいたことがわかる。 正しくは 「ゆきまさ」 だった。 奥村靫正さんのこと。
 0打数0安打。打率 2割4分5厘2毛。


2018年4月6日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第91試合


 雪が舞い散る中、野郎2人で末広に繰り出して 喫茶ボロンジ で夜のパフェ会。
 0打数0安打。打率 2割4分5厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 競技かるたの世界を描いて 『シコふんじゃった。』 に比肩する本邦スポーツ映画の名品ではないか、 などと軽はずみに決めつけたくなるくらい、このたび完結した 『ちはやふる』 3部作はすばらしかった。
 そんなわけで田辺聖子の入門書 『歌がるた小倉百人一首』 (角川文庫) を読みはじめる。


2018年4月5日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第90試合


  1. ネットに載ってた 『最後の日本人』
  2. ネットに載ってた 『実用音楽講座 作曲法』
  3. ネットに載ってた 『私の戦後70年』
  4. 『ターシャ・テューダーの言葉』
  5. 『ゴッホの書簡全集』
  6. 「MOE」 のスヌーピー特集
  7. 『寺内貫太郎一家』 のDVD
  8. 天地真理の歴史のような本
  9. 履歴書

 1から3まで、北大通店のサイトに載せて間もない本が売れていく。
 9打数3安打。90試合を終えて、265打数65安打。打率 2割4分5厘2毛。


2018年4月4日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第89試合


  1. 「新約聖書」
  2. 子どもの図鑑のような本
  3. 書道の字体が載っている本
  4. ハープ・アルバートのレコード
  5. 竹内まりやのLPかシングル

 釧路古書籍商組合の事務局を担当している。 毎年5月半ばに釧路市内で開く組合総会の準備にそろそろ取りかからなければならない。

 例年どおりでよいだろうと相談なしに今年の開催日を決めておいた。 道東一円に散らばる組合員の皆さんにメールで知らせるが、どうやら日取りがよくなかったようだ。 会場の予約を取り消して再度練り直すことにする。

 久々に歌謡曲さんが来てくれたのはよいが、例によって 「この歌知ってる?」 の質問攻めにあう。
 もちろんやられてばかりではいられない。 逆襲の呪文 「歌ってもらったら思い出すかもしれません」 を仕掛けてあれこれ歌謡曲さんに歌ってもらったり、 時にこちらがうろ覚えで歌わされたりしているうちに日が暮れる。
 5打数0安打。打率 2割4分2厘1毛。


2018年4月3日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第88試合


  1. 「Come home!」 (Japanese Magazine)
  2. 網野善彦 『古文書返却の旅』

 2階の喫茶ラルゴは、店内設備メンテナンスのため臨時休業。 上からペンキの匂いが漂い金槌の音も聞こえてくる。
 2打数0安打。打率 2割4分7厘0毛。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 弟子屈の美留和郵便局で投函されたズリ山じるしの 郵便書簡 が届く。 届いて数分後にズリ山さんのお知り合いがみえたので目の前で開封すると、 釧路名産いわしのほっかぶり弁当の包み紙が出てきた。

 「しょうゆ味くらいつけておいてもいいのにねェ」 とその方 Kさんが言う。 なるほど匂いはしない。 ちょうどこの後、Kさんとズリ山さんは会食の予定なのだという。


2018年4月2日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第87試合


  1. 音楽の関係の本

 2階の喫茶ラルゴは月曜定休日。 責任者の喫茶部長は店に出てきてラルゴの大幅な模様替えに手をつけた。 ピアノや机など重たいものの移動に手を貸す。 気分は 「ファイトー!」 「イッパーツ!」 と叫びたいくらいやたらと威勢がいいけれど、身体がついていかずすぐにゼイゼイいう衰え 。
 1打数0安打。打率 2割4分8厘9毛。


2018年4月1日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第86試合


  1. 週刊誌
  2. 医療の本

 釧路未公開の 『スリー・ビルボード』 を見るため、帯広のシネマ太陽へ車を走らせる。 21時25分からのレイトショーだったので、店を閉めてからの出発で余裕で間に合う。 片道2時間の遠出をした甲斐があった。 強烈な自我を発してドラマをゴリゴリと前進させる主人公の造形に感服する。
 2打数0安打。打率 2割5分。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2018年3月31日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第85試合


  1. 「Casa BRUTUS」
  2. 松本清張
  3. ファッション雑誌
  4. 茶道関係
  5. 水彩画の本
  6. 島崎藤村 『破戒』
  7. PHP新書
  8. ビジネス書

 朝の出張買入、本店にほど近いとある空き事務所へ行く。 量が少ない上、すでに紐でくくってあって5分もかからずに終わる。

 1、2が売れる。
 8打数2安打。打率 2割5分2厘0毛。


2018年3月30日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第84試合


  1. レコード
  2. よしもとばなな 『バリ夢日記』
  3. 他に池上彰さんのこういうの

 レコード棚の前でスマホを熱心に操作している人、終わると手にしていたレコードを棚に戻す。 値段を調べているのかしら。 こちらに背を向けてそれを何度も何度も繰り返す。 今週だけでその手の方が3人。 どなたも判で押したように30代くらいの男性である。

 プロ野球が開幕する。 北海道日本ハムファイターズは埼玉西武ライオンズにこてんぱんにやられる。
 3打数0安打。打率 2割5分2厘1毛。


2018年3月29日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第83試合


  1. 『論語の一言』
  2. 『恋愛ジャンキー』 ってマンガ
  3. 「墨」 の185号
  4. 村上 龍 『オールド・テロリスト』

 午前中、郊外へ出張買入に行く。 台車を使って往復すること2回、車に詰めこんだ本の山は本店でおろす。
 12時半すぎより北大通店を開ける。
 4打数0安打。打率 2割5分5厘3毛。


2018年3月28日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第82試合


  1. クラシックのCDでルプーというピアニストのブラームスのピアノ協奏曲
  2. カラオケの歌本
  3. 歳時記の夏の巻
  4. 馬場あき子
  5. 尾崎左永子の歌集
  6. 電話帳と道路地図がいっしょになったやつでゼンリンの

 うちの店で本を探していた年配のご婦人が偶然昔の友人が入ってこられたのに気づいて 「古いところに来ると古い人に会うもんだ」

 波打ちがひどい文庫本がみつかり直そうと思い立つ。 重し代わりに使おうとダブリの全集本でできた塔を崩したら、 下の方から別の文庫本がでてきた。
 3年半前の日付を記したメモが挟まっていて、 どうやらこれも波打ちを直そうとして全集の間に挟んでいたらしいのだが、そんなことすっかり忘れていたよ! 旧い文庫の波打ちはきれいに治まっていた。
 6打数0安打。打率 2割5分9厘7毛。


2018年3月27日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第81試合


  1. 「北海道文学全集」 の9巻
  2. 「北海道文学全集」 の4巻

 またひとり常連さんが転勤で釧路を離れることになった。 最後の挨拶にみえたその方からよい本を売ってもらえた。
 2打数0安打。打率 2割6分6厘6毛。


2018年3月26日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第80試合


  1. 『北海道百番附』
  2. とんぼの本のイタリアのやつ

 閉店時間が近づいたころ、出張買入先の社長から 「ちょっと手伝いに来てくれ」 と電話がくる。 北大通店を閉めて車で5分ほどの現場に向かった。
 今を去ることウン十年前、大学生だったうちの社長が教育実習に出向いたとき、 いっしょに同じ学校に派遣された方のお宅だった。 その方は教員になり、社長は別の道を進んだ。
 2打数0安打。80試合を終えて、223打数60安打。打率 2割6分9厘0毛。


2018年3月25日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第79試合


 北大通店の めくりめくられ: 大阪のガス人間さんが海外ミステリドラマにはまっている。 『主任警部モース』 を中心に英国製のものがお気に入りだとか。 その世界は疎いのだが、たまたま刊行されたばかりの 千街晶之・編 『21世紀本格ミステリ映像大全』 (原書房) を手に入れていた。 これで勉強しよう。
 0打数0安打。打率 2割7分1厘4毛。


2018年3月24日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第78試合


  1. 古銭の本
  2. 子どもが読む本
  3. マンガ

 黒澤明好きの中国人旅行者がみえたのでお返しに陳凱歌を讃える。 渡したメモ用紙にその人は 『覇王別姫』 と記した。 私もかつて胸を熱くした作品の題名だ。 文化大革命期を扱った 『子供たちの王様』 のことも称揚したかったが、 片言の会話でなんとなく気後れして言い出せずに終わる。

 保育社カラーブックスの 『日本のコイン』 や、70年代の 「日本貨幣型録」 が売れる。
 3打数1安打。打率 2割7分1厘4毛。


2018年3月23日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第77試合


  1. 岩波新書の 『禅と日本文化』
  2. 『続 禅と日本文化』
  3. 洋裁の本
  4. パウロ・コエーリョ 『アルケミスト』

 風に吹かれてどこかから流れてきた10リットルの可燃ごみ専用袋が店前に居座る。 未使用の袋だったので、閉店時まで往来からみえるところにぶら下げておくことにした。 引き取りにくる人はついに現われなかった。 店で使わせてもらおう。

 4が売れる。
 4打数1安打。打率 2割7分0厘6毛。

 北大通店の めくりめくられ: ジャケ買いして読んだ池辺 葵 『雑草たちよ 大志をいだけ』 (祥伝社) が大当たりだった。 キラキラしてない青春に涙する。


2018年3月22日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第76試合


  1. 手芸の本
  2. この間載ってた團伊玖磨
  3. 雑誌 「太陽」 (植物の)

 ホームページに載せたばかりの團伊玖磨に指名が入り2冊もらわれていく。
 3打数1安打。打率 2割7分1厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: ピーター・スワンソン/務台夏子・訳 『そしてミランダを殺す』 (創元推理文庫) を読みはじめる。 評判に違わぬページターナーぶり。


2018年3月21日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第75試合


  1. 東邦交通や阿寒バスの歴史がわかる本
  2. 前にここでみかけた竹西勇二さんの本
  3. 釧路の医者の本
  4. 竹久夢二の経歴がわかる本
  5. 「画報 近代映画」
  6. 「主婦の友」
  7. 教育関係の本いろいろ

 春分の日。

 常連さんに1から3まで地元郷土誌関係の本を矢継ぎ早に訊かれる。 北大通店と本店の在庫から近しいものを見繕うが、図書館で調べるよという結論に。 ぎゃふん。

 スマホの画面と棚を見比べているお客さんがいて、すわセドリかと警戒していたらそうでなかった。 画面を見せてもらうと、岩波新書やちくま新書の教育関係の背表紙が1ダース近くズラリと並んでいる。 ひとつくらいは在庫があるのではないか。 全滅だった。
 7打数0安打。打率 2割7分0厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 20年以上愛読している隔週刊のテレビ誌が次の号から月1回の発行になる。 休刊や廃刊ではないけれど、 これも雑誌の冬の時代を告げる一例といってよいのだろうな。


2018年3月20日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第74試合


  1. 郷土誌

 前日は臨時休業。 北見方面へ遠出していた。

 釧路湿原の本が売れる。
 1打数1安打。打率 2割7分9厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 原リョウの14年ぶりの新作を読み終えたがいまひとつピンとこなかった。 読むのに時間をかけすぎたのかもしれない (2週間もかかった)。


2018年3月18日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第73試合


  1. 囲碁の本
  2. 本店の新規入荷で見たエッシャーの画集
  3. 書道
  4. 文芸書

 画伯のカラスとの交遊話を拝聴する。

 1が売れる。
 4打数1安打。打率 2割7分5厘8毛。


2018年3月17日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第72試合


  1. 藤原釜足 (俳優の)

 本店、北大通店ともに わらじむしが店内散歩をするようになり、春の訪れを実感している。
 1打数0安打。打率 2割7分6厘3毛。


2018年3月16日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第71試合


  1. 額縁
  2. ウイスキーの関係
  3. 『神谷哲史作品集』

 向かいの道銀ビルの解体がはじまる。 1階に重機が入っている。
 3打数0安打。打率 2割7分7厘7毛。

 北大通店の めくりめくられ: 深津絵里を崇める会会長に貸していた私物の 『野呂邦暢古本屋写真集』 (岡崎武志・小山力也:編集/盛林堂書房) が戻ってきて、 今から40年ほど昔の東京の古本屋の赤みがかった本棚写真と再会する。

 「写真は、お世辞にも上手いとは言えない普通の腕で、 その一番の原因は被写体からの遠い距離にある。 これは、見知らぬ人や店等への遠慮から、さらに近寄るべき一歩を踏み出せないためであり」 うんぬんと巻末解説で小山氏が書いていて何やら微笑ましい。 成り立ちが異なるので比べてしまっては気の毒だが、 『絶景本棚』 とはえらい違いなのだ。
 古本屋を舞台にした野呂邦暢の名編 『愛についてのデッサン』 を読み直したくなる。

 この日の会長はお子さんと連れ立ってのご来店だった。 その子が4月から高校生だというので、 これをやったら学校で人気者になれるよと 「ワカンダ・フォーエヴァー」 を実演 (胸の前で腕を交差) してみせる。 受験で忙しかったのだろう、『ブラックパンサー』 をご存じなくてちんぷんかんぷんのようだった。 困惑させてごめんなさい。


2018年3月15日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第70試合


  1. 安部公房 『榎本武揚』

 「公文書記録、粘土板への移行を検討 政府」

 サイトの新規入荷欄に載せたばかりの中公文庫版 『榎本武揚』 が売れる。 同欄を見てくださった常連さんのご指名だった。
 1打数1安打。70試合を終えて、195打数55安打。打率 2割8分2厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: オープン戦まっさかり。 少し遅いくらいだが 『2018 プロ野球全選手カラー写真名鑑 & パーフェクトDATA BOOK』 (ベースボール・マガジン社) を手に入れる。 類書が数ある中、私には同社のA4判の選手名鑑がいちばんしっくりくる。


2018年3月14日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第69試合


  1. 奥村チヨのレコード
  2. ロックだと思うんだけどちょっと歌ってみっから何の歌か教えて、 レコード探してんだよ、あったら買うからさ、ルルルルルル〜
  3. 釧路叢書の18巻の春採湖

 歌謡曲さんから電話でレコードのリクエストが入る。 2の歌は、せっかく電話越しに聴かせてもらったのにさっぱりわからなかった。 私ひとりだけが歌声を独占してしまいもったいない感じ。
 3打数0安打。打率 2割7分8厘3毛。


2018年3月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第68試合


  1. 早川三代治の2巻目

 2階の喫茶ラルゴで、遠藤理子個展 「この街の記憶」 がはじまる (25日まで)。

 「昨年に続き、喫茶ラルゴさんで2回目の個展を開きます。

 同じ景色を見ても、その人の見た時の状況に寄って見え方が違うと思います。 昨日かもしれないし、5年前、10年前に見た景色かもしれない。 楽しかった時のことを思い出すかもしれないし、辛かった時のことを思い出すかもしれません。

 絵と同じ景色を見たことがある人は、その時の自分を思い出したり、懐かしんだりして欲しい。 見たことがない人はこの景色を見てみたいと感じて欲しい。 そんな思いを込めて描きました

 (遠藤理子 ウェブサイト 「Masako Endo Illustration」 より)

 1打数0安打。打率 2割8分2厘7毛。


2018年3月12日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第67試合


  1. 前にここで鉄腕アトムの3、4、6巻を買ったんだけど、あれの残りの1、2、5巻
  2. 大仏次郎 『パリ燃ゆ』

 北大通店の めくりめくられ: 山田宏一/濱田高志 『シネマ・アンシャンテ ジャック・ドゥミ ミシェル・ルグラン』 (立東舎) は、 読むひとをジャック・ドゥミの映画へと走らせる書だった。
 でも走り出してはみたものの近所のレンタル店にはおなじみの 『シェルブールの雨傘』 しかなくて (それはそれで欠けてはならない作品だけれども)、 ミシェル・ルグランのベスト盤CDを久々に聴き直して代わりとする。
 2打数0安打。打率 2割8分4厘2毛。


2018年3月11日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第66試合


 北大通店の めくりめくられ: 閉店後、LIVE&BAR 釧路ガソリンアレイ へ。 鈴木亜紀 さんと 鈴木 裕 さんの 「スズキ×スズキ」 コンビによる 「ムニエル昆布締めカルパッチョ!Tour」 釧路公演を愉しむ。

 オリジナル曲は無論のこと、ビゼー、浜田省吾、網走番外地からアルゼンチンの歌まで披露されたが、 いずれも自家薬籠中の物になっていた。 裕さんの弦楽器演奏がさらに豊かに彩る。

 会場では亜紀さんのコピー誌 「さくらえび通信」 が売っていて、迷わず買う。
 「2017年11月、ヨルダン、レバノンへ、久々の一人旅をしてきました。 政情不安定な地域ではありますが、とても魅力的な国々。 思い出すと今もキューっとなる、素晴らしい旅でした」 と作者は記す。

 旅のエッセイを詰めこんだ10年前の著書 『お尻に火をつけて』 (晶文社) の続編のような一冊かしら。
 0打数0安打。打率 割分厘毛。


2018年3月10日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第65試合


  1. 中国の青磁の本
  2. 合気道関係
  3. この前来たときにあった中心街のことを書いた釧路新書

 「だからここで言われているのは進化というよりも 「回帰」」 に膝を打つ。

 ゴメさんが昨日忘れた傘を取りみえる。 ついでに本を買っていただき世間話をして帰っていかれた。 また同じ傘をお忘れになっていた。
 3打数0安打。打率 2割8分7厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 東 浩紀・監修/市川真人・大澤 聡・福嶋亮大 『現代日本の批評 1975-2001』 (講談社) を読む。 先行世代の抑圧をはねのけようとする果敢な試み。


2018年3月9日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. 釧路を離れる人に贈るのにちょうどよい釧路の歴史などを書いた本
  2. 深沢七郎
  3. 内田百けん
  4. 文章の書き方の本
  5. 水原希子

 前の晩から暴風雨がつづく。 2階の喫茶ラルゴの看板には こんなイラスト が現われる。

 前夜のライブで、演奏の邪魔にならないように電話線を抜いたのを忘れていた。 下の電話につながんないぞと、本店の社長から2階の喫茶ラルゴに連絡がきて、慌てて接続し直す。

 「髪の毛にカピカピになったご飯粒がついてまっせ」 とお客さんに指摘される。

 深沢七郎の 『盆栽老人とその周辺』 が売れる。
 5のリクエストには、当店唯一の水原希子ものとして 映画 『ノルウェイの森 公式ガイドブック』 でお応えできた。
 5打数2安打。打率 2割9分1厘8毛。


2018年3月8日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 司馬遼太郎 『翔ぶが如く』 の4巻
  2. 6、7、8巻
  3. 寄木細工の本
  4. 『ゲルマニア』
  5. 『ガリア戦記』
  6. 地元のアイスホッケーの記念誌

 岩波文庫の 『ガリア戦記』 が売れる。 同じ方に訊かれた 『ゲルマニア』 は本店に在庫あり。 お客さんに伝えると、その日のうちに本店でお買い上げいただけた。 2安打目。
 6打数2安打。打率 2割8分8厘8毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 「城山事変バンドライブ 林檎で平成やり尽くし 弐の夜」 が開かれる。
 たぶんラルゴではじめてとなるスタンディングのライブ。 北海道教育大学釧路校の学生中心のバンドが、 椎名林檎と東京事変のカヴァー曲を演奏してくれた。

 いつもはもぎり嬢を務める私だが、今回は教育大の若者が受付を担ったせいでお払い箱に。 階下で営業しながら聴かせてもらった。

 こちら は以前、画伯に作ってもらった もぎり嬢の札。 恥ずかしいので身につけることはほとんどない。


2018年3月7日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


  1. 『嵐が丘』 のDVD
  2. 石牟礼道子
  3. 18世紀のイギリスの詩人の本

 北大通店の めくりめくられ: 「文學界」 の2018年1月号が映画を特集している。 まずは、黒沢 清と篠崎 誠の対談 「映画と原作の複雑な関係」 に目を通す。

 どういう小説が映画化しづらいのか、テレビの舞台中継に退屈してしまうのはなぜかなど、 いつもながらの黒沢監督の明晰な話しぶりに説得される。 ファンにしてみればここで披露される映画論は、 92年刊行の評論集 『映像のカリスマ』 ですでに馴染みのあるものだ。 その論旨は若くして完成されていた。
 3打数0安打。打率 2割8分7厘3毛。


2018年3月6日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 馬の本
  2. 『君たちはどう生きるか』
  3. 北海道新聞社から出ていた 『シマフクロウ』

 前日は風邪をひいて休業した。 重症ではなく1日横になって何とか回復、この日の朝は予定どおり社長と出張買入へ出向く。 20箱くらい車に運び入れて、午前11時より店を開ける。
 3打数0安打。打率 2割9分2厘3毛。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 ズリ山裏道プレゼンツの むき出しの吊り革 が届いてから、およそ1ヵ月半。 鳴りをひそめていた愉快犯がふたたび動きはじめた。
 新たな刺客= 郵便書簡 が届く。 例によって消印は風景印である。 小樽錦町郵便局のもので、「北海道鉄道発祥の地 手宮」 と謳ったSL型の意匠がたのしい。 書簡の中身は広島県の杓子せんべいのミニパンフだった。

 そういえば先日、地元書店で 裏道さんが漫画化 されているのを知った。 体操のお兄さん時代を描いたものらしい。 内緒にしているだなんて、水臭いんだからもう。


2018年3月4日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 江南高校の教科書
  2. 坂本龍一
  3. 石牟礼道子 『苦海浄土』
  4. 植物の名前の図鑑
  5. 金魚づくしの浮世絵が載っている本

 朝、出張買入へ。 「月刊 fit」 最新号 の当店の記事を読んで電話をくれた方だった。

 『skmt 坂本龍一』 が売れる。
 5打数1安打。60試合を終えて、168打数50安打。打率 2割9分7厘6毛。

 北大通店の めくりめくられ: 歌野晶午の新作を読んでいたら、私と同じ苗字の川島という登場人物が大人気である。 みんなが彼のことを血眼になって探している。 行方をくらました連続殺人犯として。


2018年3月3日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 日本の鳥の本

 常連さんに レトロスペース坂会館 のビスケットを一袋いただいた。 お友だちが1箱分送ってきたものなのだとか。
 岩村誠二さんには坂会館の自作ポストカードを、 フラカンさんには坂会館ボールペンをそれぞれいただき、その上ビスケットまで。 このところ流れが来ている。 坂会館に呼ばれているような気がする。

 腹がしくしくと痛み出す。

 『北海道の野鳥』 が売れる。
 1打数1安打。打率 3割0分0厘6毛。

 北大通店の めくりめくられ: 取材した人が常連さんの友人だと知り、 吉永小百合/立花珠樹:取材・構成 『私が愛した映画たち』 (集英社新書) に手を伸ばす。 恥ずかしながら日活時代の主演作品は見たことがないのだけれど、 撮影秘話や自身の出演作への率直な感想 (後悔を含む) がふんだんにあっておもしろく読める。

 後半 「北の三部作」 を語るくだりで、映画化したかった作品として 船山 馨の 『お登勢』 や 『石狩平野』 の題名があがる。 『北のカナリアたち』 は企画した当初、釧路湿原で鶴に餌付けをする女性を主人公にするつもりだったのか。


2018年3月2日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. クリスティの原書

 湿った重たい雪じゃった。 無論釧路の降雪なので量はうんと少ないのだが、ぜいぜいいいながら雪かきをした。

 北海道新聞の釧路版に 釧路出身の映画監督・富名哲也さん の記事が載る。 フラカンさんのお知り合いだった。 初長編作品、ぜひ釧路のスクリーンで見たい。

 シモンさん、釧路に別れを告げるはずだったのにJRの運休で足止めを食う。
 1打数0安打。打率 2割9分6厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 注文していた小野純一・編 『戦後 春陽文庫 資料集成 β版』 (盛林堂ミステリアス文庫) が届き、 舌なめずりしながら頁を捲る。


2018年3月1日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. エロ本
  2. 山本周五郎 『赤ひげ診療譚』

 予報どおりの暴風雪になる。
 その中を傘もささずにやってきたのは、新卒採用が決まり明日で釧路を離れるというシモンさん。 列車の切符を買いに徒歩で駅に向かう途中だというのだが、 それはもう気の毒なくらいにびしょ濡れである。
 曰く 「雪を甘くみていました」

 タオルとビニール傘をお貸しする。 シモンさん、上で休んでいきますと2階の喫茶ラルゴへ上がっていった。
 帰り際もう1度顔を見せて 「鞄の中に折り畳み傘が入っていました」

 本店は午後1時半で営業を終える。

 周五郎全集の旧版の 『赤ひげ診療譚』 と 『五瓣の椿』 を同時収録した巻が売れる。
 2打数1安打。打率 2割9分8厘1毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。


2018年2月28日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 ピンク・フロイドの集中連載を終えて、今回から新章がはじまります。 よしだたくろうとの馴れ初めをつづる初回は、平位さんとギターとの馴れ初めの記でもあります。

  千賀かほる 『真夜中のギター』 (You Tube より)

  よしだたくろう 『今日までそして明日から 』 (You Tube より)

 午前10時すぎ、出張買入へ向かう。 先週下見をしたご近所さんである。 車に積めるだけ積んで本店に持っていきすべておろす。

 「月刊 fit」 の最新号を一般配布よりも数日早くいただく。 「巻頭特集 今こそ行こう!北大通街歩き」 にて、2階の喫茶ラルゴともども北大通店を紹介させてもらった。

 閉店後、本店に移動し午前中に買取した本の山をひとりで仕分ける。 2時間ほどかけて作業を終える。
 0打数0安打。打率 2割9分5厘5毛。


2018年2月27日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. アイン・ランド 『水源』
  2. アイン・ランド 『肩をすくめるアトラス』
  3. 『聖闘士星矢』
  4. 佐多稲子 『夏の栞』 (講談社文芸文庫)

 「クリオネまだ生きていますので見に行ってください」 (原文ママ) とのことです。
 4打数0安打。打率 2割9分5厘5毛。


2018年2月26日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


  1. 昭和40年代の釧路の映像が載っている本
  2. 楽譜
  3. ギターの楽譜
  4. English Book
  5. 中国の本
  6. 「SWITCH」 のCocooの特集号

 楽譜が売れる。

 閉店後、 KIDS MAFIA に寄ってお買物。 釧路に10年ぶりの新築マンション誕生など、店主のトオルさんと世間話を交わす。
 6打数1安打。打率 3割0分3厘2毛。


2018年2月25日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 辻村深月
  2. カラーブックスの13巻の 『鉱物』

 北大通店の めくりめくられ:  樋口尚文 『映画のキャッチコピー学』 (洋泉社・映画秘宝セレクション) のカバーには、 購買欲をそそるコピー文が躍っている。

 曰く 「調べ尽したり!映画の宣伝コピー100年分! 観客を呼び込むためにひねり出された、宣伝マンたちの情熱と迷走の結晶! その膨大な惹句を引用し、切り口や手法を読み解いた画期的映画研究書!

 実際、頁を繰る手が止まらぬおもしろさだった。

 当初著者は、大正から昭和、 平成にかけてのキャッチコピーの変遷を時系列でたどる構成を考えていた。
 調べるうちに今につながる宣伝文句の各種雛形は戦前に完成をみていることがわかり、 ならば乱歩の 「類別トリック集成」 よろしく、 新旧問わず傾向別にコピーをひとまとめにしていく章立てに切り替えたという。

 おかげで、1926年公開のサイレント映画 『俄か海賊』 の次に、 83年公開のお色気コメディ 『超能力学園Z』 の宣伝文が現われる融通無碍の境地が実現した。

 本書で再三語られるのは、インターネット時代に入り かつての外連味あふれるキャッチコピーの味わいが薄まっていやしないかという疑義である。

 同様に、太平洋戦争中の映画広告の貧しさについても具体例を引いて何度も言及してみせる。 歴史は繰り返すと警告を送るように。 その処方箋は歴史を学ぶことの内にあると教えるように。

 「日中戦争の時期ですら意外にその賑やかさは変わらなかったのだが、 1941年の対米開戦からは一気に映画広告自体が姿を消す。 戦前は映画大国であったわが国の製作本数自体も激減し、 映画会社の再編も起こって日活が消えて大映が誕生するなど、波乱の時期となる。 おのずと戦争を題材にした国策映画ばかりが作られることになったが、 実はそういった国威高揚のためのプロパガンダ映画ですら、 広告は相当つつましく力ないものであった。 あの戦前の映画会社の勢いも、映画広告の華々しさも、 瞬時にして消滅してしまった感があり、広告の変化だけを追っても戦争の影響の甚大さに畏怖させられる

 2打数0安打。打率 3割0分8厘7毛。


2018年2月24日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. 五木寛之 『古寺巡礼』
  2. 立原正秋 『冬の旅』
  3. 衛生管理の本
  4. 映画の 『嵐が丘』 の写真が載ってる本
  5. 藤田の本
  6. Photo Book
  7. Movie Poster
  8. Chinese Book

 九州から猫山さんがご来釧に。 おみやげに 「西日本新聞」 や 「佐賀新聞」 など、向こうの新聞紙を何紙もいただく。

 写真集が売れる。
 8打数1安打。打率 3割1分2厘9毛。


2018年2月23日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


 翌週の出張買入が決まる。 買入先が近場なので、夕方下見をさせてもらった。
 0打数0安打。打率 3割2分3厘7毛。


2018年2月22日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 流行歌の歌本
  2. ロシア語の本
  3. 千野隆司 「出世侍」 の5巻
  4. 北海道の自然の写真集
  5. 地獄の絵が載っている本
  6. ムンクの本
  7. つげ義春

 常連の青年が札幌へ越すことになり挨拶にきてくれた。 これまで長い間どうもありがとう。 またお会いできますように。

 世界文化社の 『北海道の大自然 美しい日本 1』 が売れる。
 7打数1安打。50試合を終えて、139打数45安打。打率 3割2分3厘7毛。


2018年2月21日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 阿寒の自然やアイヌのことが載っている本
  2. カード
  3. 泉 鏡花

 札幌の岩村誠二さんが、小冊子 「北海道ロケ地マップ100選&リスト」 を送ってくださった。

 発行元は 北の映像ミュージアム。 昨年、札幌観光の折はじめて訪ねてみたが、 北海道と映画の関わりを知るためのきっかけとして十分な施設だった。 本欄でおなじみの画伯の筆になる 「釧路映画ロケ地イラストマップ」 も飾ってあったっけ。

 気にかかるのは、 現在同所が存続の瀬戸際に立たされている ことだ。 リンク先の記事を読むと、 道都たる札幌市は北海道で撮られた数々の映画遺産を活用することにまったく関心がないみたい。
 3打数0安打。打率 3割3分3厘3毛。


2018年2月20日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 釧路新書 『街角の百年』
  2. 石牟礼道子 『苦海浄土』
  3. 『高慢と偏見』
  4. 文鎮

 それが完成品だと知らずに感想を促され 「これから完成させるんですね」 と口走るところだった。

 釧路町立遠矢小学校創立60周年記念の文鎮が売れる。
 4打数1安打。打率 3割4分1厘0毛。


2018年2月19日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. 土門 拳
  2. たけしの最新本
  3. 『吉田式 球体関節人形 制作技法書』 の2巻

 「たけしの最新本あるかい」 と訊かれて咄嗟に北野武を思い浮かべる。 前の日、うちの社長がビートたけしの小説 『アナログ』 を読みたいと言っていたから。
 お客さんが探していたのは、たけしはたけしでも養老孟司だった。 旧著 『まともな人』 が売れる。 最新刊ではないけれどこれも安打だ、俺が法律だ。

 「太陽 1994年5月号 土門拳の日本」 が売れる。
 3打数2安打。打率 3割4分4厘。


2018年2月18日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


  1. 資格の本
  2. 小沢昭一
  3. 村上春樹の 『騎士団長殺し』 の後編

 午前中、開店を遅らせて 企画展 「映像でよみがえる簡易軌道と道東開拓のあゆみ」 を開催中の 釧路市立博物館 講堂へ足を運ぶ。
 お目当てのNHKの番組上映会より、 1967年放映のテレビドキュメンタリー 『子牛誕生』 を見ることができた。

 プロジェクターでの上映だが元は16ミリのモノクロフィルム。 根釧原野に住まうとある酪農家の、冬にはじまり次の冬におわる苦難の1年を追いかけた内容である。
 夫が早世して3年、残された妻はわずか3頭の牛から搾乳して、 3人の子どもと2匹の猫との生活をぎりぎりでまわしている。

 大雪、ブルセラ病 (という家畜病)、冷夏が次々と襲う。 雌牛が生まれれば出荷する乳量が増えて暮らしも上向きになるのだけれど、 生まれてくるのは雄牛ばかり (あるいは流産)。 その雄牛を売って得た幾ばくかの金も、 もともとの種付け料で支払った分と変わらないため差し引きゼロのようなものだ。

 一家よりも多少裕福に暮らしていたはずのお隣さんは、 ブルセラ病で手持ちの牛をやられたのをきっかけに離農してしまった。

 クライマックスは出産シーンである。 作中では3度目の立会いとなり、今度こそは雌牛が生まれるにちがいない。 無感情な男声ナレーションが期待を煽る。 顔をほころばせるおっ母さん。 中学生の長男も手伝い、出産に備えて牛舎を仕切り藁を敷きつめていく。

 のたうつ牛、手を貸す人々の表情など、細かなモンタージュが劇性を高めていく。 そうやって散々観客をハッピーエンドへ向けて誘導しておいて、生まれたばかりの子牛の画にかぶさるのは 「また雄牛であった」 の無情な一言。

 被写体へのインタビューは一切なく、話し声もほとんど使わない。 その代わりにナレーションが被写体の内面を押しつけがましく規定していく。 音楽もまたうるさいくらいに物々しい。

 ラストカットは、重たい牛乳缶を背負い 膝まである雪原をのそのそと歩んでいく長男、その後ろ姿がどんどん小さくなっていく。 言うまでもなくあからさまに 「ヤラセ映像」 ではないか。

 万事がこの調子で、演出過多のドキュメンタリーのいかがわしさを たっぷり染み込ませた作品なのだけれど、厄介なことにこれが大層おもしろいのである。
粗っぽいモノクロ映像が濃密な映画臭さをただよわせて、抗えない魅力を放つ。

 博物館の学芸員氏によると、 本作で使われたキャメラは長時間の撮影ができないタイプだった。 ドキュメンタリーにしては長廻しと呼べるような箇所がないのはそのためだろうとのこと。 短めのカットばかりで構成されたことが余計に作り手の恣意性を強調している。

 それでもあえて言おう。 ここには確かに、半世紀前の酪農家の暮らしを強烈に誇張したあげくの、 煮しめたような 「真実」 が宿っている。
 3打数0安打。打率 3割3分6厘0毛。


2018年2月17日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


 おとなりの北8ライブビル3階で 「氷雪舞衣個展  白崎探訪 」 がはじまり (22日まで)、いそいそと白崎探訪してくる。 白崎の地は、 坂根成一 (さかね せいいち) くん が統べておった。

 個展と同時開催のはずが故あって中止になった演劇の方は、公演名を 「胎児の夢」 という。 ドグラ・マグラな内容だとしたら、激しくそそられる。
 0打数0安打。打率 3割4分4厘5毛。


2018年2月16日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


  1. 新潮日本古典集成 『枕草子 下巻』
  2. 柳田國男 『遠野物語』
  3. 楽譜
  4. はまなす国体の写真集
  5. マンガで 『中華一番!』?

 斜め向かいの釧路信用金庫前に電話ボックスが新設された。 新設といっても以前も同じ場所にあったのだがいつの間にか撤去されていた。 時間がめぐりまた必要になったものとみえる。

 そういえば先週見た 日本映画の新作 には、「ある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと、“願い” を叶えてくれる男」 が登場していましたっけ。

 2の岩波文庫版が売れる。
 5打数1安打。打率 3割4分4厘5毛。


2018年2月15日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


 企画展 「映像でよみがえる簡易軌道と道東開拓のあゆみ」 を開催中の 春湖台の方角 から、以下の矢文が届いたので紹介したい。

 マンガに簡易軌道 (簡易軌道雪裡線・幌呂線) が登場しました。 作者は釧路市内在住の漫画家、 諏訪緑 さんです。 ばあちゃんは諏訪さんのお母さん (鶴居村出身) がモデルだそうです。 季刊雑誌 「おいしいごはん なつかし亭」 (主婦の友社) 冬号 (1/30発売) に掲載されています。

 それはそうと、おとなりの北8ライブビルではクリオネを飼いはじめたそうだ。
 0打数0安打。打率 3割5分0厘8毛。


2018年2月14日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 明治時代の日本のキリスト教の状況がわかる本
  2. ホームページに載っていた 『雌阿寒岳とともに生きる』
  3. 他にこういう本
  4. 発達障がいとか

 スイーツ部長は、釧路のお菓子屋さん及びその取扱商品に関して無類の詳しさを誇る御仁だ。
 たとえば数十年前のこの辺のお菓子屋さんの広告をお見せすると、 経験に裏打ちされたうんちくが即座に返ってくる。 今すぐ FMくしろ でコーナーをもてそうなくらいのコール&レスポンスなのである。

 そのスイーツ部長が、かつて中心街のビルの地下にあった菓子店の名前が思い出せなくて歯噛みしておられる。 弘法にも筆の誤りというのか、河童の川流れというのか。 どんなお菓子も 「んま〜い」 の一語で片付けてしまう私は助け舟を出せない。 河童につられて下流へ押し流されていく。

 岩波文庫の山路愛山 『基督教評論・日本人民史』 が売れる。

 「ホームページに載っていた 『雌阿寒岳とともに生きる』」 は本店の在庫品だった。 後日向こうでお求めいただくことになり2安打目。
 4打数2安打。打率 3割5分0厘8毛。


2018年2月13日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 伊藤重行 『湿原の聖人・長谷川光二』
  2. 伊藤先生の他の本
  3. アルド・レオポルド 『野生のうたが聞こえる』 (講談社学術文庫)
  4. 『野生のうたが聞こえる』 の単行本
  5. 古い本で絵が入っているもの
  6. 古い浮世絵の本

 今週土曜日より、おとなりの北8ライブビル3階で 「氷雪舞衣個展 白崎探訪」 がはじまるのだけれど、 個展と同時開催をめざしていた演劇の方は、 複数のメンバーのインフルエンザ罹患により中止になってしまった。 何ヶ月も前から準備していたのにね。 またいつかやり直せるといい。

 エミリーさんと画伯の噂をしていたら、「頼もう」 と大きな声がして画伯本人がおみえになる。 あれだな、百物語のおしまいでほんまもんの怪異が起きちゃう感じだな。
 誰が呼んだか 「永遠の5歳児」 の陽性の暴風圏に巻きこまれて、途端に店ン中が賑やかになった。
 6打数0安打。打率 3割4分5厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 大澤 聡・編著 『1990年代論』 (河出書房新社) を読みふける。 あのころってこんなだったっけかと不思議な感覚に襲われる。 ほら、人は大切なことも忘れてしまうから。


2018年2月12日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


 19時前に店を閉めて、急いで 釧路市中央図書館 へ向かう。 19時半の閉館まで5階と6階をざっくりと覗かせてもらった。

 旧館時代は3階の郷土行政資料室に固められていた郷土資料が、 一般書や新聞閲覧コーナーと同じ階に置かれることで手にとりやすくなっていた。
 0打数0安打。40試合を終えて、104打数38安打。打率 3割6分5厘3毛。


2018年2月11日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. DVDで渥美清の
  2. 日本の美術の画集

 建国記念の日じゃった。
 2階の喫茶ラルゴはこの日も営業。 しばらくの間、日曜営業、月曜定休日をつづけることになりそう。

 新図書館を見学にきた道内の図書館関係者の方とお話しすることができた。
 2打数0安打。打率 3割6分5厘3毛。


2018年2月10日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. 他にCD

 2階の喫茶ラルゴで 「石原清雅 書道展」 がはじまる (2/24まで)。
 1打数0安打。打率 3割7分2厘5毛。

 北大通店の めくりめくられ: コバルト文庫は小学生のときに赤川次郎を1冊読んだきりの門外漢だが、 書店で手にとった烏兎沼佳代 『コバルト文庫40年カタログ コバルト文庫創刊40年公式記録』 (集英社) がカラー書影満載の上、全刊行リスト付き、その他のおまけも記念本にふさわしく 至れり尽くせりの編集だったため、たまらず購入してしまった。
 前身のコバルト・ブックスや小説ジュニアにも頁を割いている。

 創刊メンバーの佐藤愛子のインタビューにまこと痛快な箇所があったので次に引く。

 「悲しい不幸な物語を書けばどっさり売れるとわかっていたけれど、私は書けませんでした。 私は、自分がやりたくないことはやりたくない。 やろうとしてもできない人間なのです。 (中略)
 少女小説だから女の子向けにサービスしようなんてたいそうなことも考えず、 気の向くまま筆の向くまま書く。 そうすると自然とユーモア小説になってしまう。 とにかく、ものすごく過酷な時代だったから、悲しい小説なんか、 アホらしくてとても書いていられなかったのですね



2018年2月9日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. 『シェルブールの雨傘』 のDVD
  2. 東野圭吾
  3. ネットに載ってた 『北海道事始め』
  4. ネットに載ってた 『全線全駅 鉄道の旅 1 北海道 JR 私鉄 2800キロ』
  5. 日本放送出版協会の 『日本の条件 15 大学と大学生』

 北大通店の めくりめくられ劇団どくんご のメールマガジンで刊行を知り注文した 『劇団どくんごテントツアー30周年写真集』 が届く。

 旅するテント芝居で知られる劇団である。 巡業先での公演の最中に撮られたものだけでなく、 テント設営時や本拠地・鹿児島での稽古のときのスナップ写真も収めてある。
 日常と非日常の混ざり具合がとってもよい感じ。 切り取られた一瞬の向こう側に、旅の途上のたくさんの待機時間が折り畳まれている。

 3、4が売れる。
 5打数2安打。打率 3割7分6厘2毛。

 夜、2階の喫茶ラルゴで 今年はじめてのライブ が開かれる。 「「よしだ よしこ 『今日一人の友だちを見送って』 new アルバム 発売記念ツアー」 釧路公演。 ピピ&コット時代の盟友・佐藤公彦 (ケメ) のことをうたった曲など、 静かだけれど芯が通った熱い歌の数々を聴かせてもらった。
 物販用に用意された新作CDアルバムが足りなくなり、後で1枚送ってもらうことになる。


2018年2月8日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


 北大通店の めくりめくられ: 今年も 「映画秘宝」 と 「映画芸術」 と 「キネマ旬報」 のベストテン掲載号が出揃い、読み比べる。

 「映画芸術」 が ベストテンの選考基準を変えてアニメーションを除外 したことによりネットで叩かれているが、 四半世紀近く同誌を読みつづけている者としては、 似たようなベスト選びが乱立するくらいなら これくらい恣意的で物分りが悪い雑誌があってもよかろうくらいの感想である。

 荒井晴彦が長く編集長を務めるこの雑誌がアニメ映画にからきし理解がないことは、 今号に掲載された選考基準変更の説明に当たるまでもなく、 宮崎駿の 『風立ちぬ』 を大批判した2013年の特集が 結論ありきの読むに堪えないお粗末さだったことからすでに明らかである。 誰も同誌に真っ当なアニメ批評など期待していない。

 事情を知らないまま 「映画芸術」 という誌名のいかめしさに反発している人も多そうだ。 毎号多くの映画人が生々しい意見を寄せる泥臭い雑誌なのだけれど。

 それに引き換え、ベストテン選びをお祭り騒ぎと割り切って心から愉しんでいるのは 「映画秘宝」 だろう。 日本最大規模を謳う参加人数の多さを担保にしているからこそ可能なことだと思う。 ベストとトホホ (ワースト) が同じ作品だった今回の結果ににやりとする。

 「キネ旬」 の読者のベストテンは去年からインターネットの投票も受けつけていたのか。 道理で大野智が主演した 『忍びの国』 の得票が嘘みたいに多いわけだ。

 ついでに2017年の劇場鑑賞作品から選んだ私のベストテンをば。

 『沈黙 サイレンス』、『わたしは、ダニエル・ブレイク』、『散歩する侵略者』、 『夜明け告げるルーのうた』、『レゴバットマン ザ・ムービー』、『LOGAN/ローガン』、『ダンケルク』、 『ブレードランナー 2049』、『愚行録』、『サバイバルファミリー』。

 『ダニエル・ブレイク』 を除けば地元のイオンシネマで公開されたものばかりだが、 それにしても節操がない選び方である。
 トホホも挙げておくと、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』、『追憶』 (降旗康男)、『泥棒役者』、 『アサシン クリード』 の4本。
 0打数0安打。打率 3割7分5厘。


2018年2月7日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 古典落語の本
  2. 三国志のこと書いてある私にもわかるような入門書
  3. キルトの本

 「苫小牧市人口、釧路市上回る 道内4位に」

 出張買入あり。 午前11時に店を開ける。

 岩波新書の 『諸葛孔明』 が売れる。 キルト雑誌も売れる。
 3打数2安打。打率 3割7分5厘。


2018年2月6日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. さっぽろ文庫の87巻、すすきの

 札幌からご来釧中の模倣犯こと岩村誠二さん、昨日は市内各所の郵便局をまわっていたらしい。 局の窓口から当店めがけて送り出した風景印ハガキが3枚も届いた。

 投函したのは、フィッシャーマンズワーフ郵便局、釧路新富士郵便局、釧路愛国郵便局の3局。 風景印の魔術師ことズリ山裏道氏 (愉快犯) に学んだ神出鬼没のやり口を抜かりなく実践しておられる。
 ひっくり返すと、裏面は昨年写したご自身による 鶴居村営軌道の遺構写真 だった。

 夏場は わっとのレンタサイクル で市内観光をする岩村さんだが、冬場の旅先での移動はどのようにこなしたのだろうか。 今回の模倣犯の犯行には、運転手役として当店社長のT川氏の関与が噂されている。

 午後、岩村さん本人がおみえになり、 「忍者部隊 月光」 の帳面 なるものをいただく。
 1打数0安打。打率 3割6分5厘5毛。


2018年2月5日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


 午前中は雪かき。 案外大した量ではなかった。
 前日営業した代わりに2階のラルゴはお休み。
 0打数0安打。打率 3割6分9厘5毛。


2018年2月4日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. 川端康成 『古都』
  2. 工業関係
  3. 変な本 (Hな本)
  4. 澁澤龍彦

 今年になってはじめて本格的に雪が降る。 せっかく日曜定休日の2階の喫茶ラルゴが臨時に店を開けているというのに。

 オホーツク方面に旅立ったアランジさん (模倣犯2号) と入れ替わるように、 札幌の岩村誠二さん (模倣犯1号) が来釧する。

 外国の方に澁澤の 『少女コレクション序説』 (中公文庫) がもらわれていく。 カバー表紙の四谷シモンの人形がお気に召したようだった。
 4打数1安打。打率 3割6分9厘5毛。


2018年2月3日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 寄木細工の本
  2. 北方謙三 『岳飛伝』 の13巻
  3. このころの時代の生活がわかる雑誌

 北大通10丁目の新築ビルに移転した 釧路市中央図書館 が開館する。 釧路市出身の桜木紫乃さんの記念トークショーも開かれた。 混みそうなので初日に行くのは遠慮する。

 婦人画報社の雑誌 「modern living」 のバックナンバーが売れる。 お客さんがご所望の 「このころの時代」、昭和38年の刊行である。
 3打数1安打。打率 3割7分5厘。


2018年2月2日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. 英語の本
  2. CD
  3. 『木のいのち 木のこころ』 の文庫の合本
  4. 中野京子 『怖い絵 3』
  5. 『奥薗壽子の読むレシピ』 の文庫本
  6. 谷村志穂 『移植医たち』
  7. 光瀬 龍 『百億の昼と千億の夜』

 関東方面から、模倣犯2号ことアランジさんがこんにちは。 昨秋以来のご来釧となる。 新しい図書館の開館に加え、くしろ冬まつりの開催や博物館でのNHKの番組上映会など、 催し物が重なる2月第1週の釧路を満喫していかれるよう。
 7打数0安打。30試合を終えて、85打数32安打。打率 3割7分6厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: ゴメさんに 『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』 (講談社 ワイドKC) を貸してもらったおかげで、 伊藤潤二熱が再燃。 ここ10年ほどきちんと追いかけていなかったのを反省して、昨年12月刊行の Nemuki+編集部・編 『伊藤潤二研究 ホラーの深淵から』 (朝日新聞出版) に手を伸ばす。

 痒いところに手が届くすぐれた編集だけれど、 作品リストのほかに単行本リストも付けてほしかった、というのは贅沢な望みかな。


2018年2月1日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. 東中の校歌のCD
  2. 河出文庫の金井美恵子の 『道化師の恋』

 「外の茶碗蒸し、旨そうだから1個もらって食べちゃった」 と毎日みえる毎日さんが茶目っ気たっぷりにジョークを放つ。
 ごめんなさい、それプリンなんですよ (2階の喫茶ラルゴが出来たてのを表で冷やしていた)。

 ホームページに載せたばかりの1にご指名が入る。
 2打数1安打。打率 4割1分0厘2毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。

 鉄道弘済会による新聞・出版物の取次事業の終了近し、 地域開発出店や図書館事業をめぐるCCC=TSUTAYAと官僚の癒着、 スキージャーナルの破産、 変わっていく古書店のかたち、など。


2018年1月31日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. 天童荒太 『悼む人』
  2. 夢枕 獏 『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す』
  3. 西村京太郎
  4. Children's Book
  5. Architecture

 地元雑誌が北大通の特集をするそうで、うちの店も取材される。

 1、3、4、5が売れる。
 5打数4安打。打率 4割0分7厘8毛。


2018年1月30日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. SPレコード
  2. 前ここにあれなかったっけ、「ロードショー」

 「道の転出超過6569人 17年人口 全国3番目の多さ 札幌偏在続く」 の新聞記事を読む。
 「市町村間では、釧路市が1023人、旭川市が830人と大幅な転出超過となった」 とある。

 深津絵里を崇める会の会長がご来店、久方ぶりに謦咳に接する。

 雑誌 「ロードショー」 が3冊売れる。 ナスターシャ・キンスキー、ソフィー・マルソー、フィービー・ケイツが表紙の80年代前半の号。
 2打数1安打。打率 3割8分0厘2毛。


2018年1月29日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. 日本画の画集
  2. ダリの画集
  3. 内田康夫
  4. Japanese Dictionary

 <自主防火管理報告書> なる書類の提出期限がせまってきた。 設問がいくつもある。
 「消火、通報、避難訓練を消防計画にもとづき定期的に実施していますか」 に Yes と答えると、最終の実施年月日まで明らかにするよう畳み掛けてくる。 うへぇ、詳しい日付なんてわからないよ。
 ならば今すぐ実施してしまえばよい。

 夕方、各種訓練をまとめて片づける。 通報訓練では消防署に電話、火元はどこですかと訊かれて、咄嗟に 「2階の厨房から出火しましたァ!」

 内田康夫の文庫が売れる。
 4打数1安打。打率 3割7分6厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 先生、おもしろいこと考えついたなァと、 こうの史代の新著 『ギガタウン 漫符図譜』 (朝日新聞出版) を読みながら。 34頁の 「チュン」 のくだりは、 マンガ表現における叙述トリックの一例に分類っと。


2018年1月28日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. 浪川 攻 『前川春雄 「奴雁」 の哲学 世界危機に克った日銀総裁』
  2. 子ども向けの本
  3. かな字典

 愉快犯・ズリ山裏道来襲。 先々週、自身が北大通店宛てに郵便で送りつけた むきだしの吊り革 がきちんと飾られているかどうかを確認しにやってきたのだった。
 なんと大胆不敵なことか。 犯行現場に舞い戻った放火魔が燃え盛る火を見物しているさまにも比肩しよう。

 ズリ山さんによると、くだんの吊り革は 新京成電鉄 のものだということです。
 3打数0安打。打率 3割8分4厘6毛。


2018年1月27日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 野口嘉則 『鏡の法則』

 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を更新しました。

 2015年6月15日更新分からはじまったピンク・フロイドの集中連載が今回で完結します。 2年8ヶ月もの長い道のりとなりました。 読む側も感慨深いです。
 平位さんに倣って北大通店も唱えましょう。 ピンク・フロイドよ、永遠なれ。


  ピンク・フロイド 『Louder than Words/ラウダー・ザン・ワーズ〜終曲』 (You Tube より)

  ピンク・フロイド 『Atom Heart Mother/原子心母』 (You Tube より)

  ピンク・フロイド 『Astronomy Domine/天の支配』 (You Tube より)


 「レコードの溝」 はこれからもつづきます。 次回更新を楽しみにお待ちください。

 ちなみに、本の雑誌社から 齋藤圭吾 『針と溝』 という写真集が刊行されたばかり。 本物のレコードの溝を接写しているようです。

 SL 冬の湿原号 の運行がはじまる。
 1打数0安打。打率 4割0分3厘2毛。


2018年1月26日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. ピート・シーガーのCD
  2. インドの女性シンガーが歌っているようなCD

 フラカンさんからいただいた札幌みやげが レトロスペース坂会館 のボールペンだった。 2年半前に行ったときは目に入らなかったが、 もしかしてグッズが増えているのかな。

 山陰の映画魔人007さんは録画ディスクの詰め合わせセットを送ってくださった。 伊藤計劃原作のアニメ映画など。 小説の方は読み終えているので比べてみるのが愉しみだ。
 2打数0安打。打率 4割0分9厘8毛。


2018年1月25日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. 虹別のクレヨン
  2. 釧路の地名の由来がわかる本

 ボーダーレスアートアクション のスタンプラリーがはじまる。 作品を展示しているお店で食事や買い物をしてスタンプを集めると抽選で景品が当たるというもの。 詳しくは こちら をどうぞ。 北大通店と2階の喫茶ラルゴも参加しています。
 2打数0安打。打率 4割2分3厘7毛。


2018年1月24日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 吉野源三郎 『君たちはどう生きるか』
  2. 外にある 「日本文学全集」 の幸田露伴の巻

 模倣犯こと岩村誠二さんから封書が届く。 中身は、 二日市駅の合格祈願記念入場券や鳩サブレー など。 鳩さんは輸送中の不可避の衝撃により割れていました。 食べる分には問題ない。
 2打数0安打。打率 4割3分8厘5毛。


2018年1月23日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


 北大通店の めくりめくられ: 映画 『ブレードランナー』 の大ファンである大阪のガス人間さんに、 昨秋刊行された同作の解説書を買わないんですか買いましょうよとさんざんけしかけてきたのだが、 当の私が未入手であることがばれて詰られる。 や、本屋で手にとったんですがね、私のようなごく薄いファンには難しそうで腰が引けてしまったのですよ。

 そんなわけで遅ればせながら 『別冊映画秘宝 「ブレードランナー」 究極読本 & 近未来SF映画の世界』 (洋泉社MOOK) を地元書店で購入する。 これ読んで勉強します。

 ところで 「映画秘宝」 誌の2017年ベスト&トホホの集計結果は、 どちらも1位が 『ブレードランナー 2049』 であった。 店のお客さんで 『2049』 を見た人は6人ほどいるのだが、どなたにも好評、 といいますかほぼ絶賛に近かったので、この結果はおもしろい。

 ま、それらの支持者が皆40歳以上の野郎どもに偏っていたことは付け加えておきたい。
 0打数0安打。20試合を終えて、55打数25安打。打率 4割5分4厘5毛。


2018年1月22日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. NHKの 「きょうの料理」
  2. 木田 元 『反哲学入門』 (新潮文庫)
  3. 釧路新書の古いやつ

 釧路新書の絶版書目より、種市佐改の 『ざつ学・道東の旅と観光』 が売れる。
 3打数1安打。打率 4割5分4厘5毛。


2018年1月21日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. アルクの 『放送通訳の世界』
  2. 杉江松恋 『海外ミステリー マストリード 100』 で気になった本
  3. 湖陵高校のアルバム
  4. 正月に 『海霧』 ってのを読んだんだけどそれ書いた人の本

 地区図書館をはしごして本店に届け物をしてから店を開ける。

 クリスチャン・スレーターって人気があったんだなァ。 この日も彼のファンだったという女性が現わる。 そういうお客さんが他に何人もおられる。 どなたも70年代後半以降のお生まれになるかしら。 『トゥルー・ロマンス』 直撃世代といってもいい。
 同作が流行ったころ、 私はウィノナ・ライダーとかジュリエット・ルイスとかロマーヌ・ボーランジェにご執心だった。

 常連さんが杉江松恋のガイド本 『海外ミステリー マストリード 100』 から、 これが気になるという探書リストを作ってきた。 10冊ほど記してあり、在庫があるのは 『暗い鏡の中に』 と 『死の接吻』。 両方おとりおきになる。

 原田康子の 『海霧』 に感銘を受けた方からリクエストをもらい、 『望郷』 と 『鳥のくる庭』 の文庫本がもらわれていく。
 4打数2安打。打率 4割6分1厘5毛。


2018年1月20日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. 「書道技法講座」
  2. 歌の本
  3. 財布

 大寒の日。 ネックウォーマーと指なし手袋が導入される。 これで長時間店内にいても凍死することはあるまい。
 「啄木・雪あかりの町・くしろ」 の催しには今年も行けなかった。

 二玄社 「書道技法講座」 の木簡の巻が売れる。
 3打数1安打。打率 4割5分8厘3毛。


2018年1月19日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. こういうの (文庫の官能小説)
  2. 星 新一
  3. 釧路に関する本 (釧路叢書の 『釧路漁業発達史』)

 今年も、常連さんに 釧路市動物園 のカレンダーをいただいた。 2018年版は昨夏生まれたレッサーパンダのお子さまの図案である。 名前はまだないみたい。
 カレンダーを店の奥の定位置に貼りつける。 視線を感じる

 午後2時すぎ、本店の社長から電話がくる。 店前で道路工事をやっているところにくしろバスの車両が故障で立ち往生、 一帯がとんでもなく混雑しているとのこと。 開業以来はじめて目にする光景だとも。 そんな電話をかけてくるということは、たぶん店内は思いっきり空いているのだろう。

 1、2が売れる。
 3打数2安打。打率 4割6分6厘6毛。


2018年1月18日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


 値札の印刷にかかりきり。 プリンターが調子悪くて騙しだまし使っている。
 0打数0安打。打率 4割5分2厘3毛。


2018年1月17日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. クラシックCDの名盤ガイドのような本

 北大通店の めくりめくられ: 高山 宏 『超人 高山宏のつくりかた』 (NTT出版) を読みはじめる。 一種の自伝だが、すばらしい節回しの語り口だ。
 1打数0安打。打率 4割5分2厘3毛。


2018年1月16日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. ジャズのCD
  2. ホームページに載っている S1183『國文學 解釈と教材の研究 第44巻第2号 通巻637号』
  3. 長倉洋海

 会計時に年配のお客さんが 「あなたは本店の社長の息子さんですか」
 私 「いいえ、違いますよ」
 お客さん 「この間みた小冊子にここの写真が出ていて、あなたが息子さんのように書かれていましたけど」
 ふふふ、某フリーペーパーの誤植の影響がでてきたわい。

 ボーダーレスアートアクション の作品掲示がはじまる。 たまたま選ばれたのだろうが、 列車の絵 なのがうちの店らしい。 佐伯 功さんという方の作品。 気に入りました。
 スタンプラリーの開催は1月25日 (木) から。 2階の喫茶ラルゴでも別の作品を展示しています。

 1、2、3と珍しく連打して打線がつながる。
 2はホームページの掲載品をご覧になった方から電話でのお問い合わせ。 本店の在庫であることを知らせる。 後で向こうでお求めいただく。
 3打数3安打。打率 4割6分3厘4毛。

    < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 以前当店でポケミスの 「特捜部Q」 シリーズをごっそり買っていかれたシェフさんが、 出たばかりのシリーズ最新作を新刊で入手された。

 前作は読んでいますかと尋ねたら、読んだかなァ、一寸わかんねェなァ、なんて題名だったっけとシェフさん。 邦訳が7作に及びごっちゃになりかけているらしい。 ではインターネットで検索してみましょうと話しているところへ 「郵便で〜す」 と配達員さんが むきだしの吊り革 を届けに入ってきた。 なにこの偶然、こわい!
 というのも 「特捜部Q」 の前作は、その副題を 「吊るされた少女」 と付けられていたから。

 なんと大胆きわまりない犯行だろうか。 まごうことなき愉快犯ズリ山裏道氏の仕業である。 気のせいか配達員さんが手渡すときに怯えているように見えたが、 こっちだってぎょっとしたぞな、もし。

 吊り革には綴り紐でハガキが結わえてあり、前日よりはじまった 雄別炭砿鉄道の風景印 が鮮やかに押されていた。 風景印は2種類あって、こちらは釧路愛国郵便局の方。
 もうひとつの布伏内郵便局の風景印はというと、同時に送られてきたもう1通の封書の方がそれだった。

 どちらの押印もおろそかにしない 完璧な仕事ぶり である。 「風景印の魔術師」 の異名は伊達ではなかった (や、そう呼んでいるのは儂だけですが)。

 ただいま北大通店では、愉快犯の手口を周知させる啓蒙活動の一環として、 吊り革の現物を店内に飾っております。 ご来店の際はお手にとってどうぞ気がすむまで吊るしたり吊るされたりしてみてください。 中古品のため若干使用感がございます。


2018年1月15日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. こないだ民謡の歌詞の本あるって言ってませんでしたっけ
  2. リキュールとかお酒の本
  3. 蘇東坡の詩集

 前日は臨時休業。 十勝方面に遠出をしていた。

 雄別炭砿鉄道の機関車をデザインした風景印の押印開始

 土日の大学入試センター試験を受けた帰りのような若者の姿がちらほらと。 合格して釧路の住民になりぜひ豊文堂の常連さんになってください!

 2が売れる。
 3打数1安打。打率 4割2分1厘0毛。


2018年1月13日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. 額縁
  2. 石田五郎 『天文台日記』
  3. 俳句の本
  4. ソロー 『市民としての反抗』
  5. 演劇論

 2、4、5が売れる。
 4は岩波文庫の新訳版 『市民の反抗』の方 。 5は 『井上ひさし全芝居 その二』。 演劇論ではなく戯曲集だけれど、安打にしたっていいじゃないか。
 5打数3安打。打率 4割2分8厘5毛。


2018年1月12日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


  1. 書道の本 (「高野切」)
  2. 船山 馨

 2階の喫茶ラルゴが 開店12周年 を迎える。

 札幌から出張のたびに寄ってくれる営業マン氏、釧路の営業所が廃止されるかも、 これが道東にくる最後になるかもだって。 お別れは突然に。

 「書道技法講座」 と 「原色かな手本」 (ともに二玄社) の高野切の巻が売れる。
 由井りょう子による船山馨の評伝 『黄色い虫 船山馨と妻・春子の生涯』 も売れる
 2打数2安打。10試合を終えて、30打数12安打。打率 4割。


2018年1月11日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


  1. 工学関係の辞書?
  2. 絵本
  3. 遠藤周作 『おバカさん』
  4. 丸谷才一 『女ざかり』
  5. 藤田省三 『天皇制国家の支配原理』

 札幌の岩村誠二さんから紙物詰め合わせセットをいただく。 レトロスペース坂会館 でおなじみの 坂ビスケットの新聞広告 など。

 釧路市立博物館「あの頃、道東は。 NHK番組上映会」 のスケジュールが決まる。 この日程ならば、うまくすると6作品すべて見ることができるかも。

 「工学関係の辞書」 はないよなァと思いながら念のために科学書の棚を見にいくと、 「あっ、こっちにありました」 と別の棚からお客さん。 「語学関係の辞書」 の聞き間違いだった。 ドイツ語の辞書が3冊売れる。

 他に2、4が売れる。
 5打数3安打。打率 3割5分7厘1毛。


2018年1月10日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


  1. カセットでもいいけど民謡の入ったの(九州)
  2. 『鶴居村史』
  3. プーチンに関する本
  4. 犬の栞
  5. おすすめの本

 北大通4丁目に建設中の再開発ビルへのテナント募集案内が届く。
 午後、ご近所さんにダンボール2箱分を納品する。

 2階の喫茶ラルゴの常連のお姉さまが私の頭をまじまじと見つめて 「あらま、しばらく見ないうちに、おたくの頭また一段と……雪が降ったね」

 電話で訊かれた 『鶴居村史』、本店に昭和62年版の在庫あり。 おとりおきになる。
 犬の栞は常連さんから。店頭で無料の栞を配っているのだが、 探るとご所望の図案のものがあった。 2安打目。

 「おすすめの本」 を尋ねてきたのは、はじめてのお客さん。 もちろんお好みの傾向はいっさいわからないので探りを入れる。

 1)角田光代と横山秀夫が好き、 2)ファンタジックではない小説が読みたい、 3)日本のものがよい、 4)文章は読みやすい方がよい、 5)あんまり昔のものは読みたくない、などなど。

 店の在庫と相談しつつ、 最後はええいままよとばかりに儂の好みに思いきり引きつけて堀江敏幸の短編集をお渡しする。
 5打数3安打。打率 3割0分4厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 文庫化された町山智浩 『ブレードランナーの未来世紀 <映画の見方> がわかる本』 (新潮文庫) に手をつける。
 『ヴィデオドローム』、『グレムリン』、『ターミネーター』、『プラトーン』、エトセトラ。 80年代のハリウッドを席捲したこれら作品群が、 映画づくりの魔に魅入られた新鋭たちの強迫観念を母体としていたことを 当時のアメリカの世相と重ねながら探った好著。


2018年1月9日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


  1. 占いの本 (高島暦)

 北大通店の めくりめくられ: 金子 遊 『ドキュメンタリー映画術』 (論創社) を読みはじめる。
 10人のドキュメンタリー映画の作り手へのインタビューとドキュメンタリー論の2部構成。 著者は、昨年手にとり蒙を啓かれた 『国境を超える現代ヨーロッパ映画250 移民・辺境・マイノリティ』 (河出書房新社) の編者のひとりである。

 のっけから岩波映画時代を振り返る羽仁進へのインタビューに引きこまれる。
 『教室の子供たち 学習指導への道』 をつくったときは、 子どもたちの自然な振る舞いを収めるため東京の下町の小学校へひと月くらい通いたいと主張し、 前例がないと突っぱねる文部省の担当者と大いに揉めた。

 理解者が現れて撮影できるようになってからも節を曲げない。 大人のいうことをよく聞く子役の起用、覗き穴を使った隠し撮りの提案、そのどちらも断り、 目論見どおり堂々と教室の中にアリフレックスのカメラを据えつけてみせた。 というのも彼には勝算があったからだ。

 「下町の子どもたちにとって、映画といえばチャンバラ劇や、歌手が出てきて歌う歌謡ものの イメージだったんでしょうが、僕の現場ではまったくそんなことは起きない (笑)。 子どもたちは三〇分くらいで撮影隊への興味を失」 い、 おかげで自然体の子どもたちを撮影できるようになったという。

 これが1954年の話。 ケン・ローチの 『ケス』 やキアロスタミの諸作などのはるかな先達のような演出法である。
 後につづく挿話もにんまりとさせられる。

 「小学校二年生の教室に、撮影のため通っているうちに、 僕のまわりに子どもたちが集まって、こういうようになりました。 「おじさんたちは映画を撮っているというけど、そんなことないじゃない。 おじさんたちはバカな人たちなんだ」 と。
 どういうことかというと、普通の大人は毎日働いているのに、 おじさんたちはバカだから働ける場所がない。 それで、もう一度小学校から勉強しなおそうとしているが、いくら何でもそれは恥ずかしい。 そこで撮影するふりをして、小学校に通っているのではないかというんですね (笑)


 「撮影するふりをして」 だって! 子どもの発想はおもしろいなァ。 そういえば、今期の 「冬休み 子ども科学電話相談」 も愉しませてもらいました。

 本書の序文には、デジタルビデオカメラの高性能化とパソコンによる簡便な編集実現のおかげで 低予算ドキュメンタリー製作に道がひらかれた一例として、 平取アイヌ文化保存会の活動が紹介されている。

 「これまでの民俗映像と変わらないようだが、 重要なのはその多くをアイヌの人たちが自らの手で記録したことだ。 撮影と編集に映像の専門家が関わっているが、 ネイティブの人たちが民族誌映像の被写体の地位から抜け出して、 コミュニティ再生の方途として映像制作を使うようになったことの意義は大きい

 1打数0安打。打率 2割2分2厘2毛。


2018年1月8日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 野鳥図鑑
  2. 鈴村和成 『微分せよ、秒速で』
  3. 釧路の地図 (林道マップ)

 前の晩に作った書類が不出来でやり直し。
 3打数0安打。打率 2割3分5厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 近藤聡乃の 『A子さんの恋人』 (ビームコミックス) がいかに素晴らしいか、 帰省中の生徒会長氏と意気投合す。 同志よ!
 とりわけ2巻巻末におかれた女子会もどきの抱腹絶倒なことといったら (悶絶)。


2018年1月7日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. 日めくり

 市内の地区図書館をはしごしてから店を開ける。

 札幌に進学した音楽少年が久々に顔を出してくれる。 この日行われた成人式に出席するため帰省したという。
 音楽家の大友 (良英) さんがディレクターの 札幌国際芸術祭 には行ったのかいと尋ねたら、「僕、イベントのひとつに自分の曲を提供したんですよ」 と返ってきた。

 高校時代よく通ってくれた気安さから仮に音楽少年と記してみたが、 これからはひとりの音楽家として扱わなきゃ失礼だな。
 1打数0安打。打率 2割8分5厘7毛。

2018年1月6日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. Chinese Book
  2. ボールペン
  3. 『自然の終焉』
  4. リンドバーグ夫人 『海からの贈り物』
  5. 『野生のうたが聞こえる』
  6. 高橋和巳 『邪宗門』

 寒いときは窓拭きで身体を動かすに限るな。

 3、5が売れる。
 閉店後、そこここに溢れていたポケミスを1ヶ所にまとめる。
 6打数2安打。打率 3割0分7厘6毛。


2018年1月5日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 合気道の本
  2. 『レ・ミゼラブル』

 午後、短時間店を閉めて某所に書類を受け取りに行く。

 2階の喫茶ラルゴの営業がはじまる。 まずはドリンクのみ。 次週火曜日から通常営業にもどる。
 2打数0安打。打率 2割8分5厘7毛。


2018年1月4日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 講談社の 『続日本後紀』 の全現代語訳
  2. 井上さん、関さん、土田さん、青木さんが編集した 『日本思想大系 律令』

 泥縄式に年賀状書き。
 2打数0安打。打率 4割。

 北大通店の めくりめくられ: 年始の休みに読んだ本では、津原泰水の 『エスカルゴ兄弟』 (KADOKAWA) にもっとも心を奪われた。

 作家が持てる技量のすべてを注ぎこんだかのような贅を凝らした老練な読み物。 料理が主題の小説だからいうけれど、どの具材にも旨みがたっぷりと染みこんでいる (たとえばタクシーの運転手が再登場するくだりにはビリー・ワイルダー成分)。 なのに書きぶりは若々しくどこまでも軽みを保つ。
 文庫化で 『歌うエスカルゴ』 と改題されたが、 読み終えるとやはり 『エスカルゴ兄弟』 の方が看板にふさわしい。 とまれ、1年のはじまりに本書に出会えた幸せを噛みしめる。

 他には旧年中に読みきれなかった本をいくつか片付けた。


2018年1月3日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


  1. 森巣 博 『無境界家族』
  2. 日めくり
  3. マンガ

 あけましておめでとうございます。 本年も豊文堂書店のサイトをどうぞよろしくお願いいたします。

 2018年最初のお仕事は、本店と北大通店の店まわりの軽い雪かき。

 1のリクエストにピンときてお客さんに尋ねてみたら、案の定NHKラジオ第一の 『すっぴん!』 年末の放送を聴いていらした。 高橋源一郎の 「源ちゃんのゲンダイ国語」 のコーナーで同書が取り上げられていたのだ。 それ、儂も聴いていたんですよ。

 東南アジアからの旅行者にジャンプ・コミックス版の 『シティーハンター』 が売れる。 ジャッキー・チェンが冴羽リョウに扮した実写映画を見たのは、もう25年も昔のことか……。 札幌日劇の2本立てで 『ラスト・オブ・モヒカン』 の添え物だった。
 3打数2安打。打率 6割6分6厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。
 「雑誌をベースとして構築された再販委託制による出版流通システムは、 崩壊どころか、解体の渦中へと向かっていきつつある」


2017年の夜に口笛を吹けば

2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る