ホームへ戻る


2017年の夜に口笛を吹けば


2017年3月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第69試合


  1. ウィルソン・ピケットのLPレコード
  2. 『火花』
  3. 雑誌 「an・an」
  4. 文春文庫の吉村 昭

 フランスの書店員 さんってば、素敵なことを思いつきましたのね。 儂もいっちょかみしようと、喫茶部長とフラカンさんの助けで 真似してみた けれど、いまひとつセンスが垢抜けない。 そもそも似せるつもりがまったくない。
 4打数0安打。打率 2割4分6厘1毛。


2017年3月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第68試合


 棚から本を抜き出してはスマホで検索している人にほとほと困る。
 0打数0安打。打率 2割5分1厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 宮崎夏次系の 『変身のニュース』 が大当たりだったので、他の著作に手を伸ばす。


2017年3月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第67試合


  1. シミズタツヤの本
  2. ムッシュかまやつに関した本
  3. PHP新書の 『エピソードで読む松下幸之助』

 お客さんが探していた松下幸之助本はないけれど、 同じPHP新書の松下幸之助本人の著作が2冊あってもらわれていく。
 ファールかフェアか見極めが難しいところだが、審判団協議の結果、安打ということになった。 や、審判団全員、俺だけど。 俺が法律だ!
 3打数1安打。打率 2割5分1厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 河鍋暁斎の幽霊画をモチーフにした北森 鴻 『狂乱廿四孝』 (創元推理文庫) を読み進める。 野口達二 『歌舞伎』 (文藝春秋新社)、河竹登志夫 『歌舞伎のいのち』 (淡交社) が参考書。 暁斎展 開催中とは知らなかった。


2017年3月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第66試合


  1. 三島由紀夫 「葵上」 「卒塔婆小町」
  2. 星澤幸子
  3. 朝井リョウ 『何者』 『何様』

 当欄でもたびたび取り上げてきた鹿の角カー。 にわかに信じがたいが、電飾で光る鹿の角を側面に植えつけた軽自動車のことである。 市内各所で目撃情報があり、最近は複数台出現しているとも伝え聞く。

 昼、スティングさんからメールがくる。 千代の浦方面を鹿の角カーが走っていました。
 夜、同じくスティングさんからメール。 鹿の角カーまた見ました、角がピンク色に光っていました。

 なんだなんだなんだ。 1日に2回も見かけるなんて、うらやましすぎる。 今年の運全部使い果たしてるレベルだろ。 儂、未だに目撃してないんだぞ。

 「志村、うしろ!うしろ!」 と囃し立てられ振り向いても誰もいない。 そんな茶番を繰り返している気分だ。 みんなでよってたかって実在しない車で騙そうとしているんじゃないのか。

 星澤先生の料理本が売れる。
 3打数1安打。打率 2割5分。


2017年3月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第65試合


  1. 手品の本

 朝早くから社長と遠方出張で出かけていた。 午後4時半より店を開ける。

 留守中の様子はどうだったのかしら。 せっかく来たのに店が閉まっていてがっかりした人がいるかもしれない。
 2階ラルゴの喫茶部長に尋ねると、 ランチを食べに来たお客さんで 「下の古本屋、つぶれたんですか」 と訊いてきたのがいたそうな、真顔で……。

 手品の本が1冊もない。 本店にもない。 おもしろ科学実験の類いならあるが、手品の本ではないだろう。 お客さんが探していたのは 小学館の入門百科シリーズ の線。
 1打数0安打。打率 2割4分8厘6毛。


2017年3月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第64試合


  1. サローヤン

 自転車乗りのお客さんたちがペダル踏み踏み来店するようになった。 春はもうすぐそこに (とか言って余裕こいてると、例年4月頭ごろ大雪に見舞われる)。
 1打数0安打。打率 2割5分。


2017年3月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第63試合


  1. 宮澤賢治
  2. 宮澤賢治に関する本

 夜、2階の喫茶ラルゴが喫茶部長の乗馬仲間の集まりで貸切に。 わいも馬の前足で参加したかった。

 ちくま文庫版賢治全集の端本と原子 修 『宮澤賢治論』 が売れる。
 2打数2安打。打率 2割5分1厘3毛。


2017年3月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第62試合


 画伯が繰り出す動物なぞなぞに答えられない。
 0打数0安打。打率 2割4分3厘0毛。


2017年3月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第61試合


  1. 樺太の写真集
  2. カレンダーというか日めくり暦
  3. 藤田宜永

 午前、大学に納品。 10時45分より店を開ける。

 先月訊かれて適当な本がなかった漱石。 同じお客さんに本店でみつけた 『吾輩は猫である』 の文庫本をおそるおそる差し出す。 無事にお求めいただける。

 6月の イッセー尾形 釧路公演が 「妄ソーセキ劇場」 と題する漱石ものの一人芝居なのだとか。 『猫』 は取り上げられるかな。
 3打数1安打 (内1安打 2/21分)。打率 2割4分3厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ『SFが読みたい!2017年版』 の表紙画が額に入れて飾りたいくらいだったので、 それを手がけた宮崎夏次系のデビュー単行本を買う。 『変身のニュース』 (講談社)。


2017年3月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第60試合


  1. 赤ちゃん向けの編み物の本
  2. 開高 健 『輝ける闇』
  3. 三浦綾子の題名に 「晴れ」 がつく本

 T先生の店頭文学講義。 本日は、村上春樹 『騎士団長殺し』、トーマス・マン 『ヨセフとその兄弟』 の話を聞かせてもらった。 春樹の新作は圧倒的に分が悪い。

 『雨はあした晴れるだろう』 が3の正式な題名のよう。 せっかくわかっても在庫はない。
 3打数0安打。60試合を終えて、178打数43安打。打率 2割4分1厘5毛。


2017年3月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第59試合


  1. 北方領土関係
  2. 谷川俊太郎の詩集
  3. グレアム・グリーン
  4. 北方領土の大きい地図
  5. シャープの芯

 病院で特定健康診査を受ける。 正午から店を開ける。

 谷川俊太郎の詩集 『メランコリーの川下り』 が売れる。 早川書房の 「グレアム・グリーン選集」 が2冊売れる。
 5打数2安打。打率 2割4分5厘7毛。


2017年3月6日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第58試合


  1. 司馬遼太郎 『街道をゆく』
  2. 後家さん

 2階の喫茶ラルゴの新着情報が 今年はじめての更新 とな。 こらッ、サボりすぎだぞ!!

 というわけで、4/15 (土)「 ハシケンベチコ のた・た・たび 3」 を 開催いたします。 今年最初のラルゴ・ライブです。
 ふたりの演者の相性のよさは昨年のライブで実証済み。 愉しい音楽の夜になること請合いです。
 2打数0安打。打率 2割4分1厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 「映画芸術 2017年冬号 第458号」 の 「追悼 荒戸源次郎」 を読む。 稀代の 「人たらし」 だった荒戸の人となりを語る言葉はいずれも深い愛着を伝えるが、 とりわけ松枝佳紀の一文に目頭が熱くなる。 次の箇所に中井英夫の晩年を重ねてしまった。

 「四面道館を立ち上げる時、誰と住むか、その人選に悩んだ。 僕は石原、内田、塩を選んだ。 熊谷は内田が選んだ。 最後に荒戸さんが言った。 「岡本も入れよう」。 荒戸さんが選んだのは岡本だった。 見抜いていたのだろうか。 この青年が自分の最後の面倒を見るということを。 この青年がいなければ自分の最後は困難なものとなることを。 もし、あなたがそれを見抜いていたとしたら、やっぱりあなたはすごい。 いや、見抜いていなかったとしても、やはりすごい。 あんな遠く、死から遠い時間で、あなたは自分の最後に必要となる青年を見つけていた。」 (松枝佳紀 「ドン・キホーテの日記」 より)


2017年3月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第57試合


  1. 図書カード
  2. 石川啄木
  3. 中村とうよう 『大衆音楽の真実』
  4. アース・ウィンド・アンド・ファイアー 『宇宙のファンタジー』 のレコード

 啄木に関する本は本店の方がずっと多い。 お客さんには向こうで啄木の文庫本を1冊お求めいただく。
 4打数1安打。打率 2割4分4厘0毛。


2017年3月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第56試合


  1. 旺文社文庫の 『半七捕物帳』

 平位公三郎さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 を、予定より少し遅れてお届けします。

 ピンク・フロイドの全アルバム・レヴューもいよいよ後半戦へ。  ロジャー・ウォ―ターズが抜けてデヴィッド・ギルモアへリーダーが交代してからの軌跡を追います。

 ちなみに、先日見た映画 『ドクター・ストレンジ』 には、ピンク・フロイドの 「星空のドライヴ」 が使われていましたっけ。

 ピンク・フロイド 『Signs Of Life/サインズ・オブ・ライフ』 (You Tube より)

 今まで月刊ペースでお送りしてきた 「レコードの溝」 ですが、今後は不定期掲載に変わる予定です。 平位さん曰く、「月一更新のプレッシャ―というか、縛りをかけすぎたと思いますので、 これからは気楽に行きますよ」 とのこと。 読者の皆さんも引きつづき楽しみにお待ちください。

 旺文社文庫の半七が1冊売れる。
 1打数1安打。打率 2割4分3厘9毛。


2017年3月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第55試合


  1. テレビドラマ 「ビター・ブラッド」 主題歌のレコード
  2. 渥美清の句集
  3. 後家さんの裸体写真集
  4. 釧路新書 『釧路港 味覚の散歩道』
  5. クリスピン
  6. ニコラス・ブレイク 『野獣死すべし』

 雛祭りの日。
 ANAホテルのディナーショー出演のため来釧された 鈴木亜紀 さんと 鈴木 裕 さんの 「スズキ×スズキ」 コンビがご来店に。

 たまたまテレビで再放送をやっていたドラマ主題歌を気に入ったという1のお客さん。 ネットで検索すると、台湾のロックバンド Mayday の曲だった。 普段は演歌しか聴かないんだけどねェと言う年配のご婦人を虜にするなんて。
 レコードというかCDの在庫はないので、曲名などをメモして差し上げる。

 イギリス新本格派のクリスピン、ブレイクの代表作が売れる。
 6打数2安打。打率 2割3分9厘2毛。

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 根室管内 別海町にある中西別郵便局の風景印が押された 郵便書簡 が到着。 道の駅・スタープラザ芦別の記念スタンプ付きである。
 封を切ると、北部納豆の包装紙がこんにちは。


2017年3月2日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第54試合


 山陰の映画魔人007さんからCDをいただいた。 「ゼロ年代ミュージカル映画 オリジナル・サウンドトラック集」 と題したアンソロジーもので、 公開中の 『ラ・ラ・ランド』 の曲も入っている。 早速店でかけて歌って踊る。
 0打数0安打。打率 2割3分5厘6毛。


2017年3月1日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第53試合


  1. 医学の本でビタミンの本
  2. 昔の車のカタログ
  3. Photoshop の本

 北欧の某国より注文メールが届く。 この日から数日間、慣れない海外向けの返事書きと発送で大いに手間どることに。
 3打数0安打。打率 2割3分5厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。 嵯峨景子 『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』 を手に入れたい。


2017年2月28日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第52試合


  1. 田辺むつみ 『まつり囃子』

 釧路の米町遊郭を描いた小説 『まつり囃子』 が売れる。 お客さん、人に貸しては返ってこない同書をもう7、8冊買い直しているとか。
 1打数1安打。打率 2割4分0厘2毛。


2017年2月27日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第51試合


 フレッツ光加入者に Wi-Fiの機器を無料でお送りしていますという内容のセールス電話あり。 5年間の契約期間中に解約すると違約金が発生しますなど、話が進むに従いだんだん雲行きが怪しくなる。

 NTTの代理店を名乗る会社 だったが、「消防署の方から来ました」 のパターンだな。 危うく必要ないものを押しつけられるところだった。 剣呑剣呑。 皆さんもお気をつけあれ。
 0打数0安打。打率 2割3分5厘2毛。


2017年2月26日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第50試合


  1. 『コーヒーが冷めないうちに』
  2. 石川啄木
  3. 奥田正造 『茶味』
  4. 小学校低学年が読むやつで 『ヒーローなんてぶっとばせ』 という題名の本か、それに似た本

 本日の 「山下達郎 サンデー・ソングブック」 は 「昼間の珍盤奇盤」 特集。
 初めて聴いたザ・レンジャーズの 「赤く赤くハートが」 という曲が、途方もなく気色悪い歌い方で突き抜けていた。 ここまでくるとお見事である。 本当に気色悪い。 そしておもしろい。

 『ヒーローなんてぶっとばせ』 という題名の本はなくて、それに似た題名の本もなかったけれど、 児童書が1冊売れたので安打ということにしたい。

 他に啄木が売れる。
 4打数2安打。50試合を終えて、153打数36安打。打率 2割3分5厘2毛。


2017年2月25日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第49試合


  1. 野坂昭如 『女の詫び状』
  2. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』
  3. 雑誌 「現代思想」 の 「感情労働」
  4. 映画の本で昭和30年代くらいの日本映画について詳しい本
  5. 心理学の本

 ご近所の佐藤紙店店頭に、村上春樹の新刊 『騎士団長殺し』 全2巻が並ぶ。

 祝 フラワーカンパニーズ釧路ワンマンライブ
 フラカン初心者の私、ただいまライブ本番へ向けて、 同バンドをこよなく愛する2階喫茶ラルゴの美術大臣フラカンさんよりレクチャーを受けているところ。

 こちら は、一昨年のフラカン武道館ライブ宣伝隊員にラルゴが立候補したときの記事であります。

 『ああ銀幕の美女 グラフ日本映画史 戦後篇』 など、日本映画関連書が3冊売れる。
 5打数1安打。打率 2割2分8厘1毛。


2017年2月24日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第48試合


  1. 模型雑誌

 プレミアム・フライデー。 洒落た名前ですね。 施行日にはじめてその存在を知りました。
 1打数0安打。打率 2割2分9厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 北海道新聞夕刊に 「私のなかの歴史」 というコーナーが長年連載されている。 毎回、本道ゆかりの人物をひとり取り上げ、数週間かけてその半生をたどる聞書きである。
 総じて自然科学を修めた人の話がおもしろい。 特に野外でのフィールドワークの話にわくわくする。

 この日は、雲物理学者・北大名誉教授の菊地勝弘さんの 「雨冠の気象学」 の第12回。 広大な石狩平野の積雪調査で100ヶ所もの観測点が必要になり、 困り果てた末、雪尺代わりに電柱の活用を思いつくくだりに膝を打つ。


2017年2月23日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第47試合


  1. 岩波文庫の新渡戸稲造 『武士道』

 朝、社長と出張買入。 ガレージ内で紐にくくられ今しも古紙回収に出されようとしていた中に光るものあり。
 午前11時すぎより店を開ける。
 1打数0安打。打率 2割3分0厘7毛。

 北大通店の めくりめくられ: テッド・チャンの短編集 『あなたの人生の物語』 (ハヤカワ文庫SF) を表題作から読みはじめる。


2017年2月22日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第46試合


  1. 『近世地方文書字鑑』
  2. ネットに載ってた古文書の本
  3. 医学書 (東洋医学)
  4. 文庫本 (西村京太郎)
  5. 「暮しの手帖」 の第4世紀

 毎日みえる毎日さんに 鷹山たか子という小説家 を教えてもらう。 『北海道文学大事典』 に名前は見当たらないが、北海道出身だそう。

 『図録 古文書の基礎知識』 と西村京太郎で2安打。

 3のお客さん、探求書が豊文堂書店のサイトに載っていたとスマホの該当ページを見せてもらうが、 本店の商品だった。 あちらの店を紹介し無事に入手してもらえた。 1安打追加。
 5打数3安打。打率 2割3分2厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 猫の日。 倉阪鬼一郎の 『猫俳句パラダイス』 (幻冬舎新書) を読むとしよう。


2017年2月21日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第45試合


  1. 俳句の入門書
  2. 日本地図
  3. 東洋文庫のガンジーの自伝
  4. 夏目漱石

 「出張のたびここに寄るんですけど、最近は後輩が釧路に行くことが多くて。 今日は久々に来ることができました」 とサラリーマン氏。

 1が売れる。
 4打数1安打。打率 2割1分8厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: オープン戦の開幕も間近。 ベースボール・マガジン社の 『2017 プロ野球全選手カラー写真名鑑 & パーフェクト DATA BOOK』 を手に入れる。 類書の中ではやはりここの出版社のものが一頭地を抜く。


2017年2月20日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第44試合


  1. 『相棒』 の本
  2. 赤川次郎
  3. 森 誠 『なぜニワトリは毎日卵を産むのか』

 北大通店の めくりめくられ: 石黒正数の 『それでも町は廻っている』 (少年画報社) が完結しちゃった。 最終巻をいそいそと買ってくる。 ガイドブックも後日入手。
 3打数0安打。打率 2割1分8厘0毛。


2017年2月19日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第43試合


  1. 山本七平

 本店に各種荷物をおろして、午前10時半より開ける。

 「昔この辺りに映画館がいくつもあったって聞いたんですけど」 と20歳ぐらいの若者2人組に訊かれる。
 釧路市内から映画館が消えて久しい (イオンシネマ釧路があるのは隣りの釧路町)。 手元の僅かばかりの資料をお見せして解説めいたことをひとくさり。 私がスクリーン通いを覚えた90年代初頭ですら、北大通界隈に7、8館あった。

 この手の庶民史に絞った本が、手軽に読める釧路叢書か釧路新書にあるとよいのだが。
 1打数0安打。打率 2割2分3厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ「国語辞書の購入の手引き 市販15種徹底比較 」 が役に立つ。


2017年2月18日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第42試合


  1. 別冊太陽の北斎
  2. 副島隆彦
  3. 守島伍郎 『苦悩する駐ソ大使館』

 2階から降りてきたカップルの男の方が 「誰もいないんじゃねーの。万引きし放題だな」 と言った後、 レジ前に積まれた本の山に隠れていた私に気がつき、ビクッと身を震わせる。 軽蔑するしかない。
 3打数0安打。打率 2割2分4厘8毛。


2017年2月17日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第41試合


  1. 『満月の法則』
  2. 川端康成 『掌の小説』

 午前中、あれは北海道電力関連の方たちなのかしら、 作業員数人がかりでよってたかってショベルカーまで動員して店前の電気設備 (?) を覆い隠す雪山を崩していく。
 ありがたや、ありがたや。 見る間にトラックに雪が積みこまれ、見違えるようにきれいになった。 こんなこと、北大通店がオープンして初めてのことではないか。 一足早く春が訪れたよう。

 作業員の皆さんがお帰りになった後、2階の喫茶部長の指摘で、設備を囲いこむ真っ直ぐだった 支柱が曲がっている のに気づく。
 2打数0安打。打率 2割3分0厘1毛。


2017年2月16日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第40試合


  1. 米坂ヒデノリ 「鎮魂に刻む」?
  2. 履歴書
  3. 山本周五郎
  4. 藤沢周平
  5. 書道のお手本になるような本
  6. 『釧根歳時記』
  7. 中野京子 『怖い絵』 の2巻目
  8. 玉井裕志

 3、4、5、6、8が売れる。

 彫刻家・米坂ヒデノリの 『鎮魂に刻む』 という本を尋ねられるも心当たりはなし。 一旦お帰りになったお客さんが少しして 『釧根歳時記』 (釧路新書) を探しにふたたび見える。 同書はNHK釧路放送局のローカル番組を書籍化したもの。 米坂さんの一文 「怨念を刻む」 が載っているという。 在庫があり、お求めいただけた。

 「鎮魂に刻む」 は 「怨念を刻む」 のことらしい。 特例で2安打稼いだことにしたっていいじゃないか。 俺が法律だ!
 8打数6安打。40試合を終えて、124打数29安打。打率 2割3分3厘8毛。


2017年2月15日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第39試合


  1. 雑誌 「S Cawaii!」
  2. 山本周五郎 『ながい坂』
  3. ドナルド・キーン
  4. 『赤毛のアン』
  5. 小林秀雄
  6. 内田百けん

 今年も、2階の喫茶ラルゴに 雛人形 が飾られる。

 前日本店からの電話でドナルド・キーンの啄木の本を訊かれた。 そのときのお客さんが北大通店にもお出でになる。 中公文庫のドナルド・キーン 『日本との出会い』 がもらわれていく。

 5、6が売れる。 ギャラリーカフェ ラ・メール釧路市民文化会館 3階) 主催の読書会のテキストらしい。
 6打数3安打。打率 1割9分8厘2毛。


2017年2月14日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第38試合


  1. ドナルド・キーンの啄木の本
  2. 文庫
  3. 夏目漱石
  4. 絵本

 バレンタインデー。 2階の喫茶ラルゴのランチメニューは こんな風 だった (ラルゴスタッフのフラカンさん 画)。

 エミリーさんが久々に顔を出してくれる。

 文春文庫の太宰治が売れる。
 4打数1安打。打率 1割8分1厘8毛。


2017年2月13日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第37試合


  1. 『東京ラブストーリー』
  2. 『SLAM DUNK』
  3. 『羅生門』 のDVD
  4. 角川文庫のウルマンの
                『青春とは、心の若さである。』
  5. 宮澤賢治 『銀河鉄道の夜』
  6. 石牟礼道子 『苦海浄土』
  7. DVD
  8. 中国語の本
  9. 古代中国の本
  10. 宮崎駿
  11. 価値のある本?

       < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 噂の 簡易軌道の風景印 が押された 郵便書簡が届く 。 日付は2月10日。 押印開始初日なのであった。 早速レジ横に掲示する。 ズリ山さん、いつもありがとうございま〜す。
 封書の中身はラムネ菓子。

 札幌在住の岩村誠二さんからの風景印ハガキも同時に届く。 今回は札幌白石郵便局より。 愉快犯と模倣犯の今期2度目のアベックホームランとなった。

 昨春店内でコーヒーぶちまけ事件を起こして以来、 紙コップコーヒー (ローソンのマチカフェ) の店内持込みを遠慮するようになった毎日さんである。
 この時期、外に放置していると淹れたての飲み物はてき面に冷えてしまう。 充分反省なさっているようだし、この日は特別に屋内への持込みを認めることにした。

 毎日さん、先日NHKで放映した ギリヤーク尼ヶ崎のドキュメンタリー番組 にいたく感銘を受けたらしい。 見ていない私に身ぶり手ぶりで説明しだした。

 「知ってる?あの人こんな風に踊るんだよ」
 舞踏の真似がはじまった。 あろうことか興奮してどんどん動きが大きくなっていく。 毎日さんの手には紙コップのコーヒー。 私の視線は揺れる紙コップに釘づけ。 惨劇の予感が高まる。 ヒッチコックの映画ならシンバルのアップになるところだ。

 堪えきれず毎日さんの手からコーヒーを取り上げた。
 こちらをからかうためにわざとやっているのだろうか。 疑惑が頭をもたげる。 チキンレースに負けたのは私だった。

 その毎日さんから 『DVD BOOK 桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第3巻 船弁慶 延陽伯』 を貸してもらう。

 好奇心旺盛な中国人旅行者のグループがご来店に。 スマホの翻訳機能 (あちら) とパソコンのグーグル翻訳 (こちら) を介して、珍妙にして味わい深いやりとりが生まれる。
 「価値のある本」 の在庫を訊かれた。 どうやらお宝鑑定団的な意味で将来値上がりしそうな稀覯本を指すらしかった。 なはは。

 4、5が売れる。
 11打数2安打。打率 1割7分9厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 注文していたミニコミ誌 「車掌」 が届く。 同誌編集長による 『塔島ひろみ女流詩集』 も同封されている。
 こちら に書かれた 「ただげっぷが出たことを知らせるだけの用件で電話をかけた、世界初の人類かもしれない」 というのが私です (鼻高々)。


2017年2月12日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第36試合


 社長と遠方出張。 午後2時より店を開ける。
 0打数0安打。打率 1割7分8厘9毛。


2017年2月11日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第35試合


  1. 旅行の本
  2. 雑誌 「墨」
  3. 原田康子 『サビタの記憶』

 建国記念日。

 旅行の本が売れる。
 『サビタの記憶』 のお客さんには在庫がある本店を紹介する。 向こうで、ぷやら新書版をお求めいただく。
 3打数2安打。打率 1割7分8厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: 図書館で遅れて借りてきた 「キネマ旬報 2016年10月上旬号」 にジェイソン・ステイサム学会発足を伝える座談会が!
 「完全に事件でしょ」 のくだりに大笑い。 同じことを話し合っていた 『メカニック:ワールドミッション』 仲間の喫茶部長にコピーして無理やり読ませる。


2017年2月10日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第34試合


  1. SLの本
  2. 『老人と海』
  3. 後家さん
  4. 朝日文庫の 『わが家の夕めし』
  5. 他に食の本
  6. 『菜根譚』
  7. シューマンのCD

 釧網線を走る SL 冬の湿原号 の車輪に傷が見つかり、運行中止になってしまった。 鉄道本をお求めになったお客さんから教えてもらう。
 突然の予定変更に 「行くところがなくなり、ここを見つけて来ました」 とその方。 横浜からSL目当てに道東を訪れた旅行者だった。

 冬の湿原号は、後日SLからディーゼル機関車の牽引に変更して運転を再開したが、 この日は中止になった当日なので運行そのものがない。 無関係の古本屋にすぎないが客人に謝る。

 簡易軌道の切手の販売、及び 風景印の押印 がはじまる。

 釧路市立博物館 で好評のうちに終わった 企画展 「釧路・根室の簡易軌道」 は、ただいま釧路管内の巡回展となって継続中です!
 7打数0安打。打率 1割6分3厘0毛。

 北大通店の めくりめくられ: 前日、九州の猫山さんから送っていただいた 「西日本新聞」 とJR九州の車内誌 「プリーズ」 に目を通す。
 新聞は去年の11月28日付のもの。 1面下段のコラム 「春秋」 欄がJR北海道の経営危機を取り上げている。

 「公共性は無論大切だが、企業努力を求めるのも限界があろう。 構造物の老朽化に沿線人口の減少、 毎年のように襲う自然災害。 ローカル線の維持は、そのまま九州の課題でもある」


2017年2月9日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第33試合


  1. 「現代花形棋士名局選」 の2、4巻
  2. 上野千鶴子・編 『脱アイデンティティ』
  3. プリーモ・レーヴィ

 劇団どくんご からメールが届く。 「今年のツアーに向けて日々稽古に励んでおります」 とのことで新しい公演が楽しみ。

 常連さんがお買い上げになった堀江敏幸の 『子午線を求めて』 の単行本。 値札には私の筆跡で 「子午後を求めて」 と書いてある。 なんだそれ。

 電話で訊かれた2は本店に在庫あり。 お客さんに教えると、市内にお住まいの方らしくすぐに向こうでお求めいただけた。
 3は朝日選書の 『アウシュヴィッツは終わらない』 でクリアする。
 3打数2安打。打率 1割7分6厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ: 毎日みえる毎日さんは、朝日新聞の鷲田清一 「折々のことば」 を毎日切り抜いているそうだ。 高橋和巳を取り上げた 今朝の回 にたいへん感銘を受けたといい、まだ糊が乾いていない秘蔵のスクラップブックをみせてもらった。 感動のおすそ分けといったところ。

 京大時代の師・吉川幸次郎の 「苛烈をきわめた」 演習について記した高橋和巳の一文が引いてある。

 「こちらが涙の目で睨みつけている師の目にも、そのとき涙が光っていた」

 三里塚闘争で農民たちが機動隊に糞尿弾を投げつける際、 まず自らの全身に糞尿をかけていたという小川紳介の証言を唐突に思い出す。
 「三里塚の村の人は、糞尿弾を自分たちの生き方としてぶっつけていたと思います」 (小川紳介 『映画を穫る ドキュメンタリーの至福を求めて』 より)。


2017年2月8日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第32試合


  1. ノンフィクションで監察医の上野さんの本
  2. 『亘理町史 下巻』
  3. 俳句の入門書

 『亘理町史 下巻』 をお探しのお客さん、 豊文堂書店のホームページで見たとおっしゃるのだけれど、あいにく本店の在庫なのであった。 後日、向こうで現物を確かめていただくことになる。

 代わりに俳句の入門書を訊かれる。 実業之日本社 『現代俳句歳時記』 全2巻がもらわれていく。

 2階のラルゴの常連さんにウォルフレンの 『日本/権力構造の謎』 を訊かれてから、およそ2年半……。 本は去年入荷していた。 常連さんだし (ラルゴのだけど) いつでも渡せるからいいやと思っていたら、 ふっつりとお見えにならなくなり……。

 この日、1年ぶりくらいにお会いできる。 おそるおそる同書を差し出すと、受け取ってもらえてよかったわ (でも年度違いなので、安打にはならない)。
 3打数1安打。打率 1割5分8厘5毛。


2017年2月7日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第31試合


  1. 絵本

 本日の昼食は、釧路駅構内のパン屋・レフボンの SLパン とその他のパン。
 1打数0安打。打率 1割5分1厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 「映画秘宝」 と 「映画芸術」 と 「キネマ旬報」 のベストテン掲載号が出揃い、読み比べる。


2017年2月6日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第30試合


  1. 中公新書の 『パリとセーヌ川』
  2. 上橋菜穂子
  3. 加賀乙彦 『湿原』 の下巻

 おとなりの北8ライブビル入り口の庇に 「みんなの広場 さいた」 の文字が付け加わっていた。
 現在は、山本喜一、木田泰幸、稲家 茂の3氏による 「淡路島の写真家展」 を開催中 (3/15 まで)。
 3打数0安打。30試合を終えて、78打数12安打。打率 1割5分3厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 野上照代の 『完本 天気待ち 監督・黒澤明とともに』 (草思社文庫) を読んでいる。 参考文献の頁はないが、関連するさまざまな本や雑誌の記述が引かれていて少し得した気分。


2017年2月5日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第29試合


  1. ポストカード
  2. 昆虫の本

 打率がふるわない。
 2打数0安打。打率 1割6分。


2017年2月4日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第28試合


  1. オウム真理教の本
  2. 『戦後史再考』
  3. アイヌ語の本
  4. 写真の本

 くしろ冬まつり が開幕する。
 4打数0安打。打率 1割6分4厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 牧野 修の 『月世界小説』 (ハヤカワ文庫JA) を読んでいたら、 釧路高校という架空の学校名がさらっと出てきたぞな、もし。

 それから、山陰の映画魔人007さんのおかげで見ることができた 『白と黒』 という東宝映画。 東京地検検事の小林桂樹がへまをして飛ばされる先が釧路だった (半世紀以上前の作品だけど)。
 以上、最近出会った創作物の中の釧路二題。


2017年2月3日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第27試合


  1. 宮澤賢治
  2. 「週刊 世界遺産」

 最高気温がマイナス5度だというので、氷が溶けることはあるまいと油断していた。 日中、軒先からぽたぽたと雫が垂れて真下の均一棚の本が20冊ほど台なしになる。
 2打数0安打。打率 1割7分3厘9毛。

 北大通店の めくりめくられ: 下村敦史 『闇に香る嘘』 導入部にカウリスマキの 『ル・アーヴルの靴みがき』 を思い出す。


2017年2月2日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第26試合


  1. エクソシストの原作本
  2. 英語で書かれた本

 朝の雪かき。 開店前の無人の本店に向かうとすでに箒で店前を掃いた跡あり。 喫茶部長がやってくれたのだろう。 北大通店に戻って礼をいうと 「それ俺じゃないよ」 と意外な返事。 社長もやっていない。 除雪の妖精 が現われたとしか思えない。

 「音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も」

 ひどい話だ。 むろんJASRACのやり方が。 複数の識者による音楽教室擁護の意見を読み、尚更そう思う。
 2打数0安打。打率 1割7分9厘1毛。


2017年2月1日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第25試合


  1. 斎藤一人

 午前10時の北大通店のウィンドウ は霜がびっしり。 古本シャーベットを作るにはうってつけの日。

 北大通店の めくりめくられ: 芸能界の惚れた腫れたの話にやたらと詳しいのが毎日みえる毎日さんだ。
 日下部五朗の 『健さんと文太 映画プロデューサーの仕事論』 (光文社新書) に 「ここだけの話だが、ある作曲家の奥さんに収まった人は、 文ちゃん (引用者注:菅原文太) お手つきの女優だった」 とあり、 毎日さんに誰のことか尋ねてみた。

 その場ですぐにはわからず訊いた方は忘れていたのだが、 「さっきの作曲家と女優わかったぞ〜。今度は間違いないぞ〜」 と、数時間後大きな声で毎日さんがふたたびお見えになる。

 いつも私のくだらない質問に全力投球で答えていただき、相済まないこってす。 頼りにしています。
 1打数0安打。打率 1割8分4厘6毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新された。
 「深刻さ増す出版輸送問題」 という伏兵。


2017年1月31日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第24試合


  1. 平岩弓枝の文庫本
  2. アイヌ語の辞典
  3. 五木寛之 『青春の門』 の文庫本

 商店街の重鎮急死の報、届く。

 北大通店のシングルレコードを (ほぼ) 全品100円に値下げする。
 3打数0安打。打率 1割8分7厘5毛。


2017年1月30日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第23試合


  1. 新しい本
  2. 佐伯泰英 「居眠り磐音」 の51巻

 北大通店の めくりめくられ: みやざきアートセンターの 「生ョ範義展 V THE LAST ODYSSEY 1985-2015」 が終了し、 会期中は通信販売していなかった図録2冊が Amazon から注文できるようになっていた。 九州の展覧会に行けなかった代わりに申し込んだのが、この日届く。 ひゃっはー。
 2打数0安打。打率 1割9分6厘7毛。


2017年1月29日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第22試合


  1. 無錫旅情のCD
  2. この前ここで買った 「近代映画」 の他の号

 用事を済ませて午前11時半より開ける。
 2打数0安打。打率 2割0分3厘3毛。


2017年1月28日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第21試合


  1. 井上 靖
  2. 他にこの辺の本 (植物)
  3. 編み物の本

 釧網線のSL冬の湿原号が今期の運行をはじめる。

 大阪のガス人間さんの北海道旅行の歌、その最終回。 おしまいの 「目覚めて帰る覚醒の旅」 のくだりに寂しさが宿る。

  (大阪に帰る)
  雪の無い街に帰ると何となく
  奇妙な気分雪が懐かし
  (雪国の厳しさも少しは知りましたがね…。)

  大阪で洗濯物が凍ってる
  こんなことなど久しくなかった!

  冬の旅、ねぼけまなこで旅立って
  目覚めて帰る覚醒の旅

 1、3が売れる。
 3はアジア人旅行者の方のリクエスト。 編み物のジェスチャーをしてもらってそれとわかる。
 3打数2安打。打率 2割1分0厘5毛。


2017年1月27日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第20試合


  1. 『いろは歌の謎』?
  2. 荒澤勝太郎 『北海道植物歳時記 野の花に寄せて』
  3. 看護系の本
  4. 村上春樹
  5. ドラえもん
  6. 岩井俊二のCD
  7. レザークラフトの本

 ここ数日アジアからのお客さんが目立つ。 中華圏の春節休暇なのだそう。

 北大通店サイトを見た方からの電話お問い合わせあり。 荒澤勝太郎の著書がおとりおきになる。
 7打数1安打。20試合を終えて、54打数10安打。打率 1割8分5厘1毛。

 大阪のガス人間さんが道内旅行で詠んだ歌のつづき。 港々に女ありではないが、各地に定宿があるらしい。

  (霧多布にて)
  宿の子らと偶然列車に乗り合わせ
  セブンブリッジで盛り上がる夜

  摩周湖は何度行っても神秘的
  心鎮まるその静けさよ

  屈斜路湖ハクチョウ群れてエサねだる
  近くで見るとアヒルの大型

  うす氷波に揺られて盛り上がる
  ガシャガシャ音立て不思議な光景

  (札幌駅)
  列車待つ駅のホ―ムの厳しさよ
  じわりじわりと足から冷える

  雪国の列車の遅延仕方なし
  駅員の長いコ―トとカンテラ
  (カッコ良かった。)


2017年1月26日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第19試合


  1. この前ここにあった岩波新書
              (山代 巴・編 『この世界の片隅で』)
  2. 絵本
  3. カー雑誌
  4. 車のカタログ

 大阪のガス人間さんが先日の北海道旅行を詠んだ歌。 その3回目はわが街・釧路となる。

  (釧路にて)
  寒き街東の端にあたたかき
  人たちがいて会いに行くなり

  ヴラマンクの 『風景』 という厳しい絵
  暗さの中にわずかな光

  「何でこんなに寒いとこ住んでんだろう?」 と、本売る人がいる街

  毒舌を吐いて寒さに対抗し
  オノレを鼓舞し本売る人

  ジャズ喫茶の名物マスタ―亡くなるの報、一度行けばよかった。

 4打数0安打。打率 1割9分1厘4毛。

 北大通店の めくりめくられ:  「週刊読書人」 のウェブサイト で記事が無料で読めるようになっていた。


2017年1月25日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第18試合


  1. パッチワークの本
  2. 落語のCD
  3. 仏教の本 (天台宗)
  4. ネットに載っていた植草甚一

 延期になっていた消防署の点検が入る。 改善すべきところを2点指摘される。

 1が売れる。
 4打数1安打。打率 2割0分9厘3毛。

 大阪のガス人間さんの旅の歌の第2回をお届けする。 小樽の次の宿は美瑛。

  (美瑛にて)
  美瑛にて馴染みのオ―ナ―、スタッフと
  ジンギスカン食べ温泉浸かる

  真夜中にマイナス25度とか表示する
  スマホよお前も狂ったか?

  美瑛富士高さはあまりないものの
  雪に輝くなだらかな線

  地平線温泉帰りに見る月は
  やたらでかくて赤みを帯びる

  スタッフのあまりしゃべらず動く子の
  秘めたる力垣間見るなり


2017年1月24日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第17試合


  1. 中学で使うような地図帳
  2. コーヒーの本

 2階の喫茶ラルゴは今日も臨時休業。

 北海道旅行を終えた大阪のガス人間さんから短歌の詰めあわせをいただいた。
 旅で見聞きしたもろもろを順に詠んだもの。 小樽の街からはじまる。

  (小樽にて)
  宿の犬しきりに吠えて嬉しがる
  ゴメンね私は犬苦手なの

  いきなりに宿の飼い犬に吠えられて
  後ずさりして逃げ腰になる

  古本は買うまい荷物になるからと
  戒めたけど買ってしまった
  (古本市をやってました。)

  小樽人マイナス9度に震えてる
  大阪人はどうすりゃいいのよ?

  小樽にて純朴な夫婦が心込め
  作るパンの温もり沁みる

 高島君子 『コーヒー教室』 などが売れる。
 2打数1安打。打率 2割0分5厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 『沈黙 サイレンス』 の劇場パンフレットは一長一短。 監督と出演者のインタビュー、及び製作ノートは分量が多く充実している一方、スチール写真が少ない。 主要キャスト以外の 日本人俳優 は名前すら記されず、篠田正浩版の 『沈黙』 にもまったく触れていない。


2017年1月23日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第16試合


  1. 新潮文庫の藤沢周平
  2. 『ビブリア古書堂の事件手帖』
  3. イリイチ 『シャドウ・ワーク』

 あちこち雪かきをして11時近くになってから店を開ける。 2階の喫茶ラルゴは、よんどころない事情により臨時休業。 吹雪、昼におさまる。
 3打数0安打。打率 1割8分9厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ: 竹本健治の 「破格」 の小説ばかり読んでいたら自家中毒を起こしそうになり、 反動で有栖川有栖の 「端正」 な小説に向かう。


2017年1月22日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第15試合


  1. 英語の本

 釧路管内のオールジャンルの音楽ライブ情報をまとめたサイト 「LIVE IN KUSHIRO」 が開設された。 これは重宝。 近隣の皆さまはぜひご活用ください。

 ツィッター もあります。
 1打数0安打。打率 2割0分5厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ:  エッセイ集 『少々おむづかりのご様子』 に感化され、 『無能の人』、『シコふんじゃった。』、『ヌードの夜』 の連打に心酔した90年代前半、 含羞と露悪の両極端を暴力的に揺れ動く竹中直人は、自意識の過剰にのた打ち回る私にとって救い主にみえた。
 店頭で刊行を知った新著 『役者は下手なほうがいい』 (NHK出版新書) で久方ぶりに彼の地声にふれる。 バカヤロー。 こんな文章読んじゃったらまた好きになっちまうじゃないかよ。

 多摩美時代の同級生、宮沢章夫の本棚に司馬遼太郎の 『竜馬がゆく』 をみつけて、 勝手に背の題名に一文字書き加え 『竜馬がゆく?』 にしちゃった悪戯話に腹を抱える。 ゆくのか行かないのかどっちなんだ。 書かれた本の持ち主は数週間後にようやく気づいたという。


2017年1月21日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第14試合


  1. 柳原良平
  2. 子どもが読むような啄木の本
  3. ヤクザや賭場の本
  4. 彰義隊や新撰組の本
  5. 吾妻光良 『ブルースを飲むバカ歌うバカ』

 石川啄木の来釧は明治41年1月21日だった。
 今年も南大通のほうで 「第14回 啄木・雪あかりの町・くしろ」 が開かれる。 店の営業時間にかかるので、1度も参加したことがないのだけれど。

 2のお客さんに本店を紹介する。 向こうの方が啄木本が揃っているので。 本店で2冊お求めいただき、1安打。
 5打数1安打。打率 2割1分2厘1毛。

 北大通店の めくりめくられ:  トランプ米大統領誕生を機会に、豊浦志朗 (船戸与一) 『叛アメリカ史 隔離区からの風の証言』 (ちくま文庫) を読みはじめる。
 排外主義の嵐が吹き荒れる今、 日本人のアンチヒーローが海外の紛争地を血まみれで駆け抜ける船戸与一の諸作を読み直したい。


2017年1月20日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第13試合


  1. 家計簿
  2. 植物図鑑

 植物の本が売れる。 訊かれた図鑑ではなかったけれど、安打日照りの折りカウントすることにしたい。 俺が法律だ!
 2打数1安打。打率 2割1分4厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: ジャズ喫茶ジスイズでドキュメンタリー映画 『島ノ唄 Thousands of Islands』 を見たのは2007年夏のこと。 上映後の懇親会にも参加し、 ゲストでいらした伊藤 憲監督と出演者の詩人吉増剛造の両氏に映画の拙い感想を聞いてもらった。
 そんなことができたのも、時間があるなら残っていきなよとジスイズのマスター 小林 東 さんが声をかけてくれたからだった。

 吉増剛造 『我が詩的自伝 素手で焔をつかみとれ!』 (講談社現代新書) を読みながら、 そのことを思い出す (付記:同書の205頁に東さんの名前が出てくる)。


2017年1月19日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第12試合


  1. レコードここにあるだけですか

 インフルエンザで休んでたんだってと何人ものお客さんに声をかけられる。 なぜ知っているのだ。
 1打数0安打。打率 1割9分2厘3毛。


2017年1月18日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第11試合


  1. 松本清張 『Dの複合』
  2. 堂場瞬一

 閉店後、末広にてガス人間さんを囲む会を開く。
 2打数0安打。打率 2割。


2017年1月17日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第10試合


  1. 『沖縄 島唄紀行』
  2. 『沖縄語の入門』
  3. 『八甲田山 死の彷徨』

 毎日みえる毎日さんから 『DVD BOOK 桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第2巻 不動坊 猫の忠信』 を貸してもらう。

 常連さんから1、2のリクエスト。 どちらも少し前の北大通店サイト掲載品で在庫あり。
 3打数2安打。10試合を終えて、23打数5安打。打率 2割1分7厘3毛。

 北大通店の めくりめくられ: 都筑道夫 『くらやみ砂絵』 を読み終えたので、 『死体を無事に消すまで 都筑道夫ミステリー論集』 (晶文社) の 「自作を語る」 に目を通す。 『くらやみ砂絵』 所収の短編 「天狗起し」 の成立を作者自ら説いたもの。


2017年1月16日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第9試合


  1. グレアム・グリーン 『もうひとりの自分』
  2. 何か入りましたか、CD
  3. ブローティガン 『愛のゆくえ』
  4. 赤川次郎 「三毛猫ホームズ」 の1作目

 11日より床に臥していた。 1月半ばにして昨年の全休業日数を超えてしまうなんて。

 大阪のガス人間さんこと平位公三郎さんが冬の釧路を訪問してくださる。

 その平位さんの自伝的音楽コラム 「レコードの溝」 の最新回を更新。
 ピンク・フロイド集中連載もとうとう20回目に到達しました。 ロジャー・ウォーターズ在籍時の最後のアルバム 『ファイナル・カット』 の回です。 ちなみに文中の 「K店長」 というのは北大通店の川島のこと。

 ピンク・フロイド 『The Fletcher Memorial Home/ザ・フレッチャー・メモリアル・ホーム』 (You Tube より)

 山陰の映画魔人007さんから録画ディスクの詰め合わせセットをいただく。 昨秋、NHK-BSで放映された 『獄門島』 など金田一耕助もののドラマ各種。 ありがとうございます。

 夕方の消防署による点検は担当者の方が消防出動するため急遽延期に。
 4打数0安打。打率 1割5分。


2017年1月10日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第8試合


  1. 萩原朔太郎の詩が載っている本

      < ズリ山裏道の遠くへ行きたい >
 旅先のズリ山さんが北大通店めがけて送りつける、企みにみちた郵便物を逐一白日の下にさらす当欄である。

 新年最初の風景印は、かすれて読めず。 これはどこから投函したものかしら。 封書には風景印以外にも、長崎県の道の駅 夕陽が丘そとめの記念スタンプが押されている。 封をきると、粉末飲料のフレッシュソーダがこんにちは。

 岩村誠二さんからも風景印ハガキが同時に届いて、愉快犯と模倣犯の2017年初の アベックホームラン と相成った。
 1打数0安打。打率 1割8分7厘5毛。


2017年1月9日 (月)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第7試合


 成人の日。 NHK-FMの 「今日は一日 “デヴィッド・ボウイ” 三昧」 をBGMにして営業する。
 0打数0安打。打率 2割。


2017年1月8日 (日)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第6試合


  1. 三線の本
  2. マンガ (『トッキュー!!』)
  3. 渡辺 茂 『北海道の伝説』
  4. 茨木のり子の展覧会の図録

 店内がもう少し落ち着くまで本の買入れは抑えることにしたい。

 3が売れる。
 4打数1安打。打率 2割。

 北大通店の めくりめくられ: 『上野駅の幕間 本橋成一写真集』 (平凡社) を舐めるように読む。


2017年1月7日 (土)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第5試合


  1. 戦後の歌謡史のような本
  2. 参考書

    < ズリ山裏道の世界白ポスト紀行 >
 神出鬼没の工作員・ズリ山裏道氏があなたの町の白ポストを激写してまわる当欄である。

 ズリ山さんが昨年2月に撮影していたという 高松琴平電鉄・琴電琴平駅前の白ポスト 画像をメールで送ってくださる。

 こんぴらさん参りの際にも投函できますと教えてもらう。 あと、 同駅の Wikipedia の画像 にも写りこんでいることも。 まったく目立ちたがり屋の白ポストなんだから。
 2打数0安打。打率 1割8分1厘8毛。

 北大通店の めくりめくられ: 速水健朗・円堂都司昭・栗原裕一郎・大山くまお・成松 哲 『バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで』 (文春文庫)。 客観的なデータから透けてみえる人間くさい解散劇の連打にお腹いっぱいの快著。 何せ191組のバンドが載っているのだ。 ゴシップ欲を満たされる。


2017年1月6日 (金)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第4試合


  1. 宗教の本 (Osho の本)
  2. ステンドグラスの本

 2階の喫茶ラルゴは、本日から新年の営業。
 2打数0安打。打率 2割2分2厘2毛。

 北大通店の めくりめくられ: 当地での映画公開を機に、こうの史代 『この世界の片隅に』 を再読する。 全3巻。


2017年1月5日 (木)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第3試合


  1. 昔の市内地図 (ゼンリンの住宅地図)
  2. 手帳
  3. お手玉
  4. お手玉の本
  5. 永 六輔
  6. 本店で聞いたブルースのレコード

 没後程なくして在庫がすべて売れてしまった永 六輔の本。 あんなにたくさんあったのに訊かれたときに限って1冊もない。
 高齢のお母さんからのリクエストだと常連さんがおっしゃる。 その数時間前に買取した本の中に岩波新書の 『大往生』 があったはず。 常連さんがお帰りになった後発掘しておとりおきに加える。

 フレディ・キングのレコードが売れる。
 6打数2安打。打率 2割8分5厘7毛。

 北大通店の めくりめくられ: 北海道新聞朝刊の連載 「揺れる鉄路 第1部 「民営化」 の幻想 〜国鉄分割30年〜」 をせっせと切抜きしている。 そもそもの民営化後の見通しが甘かったことが浮かび上がる。 そして存命の一部関係者の言葉が反省なき言い訳にしか響かない。
 この日の記事は、昨秋上場をはたしたJR九州が 「慶事」 の裏で進める 「非情」 について。


2017年1月4日 (水)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第2試合


  1. 戯曲形式でない小説仕立てのシェークスピアの本 (『ハムレット』 など)

 「本の滅び方――保護期間中に書籍が消えてゆく過程と仕組み」

 毎日みえる毎日さんに 『DVD BOOK 桂枝雀 名演集 第3シリーズ 第1巻』 を貸してもらう。 「寝床」 と 「饅頭こわい」 の巻。
 早速店のデッキで再生するが映像なしでも相当可笑しい。 ぷぷっ。 「饅頭こわい」 のきゃーばたばたは反則じゃ。
 1数0安打。打率 0割0分0厘0毛。


2017年1月3日 (火)
北大通店 本日の在庫お問い合わせ 第1試合


 あけましておめでとうございます。 豊文堂書店です。 新しい年の営業がはじまりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 0打数0安打。打率 0割0分0厘0毛。

 小田光雄氏の 「出版状況クロニクル」 が更新されている。

 北大通店の めくりめくられ: 年末年始の休みは、新しめの本ばかりとっかえひっかえ読んでいた。 飛 浩隆 『自生の夢』 (河出書房新社)、スティーヴン・キング 『ドロレス・クレイボーン』 (文藝春秋)、 戸川安宣/空犬太郎・編 『ぼくのミステリ・クロニクル』 (国書刊行会) など。


2016年の夜に口笛を吹けば

2015年の夜に口笛を吹けば

2014年の夜に口笛を吹けば

2013年の夜に口笛を吹けば

2012年の夜に口笛を吹けば

2011年の夜に口笛を吹けば

2010年の夜に口笛を吹けば

2009年の夜に口笛を吹けば

2008年の夜に口笛を吹けば

2007年の夜に口笛を吹けば

2006年の夜に口笛を吹けば

2005年の夜に口笛を吹けば


ホームへ戻る